山下 淳

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 09:26
 
アバター
研究者氏名
山下 淳
 
ヤマシタ アツシ
URL
http://www.robot.t.u-tokyo.ac.jp/yamalab/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科精密工学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学), 修士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
30334957
ORCID ID
0000-0003-1280-069X

研究分野

 
 

経歴

 
2011年10月
 - 
現在
東京大学 大学院工学系研究科精密工学専攻 准教授
 
2008年4月
 - 
現在
青山学院大学 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2011年10月
静岡大学工学部機械工学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
静岡大学工学部機械工学科 助教
 
2006年11月
 - 
2007年12月
カリフォルニア工科大学 客員研究員(併任)
 
2001年4月
 - 
2007年3月
静岡大学工学部機械工学科 助手
 
2005年4月
 - 
2006年9月
静岡理工科大学 非常勤講師
 
1998年4月
 - 
2001年3月
理化学研究所 工学基盤技術部 ジュニア・リサーチ・アソシエイト
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東京大学 大学院工学系研究科 精密機械工学
 
 
 - 
1998年
東京大学 大学院工学系研究科 精密機械工学専攻
 
 
 - 
1996年
東京大学 工学部 精密機械工学科
 

委員歴

 
2004年
 - 
2005年
日本ロボット学会  会誌編集委員会委員
 
2004年
 - 
2006年
精密工学会  会誌編集委員会委員
 
2011年
 - 
2013年
IEEE  IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter, Secretary
 
2004年
 - 
2005年
日本機械学会  ロボティクス・メカトロニクス部門広報委員会委員
 
2004年
 - 
2006年
電気学会  マシンビジョンの実環境適用技術調査専門委員会委員
 

受賞

 
2018年12月
JRM Best Paper Award 2018
 
2018年12月
FA財団論文賞
 
2018年4月
日本機械学会賞(論文)
 
2017年12月
計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 部門研究奨励賞
 
2017年4月
日本機械学会賞(論文)
 
