森 潔

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/16 09:41
 
アバター
研究者氏名
森 潔
 
モリ キヨシ
URL
http://www.tmk.med.kyoto-u.ac.jp/mori.html
所属
京都大学
部署
京都大学大学院医学研究科・メディカルイノベーションセンター
職名
特定准教授
学位
医学博士(京都大学)
科研費研究者番号
60343232
ORCID ID
0000-0002-7285-8351

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
京都大学大学院 医学研究科 特定准教授
 
2005年
   
 
京都大学大学院 医学研究科 特任講師 (産学官連携)
 

学歴

 
 
 - 
1996年
京都大学大学院 医学研究科 内科系
 
 
 - 
1990年
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本腎臓学会  褒賞選考部会委員
 
2014年
 - 
現在
日本腎臓学会  AKI診療ガイドラインSRメンバー
 
2014年
 - 
現在
日本腎臓学会  Clinical and Experimental Nephrology, Editorial Board
 
2014年
 - 
現在
日本腎臓学会  基礎研究推進小委員会委員
 
2010年
 - 
現在
日本内科学会  近畿支部評議員
 
2010年
 - 
現在
日本内分泌学会  代議員
 
2007年
 - 
2012年
国際腎臓学会(International Society of Nephrology)  Kidney International, Editorial Board
 
