河野 健二

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/24 03:01
 
アバター
研究者氏名
河野 健二
 
コウノ ケンジ
URL
http://www.sslab.ics.keio.ac.jp/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部 情報工学科
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1997年10月
日本学術振興会特別研究員 (DC1)
 
1997年11月
 - 
1999年12月
東京大学大学院 理学系研究科情報科学専攻 助手
 
1999年10月
 - 
2002年9月
科学技術振興事業団さきがけ研究21「情報と知」領域研究員
 
2000年1月
 - 
2003年3月
電気通信大学情報工学科助手
 
2003年4月
 - 
2005年3月
電気通信大学情報工学科講師
 

学歴

 
1993年3月
   
 
東京大学 理学部 情報科学科
 
1995年3月
   
 
東京大学 理学系研究科 情報科学専攻
 
1997年10月
   
 
東京大学 理学系研究科 情報科学専攻
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会  主査
 
2011年
 - 
2012年
IEEE International Conference on Distributed Computing Systems  Program Committee Member
 
2010年
 - 
2012年
日本ソフトウェア科学会  理事
 
2010年
   
 
IEEE Pacific Rim Int'l Symp. on Dependable Computing  PC Member
 
2009年
 - 
2012年3月
日本ソフトウェア科学会 ディペンダブルシステム研究会  主査
 

受賞

 
2016年
日本ソフトウェア科学会基礎研究賞
 
2015年
IBM Faculty Award
 
2014年9月
日本ソフトウェア科学会ソフトウェア論文賞
 
2013年5月
情報処理学会論文賞
 
2010年5月
情報処理学会論文賞
受賞者: 河野 健二
 

論文

 
Containers or Hypervisors, Which is Better for Database Consolidation?
Asraa Abdulrazak Ali Mardan, Kenji Kono
International Workshop on Quality of Service Assurance in the Cloud      2016年12月   [査読有り]
Yusuke Suzuki, Shinpei Kato, Hiroshi Yamada, Kenji Kono
IEEE Trans. on Computers   65(5) 2752-2766   2016年9月   [査読有り]
メニーコアにおける派生データ型を用いたMPIノード内通信の高速化
島田明男,須藤敦之,堀敦史,石川裕,河野健二
IPSJ Trans. on Advanced Computing Systems   9(2) 46-63   2016年7月   [査読有り]
Towards Multi-tenant GPGPU: Event-driven Programming Model for System-wide Scheduling on Shared GPUs
Yusuke Suzuki, Hiroshi Yamada, Shinpei Kato, Kenji Kono
Workshop on Multicore and Rack-scale Systems (MaRS)      2016年4月   [査読有り]
Towards Multi-tenant GPGPU: Event-driven Programming Model for System-wide Scheduling on Shared GPUs
Yusuke Suzuki, Hiroshi Yamada, Shinpei Kato, Kenji Kono
ACM Workshop on Multicore and Rack-scale Systems (MaRS)      2016年4月   [査読有り]

Misc

 
オペレーティングシステムのエージングと若化
河野 健二,山田浩史
日本信頼性学会誌「信頼性」   36(1) 24-31   2014年1月   [依頼有り]
Oops! What about a Million Kernel Oopses?
Lisong Guo, Peter Senna Tschudin, Kenji Kono, Gilles Muller, Julia Lawall
Research Report, No. 436      2013年6月

書籍等出版物

 
Engineering the Computer Science and IT
Manabu Hirano, Takeshi Okuda, Eiji Kawai, Takahiro Shinagawa, Hideki Eiraku, Kouichi Tanimoto, Shoichi Hasegawa, Takashi Horie, Seiji Mune, Kazumasa Omote, Kenichi Kourai, Yoshihiro Oyama, Kenji Kono, Shigeru Chiba, Yasushi Shinjo, Kazuhiko Kato, Suguru Yamaguchi (担当:共著, 範囲:477-488)
2009年10月   
オペレーティングシステムの仕組み
河野 健二
2007年10月   

講演・口頭発表等

 
データセンタ間通信による性能低下を抑えたキーバリューストア構築手法
堀江 光、浅原 理人、山田 浩史、河野 健二
情報処理学会 OS 研究会   2014年3月   
需要の集中を考慮した分散 Key-Value Store におけるレプリカの動的配置手法
白松 幸起、河野 健二、堀江 光
情報処理学会 OS 研究会   2014年3月   
仮想マシン移送における移送コストの定量的調査
古藤 明音、山田 浩史、河野 健二
情報処理学会 OS 研究会   2014年3月   
仮想化環境におけるメモリ情報に着目したページシェアリング効率化手法
井上 宗士、山田 浩史、河野 健二
情報処理学会 OS 研究会   2014年3月   
データセンタ間通信による性能低下を抑えたキーバリューストア構築手法
堀江光,浅原理人,山田浩史,河野健二
日本ソフトウェア科学会 DSW ワークショップ   2013年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
レガシーコードの実行回避によるハイパーバイザの安全性向上
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 河野 健二
NVDIMM を用いたレジリエントなストレージの実現
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 河野 健二

社会貢献活動

 
内閣官房OS機能調査委員会
【】  2005年 - 2006年
内閣官房情報セキュリティ対策推進室委託調査
【】  2005年
財団法人 防衛技術協会 電子政府におけるセキュリティに配慮したOS等に関する調査研究委員会
【】  2004年 - 現在
国立情報学研究所
【】  2003年 - 現在
社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA) 情報システム技術委員会
【】  2003年 - 現在