2017年1月
IWAIT2017 Best Paper Award
 
2016年
精密工学会論文賞
 
2016年
FA財団論文賞
 
2015年
ICAM2015 Best Paper
 
2015年
計測自動制御学会論文賞
 
2014年
FA財団論文賞
 
2013年
日本機械学会 教育賞
 
2011年
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 ROBOMEC表彰
 
2011年
船井情報科学振興財団 船井学術賞
 
2010年
第15回ロボティクスシンポジア最優秀論文賞
 
2010年
AISM2010 Best Paper Award
 
2009年
第4回競基弘賞学術業績賞
 
2009年
精密工学会アフィリエイト
 
2007年
浜松電子工学奨励会 高柳研究奨励賞
 
2006年
電気学会 平成17年 優秀論文発表賞
 
2006年
日本ロボット学会 研究奨励賞
 
2005年
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 ベストプレゼンテーション表彰
 
2004年
映像情報メディア学会 研究奨励賞
 
2002年
SI2002ベストセッション賞
 
2001年
総合研究奨励会 石井学術奨励賞
 
1996年
日本機械学会 畠山賞
 

論文

 
Wen Wen, Atsushi Yamashita, Hajime Asama
Consciousness and Cognition   53 89   2017年8月   [査読有り]
Sarthak Pathak,Alessandro Moro,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2017, Taipei, Taiwan, December 11-14, 2017   887-892   2017年   [査読有り]
Ngoc Trung Mai,Yonghoon Ji,Hanwool Woo,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
15th International Conference on Ubiquitous Robots, UR 2018, Honolulu, HI, USA, June 26-30, 2018   775-780   2018年   [査読有り]
Jonghoon Im,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
14th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence, URAI 2017, Jeju, South Korea, June 28 - July 1, 2017   922-927   2017年   [査読有り]
Jun Younes Louhi Kasahara,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2017, Taipei, Taiwan, December 11-14, 2017   787-792   2017年   [査読有り]
Tsubasa Goto,Sarthak Pathak,Yonghoon Ji,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2018, Brisbane, Australia, May 21-25, 2018   2296-2303   2018年   [査読有り]
Angela Faragasso,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
14th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence, URAI 2017, Jeju, South Korea, June 28 - July 1, 2017   282-283   2017年   [査読有り]
Doyeon Kim,Hanwool Woo,Yonghoon Ji,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2017, Taipei, Taiwan, December 11-14, 2017   444-449   2017年   [査読有り]
Sarthak Pathak,Alessandro Moro,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2018 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2018, Athens, Greece, October 7-10, 2018   3358-3362   2018年   [査読有り]
Jun Jiang,Renato Miyagusuku,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2017, Taipei, Taiwan, December 11-14, 2017   405-410   2017年   [査読有り]
Tatsuya Kittaka,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2018 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2018, Athens, Greece, October 7-10, 2018   1233-1237   2018年   [査読有り]
Yuyang Shao,Yonghoon Ji,Hiromitsu Fujii,Keiji Nagatani,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2017, Taipei, Taiwan, December 11-14, 2017   208-213   2017年   [査読有り]
Renato Miyagusuku,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Robotics and Autonomous Systems   103 134-150   2018年   [査読有り]
Array,Hiromitsu Fujii,Array,Hajime Asama
IEEE Robotics and Automation Letters   3(3) 2616-2623   2018年7月   [査読有り]
Yasuyuki Awashima,Hiromitsu Fujii,Yusuke Tamura,Keiji Nagatani,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2017, Taipei, Taiwan, December 11-14, 2017   194-200   2017年   [査読有り]
Yiploon Seow,Renato Miyagusuku,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2017 IEEE International Conference on Real-time Computing and Robotics, RCAR 2017, Okinawa, Japan, July 14-18, 2017   303-308   2017年   [査読有り]
Array,Qi An,Ningjia Yang,Hiroshi Yamakawa,Array,Atsushi Yamashita,Hajime Asama,Array,Hiroshi Yamasaki,Array,Fady Shibata-Alnajjar,Noriaki Hattori,Makoto Kinomoto,Kouji Takahashi,Takanori Fujii,Hironori Otomune,Array
IEEE Robotics and Automation Letters   3(3) 2229-2236   2018年   [査読有り]
Xiaojun Lu,Angela Faragasso,Yonghoon Ji,Hitoshi Kono,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2017 IEEE International Conference on Real-time Computing and Robotics, RCAR 2017, Okinawa, Japan, July 14-18, 2017   200-205   2017年   [査読有り]
Qi An,Junki Nakagawa,Junko Yasuda,Wen Wen,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IJAT   12(4) 533-541   2018年   [査読有り]
Sonmin Yun,Wen Wen,Qi An,Shunsuke Hamasaki,Hiroshi Yamakawa,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2017, Nagoya, Japan, December 3-6, 2017   1-6   2017年   [査読有り]
Ngoc Trung Mai,Hanwool Woo,Yonghoon Ji,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2017 IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, MFI 2017, Daegu, Korea (South), November 16-18, 2017   312-317   2017年   [査読有り]
Hanwool Woo,Yonghoon Ji,Hitoshi Kono,Array,Yasuhide Kuroda,Takashi Sugano,Yasunori Yamamoto,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2016, Budapest, Hungary, October 9-12, 2016   2016(SMC) 843-843   2016年   [査読有り]
Renato Miyagusuku,Yiploon Seow,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2017 IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, MFI 2017, Daegu, Korea (South), November 16-18, 2017   111-117   2017年   [査読有り]
Binbin Xu,Sarthak Pathak,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2016, Qingdao, China, December 3-7, 2016   2016(ROBIO) 395-395   2016年   [査読有り]
Hanwool Woo,Yonghoon Ji,Yusuke Tamura,Yasuhide Kuroda,Takashi Sugano,Yasunori Yamamoto,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
20th IEEE International Conference on Intelligent Transportation Systems, ITSC 2017, Yokohama, Japan, October 16-19, 2017   1-6   2017年   [査読有り]
Wei Sun,Soichiro Iwataki,Ren Komatsu,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2016, Qingdao, China, December 3-7, 2016   2016(ROBIO) 387-387   2016年   [査読有り]
Shunsuke Hamasaki,Qi An,Masataka Murabayashi,Yusuke Tamura,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
JACIII   21(7) 1161-1171   2017年   [査読有り]
Shugen Ma,Atsushi Yamashita
2016 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2016, Qingdao, China, December 3-7, 2016      2016年   [査読有り]
Jonghoon Im,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2016, Qingdao, China, December 3-7, 2016   2016(ROBIO) 381-381   2016年   [査読有り]
Wenzheng Chi,Hitoshi Kono,Array,Atsushi Yamashita,Hajime Asama,Max Q.-H. Meng
IEEE International Conference on Real-time Computing and Robotics, RCAR 2016, Angkor Wat, Cambodia, June 6-10, 2016   2016(RCAR) 232-232   2016年   [査読有り]
Ningjia Yang,Qi An,Hiroshi Yamakawa,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,K. Takahashi,M. Kinomoto,H. Yamasaki,M. Itkonen,F. S. Alnajjar,S. Shimoda,Hajime Asama,Noriaki Hattori,Ichiro Miyai
International Conference on Rehabilitation Robotics, ICORR 2017, London, United Kingdom, July 17-20, 2017   19-24   2017年   [査読有り]
Rin Minohara,Wen Wen,Shunsuke Hamasaki,Takaki Maeda,Qi An,Array,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016, Nagoya, Japan, November 28-30, 2016   2016(MHS) 4-4   2016年   [査読有り]
Binbin Xu,Sarthak Pathak,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE Robotics and Automation Letters   2(4) 2032-2039   2017年   [査読有り]
Yonghoon Ji,Seungchul Kwak,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, MFI 2016, Baden-Baden, Germany, September 19-21, 2016   2016(MFI) 230-230   2016年   [査読有り]
Yonghoon Ji,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Robotics and Autonomous Systems   87 313-328   2017年   [査読有り]
Akira Takeuchi,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Masayuki Tanaka 0001,Ryuho Kataoka,Yoshizumi Miyoshi,Masatoshi Okutomi,Hajime Asama
SIGGRAPH ASIA 2016 Posters, Macao, December 5-8, 2016   52   2016年   [査読有り]
Hanwool Woo,Yonghoon Ji,Hitoshi Kono,Array,Yasuhide Kuroda,Takashi Sugano,Yasunori Yamamoto,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE Robotics and Automation Letters   2(2) 1109-1116   2017年   [査読有り]
Yonghoon Ji,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Intelligent Autonomous Systems 14 - Proceedings of the 14th International Conference IAS-14, Shanghai Jiao Tong University, Shanghai, China, July 3-7, 2016   1089-1101   2016年   [査読有り]
Sarthak Pathak,Alessandro Moro,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
JRM   29(3) 566-579   2017年   [査読有り]
Qi An,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Intelligent Autonomous Systems 14 - Proceedings of the 14th International Conference IAS-14, Shanghai Jiao Tong University, Shanghai, China, July 3-7, 2016   91-102   2016年   [査読有り]
Yuichi Kobayashi,Yutaro Ohshima,Toru Kaneko,Atsushi Yamashita
I. J. Robotics and Automation   31(3) 166-175   2016年   [査読有り]
Yuki Ishikawa,Qi An,Junki Nakagawa,Hiroyuki Oka,Tetsuro Yasui,Michio Tojima,Haruhi Inokuchi,Nobuhiko Haga,Hiroshi Yamakawa,Array,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Advanced Robotics   31(1-2) 79-79   2017年   [査読有り]
Sarthak Pathak,Alessandro Moro,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2016, Phoenix, AZ, USA, September 25-28, 2016   2016-August 4488-4492   2016年   [査読有り]
Ningjia Yang,Qi An,Hiroshi Yamakawa,Array,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Advanced Robotics   31(1-2) 54-54   2017年   [査読有り]
Daiki Kawakami,Kaito Makino,Yuichi Kobayashi,Toru Kaneko,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
JACIII   20(1) 32-32   2016年   [査読有り]
Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2016, Stockholm, Sweden, May 16-21, 2016   2016-June 3847-3854   2016年   [査読有り]
Veerachart Srisamosorn,Noriaki Kuwahara,Atsushi Yamashita,Taiki Ogata,Jun Ota
Digital Human Modeling: Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management - 7th International Conference, DHM 2016, Held as Part of HCI International 2016, Toronto, ON, Canada, July 17-22, 2016, Proceedings   9745 264-273   2016年   [査読有り]
Renato Miyagusuku,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2016, Daejeon, South Korea, October 9-14, 2016   2016-November 4610-4615   2016年   [査読有り]
Guanghui Li,Shuiguang Tong,Gang Lv,Renyuan Xiao,Feiyun Cong,Zheming Tong,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
