三代木 伸二

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 12:31
 
アバター
研究者氏名
三代木 伸二
 
ミヨキ シンジ
URL
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/gr/gr.html
所属
東京大学
部署
宇宙線研究所
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
独立行政法人科学技術振興機構

研究分野

 
 

経歴

 
2012年7月
 - 
現在
東京大学宇宙線研究所 准教授
 
2007年4月
 - 
2012年6月
東京大学宇宙線研究所 宇宙基礎物理学研究部門 助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京大学宇宙線研究所 宇宙基礎物理学研究部門 助手
 
1998年4月
 - 
2004年3月
東京大学宇宙線研究所 ミューニュー部 助手
 
1997年4月
 - 
1998年3月
日本学術振興会 国立天文台 特別研究員PD
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
2016年9月
物理学会  宇宙線・宇宙物理領域委員
 
2014年10月
 - 
2015年9月
日本物理学会  宇宙線・宇宙物理領域運営委員
 

論文

 
Construction of KAGRA: an Underground Gravitational Wave Observatory
AKUTSU Tomotada, KAGRA Collaboration
Progress of Theoretical and Experimental Physics   19 013F01   2018年   [査読有り]
Excavation of an underground site for a km-scale laser interferometric gravitational-wave detector
T Uchiyama, K Furuta, M Ohashi, S Miyoki, O Miyakawa and Y Saito.
Classical and Quantum Gravity   31 224004   2014年   [査読有り]
Cryogenics System for the Interferometric Cryogenics Gravitationak Wave Telescope, KAGRA -Design, Fabrication,
C. Tokoku, N. Kimura, S. Koike, T. Kume, Y. Sakakibara, T. Suzuki, K. Yamamoto, S. Miyoki, D. Chen, S. Goto, M. Tanaka, S. Ioka, K. Nakamoto, H. Nezuka, T. Uchiyama, M. Ohashi, and K. Kuroda.
Adv. Cryog.   59B 1254-1261   2014年   [査読有り]
Reduction of Thermal Fluctuations in a Cryogenic Laser Interferometric Gravitational Wave Detector.
Takashi Uchiyama, Shinji Miyoki, Souichi Telada, Kazuhiro Yamamoto, Masatake Ohashi, Kazuhiro Agatsuma, Koji Arai, Masa-Katsu Fujimoto, Tomiyoshi Haruyama, Seiji Kawamura, Osamu Miyakawa, Naoko Ohishi, Takanori Saito, Takakazu Shintomi, Toshikazu Suzuki, Ryutaro Takahashi, and Daisuke Tatsumi.
Physical Review Letters   108 141101   2012年   [査読有り]
Calculation of thermal radiation input via funneling through a duct shield with baffles for KAGRA.
Yusuke Sakakibara, Nobuhiro Kimura, Kazuhiro Yamamoto, Toshikazu Suzuki, Takayuki Tomaru, Shinji Miyoki, Takashi Uchiyama, Kazuaki Kuroda.
Classical and Quantum Gravity   29 205019   2012年   [査読有り]

Misc

 
大型低温重力波望遠鏡KAGRAの測定システム
三代木 伸二
日本機械学会誌   120    2017年   [依頼有り]
Excavation of the Tunnel for KAGRA Gravitational Wave Telescope is Now Complete.
三代木 伸二
AAPPS   24(4)    2014年8月   [依頼有り]
神岡低温レーザー干渉計CLIOの現状
三代木 伸二
ICRR ニュース   70    2009年11月   [依頼有り]
新しい窓には必ず新しい世界が広がっている.
三代木 伸二
光科学の未来を拓く   98-99   2009年   [依頼有り]
CLIO Cryogenic Laser Interferometer Observatory.
Universal Academy Press:Japan.   pp 3073-3076.   2003年

書籍等出版物

 
重力
三代木 伸二 他 (担当:共著, 範囲:方程式図鑑 「みんなの計算物質科学」)
計算物質科学イニシアティブ   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
重力波望遠鏡KAGRAとネットワーク活用 [招待有り]
三代木 伸二
学術情報基盤オープンフォーラム2018   2018年6月   
Present Status of KAGRA [招待有り]
S.Miyoki and KAGRA Collaboration
13th International Conference on Gravitation, Astrophysics, and Cosmology (ICGAC)   2017年7月   
重力波望遠鏡に必要とされるレーザー干渉計とその周縁技術 [招待有り]
三代木 伸二
強光子場科学研究懇談会   2017年4月   
宇宙を観測する新しい窓 「重力波」 [招待有り]
三代木 伸二
原子衝突学会   2016年12月   
Present Status of KAGRA [招待有り]
S.Miyoki and KAGRA Collaboration
NCTS 台湾理論物理学会   2016年12月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
薄膜コーティング技術を利用した大曲率鏡の開発 (東大宇宙線研:国立天文台)
2003年

競争的資金等の研究課題

 
重力波と電磁波多波長観測で挑む未踏未開宇宙
JSPS: 拠点形成事業
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 三代木 伸二
第三世代重力波望遠鏡用の新素材鏡開発
JSPS: 挑戦的研究(開拓)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 三代木 伸二
第三世代重力波望遠鏡における超長光滞在時間を持つFP共振器共振導入制御
JSPS: 科学研究費補助金 基盤(B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 三代木 伸二
光輻射圧浮上型重力計の開発
JSPS: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 三代木 伸二
光干渉計型重力波検出器における低温技術の確立
JSPS: 二国間交流事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 宗宮健太郎

社会貢献活動

 
宇宙を観測する新しい窓 重力波
【講師】  Super Science High School  京都教育大学附属高校  2018年8月23日
宇宙を観測する新しい窓 「重力波」
【講師】  岐阜県飛騨市  吉城高校  2018年7月25日
宇宙を観測する新しい窓 重力波
【講師, 実演】  東京大学  UTalk  2018年1月20日
重力波って感じるの?どうやって調べているの?
【出演, 講師, 実演】  はまぎん こども宇宙科学館  見えぬけれども あるんだよ~極小極大の宇宙~  2017年11月18日
Riding around KAGRA
【取材協力】  Physics World  https://physicsworld.com/a/riding-around-kagra/  2017年11月9日