2007年
 - 
2009年
日本腎臓学会  CKD診療ガイドライン作成ワーキンググループ委員
 
2006年
 - 
現在
日本腎臓学会  学術評議員
 
2006年
 - 
現在
日本心血管内分泌代謝学会  評議員
 

受賞

 
1997年
分子腎臓研究会・最優秀研究賞
 
1999年
日本心血管内泌代謝学会・若手研究奨励賞
 
2000年
成人血管病研究振興財団・岡本研究奨励賞
 
2006年
分子腎臓研究会・研究奨励賞
 
2009年
日本腎臓学会・大島賞
 

論文

 
Koga K, Yokoi H, Mori K, Kasahara M, Kuwabara T, Imamaki H, Ishii A, Mori KP, Kato Y, Ohno S, Toda N, Saleem MA, Sugawara A, Nakao K, Yanagita M, Mukoyama M
Diabetologia      2015年6月   [査読有り]
Ueda S, Ozawa S, Mori K, Asanuma K, Yanagita M, Uchida S, Nakagawa T
Free radical biology & medicine      2015年6月   [査読有り]
Kasuno K, Shirakawa K, Yoshida H, Mori K, Kimura H, Takahashi N, Nobukawa Y, Shigemi K, Tanabe S, Yamada N, Koshiji T, Nogaki F, Kusano H, Ono T, Uno K, Nakamura H, Yodoi J, Muso E, Iwano M
American journal of physiology. Renal physiology   307(12) F1342-51   2014年12月   [査読有り]
Nakano D, Doi K, Kitamura H, Kuwabara T, Mori K, Mukoyama M, Nishiyama A
Journal of the American Society of Nephrology : JASN      2015年4月   [査読有り]
Ozawa S, Ueda S, Li Y, Mori K, Asanuma K, Yanagita M, Nakagawa T
Biochemical and biophysical research communications   454(4) 531-536   2014年10月   [査読有り]
Imamaki H, Ishii A, Yokoi H, Kasahara M, Kuwabara T, Mori KP, Kato Y, Kuwahara T, Satoh M, Nakatani K, Saito Y, Tomosugi N, Sugawara A, Nakao K, Mukoyama M, Yanagita M, Mori K
PloS one   10(7) e0132539   2015年   [査読有り]
Kuwabara T, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Nakao K
Clinical and experimental nephrology   18(4) 584-592   2014年8月   [査読有り]
Ujike-Omori H, Maeshima Y, Kinomura M, Tanabe K, Mori K, Watatani H, Hinamoto N, Sugiyama H, Sakai Y, Morimatsu H, Makino H
Clinical and experimental nephrology      2015年2月   [査読有り]
Paragas N, Kulkarni R, Werth M, Schmidt-Ott KM, Forster C, Deng R, Zhang Q, Singer E, Klose AD, Shen TH, Francis KP, Ray S, Vijayakumar S, Seward S, Bovino ME, Xu K, Takabe Y, Amaral FE, Mohan S, Wax R, Corbin K, Sanna-Cherchi S, Mori K, Johnson L, Nickolas T, D'Agati V, Lin CS, Qiu A, Al-Awqati Q, Ratner AJ, Barasch J
The Journal of clinical investigation   124(7) 2963-2976   2014年7月   [査読有り]
Kuwabara T, Mori K, Kasahara M, Yokoi H, Imamaki H, Ishii A, Koga K, Sugawara A, Yasuno S, Ueshima K, Morikawa T, Konishi Y, Imanishi M, Nishiyama A, Nakao K, Mukoyama M
PloS one   9(2) e88942   2014年   [査読有り]
Uetake R, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Iesato Y, Yoshizawa T, Koyama T, Yang L, Toriyama Y, Yamauchi A, Igarashi K, Tanaka M, Kuwabara T, Mori K, Yanagita M, Mukoyama M, Shindo T
PloS one   9(2) e87667   2014年   [査読有り]
Ikezoe K, Handa T, Mori K, Watanabe K, Tanizawa K, Aihara K, Tsuruyama T, Miyagawa-Hayashino A, Sokai A, Kubo T, Muro S, Nagai S, Hirai T, Chin K, Mishima M
The European respiratory journal   43 1807-1809   2014年6月   [査読有り]
Furuichi K, Shimizu M, Toyama T, Koya D, Koshino Y, Abe H, Mori K, Satoh H, Imanishi M, Iwano M, Yamauchi H, Kusano E, Fujimoto S, Suzuki Y, Okuda S, Kitagawa K, Iwata Y, Kaneko S, Nishi S, Yokoyama H, Ueda Y, Haneda M, Makino H, Wada T, Research Group of Diabetic Nephropathy,Ministry of Health,Labour,and Welfare of Japan
Clinical and experimental nephrology   17(6) 819-826   2013年12月   [査読有り]
Kasahara M, Nakagawa T, Yokoi H, Kuwabara T, Yasuno S, Mori K, Mukoyama M, Ueshima K
Clinical and experimental nephrology   18 282-285   2014年4月   [査読有り]
Jang E, Lee S, Kim JH, Kim JH, Seo JW, Lee WH, Mori K, Nakao K, Suk K
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   27(3) 1176-1190   2013年3月   [査読有り]
Kanda J, Mori K, Kawabata H, Kuwabara T, Mori KP, Imamaki H, Kasahara M, Yokoi H, Mizumoto C, Thoennissen NH, Koeffler HP, Barasch J, Takaori-Kondo A, Mukoyama M, Nakao K
Clinical and experimental nephrology      2014年3月   [査読有り]
Yokoi H, Kasahara M, Mori K, Kuwabara T, Toda N, Yamada R, Namoto S, Yamamoto T, Seki N, Souma N, Yamaguchi T, Sugawara A, Mukoyama M, Nakao K
Peritoneal dialysis international : journal of the International Society for Peritoneal Dialysis   33(2) 143-154   2013年3月   [査読有り]
Murase K, Mori K, Yoshimura C, Aihara K, Chihara Y, Azuma M, Harada Y, Toyama Y, Tanizawa K, Handa T, Hitomi T, Oga T, Mishima M, Chin K
PloS one   8(1) e54184   2013年   [査読有り]
Kuwabara T, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Saito Y, Ogawa Y, Imamaki H, Kawanishi T, Ishii A, Koga K, Mori KP, Kato Y, Sugawara A, Nakao K
Diabetologia   55 2256-2266   2012年8月   [査読有り]
Ogawa Y, Mukoyama M, Yokoi H, Kasahara M, Mori K, Kato Y, Kuwabara T, Imamaki H, Kawanishi T, Koga K, Ishii A, Tokudome T, Kishimoto I, Sugawara A, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   23 1198-1209   2012年7月   [査読有り]
Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Nakao K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(5) 864-868   2012年5月   [査読有り]
Lee S, Lee WH, Lee MS, Mori K, Suk K
Journal of neuroscience research   90 540-550   2012年3月   [査読有り]
Yokoi H, Kasahara M, Mori K, Ogawa Y, Kuwabara T, Imamaki H, Kawanishi T, Koga K, Ishii A, Kato Y, Mori KP, Toda N, Ohno S, Muramatsu H, Muramatsu T, Sugawara A, Mukoyama M, Nakao K
Kidney international   81 160-169   2012年1月   [査読有り]
Lee S, Kim JH, Kim JH, Seo JW, Han HS, Lee WH, Mori K, Nakao K, Barasch J, Suk K
The Journal of biological chemistry   286(51) 43855-43870   2011年12月   [査読有り]
Mori K, Mukoyama M, Nakao K
Kidney international   79(12) 1274-1276   2011年6月   [査読有り]
Paragas N, Qiu A, Zhang Q, Samstein B, Deng SX, Schmidt-Ott KM, Viltard M, Yu W, Forster CS, Gong G, Liu Y, Kulkarni R, Mori K, Kalandadze A, Ratner AJ, Devarajan P, Landry DW, D'Agati V, Lin CS, Barasch J
Nature medicine   17(2) 216-222   2011年2月   [査読有り]
Mukoyama M, Mori K, Nakao K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 Suppl 1(0) 512-517   2011年1月   [査読有り]
Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Nakao K
Nihon Jinzo Gakkai shi   53(4) 596-599   2011年5月   [査読有り]
Mori K, Mukoyama M, Nakao K
Clinical and experimental nephrology   14(6) 523-527   2010年12月   [査読有り]