12th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence, URAI 2015, Goyang, South Korea, October 28-30, 2015   330-335   2015年   [査読有り]
Array,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2015 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2015, West Lafayette, IN, USA, October 18-20, 2015   1-6   2015年   [査読有り]
Guanghui Li,Shuiguang Tong,Feiyun Cong,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2015, Nagoya, Japan, December 11-13, 2015   760-765   2015年   [査読有り]
Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2015, Hamburg, Germany, September 28 - October 2, 2015   2015-December 6507-6514   2015年   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Shinya Aoi,Tetsuro Funato,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2015, Seattle, WA, USA, 26-30 May, 2015   2015 Vol.7 5885-5890   2015年   [査読有り]
Akira Shibata,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2015, Seattle, WA, USA, 26-30 May, 2015   2015 Vol.6 5239-5244   2015年   [査読有り]
Yusuke Tanaka,Yonghoon Ji,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2015, Seattle, WA, USA, 26-30 May, 2015   2015 Vol.5 3965-3970   2015年   [査読有り]
Yonghoon Ji,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE International Conference on Automation Science and Engineering, CASE 2015, Gothenburg, Sweden, August 24-28, 2015   2015-October 206-211   2015年   [査読有り]
Yonghoon Ji,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Intelligent Service Robotics   8(2) 105-114   2015年   [査読有り]
Tsukasa Suwazono,Norihito Nakamura,Atsushi Yamashita
Advanced Robotics   29(3/4) 165-169   2015年   [査読有り]
Shunsuke Hamasaki,Qi An,Wen Wen,Yusuke Tamura,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama,Satoshi Shibuya,Yukari Ohki
2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2015, Nagoya, Japan, November 23-25, 2015   1-5   2015年   [査読有り]
Daisuke Tomoi,Wen Wen,Hiroshi Yamakawa,Shunsuke Hamasaki,Kaoru Takakusaki,Qi An,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2015, Nagoya, Japan, November 23-25, 2015   1-5   2015年   [査読有り]
Akira Takeuchi,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Masayuki Tanaka 0001,Ryuho Kataoka,Yoshizumi Miyoshi,Masatoshi Okutomi,Hajime Asama
SIGGRAPH Asia 2015 Posters, Kobe, Japan, November 2-6, 2015   9:1   2015年   [査読有り]
Soichiro Iwataki,Hiromitsu Fujii,Alessandro Moro,Atsushi Yamashita,Hajime Asama,Hiroshi Yoshinada
2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2015, Nagoya, Japan, December 11-13, 2015   81-87   2015年   [査読有り]
Akira Shibata,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2015, Nagoya, Japan, December 11-13, 2015   540-545   2015年   [査読有り]
Kazuya Sugimoto,Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2014 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2014, Toyako-cho, Hokkaido, Japan, October 27-30, 2014   1-6   2014年   [査読有り]
Hiromitsu Fujii,Takayuki Kubo,Atsushi Yamashita,Akira Takeuchi,Masayuki Tanaka,Ryuho Kataoka,Yoshizumi Miyoshi,Masatoshi Okutomi,Hajime Asama
SIGGRAPH Asia 2014 Posters, Shenzhen, China, December 3-6, 2014   24   2014年   [査読有り]
Veerachart Srisamosorn,Noriaki Kuwahara,Atsushi Yamashita,Taiki Ogata,Jun Ota
2014 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2014, Bali, Indonesia, December 5-10, 2014   1314-1319   2014年   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Tetsuro Funato,Shinya Aoi,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2014, Hong Kong, China, May 31 - June 7, 2014   2014 Vol.1 730-735   2014年   [査読有り]
Wen W, Yamashita A, Asama H
Consciousness and cognition   37 83-90   2015年12月   [査読有り]
Array,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Intelligent Autonomous Systems 13 - Proceedings of the 13th International Conference IAS-13, Padova, Italy, July 15-18, 2014   302 1491-1502   2014年   [査読有り]
Wen W, Yamashita A, Asama H
Consciousness and cognition   36 87-95   2015年11月   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Tetsuro Funato,Shinya Aoi,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Distributed Autonomous Robotic Systems - The 12th International Symposium, DARS 2014, Daejeon, Korea, November 2-5, 2014   112 459-471   2014年   [査読有り]
Hiromitsu Fujii,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2014 IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts, ARSO 2014, Evanston, IL, USA, September 11-13, 2014   2015-January(January) 101-107   2014年   [査読有り]
Kazuhiro Chayama,Akira Fujioka,Kenji Kawashima,Hiroshi Yamamoto,Yasushi Nitta,Chikao Ueki,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
JRM   26(4) 403-417   2014年   [査読有り]
Masashi Awai,Atsushi Yamashita,Takahito Shimizu,Toru Kaneko,Yuichi Kobayashi,Hajime Asama
JRM   26(1) 68-77   2014年   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Junki Nakagawa,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Advanced Robotics   28(7/8) 505-511   2014年   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Junki Nakagawa,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Manchester, SMC 2013, United Kingdom, October 13-16, 2013   2013 Vol.5 3579-3584   2013年   [査読有り]
Junki Nakagawa,Qi An,Yuki Ishikawa,Hiroyuki Oka,Kaoru Takakusaki,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Manchester, SMC 2013, United Kingdom, October 13-16, 2013   2013 Vol.2 1223-1228   2013年   [査読有り]
Takaaki Sato,Alessandro Moro,Atsushi Sugahara,Tsuyoshi Tasaki,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Proceedings of the 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2013, Kobe, Japan, December 15-17, 2013   753-758   2013年   [査読有り]
Naoki Ibe,Gakuto Masuyama,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Special Interest Group on Computer Graphics and Interactive Techniques Conference, SIGGRAPH '13, Anaheim, CA, USA, July 21-25, 2013, Poster Proceedings   7   2013年   [査読有り]
Gakuto Masuyama,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Tokyo, Japan, November 3-7, 2013   692-697   2013年   [査読有り]
Takuma Tsuji,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Kaoru Takakusaki,Takaki Maeda,Motoichiro Kato,Hiroyuki Oka,Hajime Asama
2013 IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts, ARSO 2013, Tokyo, Japan, November 7-9, 2013   88-93   2013年   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Junki Nakagawa,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2013 IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts, ARSO 2013, Tokyo, Japan, November 7-9, 2013   13-18   2013年   [査読有り]
Guanghui Li,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IJMA   3(3) 141-170   2013年   [査読有り]
Ryosuke Kawanishi,Atsushi Yamashita,Toru Kaneko,Hajime Asama
Advanced Robotics   27(1/2) 19-32   2013年   [査読有り]
Qi An,Yuki Ishikawa,Junki Nakagawa,Atsushi Kuroda,Hiroyuki Oka,Hiroshi Yamakawa,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
The 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, IEEE RO-MAN 2012, Paris, France, September 9-13, 2012   731-736   2012年   [査読有り]
Yusuke Tamura,Phuoc Dai Le,Kentarou Hitomi,Naiwala P. Chandrasiri,Takashi Bando,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2012, Vilamoura, Algarve, Portugal, October 7-12, 2012   382-387   2012年   [査読有り]
Wen W, Yamashita A, Asama H
PloS one   10(4) e0125226   2015年   [査読有り]
Atsushi Yamashita,Fumiya Tsurumi,Toru Kaneko,Hajime Asama
IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2012, 14-18 May, 2012, St. Paul, Minnesota, USA   2012 Vol.7 5410-5416   2012年   [査読有り]
Ryosuke Kawanishi,Atsushi Yamashita,Toru Kaneko,Hajime Asama
IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2012, 14-18 May, 2012, St. Paul, Minnesota, USA   2012 Vol.5 3573-3579   2012年   [査読有り]
Tatsuya Naruse,Toru Kaneko,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
19th IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2012, Lake Buena Vista, Orlando, FL, USA, September 30 - October 3, 2012   2773-2776   2012年   [査読有り]
Gakuto Masuyama,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2012 IEEE International Conference on Development and Learning and Epigenetic Robotics, ICDL-EPIROB 2012, San Diego, CA, USA, November 7-9, 2012   1-2   2012年   [査読有り]
Yuki Ishikawa,Qi An,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hiroyuki Oka,Hajime Asama
Intelligent Autonomous Systems 12 - Volume 2 Proceedings of the 12th International Conference IAS-12, held June 26-29, 2012, Jeju Island, Korea   194 AISC(VOL. 2) 447-456   2012年   [査読有り]
Masashi Awai,Takahito Shimizu,Toru Kaneko,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Intelligent Autonomous Systems 12 - Volume 2 Proceedings of the 12th International Conference IAS-12, held June 26-29, 2012, Jeju Island, Korea   194 AISC(VOL. 2) 51-60   2012年   [査読有り]
Kazushi Watanabe,Ryosuke Kawanishi,Toru Kaneko,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
Intelligent Autonomous Systems 12 - Volume 1 Proceedings of the 12th International Conference IAS-12, held June 26-29, 2012, Jeju Island, Korea   193 AISC(VOL. 1) 15-24   2012年   [査読有り]
Guanghui Li,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
IJMA   2(4) 240-261   2012年   [査読有り]
Atsushi Yamashita,Yu Ito,Toru Kaneko,Hajime Asama
2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011, Karon Beach, Thailand, December 7-11, 2011   1664-1671   2011年   [査読有り]
Shunsuke Hamasaki,Yusuke Tamura,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011, Karon Beach, Thailand, December 7-11, 2011   1633-1638   2011年   [査読有り]
Gakuto Masuyama,Atsushi Yamashita,Hajime Asama
2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011, Karon Beach, Thailand, December 7-11, 2011   1053-1058   2011年   [査読有り]
Atsushi Yamashita,Kenki Matsui,Ryosuke Kawanishi,Toru Kaneko,Taro Murakami,Hayato Omori,Taro Nakamura,Hajime Asama
2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011, Karon Beach, Thailand, December 7-11, 2011   1017-1023   2011年   [査読有り]

