宇川 義一

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/21 02:59
 
アバター
研究者氏名
宇川 義一
 
ウガワ ヨシカズ
所属
福島県立医科大学
部署
医学部(臨床医学系) 神経内科学講座
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
福島県立医科大学

研究分野

 

学歴

 
1972年4月
 - 
1978年3月
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
movement diorders society  members committee, editorial board member
 
 
   
 
International federation of clinical neurophysiology  associate editor
 
 
   
 
臨床神経生理学会  監事、編集委員
 
 
   
 
日本神経学会  評議員、編集委員
 

論文

 
Effects of thirty minutes mobile phone use on the human sensory cortex.
Yuasa K, Arai N, Okabe S, Tarusawa Y, Nojima T, Hanajima R, Terao Y, Ugawa Y
Clin Neurophysiol 117(4):900-905, 2006   117 900-905   2006年   [査読有り]
Pathology of the sympathetic nervous system corresponding to the decreased cardiac uptake in 123I-metaiodobenzylguanidine (MIBG) scintigraphy in a patient with Parkinson disease. J Neurol Sci 243: 101-104, 2006
Mitsui J, Saito Y, Momose Y, Shimizu J, Arai N, Shibahara J, Ugawa Y, Kanazawa I, Tsuji S, Murayama S
J Neurol Sci 243: 101-104, 2006   243 101-104   2006年   [査読有り]
Navigation ability dependent neural activation in the human brain: An fMRI study.
Ohnishi T, Mtusda H, Hirakata M, Ugawa Y
Neurosci Res 55: 361-369, 2006   55 361-369   2006年   [査読有り]
Effects of thirty-minute mobile phone use on visuo-motor reaction time. Clin Neurophysiol 117: 2504-2511, 2006
Terao Y, Okano T, Furubayashi T, Ugawa Y
Clin Neurophysiol 117: 2504-2511, 2006   117 2504-2511   2006年   [査読有り]
Task-guided selection of the dual neural pathways for reading Neuron 52: 557-564, 2006
Nakamura K, Hara N, Kouder S, Takayama Y, Sakai K, Ugawa Y
Neuron 52: 557-564, 2006   52 557-564   2006年   [査読有り]

Misc

 
Effects of electromagnetic fields emitted from W-CDMA-like mobile phones on sleep in humans.
Nakatani-Enomoto S, Furubayashi T, Ushiyama A, Groiss SJ, Ueshima K, Sokejima S, Simba AY, Wake K, Watanabe S, Nishikawa M, Miyawaki K, Taki M, Ugawa Y
Bioelectromagnetics   34(8) 589-598   2013年
Effects of electromagnetic fields emitted from W-CDMA-like mobile phones on sleep in humans.
Nakatani-Enomoto S, Furubayashi T, Ushiyama A, Groiss SJ, Ueshima K, Sokejima S, Simba AY, Wake K, Watanabe S, Nishikawa M, Miyawaki K, Taki M, Ugawa Y
Bioelectromagnetics   34(8) 589-598   2013年
New perspectives on the pathophysiology of Parkinson’s disease as assessed by saccade performance: A clinical review .
Terao Y, Fukud Ha, Ugawa Y, Hikosaka O
Clin Neurophysiol   124(8) 1491-1506   2013年
New perspectives on the pathophysiology of Parkinson’s disease as assessed by saccade performance: A clinical review .
Terao Y, Fukud Ha, Ugawa Y, Hikosaka O
Clin Neurophysiol   124(8) 1491-1506   2013年
Non-invasive cerebellar stimulation - a consensus paper.
GrimaldeiG, Argyropoulos GP, Boeheinger A, Celnik P, Edwaards MJ, Ferrucci R, Gales KJM, Groiss SJ, Hiraoka K, Kassavetis P, Lesage E, Manto M, Miall RC, Priori A, Sadnicka A, Ugawa Y, Ziemann U
Cerebellum   13(1) 121-138   2013年

書籍等出版物

 
歩行障害とは 歩行障害ハンドブック
三木隆己 島田裕之編 (担当:共著)
真興交易医書出版   2008年   
update on SCD
宇川義一 (担当:共著)
その他の出版機関   2008年2月   
パーキンソン病の診療 Q&A 110 水野義邦編
中外医学社   2009年   
Annual Review神経 2010
その他の出版機関   2010年   
産衛誌
その他の出版機関   2011年   

講演・口頭発表等

 
Mechanisms for rTMS and its application to Parkinson diease. 経頭蓋磁気刺激の治療への応用
宇川義一
第29回日本神経科学大会サテライトシンポジウム   2006年7月20日   
シクロスポリン投与後に持続性部分てんかんを呈した33歳男性.
松田俊一、山本知孝、榎本 雪、後藤 順、辻 省次
日本神経学会関東地方会   2007年   
高用量prednisoloneとclosporinの併用により臨床症状の改善を認めた難治性重症筋無力症の1例.
吉原章王,青木淳哉,矢澤由加子,山野井貴彦,杉浦嘉泰,遠藤一博,宇川義一
第25回日本神経治療学会総会   2007年   
Effects of Electormagnetic Field Exposure from Mobile Phone Base Stations : Dose it Differ Between Subjects with Mobile Phone Related Symptom and Those without?―A Population Study in Japan.
UGAWA Yoshikazu, TERAO Y1), FURUBAYASHI T1), MIZUNO Y1), SHIRASAWA K1), KAGEYAMA A1), KOKANO T1), NISHIKAWA M2), MIYAWAKI K1), YASUDA A1), USHIYAMA M3), MASUDA A3), HIROTA S3), TAKAHASHI M3), SOKEJIMA S4), MARUYAMA E5), PONGPAIBOOL P6), WAKE K6), WATANABE S6), TAKI M7), OHKUBO C8)(1)Department of Neurology, Div of Neuroscience, Univ of Tokyo, 2)Dept of Education, Kawamura Gakuen Woman’s Univ, 3)Dept of Env Health, Nat’l Inst of Public Health, 4)Dept of Public Health Policy, Nat’l Inst of Public Health, 5)School of Law, Kobe Univ, 6)EMC Group, Applied Elecromagnetic Research Ctr, Nat’l Inst of Info and Comm Tech, 7)Dept of Electrical and Electronic Eng, Tokyo Metropolitan Univ, 8)RAD, World Health Organization, Geneva, Switzerland)
The Bioelectromagnetics Society 29th Annual Meeting,   2007年   
間欠性跛行と左下垂足を呈した66歳男性の一例.
安田 恵, 守谷 新, 松田 希, 遠藤一博, 宇川義一
第35回福島県老年神経疾患研究会   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
電流刺激による知覚強度の測定
人間生活工学研究センター: 共同研究(企業からの受託研究)
研究期間: 2007年 - 2007年11月    代表者: 宇川義一
携帯電話端末からの電波によるヒト眼球運動への影響―眼球運動課題データの取得と解析―
共同研究(企業からの受託研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 宇川義一
携帯電話端末からの電波による症状に関する研究―アンケート解析、ばく露実験の実施、心理データ、反応時間の解析―
テレコム先端技術研究支援センター: 共同研究(企業からの受託研究)
研究期間: 2007年 - 2008年3月    代表者: 宇川義一
携帯電話使用時の頭痛に関する研究
電波産業会: 共同研究(企業からの受託研究)
研究期間: 2007年 - 現在    代表者: 宇川義一
脳脊髄液減少の診断・治療の確立
厚生労働省: 共同研究(補助・助成)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 嘉山孝正