Viau A, El Karoui K, Laouari D, Burtin M, Nguyen C, Mori K, Pillebout E, Berger T, Mak TW, Knebelmann B, Friedlander G, Barasch J, Terzi F
The Journal of clinical investigation   120(11) 4065-4076   2010年11月   [査読有り]
Bao G, Clifton M, Hoette TM, Mori K, Deng SX, Qiu A, Viltard M, Williams D, Paragas N, Leete T, Kulkarni R, Li X, Lee B, Kalandadze A, Ratner AJ, Pizarro JC, Schmidt-Ott KM, Landry DW, Raymond KN, Strong RK, Barasch J
Nature chemical biology   6(8) 602-609   2010年8月   [査読有り]
Shirase T, Mori K, Okazaki Y, Itoh K, Yamamoto M, Tabuchi M, Kishi F, Jiang L, Akatsuka S, Nakao K, Toyokuni S
The American journal of pathology   177 677-685   2010年8月   [査読有り]
Yokoi H, Kasahara M, Mukoyama M, Mori K, Kuwahara K, Fujikura J, Arai Y, Saito Y, Ogawa Y, Kuwabara T, Sugawara A, Nakao K
Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   25 2120-2124   2010年7月   [査読有り]
Mori K, Mukoyama M, Nakao K
Nihon Jinzo Gakkai shi   52(5) 566-571   2010年7月   [査読有り]
Zheng LT, Lee S, Yin GN, Mori K, Suk K
Journal of neurochemistry   111(5) 1238-1251   2009年12月   [査読有り]
Kasahara M, Mori K, Satoh N, Kuwabara T, Yokoi H, Shimatsu A, Sugawara A, Mukoyama M, Nakao K
Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   24 2608-9; author reply 2609   2009年8月   [査読有り]
Mori K, Mukoyama M, Nakao K
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   50(7) 519-526   2009年7月   [査読有り]
[Clinical implication of a novel biomarker Ngal in CKD].
Mori K, Mukoyama M, Kuwabara T, Kasahara M, Yokoi H, Nakao K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   67(6) 1233-1241   2009年6月   [査読有り]
Kuwabara T, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Saito Y, Yoshioka T, Ogawa Y, Imamaki H, Kusakabe T, Ebihara K, Omata M, Satoh N, Sugawara A, Barasch J, Nakao K
Kidney international   75 285-294   2009年2月   [査読有り]
Lee S, Park JY, Lee WH, Kim H, Park HC, Mori K, Suk K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 234-249   2009年1月   [査読有り]
[Systemic AA amyloidosis caused by familial Mediterranean fever and response to colchicine].
Fukui N, Mukoyama M, Saito Y, Mori K, Kasahara M, Yokoi H, Ogawa Y, Kuwabara T, Sugawara A, Nakao K
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   97(12) 3046-3048   2008年12月   [査読有り]
Nagae T, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Suganami T, Sawai K, Yoshioka T, Koshikawa M, Saito Y, Ogawa Y, Kuwabara T, Tanaka I, Sugawara A, Kuwahara T, Nakao K
Kidney international   74 70-80   2008年7月   [査読有り]
Sawai K, Mukoyama M, Mori K, Kasahara M, Koshikawa M, Yokoi H, Yoshioka T, Ogawa Y, Sugawara A, Nishiyama H, Yamada S, Kuwahara T, Saleem MA, Shiota K, Ogawa O, Miyazato M, Kangawa K, Nakao K
American journal of physiology. Renal physiology   293 F1363-72   2007年10月   [査読有り]
A dual role of lipocalin 2 in the apoptosis and deramification of activated microglia.
Lee S, Lee J, Kim S, Park JY, Lee WH, Mori K, Kim SH, Kim IK, Suk K
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   179(5) 3231-3241   2007年9月   [査読有り]
Mori K, Nakao K
Kidney international   71(10) 967-970   2007年5月   [査読有り]
Schmidt-Ott KM, Mori K, Li JY, Kalandadze A, Cohen DJ, Devarajan P, Barasch J
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   18(2) 407-413   2007年2月   [査読有り]
Makino H, Mukoyama M, Mori K, Suganami T, Kasahara M, Yahata K, Nagae T, Yokoi H, Sawai K, Ogawa Y, Suga S, Yoshimasa Y, Sugawara A, Tanaka I, Nakao K
Diabetologia   49 2514-2524   2006年10月   [査読有り]
Makino H, Miyamoto Y, Sawai K, Mori K, Mukoyama M, Nakao K, Yoshimasa Y, Suga S
Diabetes   55 2747-2756   2006年10月   [査読有り]
Wagener G, Jan M, Kim M, Mori K, Barasch JM, Sladen RN, Lee HT
Anesthesiology   105(3) 485-491   2006年9月   [査読有り]
Sawai K, Mukoyama M, Mori K, Yokoi H, Koshikawa M, Yoshioka T, Takeda R, Sugawara A, Kuwahara T, Saleem MA, Ogawa O, Nakao K
Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   21 2472-2477   2006年9月   [査読有り]
Schmidt-Ott KM, Mori K, Kalandadze A, Li JY, Paragas N, Nicholas T, Devarajan P, Barasch J
Current opinion in nephrology and hypertension   15(4) 442-449   2006年7月   [査読有り]
Mukouyama M, Mori K, Kasahara M, Nakao K
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   95(5) 899-907   2006年5月   [査読有り]
Mishra J, Ma Q, Kelly C, Mitsnefes M, Mori K, Barasch J, Devarajan P
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   21(6) 856-863   2006年6月   [査読有り]
Koshikawa M, Mukoyama M, Mori K, Suganami T, Sawai K, Yoshioka T, Nagae T, Yokoi H, Kawachi H, Shimizu F, Sugawara A, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   16 2690-2701   2005年9月   [査読有り]
Hoshino M, Nakamura S, Mori K, Kawauchi T, Terao M, Nishimura YV, Fukuda A, Fuse T, Matsuo N, Sone M, Watanabe M, Bito H, Terashima T, Wright CV, Kawaguchi Y, Nakao K, Nabeshima Y
Neuron   47 201-213   2005年7月   [査読有り]
Schmidt-Ott KM, Yang J, Chen X, Wang H, Paragas N, Mori K, Li JY, Lu B, Costantini F, Schiffer M, Bottinger E, Barasch J
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   16 1993-2002   2005年7月   [査読有り]
Mishra J, Dent C, Tarabishi R, Mitsnefes MM, Ma Q, Kelly C, Ruff SM, Zahedi K, Shao M, Bean J, Mori K, Barasch J, Devarajan P
Lancet   365 1231-1238   2005年4月   [査読有り]
Hanai J, Mammoto T, Seth P, Mori K, Karumanchi SA, Barasch J, Sukhatme VP
The Journal of biological chemistry   280 13641-13647   2005年4月   [査読有り]
Mori K, Lee HT, Rapoport D, Drexler IR, Foster K, Yang J, Schmidt-Ott KM, Chen X, Li JY, Weiss S, Mishra J, Cheema FH, Markowitz G, Suganami T, Sawai K, Mukoyama M, Kunis C, D'Agati V, Devarajan P, Barasch J
The Journal of clinical investigation   115 610-621   2005年3月   [査読有り]
Suganami T, Mukoyama M, Mori K, Yokoi H, Koshikawa M, Sawai K, Hidaka S, Ebihara K, Tanaka T, Sugawara A, Kawachi H, Vinson C, Ogawa Y, Nakao K
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   19 127-129   2005年1月   [査読有り]
Barasch J, Mori K
Nature   432 811-813   2004年12月   [査読有り]