Misc

 
林 鍾勳, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(4) 85-87   2017年2月
橘高 達也, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   83(3) 235-244   2017年
This paper presents a system which generates images of objects behind obstacles as if they are seen through the obstacles. For remote operation of robots such as disaster response robots, operational efficiency depends heavily on quality of visual...
温 文, 山下 淳, 浅間 一
設計工学 = Journal of Japan Society for Design Engineering : 日本設計工学会誌   51(11) 770-776   2016年11月
藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(208) 163-166   2016年9月
藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(209) 163-166   2016年9月
藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   0(0)    2016年
The hammering test has been widely used for inspection of social infrastructures because of its accuracy and efficiency of operation. In order to automate and apply the method to actual inspection sites, it is important for the system to calibrate...
竹内 彰, 藤井 浩光, 山下 淳, 田中 正行, 片岡 龍峰, 三好 由純, 奥富 正敏, 淺間 一
日本機械学会論文集   0(0)    2016年
Three-dimensional analysis of aurora is important for the research of solar wind and magnetic storms, because aurora reflects the relationship between solar wind and terrestrial magnetism. Therefore a method to reconstruct a three-dimensional shap...
AN Qi, 柳井 香史朗, 中川 純希, 温 文, 山川 博司, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   82(834) 15-00424-15-00424   2016年
In many sports, essential skills exist in terms of muscle activation in order to improve performance. However, it is difficult to identify the important muscle activation, and moreover novices cannot observe and imitate it since muscle activation ...
藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   82(834) 15-00426-15-00426   2016年
The hammering test has been widely used for inspection of social infrastructures because of its accuracy and efficiency of operation. In order to automate and apply the method to actual inspection sites, it is important for the system to calibrate...
竹内 彰, 藤井 浩光, 山下 淳, 田中 正行, 片岡 龍峰, 三好 由純, 奥富 正敏, 淺間 一
日本機械学会論文集   82(834) 15-00428-15-00428   2016年
Three-dimensional analysis of aurora is important for the research of solar wind and magnetic storms, because aurora reflects the relationship between solar wind and terrestrial magnetism. Therefore a method to reconstruct a three-dimensional shap...
柴田 彬, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   82(12) 1045-1053   2016年
Structure from Motion is a popular 3D measurement method. This technique uses images captured by a single camera with motion. Structure from Motion can calculate the 3D position of objects and the camera motion simultaneously. Because of its simpl...
村松 克俊, 温 文, 濱崎 峻資, 山川 博司, 安 チ, 田村 雄介, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2016(0) 573-574   2016年
身体図式とは身体に関する脳内の知覚と記憶をさす.本研究では,身体を動かす際に,動作目標の存在が身体図式の変容に与える影響を調べた.実験参加者に左手を遮蔽された状態で前後に動かしてもらい,垂直上の位置に同期に運動する仮想の手を提示した.仮想の手の位置は本物の手の位置知覚を影響する.実験の結果,仮想物体を触るという目標を与えた場合,目標を与えない場合と比べて,身体図式の変容が大きかったことがわかった.
林 鍾勳, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   39(30) 69-72   2015年8月
人が直接入れない危険な場所では調査のため,遠隔操作ロボットを利用する必要がある.しかし,照明を搭載したロボットを用いた暗い環境での調査では白とび・黒つぶれによって画像内の一部が不明瞭になる問題が発生する.本研究では複数照明の制御および画像合成を用いて画像内に現れた白とびおよび黒つぶれ領域を補正する手法を提案する.提案手法は画像内に白とび・黒つぶれが現れた場合,白とび・黒つぶれが異なる位置に現れるように複数照明を制御し,複数の画像を取得する.その次に,白とび・黒つぶれでない領域を各画像から抽...
田中 佑典, 池 勇勳, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "1P1-J06(1)"-"1P1-J06(4)"   2015年5月
This paper describes a novel rough terrain traversability analysis method for a mobile robot navigation. We focused on the scenario of mobile robot operation in disaster environment with limited sensor data. The proposed method enables mobile robo...
池 勇勳, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2A1-P06(1)"-"2A1-P06(2)"   2015年5月
Pre-calibration of camera network system consisting of distributed camera sensors (i.e., determining the absolute poses of each camera) is an essential task to construct an intelligent space. This research deals with automatic calibration method o...
柴田 彬, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2A1-R04(1)"-"2A1-R04(2)"   2015年5月
Structure from Motion is one of the 3D measurement methods. This technique requires only a single camera, and reconstructs the objects from pictures obtained by the camera with moving. However there is an essential problem that the scale of the ob...
小松 廉, 藤井 浩光, NIORO Alessandro, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2A1-V02(1)"-"2A1-V02(4)"   2015年5月
This paper describes a new camera arrangement method for bird's-eye view systems of teleoperated robots in case of camera troubles. Our proposed system provides a bird's-eye view image that helps an operator understand the surroundings easily and ...
ミヤグスク レナート, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2A2-L07(1)"-"2A2-L07(4)"   2015年5月
Robot localization is the problem of determining a robot's pose based on sensory information. This problem is consider one of the fundamental issues for autonomous robotics, hence its importance. Localization systems using wireless signal strength...
中村 聡, 井上 文宏, 山下 淳, 柳原 好孝, 上野 隆雄, 高橋 悠輔
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2P1-N01(1)"-"2P1-N01(2)"   2015年5月
The current, is progressing aging was built bridges and tunnels more than 40 years ago. but Maintenance engineer is also missing. Inspection of the runnel requires traffic regulation. Maintenance engineer carried out as close as possible to the in...
藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2P1-O05(1)"-"2P1-O05(2)"   2015年5月
Aged deterioration of social infrastructures such as concrete tunnels has become a serious problem. For safety and security, reliable inspection of them is highly demanded. Hammering test is one of efficient inspection methods. However, the inspec...
岩滝 宗一郎, 藤井 浩光, Moro Alessandro, 山下 淳, 淺間 一, 吉灘 裕
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "2P1-P03(1)"-"2P1-P03(3)"   2015年5月
In order to accomplish effective teleoperation of construction machine, it is essential to visualize the surrounding environment, operational part, and work object. We had proposed the presentation method which can visualize the surrounding enviro...
花谷 耕平, 山川 博司, 石川 雄己, AN Qi, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   81(1) 99-104   2015年
