小澤 岳昌

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 17:15
 
アバター
研究者氏名
小澤 岳昌
 
オザワ タケアキ
eメール
ozawachem.s.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/users/analyt/index.html
所属
東京大学
部署
大学院理学系研究科 化学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)
ORCID ID
0000-0002-3198-4853

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

受賞

 
2018年3月
社団法人日本化学会 第35回日本化学会学術賞 タンパク質化学を基盤とする生体分子イメージングと光操作法の開発
 
2004年
日本化学会進歩賞
 
2005年
第1回文部科学大臣表彰若手科学者賞
 
2009年
バイオ先端知賞(武田計測先端知財団)
 

論文

 
Noda N, Ozawa T
Photochemistry and photobiology   94(5) 1071-1076   2018年9月   [査読有り]
Li Q, Yoshimura H, Komiya M, Tajiri K, Uesugi M, Hata Y, Ozawa T
The Analyst   143(14) 3472-3480   2018年7月   [査読有り]
Takamura A, Watanabe K, Akutsu T, Ozawa T
Scientific reports   8(1) 8459   2018年5月   [査読有り]
Schramm A, Mueller-Thuemen P, Littmann T, Harloff M, Ozawa T, Schlossmann J
International journal of molecular sciences   19(4)    2018年4月   [査読有り]
Takenouchi O, Yoshimura H, Ozawa T
Scientific reports   8(1) 677   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
Ozawa T
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   34(2) 125-126   2018年   [査読有り]
Yoshimura H, Ozawa T
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1649 337-347   2018年   [査読有り]
遠藤瑞己,小澤岳昌
生体の科学   68(5) 494-495   2017年10月
Luminescent sensors for single cell analysis.
T. Ozawa
Progress in Photon Science   115 97-107   2017年5月
小澤 岳昌
Journal of Photochemistry and Photobiology C   30 10-23   2017年3月

書籍等出版物

 
生体分子の機能を可視化するGFP再構成法
化学と工業   2009年   
RNAイメージング法
実験医学増刊   2008年   
レポータータンパク質の再構成法を利用した生体分子イメージング
生体の科学   2008年   
タンパク質再構成法を用いた細胞内生体分子の解析法
BIOINDUSTRY   2008年   
光プローブの新しいデザインと生体機能の可視化
化学工業   2007年   

講演・口頭発表等

 
細胞と個体内の生体分子イメージング
電気学会バイオ・マイクロシステム研究会(名古屋)   2007年   
Genetic approaches to identifying mitochondrial proteins and their localization
Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (Korea)   2007年   
Visualization of organelle-localized proteins in living cells using split-reporter reconstitution analysis
VII European Symposium of the Protein Society (Sweden)   2007年   
生体分子を可視化する蛍光・発光プローブの現状と課題
分子研研究会—生細胞の分子科学—(愛知)   2007年   
レポータータンパク質の再構成法を利用した生きた生物個体内の生体分子イメージング
第40回日本発生生物学会(福岡)   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
不透明な生体内における細胞内小分子の可視化と光制御法の開発
JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2007年 - 2010年
生命現象の真の理解には、生体分子の機能や動態を低侵襲的に時空間解析する方法が必要です。本研究では二分した発光タンパク質を再構成させる技術を用いて、環状ヌクレオチドとRNAを、不透明な動植物個体内で可視化するプローブを開発します。さらにRNAからタンパク質への翻訳機能を光制御する、新たな原理に基づく機能性分子プローブを開発します。プローブの技術革新を通じて、生理機能の新規発見を目指します。
タンパク質化学に立脚した革新的生細胞内分子分析法の創製
科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2013年
本申請研究では,生細胞中の分子素過程を解明する新たな基盤技術の開発を目的とする.具体的には,
1) 生きた細胞内の生体分子の機能を可視化する分子プローブの開発
2) 細胞内シグナル伝達に関与する新規分子種同定法
3) 生体分子の機能を時空間制御する機能性分子材料の開発
の開発を目指す.目的1ではタンパク質再構成法の新たな基盤技術を構築し(図2),3分子間タンパク質相互作用,脂質,等をターゲットとして,生細胞内における生体分子の低侵襲的イメージング法を開発する.目的2では生理活性物質のスクリ...

特許

 
タンパク質間相互作用の高感度検出法
特願2009-131418
cyclicGMP検出方法
特願2008-164927,PCT/JP2009/61423
タンパク質間相互作用の検出法
特願2008-000789,PCT/JP2009/000033
プロテアーゼ活性化インジケーター
特願2007-124924,PCT/JP2008/058669
蛋白質核内移行検出用プローブとそれを用いた蛋白質核内移行の検出・定量方法
特願2004-066424,PCT/JP2005/004591