Mishra J, Mori K, Ma Q, Kelly C, Yang J, Mitsnefes M, Barasch J, Devarajan P
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   15(12) 3073-3082   2004年12月   [査読有り]
Li JY, Ram G, Gast K, Chen X, Barasch K, Mori K, Schmidt-Ott K, Wang J, Kuo HC, Savage-Dunn C, Garrick MD, Barasch J
American journal of physiology. Cell physiology   287(6) C1547-59   2004年12月   [査読有り]
Yokoi H, Mukoyama M, Nagae T, Mori K, Suganami T, Sawai K, Yoshioka T, Koshikawa M, Nishida T, Takigawa M, Sugawara A, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   15 1430-1440   2004年6月   [査読有り]
Mishra J, Mori K, Ma Q, Kelly C, Barasch J, Devarajan P
American journal of nephrology   24(3) 307-315   2004年5月   [査読有り]
Suganami T, Mori K, Tanaka I, Mukoyama M, Sugawara A, Makino H, Muro S, Yahata K, Ohuchida S, Maruyama T, Narumiya S, Nakao K
Hypertension   42 1183-1190   2003年12月   [査読有り]
Yahata K, Mori K, Mukoyama M, Sugawara A, Suganami T, Makino H, Nagae T, Fujinaga Y, Nabeshima Y, Nakao K
Biochemical and biophysical research communications   310 128-134   2003年10月   [査読有り]
Mori K, Yang J, Barasch J
Seminars in cell & developmental biology   14(4) 209-216   2003年8月   [査読有り]
Yang J, Mori K, Li JY, Barasch J
American journal of physiology. Renal physiology   285 F9-18   2003年7月   [査読有り]
Sawai K, Mori K, Mukoyama M, Sugawara A, Suganami T, Koshikawa M, Yahata K, Makino H, Nagae T, Fujinaga Y, Yokoi H, Yoshioka T, Yoshimoto A, Tanaka I, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   14 1154-1163   2003年5月   [査読有り]
Makino H, Mukoyama M, Sugawara A, Mori K, Suganami T, Yahata K, Fujinaga Y, Yokoi H, Tanaka I, Nakao K
Clinical and experimental nephrology   7 33-40   2003年3月   [査読有り]
Yang J, Goetz D, Li JY, Wang W, Mori K, Setlik D, Du T, Erdjument-Bromage H, Tempst P, Strong R, Barasch J
Molecular cell   10 1045-1056   2002年11月   [査読有り]
Yoshimoto A, Mori K, Sugawara A, Mukoyama M, Yahata K, Suganami T, Takaya K, Hosoda H, Kojima M, Kangawa K, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   13 2748-2752   2002年11月   [査読有り]
Ariyasu H, Takaya K, Hosoda H, Iwakura H, Ebihara K, Mori K, Ogawa Y, Hosoda K, Akamizu T, Kojima M, Kangawa K, Nakao K
Endocrinology   143 3341-3350   2002年9月   [査読有り]
Makino H, Tanaka I, Mukoyama M, Sugawara A, Mori K, Muro S, Suganami T, Yahata K, Ishibashi R, Ohuchida S, Maruyama T, Narumiya S, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   13 1757-1765   2002年7月   [査読有り]
Yokoi H, Mukoyama M, Sugawara A, Mori K, Nagae T, Makino H, Suganami T, Yahata K, Fujinaga Y, Tanaka I, Nakao K
American journal of physiology. Renal physiology   282 F933-42   2002年5月   [査読有り]
Overexpression of brain natriuretic peptide in mice ameliorates immune-mediated renal injury.
Suganami T, Mukoyama M, Sugawara A, Mori K, Nagae T, Kasahara M, Yahata K, Makino H, Fujinaga Y, Ogawa Y, Tanaka I, Nakao K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   12 2652-2663   2001年12月   [査読有り]
Mukoyama M, Sugawara A, Nagae T, Mori K, Murabe H, Itoh H, Tanaka I, Nakao K
Peptides   22 1925-1931   2001年11月   [査読有り]
Suganami T, Tanaka I, Mukoyama M, Kotani M, Muro S, Mori K, Goto M, Ishibashi R, Kasahara M, Yahata K, Makino H, Sugawara A, Nakao K
Journal of hypertension   19 1095-1103   2001年6月   [査読有り]
Takaya K, Ariyasu H, Kanamoto N, Iwakura H, Yoshimoto A, Harada M, Mori K, Komatsu Y, Usui T, Shimatsu A, Ogawa Y, Hosoda K, Akamizu T, Kojima M, Kangawa K, Nakao K
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   85 4908-4911   2000年12月   [査読有り]
Mori K, Yoshimoto A, Takaya K, Hosoda K, Ariyasu H, Yahata K, Mukoyama M, Sugawara A, Hosoda H, Kojima M, Kangawa K, Nakao K
FEBS letters   486 213-216   2000年12月   [査読有り]
Mori K, Yahata K, Mukoyama M, Suganami T, Makino H, Nagae T, Masuzaki H, Ogawa Y, Sugawara A, Nabeshima Y, Nakao K
Biochemical and biophysical research communications   278 665-670   2000年11月   [査読有り]
Nagae T, Mukoyama M, Sugawara A, Mori K, Yahata K, Kasahara M, Suganami T, Makino H, Fujinaga Y, Yoshioka T, Tanaka I, Nakao K
Biochemical and biophysical research communications   270 89-93   2000年4月   [査読有り]
Molecular cloning and expression of a novel klotho-related protein.
Yahata K, Mori K, Arai H, Koide S, Ogawa Y, Mukoyama M, Sugawara A, Ozaki S, Tanaka I, Nabeshima Y, Nakao K
Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   78 389-394   2000年   [査読有り]
Mori K, Ogawa Y, Ebihara K, Tamura N, Tashiro K, Kuwahara T, Mukoyama M, Sugawara A, Ozaki S, Tanaka I, Nakao K
The Journal of biological chemistry   274 15701-15705   1999年5月   [査読有り]
Tanaka M, Ozaki S, Osakada F, Mori K, Okubo M, Nakao K
International immunology   10 1305-1314   1998年9月   [査読有り]
Yasoda A, Ogawa Y, Suda M, Tamura N, Mori K, Sakuma Y, Chusho H, Shiota K, Tanaka K, Nakao K
The Journal of biological chemistry   273 11695-11700   1998年5月   [査読有り]
Ebihara K, Ogawa Y, Isse N, Mori K, Tamura N, Masuzaki H, Kohno K, Yura S, Hosoda K, Sagawa N, Nakao K
Biochemical and biophysical research communications   241 658-663   1997年12月   [査読有り]
Mori K, Ogawa Y, Ebihara K, Aoki T, Tamura N, Sugawara A, Kuwahara T, Ozaki S, Mukoyama M, Tashiro K, Tanaka I, Nakao K
FEBS letters   417 371-374   1997年11月   [査読有り]
Kotani M, Tanaka I, Ogawa Y, Usui T, Tamura N, Mori K, Narumiya S, Yoshimi T, Nakao K
Genomics   40 425-434   1997年3月   [査読有り]
Mori K, Ogawa Y, Tamura N, Ebihara K, Aoki T, Muro S, Ozaki S, Tanaka I, Tashiro K, Nakao K
FEBS letters   401 218-222   1997年1月   [査読有り]
Okazaki T, Ogawa Y, Tamura N, Mori K, Isse N, Aoki T, Rochelle JM, Taketo MM, Seldin MF, Nakao K
Genomics   37 395-399   1996年11月   [査読有り]
Takaya K, Ogawa Y, Isse N, Okazaki T, Satoh N, Masuzaki H, Mori K, Tamura N, Hosoda K, Nakao K
Biochemical and biophysical research communications   225 75-83   1996年8月   [査読有り]
Anti-neutrophil cytoplasmic antibodies (ANCA) in ulcerative colitis: anti-cathepsin G and a novel antibody correlate with a refractory type.