Recently, the knee osteoarthritis (OA) patients are increasing, and their qualities of life would be worsen. In order to cope with this, clarifying the mechanism of the knee OA is important, so it is needed to inspect knee joints for understanding...
伊部 直樹, 増山 岳人, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   81(821) 14-00330-14-00330   2015年
In daily life, there are many bottlenecks such as narrow passages, gaps between objects and entrances to rooms. At the bottlenecks, some deadlocks must occur so that mobile robots cannot move to their goals safely and efficiently. In order to solv...
佐藤 貴亮, 藤井 浩光, Moro Alessandro, 杉本 和也, 野末 晃, 三村 洋一, 小幡 克実, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   0(0)    2015年
This paper describes a development of birds-eye view system for teleoperation. Emergent disaster recoveries are important when natural disaters occur. Unmanned construction is used to recover from natural disasters such as landslide and pyroclasti...
森下 壮一郎, 福田 一郎, 新井 義和, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   81(6) 589-597   2015年
For construction of the service system in the public accommodation, for example museums, art galleries and so on, we propose a method to relate attribute information to each trajectory of the one who has RF tag. Specifically, at first the trajecto...
辻 琢真, 濱崎 峻資, 前田 貴記, 加藤 元一郎, 岡 敬之, 山川 博司, 高草木 薫, 山下 淳, 淺間 一
計測自動制御学会論文集   51(6) 440-447   2015年
Recently, the rubber hand illusion (RHI), which is one of phenomena that the sense of ownership (SOO) is extended to the objects over the external area, attracts much attention to explain the brain mechanism of self body recognition of human. Howe...
森下 壮一郎, 渡邊 岳大, 川端 邦明, 新井 義和, 山下 淳, 淺間 一, 三島 健稔
精密工学会誌   81(10) 930-935   2015年
In recent years, the health of many people is damaged by asbestos. Therefore, to detect very small quantity of asbestos that exists in general environment is very important. According to an officially fixed way, existence of asbestos in a certain ...
小松 廉, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   81(12) 1206-1212   2015年
This paper describes a new method for improving fault tolerance of bird's-eye view systems that are used to teleoperate robots. The bird's-eye view image helps an operator understand the surroundings easily and teleoperate the robot more accuratel...
藤井 浩光, 杉本 和也, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   81(12) 1185-1192   2015年
This paper presents a methodology to compose half-diminished reality images for operating remote control robots. At sites for disaster response, robots are desired to achieve various tasks. However, operators have problems concerned with camera im...
伊部 公紀, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳
精密工学会誌   81(12) 1093-1101   2015年
It is important to measure shape of objects in a transparent vessel for 3D digital preservation of underwater creatures. We propose a measurement method using a bi-path stereoscopic image of the objects acquired with a monocular camera via rectang...
田中 佑典, 池 勇勳, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   81(12) 1119-1126   2015年
This paper describes a novel rough terrain traversability analysis and behavior generation method for mobile robot navigation. We focused on the scenario of mobile robot operation in complex environment such as disaster sites. The proposed method ...
AN Qi, 柳井 香史朗, 中川 純希, 温 文, 山川 博司, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   0(0)    2015年
In many sports, essential skills exist in terms of muscle activation in order to improve performance. However, it is difficult to identify the important muscle activation, and moreover novices cannot observe and imitate it since muscle activation ...
佐藤 貴亮, 藤井 浩光, Moro Alessandro, 杉本 和也, 野末 晃, 三村 洋一, 小幡 克実, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   81(823) 14-00031-14-00031   2015年
This paper describes a development of birds-eye view system for teleoperation. Emergent disaster recoveries are important when natural disaters occur. Unmanned construction is used to recover from natural disasters such as landslide and pyroclasti...
林 鍾勲, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   39(0) 69-72   2015年
人が直接入れない危険な場所では調査のため,遠隔操作ロボットを利用する必要がある.しかし,照明を搭載したロボットを用いた暗い環境での調査では白とび・黒つぶれによって画像内の一部が不明瞭になる問題が発生する.本研究では複数照明の制御および画像合成を用いて画像内に現れた白とびおよび黒つぶれ領域を補正する手法を提案する.提案手法は画像内に白とび・黒つぶれが現れた場合,白とび・黒つぶれが異なる位置に現れるように複数照明を制御し,複数の画像を取得する.その次に,白とび・黒つぶれでない領域を各画像から抽...
石川 雄己, 安 〓, 中川 純希, 戸島 美智生, 安井 哲郎, 岡 敬之, 芳賀 信彦, 山下 淳, 淺間 一
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014 "J1620202-1"-"J1620202-4"   2014年9月
It is an important issue to prevent and cure knee osteoarthritis. Gait pattern is suggested to be related with the knee osteoarthritis progression. Therefore our objective is to analyze an elevation angle of knee osteoarthritis patient gait and to...
伊部 直樹, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014 "1P2-P03(1)"-"1P2-P03(4)"   2014年5月
In daily life, there are many bottlenecks such as narrow passages, gaps between objects and entrances to rooms. At the bottlenecks, humans go through by giving-way mutually, and it is necessary for robots working in daily life to give way. The pur...
中川 純希, AN Qi, 石川 雄己, 柳井 香史朗, 山川 博司, 保田 淳子, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014 "1P2-U03(1)"-"1P2-U03(4)"   2014年5月
In the manufacturing industry, sports, and care nursing, conventional skill education is inefficient because it has been conducted face-to-face and skills have not been elucidated. In order to solve this problem, effective service of skill educati...
石川 諭, 小林 祐一, 金子 透, 石原 進, 山下 淳
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   2014(0) 3-5-1_-_3-5-2_   2014年
This paper presents a study on generation of an image using two images taken at shifted locations by in-vehicle cameras. Generated image is expected to help intuitive understanding of traffic situations for drivers through the use of vehicular ad ...
安 琪, 石川 雄己, 舩戸 徹郎, 青井 伸也, 岡 敬之, 山川 博司, 山下 淳, 淺間 一
計測自動制御学会論文集   50(8) 560-568   2014年
In order to understand human motor function, it is necessary to clarify how humans achieve adaptive motions regarding to external environment or their own purpose. This study analyzes human standing-up motion in different chair seat heights and mo...
藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   80(9) 844-850   2014年
Automated diagnosis systems are necessary for maintenance of superannuated social infrastructures. This paper presents an automated classification method to detect defects of materials using acoustic signals in hammering test. The approach consist...
伊部 直樹, 増山 岳人, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集   0(0)    2014年
In daily life, there are many bottlenecks such as narrow passages, gaps between objects and entrances to rooms. At the bottlenecks, some deadlocks must occur so that mobile robots cannot move to their goals safely and efficiently. In order to solv...
熊原 渉, 増山 岳人, 田村 雄介, 山下 淳, 淺間 一
計測自動制御学会論文集   50(1) 58-67   2014年
This paper proposes a new navigation method that makes a mobile robot move in dynamic unknown environments. Past dynamic motion planning methods are applied to low pedestrian density. If the robot is surrounded by a lot of pedestrians, it becomes ...
ミヤグスク レナート, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 229-230   2014年
Mobile robots with wireless capabilities can enable network connectivity over large areas by relaying wireless signals from a ground station. Our goal is, for such robotic networks, to enhance current teleoperated robots' ability to perform reconn...
林 鍾勲, 石川 雄己, An Qi, 山川 博司, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 249-250   2014年
高齢者の身体機能を補助する器具の需要が高まっている.本研究では高分子誘電アクチュエータを用いた起立アシスト装置の設計のため,アクチュエータが力を加える位置,タイミングが起立動作時の関節トルクに与える影響をヒューマノイドロボットを用いて解析した.結果として,腰部に鉛直上方向に力を与えたときと,膝部に鉛直下向きの力を与えた時に関節トルクが減少することが明らかになった.
河野 通隆, 池 勇勳, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 243-244   2014年
本論文では,ロボットの隠蔽領域において,勾配法に基づく安全な経路生成と障害物回避手法を提案する.一般的な勾配法は隠蔽領域で動的障害物との衝突が生じうる.本論文では,外部環境に設置したセンサを用い,人間の事後存在確率を計算し,勾配法のコスト関数を再定義する.コスト関数を再定義することで,動的障害物の事後行動を考慮した安全な経路が生成される.ロボットを用いた実験を行い,提案手法の有用性を確認した.
柳井 香史朗, An Qi, 石川 雄己, 山川 博司, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 891-892   2014年
未熟者の技能の習熟には,熟練者の特徴的な身体の使い方(動作のコツ)を伝達することが必要である.本研究では,スクワット動作における熟練者と未習熟者の動作をモーションキャプチャ,フォースプレート,表面筋電図を用いて計測したデータを解析することで,解析することで,熟練者が持つ動作のコツを定量的に抽出し,未習熟者が学習しやすいようにコツの可視化を行う.
石川 雄己, Qi An, 中川 純希, 戸島 美智生, 岡 敬之, 安井 哲郎, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 889-890   2014年
変形性膝関節症の予防・治療法の確立は重要な課題であるが,発症メカニズムが明らかになっていない.歩容変化が悪化プロセスに関わると示唆されている.そこで本研究では膝疾患患者の歩行をElevation angleを用いて解析し,疼痛回避動作がどのように生成されるかを明らかにすることを目的とする.膝疾患を持った患者の術前後の歩容を解析した結果,健常者と同様に平面法則が成り立つことが明らかとなった.
花谷 耕平, 山川 博司, 石川 雄己, An Qi, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 887-888   2014年
変形性膝関節症のメカニズム解明のためには,膝関節の内部を測定する必要があるが,生体内の膝関節を直接計測することは難しい.本研究では,日常動作としてヒトが起立動作を行う時の膝関節における接触圧力分布の推定を目的として,膝関節実形状模型の作製と,マニピュレー タ・エアシリンダを用いた起立動作時の関節角度 および関節にかかる力を再現する実験装置の開発を行う.
久保 尭之, 山下 淳, 藤井 浩光, 田中 正行, 片岡 龍峰, 三好 由純, 奥富 正敏, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 985-986   2014年
オーロラは地球と太陽の電磁場の関係を反映したプラズマ粒子の発光現象デある.その電磁場の解析のため,オーロラの 3次元データを得ることが求められている.そこで,本研究では魚眼ステレオカメラを用いて撮影された画像から容易かつ正確にオーロラの3次元データを得る手法を提案する.さらに,得られた計測結果の3次元形状の復元を行うことにより,計測結果の妥当性を検証する.
坂本 一樹, Alessandro Moro, 佐藤 貴亮, 藤井 浩光, 金子 透, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 983-984   2014年
本研究では魚眼ステレオカメラとプロジェクタを用いて液体の屈折率推定及び液中物体の3次元形状計測を行う手法を提案する.まず液体の屈折率をカメラ1台を用いて計測する.その後プロジェクタから光を投影することで液中に置いた物体の表面に作り出した投影パターンに関して,左右2台の魚眼カメラの画像上で対応付けを行い,三角測量の原理を用いて3次元座標を算出する.実験結果により,提案手法の有効性を確認した.
久米 大将, 藤井 浩光, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 981-982   2014年
Structure from Motion(SfM)は1台のカメラを用いた3次元形状復元手法であり,計測対象点及びカメラの2視点の間の幾何学的関係を利用する.水中計測においては,防水容器や水との界面で起こる光の屈折のためにこの幾何学的関係が成立せず,通常のSfMが適用できない.本研究では従来法と異なる幾何学的関係を利用した水中SfMの新手法を提案する.これにより通常のSfMでは復元できなかった対象のスケールも復元できる.
伊部 公紀, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 979-980   2014年
水中生物の飼育や液侵標本の保存に広く用いられている直方体形状の容器の角部分から容器内の水中物体を観察すると,光の屈折により角を構成する2面から複光路ステレオの像が得られる.このことを利用し,単眼カメラにより容器の直角面越しに撮影した水中物体の複光路単眼ステレオ画像から,バンドル調整により直角面の位置姿勢を推定し,水中物体の3次元形状を計測する手法を提案する.また,実験により提案手法の有効性を示す.
杉本 和也, 藤井 浩光, 佐藤 貴亮, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2014(0) 991-992   2014年
ロボットを遠隔操作することでマ二ピュレーション作業を行う際には,オペレータはロボットに搭載されたカメラ映像をもとに操作を行うことが多い.しかしこの場合,映像上で手前にあるアームに遮られてしまい作業対象物の映像が十分に得られず作業効率が低下する問題点がある.そこで本研究では,映像上でアーム領域を半透明にすることで背景領域が透視できる半隠消映像生成システムの構築を行いオペレータの操作性向上を示した.
牧野 海渡, 川上 大樹, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   37(36) 3-6   2013年8月
色の見え方には個人差がある.中でも色覚障害者は眼球内で色を感じる錐体の機能の一部が働いていない.この場合,特定の色の組み合わせにおいて色の判別が困難となる.本研究では,色覚障害者が観測する対象に判別困難な色が存在するとき,その配色部分に色の変換,テクスチャマッピング,点滅表示を組み合わせて行い,色覚障害者が色の判別が可能となるように色情報を提示するプロジェクタ・カメラシステムを提案する.
石川 諭, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳, 石原 進
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   37(36) 15-18   2013年8月
ITSにおいて交通状況の認識・伝達は重要な分野の一つである.車々間通信のアドホックネットワークによって車載カメラ画像をやり取りすることはインフラに非依存でリアルタイムな交通状況の認識が可能になると期待されている.しかし通信状況によっては求められている場所の画像を得ることが出来ない可能性があり,近傍で撮影された画像から求められる場所の画像を生成する方法が求められる.そこで本研究ではこの問題の解決として1枚の車載カメラ画像から仮想視点画像を自動生成する方法を提案する.
磯貝 拓哉, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   37(36) 61-64   2013年8月
本研究では,距離センサでヒューマノイドと周辺状況を観測し,取得した3次元距離画像から作業対象物とヒューマノイドの位置関係を抽出してヒューマノイドに動作指示する方法を提案する.センサで環境を観測するロボットが作業を行う場合の問題点として,作業対象物によってセンサの視界がふさがれるなど,作業中に周囲状況の認識が困難になる場合が挙げられる.そこで,別視点のセンサにより,作業を行うヒューマノイドと環境との位置関係を観測する方法を提案する.ヒューマノイドの3次元テンプレートとのマッチングにより,3次...
坂本 一樹, MORO Alessandro, 佐藤 貴亮, 金子 透, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2013 "1P1-K02(1)"-"1P1-K02(4)"   2013年5月
Sensing in aquatic environment is important to maintain underwater structures and research aquatic lives and resources. This paper proposes a method for measuring the 3D coordinates and the shape of objects in water using stereo fisheye camera and...
中川 純希, Qi An, 石川 雄己, 岡 敬之, 山川 博司, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2013 "2A1-I01(1)"-"2A1-I01(4)"   2013年5月
In order to improve physical function of elderly people, they need to get physical training. There are activities which require integrated lower body and arm. However there are no quantitative testing methods of the degree of recovery for the coor...
辻 琢真, 山川 博司, 山下 淳, 高草木 薫, 前田 貴記, 加藤 元一郎, 岡 敬之, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2013 "2A1-I03(1)"-"2A1-I03(2)"   2013年5月
Recently, the rubber hand illusion attracts much attention in order to examine human brain mechanism of the sense of ownership. However, most previous research have only focused on the conditions for the occurrence of the illusion. In this study, ...