Sobajima J, Ozaki S, Okazaki T, Osakada F, Sumita S, Mori K, Nakao K
Clinical and experimental immunology   105 120-124   1996年7月   [査読有り]
Mori K, Tanaka I, Kotani M, Miyaoka F, Sando T, Muro S, Sasaki Y, Nakagawa O, Ogawa Y, Usui T, Ozaki S, Ichikawa A, Narumiya S, Nakao K
Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   74 333-336   1996年6月   [査読有り]
Masuzaki H, Hosoda K, Ogawa Y, Shigemoto M, Satoh N, Mori K, Tamura N, Nishi S, Yoshimasa Y, Yamori Y, Nakao K
FEBS letters   378 267-271   1996年1月   [査読有り]
Molecular cloning and expression of multiple isoforms of human prostaglandin E receptor EP3 subtype generated by alternative messenger RNA splicing: multiple second messenger systems and tissue-specific distributions.
Kotani M, Tanaka I, Ogawa Y, Usui T, Mori K, Ichikawa A, Narumiya S, Yoshimi T, Nakao K
Molecular pharmacology   48 869-879   1995年11月   [査読有り]
Isse N, Ogawa Y, Tamura N, Masuzaki H, Mori K, Okazaki T, Satoh N, Shigemoto M, Yoshimasa Y, Nishi S
The Journal of biological chemistry   270 27728-27733   1995年11月   [査読有り]
Ogawa Y, Masuzaki H, Isse N, Okazaki T, Mori K, Shigemoto M, Satoh N, Tamura N, Hosoda K, Yoshimasa Y
The Journal of clinical investigation   96 1647-1652   1995年9月   [査読有り]
Sando T, Usui T, Tanaka I, Mori K, Sasaki Y, Fukuda Y, Namba T, Sugimoto Y, Ichikawa A, Narumiya S
Biochemical and biophysical research communications   200 1329-1333   1994年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
この欄には国内学会の一般発表を記載
森 潔
2016年   
慢性維持血液透析患者において現在および将来の血清アルブミン濃度を予測する指標
森潔, 今牧博貴, 石井輝, 森慶太, 横井秀基, 笠原正登, 桑原孝成, 桑原隆, 佐藤眞杉, 菅原照, 向山政志, 柳田素子
日本透析医学会雑誌   2015年5月28日   
ポドサイトにおけるNa利尿ペプチドGC‐A受容体のp38MAPK阻害を介した腎保護作用
加藤有希子, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 徳留健, 岸本一郎, 菅原照, 松阪泰二, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2015年4月30日   
糖尿病性腎症におけるN型Ca2+チャネル阻害の腎保護効果
大野祥子, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原宏一郎, 藤倉純二, 内藤雅喜, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 塩田文彦, 沼田朋大, 菅原照, 森泰生, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2015年4月30日   
メサンギウム細胞由来CTGFのマクロファージに対する役割
戸田尚宏, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 菅原照, 松阪泰二, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2015年4月30日   
ナトリウム利尿ペプチド/GC‐A系の抗炎症・腹膜癒着軽減作用
横井秀基, 笠原正登, 森潔, 菅原照, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2015年4月30日   
AKIバイオマーカーとしての尿中NGALの特徴と集中治療・循環器領域への応用
森潔, 横井秀基, 笠原正登, 柳田素子
日本集中治療医学会学術集会(Web)   2015年   
肥満・糖脂質代謝における急性腎障害バイオマーカーNGALの役割
石井輝, 今牧博貴, 桑原孝成, 笠原正登, 横井秀基, 森慶太, 菅原照, 中尾一和, 向山政志, 柳田素子, 森潔
腎と脂質研究会プログラム・抄録集   2015年   
正常マウスに外因性の蛋白を投与し,腎近位尿細管における蛋白再吸収の競合的阻害を起こした結果誘導されるアルブミン尿と蛋白再吸収の変化
森慶太, 横井秀基, 桑原孝成, 笠原正登, 今牧博貴, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志, 森潔
日本内分泌学会雑誌   2014年9月20日   
健常人及び腎不全症例における血中・尿中NGALの分子量の違い
今牧博貴, 森潔, 森慶太, 石井輝, 桑原孝成, 笠原正登, 横井秀基, 古賀健一, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 中尾一和, 菅原照, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   
アルドステロンによるポドサイト傷害に対するナトリウム利尿ペプチドA受容体の機能解析
加藤有希子, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 徳留健, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   
糖尿病性腎症進展に果たす自然炎症の役割とその活性化機序~脂質,RA系そして細胞間クロストーク~
桑原孝成, 森潔, 笠原正登, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   
糸球体および近位尿細管に全く障害がないモデルにおける蛋白再吸収阻害の影響
森慶太, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 戸田尚宏, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   
抗糸球体基底膜腎炎におけるCTGFの意義
戸田尚宏, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 大野祥子, 菅原照, 松阪泰二, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   
TGF‐β/CTGF/Smadシグナルを調節するmicroRNA‐26aの糖尿病性腎症糸球体おける発現解析
古賀健一, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 菅原照, 中尾一和, 柳田素子, 向山政志
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   
分泌シグナルNgalの糖脂質代謝における意義
石井輝, 今牧博貴, 桑原孝成, 笠原正登, 横井秀基, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 柳田素子, 中尾一和, 向山政志, 森潔
糖尿病   2014年4月25日   
糖尿病性腎症におけるN型Ca2+チャネル阻害の意義
大野祥子, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原宏一郎, 藤倉純二, 内藤雅喜, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 沼田朋大, 菅原照, 森泰生, 柳田素子, 中尾一和, 向山政志
糖尿病   2014年4月25日   
分泌シグナルNgalによる肥満のpositive feedback
石井輝, 今牧博貴, 森潔, 桑原孝成, 笠原正登, 横井秀基, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 柳田素子, 中尾一和, 向山政志
日本内分泌学会雑誌   2014年4月1日   
臨床現場における尿中NGALの実用性
瀬川裕佳, 薗村和宏, 江川雅弘, 上野里紗, 原将之, 大谷麻衣, 川崎由佳, 鶴田宏史, 鯉堂和宏, 森潔, 八田告
滋賀医学   2014年3月20日   
CTGFを標的とするmicroRNA‐26aの糖尿病性腎症における意義の検討
古賀健一, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 柳田素子, 菅原照, 中尾一和, 向山政志
日本内科学会雑誌   2014年2月20日   
急性期血液浄化療法導入を予測する指標としての尿中NGAL (neutrophil gelatinase-associated lipocalin) の有用性
瀬川 裕佳, 八田 告, 川? 由佳, 大谷 麻衣, 原 将之, 上野 里紗, 江川 雅博, 薗村 和宏, 槙 系, 澤田 克徳, 鶴田 宏史, 全 完, 鯉堂 和宏, 森 潔
日本透析医学会雑誌   2014年   
【背景】従来, 急性腎障害 (AKI) は血清Crの上昇で判断されてきたが, AKI発症の早期診断や治療方針決定には不向きである. 尿中NGALはAKIの早期診断に有用であるとされており, 持続的血液濾過透析 (CHDF) 導入の予測因子となりそうだが, その有用性は明らかでない. 【目的】尿中NGALの急性期血液浄化療法導入を予測するマーカーとしての有用性を検討する. 【方法】ケースコントロール研究. 平成23年8月から平成24年6月末までにICUに入室し, 尿中NGALが測定できた11...
N型Caチャネルノックアウトマウスを用いた糖尿病性腎症におけるN型カルシウムチャネルの意義
大野祥子, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原宏一郎, 藤倉純二, 内藤雅喜, 桑原孝成, 今牧博貴, 古賀健一, 沼田朋大, 菅原照, 森泰生, 中尾一和, 向山政志
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   2013年10月24日   
肥満・2型糖尿病におけるレニン・アンジオテンシン系亢進がMRP8/TLR4シグナルに与える影響の検討
今牧博貴, 桑原孝成, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 中尾一和, 向山政志
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   2013年10月24日   
TGF‐β/CTGF/SMAD系をターゲットとするmicroRNA‐26aの糖尿病性腎症における意義の検討
古賀健一, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, SALEEN Moin A., 菅原照, 中尾一和, 向山政志
日本内分泌学会雑誌   2013年9月20日   
家族性地中海熱による全身性アミロイドーシスと悪性腫瘍転移の鑑別に苦慮した透析患者の1例
能登理央, 横井秀基, 寺村茉莉, 尾谷知亮, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 古賀健一, 吉本明弘, 菅原照, 柳田素子, 中尾一和, 向山政志
日本腎臓学会誌   2013年8月25日   
保存的加療のみで良好な経過を辿っているProliferative glomerulonephritis with monoclonal IgG deposits(PGNMID)の1例
金城智章, 桑原孝成, 石井輝, 戸田尚宏, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 大関正仁, 宮田仁美, 柳田素子, 中尾一和, 向山政志
日本腎臓学会誌   2013年8月25日   
ナトリウム利尿ペプチドと腎・高血圧
向山政志, 横井秀基, 森潔
日本腎臓学会誌   2013年8月25日   
糖尿病性腎症の成因における糖・脂肪毒性の分子メカニズム
森潔, 桑原孝成, 横井秀基, 笠原正登, 向山政志
日本腎臓学会誌   2013年8月25日   
急性腎機能障害におけるナトリウム利尿ペプチドの腎保護効果の検討
笠原正登, 保野慎治, 横井秀基, 森潔, 向山政志, 上嶋健治
日本病態生理学会雑誌   2013年7月31日   
腹膜透析患者に特発性赤芽球癆を発症しCyAが奏功した1例
戸田尚宏, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 大野祥子, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2013年5月28日   
高度肥満糖尿病透析患者に発症したFournier壊疽の1例
能登理央, 向山政志, 横井秀基, 森慶太, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 古賀健一, 石井輝, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 細田公則, 北悠希, 井上貴博, 小川修, 柳田素子, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2013年5月28日   
急性期血液浄化療法導入を予測する指標としての尿中Ngalの有用性
瀬川裕佳, 八田告, 江川雅博, 上野里紗, 原将之, 大谷麻衣, 川崎由佳, 鶴田宏史, 鯉堂和宏, 全完, 森潔
日本透析医学会雑誌   2013年5月28日   
糖尿病腎症におけるレニン・アンジオテンシン系とMRP8/TLR4シグナルの関わり
今牧博貴, 桑原孝成, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 人見浩史, 西山成, 向山政志, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
CTGFを標的とするmicroRNA‐26aの糖尿病性腎症における役割
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, SALEEM Moin A., 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
megalin依存性および非依存性経路による腎臓における低分子量蛋白の再吸収
森慶太, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 遠藤知美, 柳田素子, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
透析患者においてテネリグリプチンが有効であった症例
小山博之, 細田公則, 岩倉浩, 藤倉純二, 日下部徹, 海老原健, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 土居健太郎, 南野正隆, 池田嘉宏, 向山政志, 中尾一和
糖尿病   2013年4月25日   
GC‐Aノックアウトマウスにおけるアルドステロン投与腎障害モデルに対するp38MAPK阻害薬の腎保護作用の検討
加藤有希子, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
造影剤の経静脈投与は酸化ストレス,炎症ADMA(asymmetric dimethylarginine)を上昇させる
小原奈々, 上田誠二, 中山陽介, 佐々木健一郎, 上野高史, 森潔, 向山政志, 奥田誠也
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
糖尿病性腎症におけるN型カルシウムチャネルの意義
大野祥子, 向山政志, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 藤倉純二, 桑原宏一郎, 内藤雅喜, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 沼田朋大, 菅原照, 森泰生, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
臨床現場における新規バイオマーカー(Ngal)の有用性
瀬川裕佳, 八田告, 江川雅博, 上野里紗, 原将之, 大谷麻衣, 全完, 槙系, 鶴田宏史, 鯉堂和宏, 森潔
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
抗糸球体基底膜腎炎におけるCTGFの意義
戸田尚宏, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健二, 森慶太, 加藤有紀子, 大野祥子, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2013年4月25日   
マクロファージと腎糸球体内在細胞のクロストークが糖尿病腎症進展に果たす役割
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 人見浩史, 西山成, 中尾一和
糖尿病   2013年4月25日   
アルドステロン投与腎傷害モデルにおけるナトリウム利尿ペプチド/GC‐A系のp38 MAPK抑制作用
加藤有希子, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2013年4月1日   
抗糸球体基底膜(GBM)腎炎におけるCTGFの役割
戸田尚宏, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有紀子, 大野祥子, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2013年4月1日   
糖尿病マウスにおけるレニン・アンジオテンシン系亢進がMRP8/TLR4シグナルに与える影響およびその機序の検討
今牧博貴, 桑原孝成, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 人見浩史, 西山成, 向山政志, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2013年4月1日   
ヒト糖尿病性腎症における腎組織MRP8発現とその意義
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2013年4月1日   
腎近位尿細管特異的megalin欠損マウスで観察される遠位ネフロンにおける低分子量蛋白再吸収能
森慶太, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 遠藤知美, 柳田素子, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2013年4月1日   
閉塞性睡眠時無呼吸患者における血中好中球ゼラチナーゼ関連リポカリン(NGAL)濃度の検討
村瀬公彦, 森潔, 吉村力, 相原顕作, 茆原雄一, 東正徳, 原田有香, 外山善朗, 谷澤公伸, 半田知宏, 人見健文, 小賀徹, 三嶋理晃, 陳和夫
日本呼吸器学会誌   2013年3月10日   
特発性肺線維症患者におけるNeutrophil gelatinase‐associated lipocalin(NGAL)の検討
池添浩平, 半田知宏, 森潔, 渡辺創, 相原顕作, 谷澤公伸, 祖開暁彦, 久保武, 室繁郎, 長井苑子, 平井豊博, 陳和夫, 三嶋理晃
日本呼吸器学会誌   2013年3月10日   
ヒト糖尿病性腎症における腎組織MRP8発現とその意義~自然炎症の役割~
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 菅原照, 保野慎治, 上嶋健治, 中尾一和
日本内科学会雑誌   2013年2月20日   
Na利尿ペプチド系と腎・高血圧性疾患
向山政志, 横井秀基, 森潔
高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集   2013年   
アルドステロン投与腎傷害モデルにおけるナトリウム利尿ペプチド/GC‐A系とp38MAPKの相互作用
加藤有希子, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 今牧貴博, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和, 向山政志
高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集   2013年   
ナトリウム利尿ペプチド (特集 内分泌学からみた血圧調節のメカニズム)
石井 輝, 向山 政志, 森 潔
内分泌・糖尿病・代謝内科   2012年11月   
炎症メディエーターMRP8/TLR4シグナルの糖尿病性腎症における発現と意義の解析
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 菅原照, 今西政仁, 西山成, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2012年9月20日   
肥満と炎症,レニン・アンジオテンシン系
向山政志, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 細田公則, 中尾一和
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   2012年9月20日   
アルドステロン投与腎傷害モデルでのナトリウム利尿ペプチドおよびp38MAPKの相互作用
加藤有希子, 向山政志, 横井秀基, 小川喜久, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   2012年9月20日   
アルドステロンによる腎傷害モデルにおけるナトリウム利尿ペプチド/GC‐A系とp38MAPKの相互作用
加藤有希子, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2012年9月20日   
重症低血糖昏睡に陥った非糖尿病透析患者の一例
森内健史, 桑原孝成, 森慶太, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 野口倫生, 向山政志, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年8月25日   
妊娠高血圧腎症に微小変化型ネフローゼの合併が疑われた1例
高田大輔, 桑原孝成, 向山政志, 近藤英治, 西川愛, 石井輝, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 小西郁生, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年8月25日   
3,4‐DGEは傷害腹膜では腹腔内から急速に消失する
横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 戸田尚宏, 山口拓, 相馬望, 関奈々, 山本敬史, 名本真二, 山田亮, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2012年5月28日   
尿中Ngal及び尿蛋白による慢性腎臓病患者の腎機能悪化・透析導入の予測
川西智子, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 田中佐智子, 上嶋健治, 菅原照, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2012年5月28日   
当院ICU入室患者における急性腎障害(AKI)発症と尿中バイオマーカーについての検討
氏家はる代, 前島洋平, 木野村賢, 斎藤大輔, 山崎浩子, 綿谷博雪, 雛元紀和, 杉山斉, 森潔, 森松博史, 中尾一和, 槇野博史
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
高脂肪食及び絶食が腎臓の脂肪蓄積と遺伝子発現に及ぼす影響
森慶太, 森潔, 桑原孝成, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
自然免疫受容体TLR4が糖尿病性腎症進展に果たす役割―脂質による悪化―
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
ヒト糖尿病性腎症の腎組織におけるTLR4内因性リガンドMRP8発現の検討
桑原孝成, 森潔, 森川貴, 小西啓夫, 笠原正登, 横井秀基, 菅原照, 向山政志, 今西政仁, 西山成, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
miR‐26aのSTZマウス糸球体における発現と培養ヒトポドサイトを用いた細胞外基質産生における役割の検討