教科書ロボティクス出版委員会, 山下 淳
日本機械学會誌   116(1134)    2013年5月
成瀬 達哉, 山下 淳, 金子 透
精密工学会誌   79(4) 344-348   2013年4月
増山 岳人, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集 C編   79(798) 289-303   2013年
Bottom-up processes have received much attention in unsupervised and developmental learning research domain. In contrast, effectiveness of top-down deeming on acquisition of adaptive behavior is discussed in this paper. Successful experience in th...
田村 雄介, 濱崎 峻資, 山下 淳, 淺間 一
日本機械学会論文集 C編   79(799) 617-628   2013年
In order for mobile robots to coexist with humans, both safety and efficiency should be satisfied. We propose a method to predict pedestrian movement for collision avoidance of mobile robots and pedestrians. In the proposed method, the pedestrian ...
伊部 公紀, 山下 淳, 金子 透, 小林 祐一
映像情報メディア学会誌   67(11) J379-J387   2013年
An important need exists to digitally archive 3D models of objects, such as specimens of rare underwater creatures. These objects are sometimes preserved in liquid contained in transparent vessels. When measuring submerged objects, light refractio...
金子 俊一, 中島 慶人, 寺田 賢治, 山下 淳
精密工学会誌   79(11) 977-980   2013年
成瀬 達哉, 山下 淳, 金子 透, 小林 祐一
精密工学会誌   79(4) 344-348   2013年
Sensing in aquatic environments is important to maintain underwater structures and research aquatic life. This paper proposes a 3D measurement method of objects in water using a fish-eye stereo camera. Aquatic sensing meets the difficulty of 3D me...
熊原 渉, 増山 岳人, 田村 雄介, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会誌   79(4) 349-355   2013年
This paper proposes a new navigation method that makes a mobile robot move without map information. Past navigation methods need map information and the robot's self-location. If the robot has no information of map or mistakes localization, the na...
山下 淳, 久野 素有, 金子 透, 小林 祐一, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2013(0) 481-482   2013年
本研究では,ステレオカメラ,マイク,ヘッドホンから構成されるタッチパネル操作支援システムを提案する.利用者はマイクを用いて音声入力によりシステムに指示を与える.システムはステレオカメラを用いてタッチパネルボタンと利用者の指を検出し,両者の位置関係からボタンへ指先を誘導するための誘導音をヘッドホンに出力する.利用者は誘導音を頼りに指先をボタンの位置まで移動させることによってタッチパネルの操作を行う.
石川 諭, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳, 石原 進
映像情報メディア学会技術報告   37(0) 15-18   2013年
ITSにおいて交通状況の認識・伝達は重要な分野の一つである.車々間通信のアドホックネットワークによって車載カメラ画像をやり取りすることはインフラに非依存でリアルタイムな交通状況の認識が可能になると期待されている.しかし通信状況によっては求められている場所の画像を得ることが出来ない可能性があり,近傍で撮影された画像から求められる場所の画像を生成する方法が求められる.そこで本研究ではこの問題の解決として1枚の車載カメラ画像から仮想視点画像を自動生成する方法を提案する.
牧野 海渡, 川上 大樹, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   37(0) 3-6   2013年
色の見え方には個人差がある.中でも色覚障害者は眼球内で色を感じる錐体の機能の一部が働いていない.この場合,特定の色の組み合わせにおいて色の判別が困難となる.本研究では,色覚障害者が観測する対象に判別困難な色が存在するとき,その配色部分に色の変換,テクスチャマッピング,点滅表示を組み合わせて行い,色覚障害者が色の判別が可能となるように色情報を提示するプロジェクタ・カメラシステムを提案する.
次世代構想分科会, 原田 達也, 大武 美保子, 岩田 浩康, 杉原 知道, 山下 淳, 岡田 慧, 十倉 征司, 金岡 克弥, 栗田 雄一, 山野辺 夏樹, 鍋嶌 厚太, 安藤 健, 新妻 実保子, 松下 光次郎, 門田 和雄
日本ロボット学会誌   30(10) 1030-1040   2012年12月
石川 雄己, 安 稘, 山下 淳, 岡 敬之, 浅間 一
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012 "J241025-1"-"J241025-4"   2012年9月
Knee osteoarthritis (OA) becomes a major public issue, but a strategy to prevent the disease has not established yet because there is no accurate method to measure an internal movement of the knee of patients Thus a mechanical model and a standard...
増山 岳人, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "1A1-F06(1)"-"1A1-F06(2)"   2012年5月
For the purpose of designing autonomous robot that can be utilized at a social scene inhered in living environment of humans, developmental model of the robot based on internal behavior representation is presented. Framework of the model is discus...
加藤 利哉, 田村 雄介, 山下 淳, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "1P1-A07(1)"-"1P1-A07(3)"   2012年5月
In the situation of a fire, an evacuation system, which guided pedestrians in a building to exist safely, is supposed in this research. Moreover, we proposed the evacuation method that minimized the risk of pedestrians, and the method was evaluate...
近藤 正人, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2A1-F01(1)"-"2A1-F01(4)"   2012年5月
In recent years, introduction of autonomous mobile robots which support humans in environments close to our life is expected. Examples are shopping support robots and porter robots carrying the luggage while accompanying the person. To utilize the...
原田 真里, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2A2-J05(1)"-"2A2-J05(4)"   2012年5月
In recent years, sensing of underwater environment and research of aquatic life become important. However, in actual subsea environment, sensing is difficult for bubbles, dust and other noating matter to interfere with the field of view as scene o...
安 〓, 石川 雄己, 山下 淳, 岡 敬之, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2A2-T06(1)"-"2A2-T06(2)"   2012年5月
Many elderly people suffer from decreased motor functions. The elderly might refuse to move beyond their ability due to fear-avoidance in physical therapies. To improve the situation, a training system of the standing-up motion is proposed. The sy...
大島 悠太郎, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2A2-T10(1)"-"2A2-T10(4)"   2012年5月
This paper presents a method for a robot to handle tofu which is an example of non-rigid object to serve in a meal support system. The robot is equipped with a laser range finder (LRF) and a spoon holding manipulator. The LRF measures the 3D coord...
石川 雄己, 安 瑛, 田村 雄介, 山下 淳, 岡 敬之, 淺間 一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2P1-I02(1)"-"2P1-I02(2)"   2012年5月
Knee osteoarthritis (OA) becomes a major public issue, but a strategy to prevent the disease has not established yet due to lack of an accurate method to measure an internal motion of the knee of individual patients. Therefore mechanical engineeri...
鈴木 良典, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   36(8) 1-4   2012年2月
書籍などの紙媒体の印刷物は我々の生活において重要な情報源の1つであるが,視覚障害者にとって紙媒体の印刷物から情報を得ることは容易なことではない.そこで本研究では,既存の製品で読み上げの対象としていない表,グラフを対象とした音読システムの構築を目的とする.また,スキャナ装置には印刷物において綴じ目付近に形状歪みが生じるという問題点がある.この問題を解決するためにステレオカメラによる形状歪み補正を画像に行う.実験により,本手法が書籍の表,グラフの読み上げに有効であることを示した.
大江 拓也, 山下 淳, 金子 透, 石原 進, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   36(8) 5-8   2012年2月
現在,車両へのドライブレコーダや車載カメラの搭載が一般車でも普及しつつある.そのためドライブレコーダや車載カメラが撮影している画像,映像を利用したシステムが求められている.これらの要求に応じるために車両間での通信による画像,映像の共有を行う研究が行われている.しかし画像,映像を共有するだけでは利用者はシステムを使用することは難しい.そこで本論文では,複数の画像に対してカメラの位置姿勢推定を行いその結果を用いて3次元地図を生成する.そして3次元地図を元に利用者にとって必要な任意の視点画像を生...