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, SALEEM Moin A., 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
糖尿病及び高脂血症の合併による腎TLR4シグナル亢進と腎症進展はolmesartanにより抑制される
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
ナトリウム利尿ペプチド/GC‐A系の欠損はp38MAPKを介してアルドステロンによる腎障害を増悪させる
加藤有希子, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2012年4月25日   
GC‐Aノックアウトマウスにおけるアルドステロン投与腎障害モデルでのp38MAPK阻害薬の腎保護作用の検討
加藤有希子, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 小川喜久, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2012年4月1日   
TGF‐β刺激下ヒト培養ポドサイトにおけるCTGFを標的とするmiR‐26a,miR‐30cの機能解析
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 森慶太, 加藤有希子, SALEEM Moin A., 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2012年4月1日   
腎尿細管細胞に対するlipocalin‐2シグナルの作用
岩井貴寛, 赤塚慎也, 山下依子, 岡崎泰昌, 森潔, 豊國伸哉
日本病理学会会誌   2012年3月26日   
糖尿病腎症におけるMRP8/TLR4シグナル活性化の意義
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 森慶太, 齋藤陽子, 今牧博貴, 菅原照, 中尾一和
日本内科学会雑誌   2012年2月20日   
腹膜透析患者における腹膜および腹膜透析液中のpleiotrophinとその意義
横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 小川喜久, 今牧博貴, 戸田尚宏, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本内科学会雑誌   2012年2月20日   
尿中Ngalと尿蛋白による慢性腎臓病患者の短期的腎予後予測
川西智子, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 田中佐智子, 上嶋健治, 菅原照, 中尾一和
日本内科学会雑誌   2012年2月20日   
糖尿病性腎症におけるMRP8/TLR4の発現と意義
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 森慶太, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 加藤有希子, 菅原照, 中尾一和
腎と脂質研究会プログラム・抄録集   2012年   
Na利尿ペプチドとNgal―最新の話題―
向山政志, 森潔, 笠原正登, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年9月20日   
培養ヒトpodocyteおよび糖尿病性腎症モデルマウスを用いたmicroRNAの発現解析とin vitroにおけるmicroRNAの機能的解析
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, SALEEM Moin A., 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年9月20日   
肥満,エネルギー代謝におけるNgalの意義
石井輝, 森潔, 桑原孝成, 川西智子, 今牧博貴, 笠原正登, 横井秀基, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年9月20日   
高脂肪食による肥満・高インスリン血症を介さない糖尿病性腎症の悪化機序
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 齋藤陽子, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 菅原照, 中尾一和
肥満研究   2011年9月1日   
進行した腎機能障害を契機に疑われた家族性若年性高尿酸血症性腎症(FJHN)の一例
石井輝, 向山政志, 藤本健志, 森潔, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 戸田尚宏, 大野祥子, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年8月25日   
ヒト腹膜におけるpleiotrophinの発現と機能的意義
横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 古賀健一, 石井輝, 加藤有希子, 森慶太, 村松壽子, 村松喬, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2011年5月30日   
難治性腹水に対して生体肝移植を行った多発性嚢胞腎の一例
垣田真以子, 笠原正登, 石井輝, 古賀健一, 横井秀基, 森潔, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 森慶太, 加藤有紀子, 田中麻理, 吉澤淳, 磯田義裕, 柴田登志也, 深津敦司, 海道利実, 向山政士, 上本伸二, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2011年5月30日   
抗菌剤不応のPD腹膜炎では,抗酸菌の塗抹・培養を検討すべきである。
森慶太, 笠原正登, 古賀健一, 森潔, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 加藤有希子, 吉村耕治, 深津敦司, 向山政志, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2011年5月30日   
胸腹水のコントロールに苦渋し,透析中の血圧低下をきたした多発性嚢胞腎の一例
石井輝, 笠原正登, 垣田真以子, 古賀健一, 森潔, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 森慶太, 加藤有希子, 田中麻理, 磯田義裕, 柴田登志也, 深津敦司, 向山政志, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2011年5月30日   
3,4‐DGEが腹膜の酸化ストレスおよびアポトーシスに及ぼす影響
横井秀基, 笠原正登, 森潔, 桑原孝成, 山口拓, 相馬望, 関奈々, 山本敬史, 名本真二, 山田亮, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本透析医学会雑誌   2011年5月30日   
腹膜癒着に対するナトリウム利尿ペプチドの効果
横井秀基, 笠原正登, 森潔, 小川喜久, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 古賀健一, 石井輝, 加藤有希子, 森慶太, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年5月25日   
肥満におけるAKIバイオマーカーNgalの意義
石井輝, 森潔, 桑原孝成, 川西智子, 今牧博貴, 笠原正登, 横井秀基, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年5月25日   
ミネラロコルチコイド受容体―酸化ストレスによる腎傷害とguanylyl cyclase‐Aシグナルの保護効果
小川喜久, 向山政志, 横井秀基, 笠原正登, 森潔, 齋藤陽子, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 古賀健一, 石井輝, 岸本一郎, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年5月25日   
慢性腎臓病患者において尿中Ngalは腎機能障害と相関し,腎予後予測に優れた因子である
川西智子, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 石井輝, 古賀健一, 加藤有希子, 森慶太, 田中佐智子, 上嶋健治, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年5月25日   
培養ヒトpodocyteおよび糖尿病性腎症モデルマウスを用いた糖尿病性腎症におけるmicroRNA発現の検討
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 森慶太, 加藤有希子, SALEEM Moin A., 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年5月25日   
脂質によるTLR4シグナル活性化は糖尿病腎症を進展させる
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 齋藤陽子, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 菅原照, 中尾一和
日本腎臓学会誌   2011年5月25日   
高脂血症による糖尿病腎症進展の分子機構
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 齋藤陽子, 小川喜久, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 菅原照, 中尾一和
糖尿病   2011年4月25日   
microRNAの糖尿病性腎症モデルマウス糸球体における発現と培養ヒト糸球体上皮細胞における意義
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 森慶太, 加藤有希子, SALEEM Moin A., 菅原照, 中尾一和
糖尿病   2011年4月25日   
Guanylyl cyclase‐A欠損マウスにおけるアルドステロンによる腎傷害のアンジオテンシンII・酸化ストレスの関与
横井秀基, 小川喜久, 向山政志, 加藤有希子, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 今牧博貴, 川西智子, 古賀健一, 石井輝, 森慶太, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年4月1日   
糖尿病性腎症モデルマウスおよび培養ヒト糸球体上皮細胞におけるmiRNAの発現の検討
古賀健一, 向山政志, 横井秀基, 森潔, 笠原正登, 桑原孝成, 小川喜久, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 森慶太, 加藤有希子, SALEEM Moin A., 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年4月1日   
MRP8/TLR4シグナルを介した高脂血症による糖尿病腎症の新規悪化機序
桑原孝成, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 齋藤陽子, 小川喜久, 今牧博貴, 川西智子, 石井輝, 古賀健一, 森慶太, 加藤有希子, 菅原照, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年4月1日   
肝臓及び脂肪に発現する分泌シグナルNgalの意義
石井輝, 森潔, 桑原孝成, 阿部恵, 川西智子, 今牧博貴, 海老原健, 田中智洋, 笠原正登, 横井秀基, 古賀健一, 菅原照, 向山政志, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   2011年4月1日   
腎酸化ストレス傷害におけるシデロフォア結合蛋白の意義
福岡香, 赤塚慎也, 山下依子, 岡崎泰昌, 森潔, 豊國伸哉
日本病理学会会誌   2011年3月26日   
慢性腎臓病患者において尿中Ngalは腎機能と逆相関し,尿蛋白より優れた予後予測因子である
川西智子, 森潔, 向山政志, 笠原正登, 横井秀基, 桑原孝成, 今牧博貴, 菅原照, 中尾一和
日本内科学会雑誌   2011年2月20日   
開心術後腎不全の早期マーカーとしてのNeutrophil gelatinase associated lipocalin
三和千里, 森潔, 山崎和裕, 丸井晃, 南方謙二, 村中弘之, 柳茂樹, 池田義, 坂田隆造
日本心臓血管外科学会雑誌   2011年1月31日   

Works

 
Klotho遺伝子産物の意義に関する研究
1998年
腎臓におけるghrelinの意義
1999年
シグナルシークエンストラップによるマウス腎臓のスクリーニング
1994年 - 2001年
腎臓発生、腎疾患におけるNeutrophil gelatinase-associated lipocalin発現の意義
2002年
分泌シグナルを用いた腎臓病の診断・治療・病態解析
2005年

競争的資金等の研究課題

 
腎障害およびエネルギー代謝におけるNgalの役割
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 今牧 博貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 土田 潤一
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 森 潔
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 吉村 力
臨床研究1) 102人の閉塞型睡眠時無呼吸疑いで睡眠ポリグラフィー検査を行った患者で血中好中球ゼラチラーゼ結合性リポカリン(neutrophil gelatinase-associated lipocalin: NGAL)濃度を測定し、閉塞型睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea:OSA)重症度との関連を検討した。持続的気道様圧(continuous positive airway pressure:CPAP)治療症例では治療3か月後に血中NGAL濃度を再測定した。血...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 川端 浩
本研究は、ヘプシジンやフェリチンなどの鉄代謝関連分子の基礎的および臨床的研究を通して、鉄代謝異常症の病態解明と、診断法および治療法の開発を目的として行った。本研究によって、肝がん細胞のヘプシジンの発現がpHによって変化すること、鉄貯蔵蛋白フェリチンのなかでH-フェリチンがトランスフェリン受容体1を介して赤芽球系細胞に取りこまれること、高フェリチン血症が造血幹細胞移植後の細菌感染症や再発の頻度の増加と関連していることが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 向山 政志
Na利尿ペプチド(ANP・BNP・CNP)は強力な降圧利尿・RAA系抑制作用を有する心臓血管ホルモンである。腎臓関連領域におけるNa利尿ペプチド系の意義を検討した。CNP過剰発現マウスは腎間質線維化モデルで保護効果を示した。ANP・BNP受容体(GC-A)欠損マウスにアルドステロンを負荷すると著しい蛋白尿とpodocyte傷害を認めた。また腹膜透析合併症として難治性の腹膜硬化症がある。ヒビテン誘発モデルでは腹膜線維化・癒着をきたすが、ANP投与やBNP過剰発現マウスでは癒着が軽減した。この...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 笠原 正登
腹膜透析患者における腹膜組織および腹膜透析排液中のpleiotrophin (Ptn)を検討した。さらに腹膜透析における意義を探求するために、遺伝子改変動物(Ptn KOマウス,Ngal KOマウス)を用いて、ヒビテン(CG)による腹膜線維症モデルマウスを作製し、その分子メカニズムを検討している。In vitroにおいては培養腹膜中皮細胞における意義を検討する。(1)Ptn KOマウスを用いた腹膜線維症の検討Ptn KOマウスにCGにより腹膜線維症を惹起したところ、CD3陽性T細胞浸潤数が...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 森 潔
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 桑原 孝成
近年、生活習慣病の分子基盤として内因性リガンドと病原体センサー間で誘導される自然炎症が注目されている。本研究により、自然炎症の一端を担う MRP8/TLR4シグナル経路の活性化が糖尿病性腎症の進展に重要であることが明らかとなった。さらにMRP8 発現はヒト糖尿病性腎症の腎組織においても病態を反映できる可能性が確認され、新しい治療標的として期待される。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 森 潔
neutrophil gelatinase-associated lipocalin (Ngal or LCN2)の腎保護効果は大腸菌siderophoreにより増強される[J Clin Invest 2005]。mammalian siderophoreはcatechol及びその誘導体であり、catecholは生体内の鉄分布を調節する[Nat Chem Biol 2010]。Ngalは腎虚血再潅流障害に対しては保護的、腎亜全摘後腎肥大に対しては腎障害的に働く[J Clin Invest ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 川端 浩
慢性疾患の貧血の主な原因は鉄の利用障害とされる。最近、生体内の鉄を制御する重要な因子として肝臓由来のペプチドホルモンのhepcidinが見いだされた。我々は、様々な血液疾患や造血細胞移植前後における血清hepcidinおよび他の鉄代謝・造血関連因子を測定した。その結果は、これらの病態でみられる鉄代謝異常にhepcidinが重要な役割を果たしていることを示した。また、造血細胞移植における血清hepcidin値や血清フェリチン値が臨床上重要な意味を持っている可能性を示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 森 潔
1. マウスの腎虚血再灌流障害および一側尿管結紮による尿細管間質障害において、Neutrophil gelatinase-associated lipocalin(Ngal)のmRNA腎ヘンレ上行脚及び肝臓において発現誘導され、産生された蛋白が血液中を循環し、糸球体濾過され、近位尿細管から再吸収され、endocytic vesiclesにNgal蛋白が集積することを明らかにし、腎臓から腎臓へと向かう分泌蛋白の新しい内分泌学的な代謝動態を解明した(Kuwabara, Mori, et. al...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 菅原 照
1型および2型糖尿病のマウスモデルを用いて、糖尿病性腎症の早期に発現増加が改善する遺伝子としてgremlin 1、growth arrest-specific 6、Wt-1、Rab3bなどを同定し、これらの因子の糖尿病性腎症への関与が示唆された。さらに糖尿病性腎症においては尿中Ngal が増加し、アンギオテンシン受容体阻害薬の投与により減少することを明らかにし、尿中Ngal の新規バイオマーカーとしての有用性を報告した。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 中尾 一和
neutrophil gelatinase-associated lipocalin (Ngal)は腎臓の分化誘導、腎障害の軽減、癌細胞の再上皮化などの生物活性を有するが、この活性はsiderophoreと総称される大腸菌由来の鉄結合性小化合物の共存により著しく増強されるため、申請者らはsiderophore-binding proteinという蛋白分類上の新しい概念を提唱している(Nature 2004, Kidney Int 2007)。本研究では、この概念の物質的根拠を得るために、哺...
腎臓における新しい細胞間情報伝達蛋白質のクローニング
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 森 潔

特許

 
中尾 一和, 横井 秀基, 向山 政志, 笠原 正登, 森 潔, 古谷 真優美
特許PCT/US2005/015799 : NGAL for reduction and amelioration of ischemic and nephrotoxic injuries.
Jonathan Barasch, Prasad Devarajan, Kiyoshi Mori
特許PCT/US2006/040132 : Diagnosis and monitoring of chronic renal disease using NGAL.
Jonathan Barasch, Prasad Devarajan, Thomas L. Nickolas, Kiyoshi Mori