浅井 智史, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   36(8) 9-12   2012年2月
自律ロボットが目的地に移動するためには,環境認識と動作計画の機能を必要とする.本研究では,オドメトリによる自己位置推定ができない2足歩行ロボットのための自己位置推定手法を提案する.提案手法では,ロボットはステレオカメラで撮影された画像を使用してVisual SLAMを行い,3次元グリッドマップを生成する.そして,目的地までの動作計画と移動を行う.実験により,提案手法の有効性が示された.
川西 亮輔, 山下 淳, 金子 透
日本ロボット学会誌   30(4) 399-410   2012年
In this paper, we propose a method for 3-D environment model construction based on structure from motion by using an omnidirectional camera. Map information is important for path planning and self-localization when mobile robots execute autonomous...
山口 祐樹, 田村 雄介, 寺田 善貴, 熊原 渉, 山下 淳, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2012(0) 647-648   2012年
混雑した環境下で移動ロボットをナビゲーションすることは困難である.そこで本研究では混雑した環境下で目的地まで移動するサービスロボットの実現を目指した.そこで,ロボットが目的地まで歩行者を追従しながら移動するという手法を提案した.ロボットは追従する歩行者を条件によって適宜変更していくことで目的地に到達する.この提案手法の有用性をシミュレーションと実機での実験によって検証した.
石川 雄己, 安 ち, 田村 雄介, 山下 淳, 岡 敬之, 淺間 一
精密工学会学術講演会講演論文集   2012(0) 945-946   2012年
膝関節において疾患予防につながる評価システムは確立していない.膝関節は骨性の運動制限が少ないため,関節の遊びを考慮し,妥当性を精密に検証したモデルの構築が不可欠である.本研究では,関節の遊びを考慮した三次元筋骨格靭帯膝モデルを作成し,順動力学を用いてモデルの検証を行う方法を提案する.順動力学計算の結果を過去の屍体実験結果と比較することにより,モデルの妥当性検証方法の有効性を確認した.
浅井 智史, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   36(0) 9-12   2012年
自律ロボットが目的地に移動するためには,環境認識と動作計画の機能を必要とする.本研究では,オドメトリによる自己位置推定ができない2足歩行ロボットのための自己位置推定手法を提案する.提案手法では,ロボットはステレオカメラで撮影された画像を使用してVisual SLAMを行い,3次元グリッドマップを生成する.そして,目的地までの動作計画と移動を行う.実験により,提案手法の有効性が示された.
鈴木 良典, 山下 淳, 金子 透, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   36(0) 1-4   2012年
書籍などの紙媒体の印刷物は我々の生活において重要な情報源の1つであるが,視覚障害者にとって紙媒体の印刷物から情報を得ることは容易なことではない.そこで本研究では,既存の製品で読み上げの対象としていない表,グラフを対象とした音読システムの構築を目的とする.また,スキャナ装置には印刷物において綴じ目付近に形状歪みが生じるという問題点がある.この問題を解決するためにステレオカメラによる形状歪み補正を画像に行う.実験により,本手法が書籍の表,グラフの読み上げに有効であることを示した.
大江 拓也, 山下 淳, 金子 透, 石原 進, 淺間 一
映像情報メディア学会技術報告   36(0) 5-8   2012年
現在,車両へのドライブレコーダや車載カメラの搭載が一般車でも普及しつつある.そのためドライブレコーダや車載カメラが撮影している画像,映像を利用したシステムが求められている.これらの要求に応じるために車両間での通信による画像,映像の共有を行う研究が行われている.しかし画像,映像を共有するだけでは利用者はシステムを使用することは難しい.そこで本論文では,複数の画像に対してカメラの位置姿勢推定を行いその結果を用いて3次元地図を生成する.そして3次元地図を元に利用者にとって必要な任意の視点画像を生...
鶴見 文哉, 山下 淳, 金子 透
映像情報メディア学会技術報告   35(39) 17-20   2011年10月
展望台や高層ビルから撮影を行う場合,室内からガラス越しにしか撮影できないことがある.ガラス越しに撮影したカメラ画像には,周囲の物体等がガラス面に映り込むという問題が起こる.そこで本論文ではステレオカメラを用いて,夜景と映り込みを分離する手法を提案する.撮影された画像中で,夜景は遠景であると考えられる.そこで,遠景の夜景には視差がなく近景の映り込みにのみ視差が生じることを利用し,ステレオ画像でエッジの位置が共通の部分を夜景,それ以外を映り込みと判断する.夜景のエッジから夜景領域を求め,夜景と...
伊部 公紀, 山下 淳, 金子 透
映像情報メディア学会技術報告   35(39) 21-24   2011年10月
本研究ではカメラとスポット光レーザからなるレーザレンジファインダ(LRF)をマニピュレータに搭載し,水槽面と水中物体からのレーザ反射光をカメラで取得することにより水槽面と水中物体の両方を計測する手法を提案する.レーザ光は水槽面および水中物体からだけでなく様々な経路で反射し,カメラ画像に映り込む.そのため,水槽面と水中物体からの反射光を判別する手法が必要となる.そこで,水槽面からの反射光についてはLRFの姿勢を変化させることで特定する方法を,水中物体からの反射光については光線追跡における光線...
川西 亮輔, 山下 淳, 金子 透
映像情報メディア学会技術報告   35(33) 67-70   2011年8月
本論文では,1台の全方位カメラから得られる画像列のみを入力とし,撮影時のカメラ運動を推定するとともに撮影環境の3次元計測およびモデリングを行う手法を提案する.提案手法では,画像中から抽出・追跡される点と直線の2つの特徴を利用する.点と直線の2つの特徴を3次元復元することで,テクスチャの豊富な物体とテクスチャレスな物体の両方の形状を計測することが可能である.
鶴見文哉, 山下淳, 金子透
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)論文集   2011 942-947   2011年7月
粟井 真志, 清水 隆史, 山下 淳, 金子 透
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2011 "2A1-H10(1)"-"2A1-H10(4)"   2011年5月
In recent years, with the development of technology, introduction of autonomous mobile robots to environments close to human life is expected. Examples are shopping cart robots automatically returning to the shopping cart shed after shopping, and ...
長田 典子, 大城 英裕, 加藤 邦人, 輿水 大和, 佐川 立昌, 藤原 孝幸, 山下 淳, 橋本 学
電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. D, A publication of Industry Applications Society   131(4) 433-440   2011年4月
Multidimensional sensing (MDS) technologies have numerous applications in the field of digital media, including the development of audio and visual equipment for human-computer interaction (HCI) and manufacture of data storage devices; furthermore...
久野 素有, 山下 淳, 金子 透
電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. D, A publication of Industry Applications Society   131(4) 458-465   2011年4月
In this paper, we propose a system that can be used to simplify touch-panel operation for people with visual disability. In the system, a user specifies the target button on the panel by a verbal input. The system detects the button and user's fin...
宮木 理恵, 山下 淳, 金子 透
電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. D, A publication of Industry Applications Society   131(4) 497-504   2011年4月
Color perception varies from individual to individual. It is difficult for a person with defective cones in the retina to recognize the difference between specific colors. We propose a method for presenting color information by using a projector c...
南川 豊浩, 山下 淳, 金子 透
映像情報メディア学会技術報告   35(8) 13-16   2011年2月
近年,水中環境調査等において水中ロボットの観測システムの必要性が増している.観測システムとして搭載したカメラによる画像センシングが用いられる.しかし,水中では気泡や小魚,その他の浮遊物などが存在し,視野を妨害することがある.そのため,撮影した画像中から気泡等の視野妨害ノイズを除去し視野の明瞭化を図る必要がある.そこで本論文では,高速度カメラを用いて移動物体を追跡することで画像中から視野妨害ノイズを除去する手法を提案する.本手法では,動き・大きさ・色の特徴量を利用して異なる複数の物体を識別し...

担当経験のある科目

 
 

Works

 
広視野・高解像度3次元計測システムの研究
2003年 - 2004年
3次元形状計測による溶接ビード検査の研究
2004年 - 2004年
広視野・高解像度3次元計測システムの研究
2004年 - 2005年
高精度3次元計測システム
2005年 - 2006年
実装動作最適システムの研究
2005年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山下 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 淺間 一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 桑原 教彰
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 山下 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 淺間 一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 石原 進
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 金子 透
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 山下 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 金子 透
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山下 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 金子 透
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 三浦 憲二郎
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 山下 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 海老澤 嘉伸
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 金子 透
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 山下 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 三浦 憲二郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 金子 透

特許

 
段差乗り越え可能な全方向移動車
3559826