八木 信一

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/21 14:31
 
アバター
研究者氏名
八木 信一
 
ヤツキ シンイチ
URL
http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K002912/index.html
所属
九州大学
部署
大学院経済学研究院
職名
教授
学位
博士(経済学)(京都大学)

プロフィール

佐賀県大和町(現佐賀市)生まれ。

高専在学中に卒業研究のテーマとして取り上げた「水銀」を
きっかけに、公害や環境問題を引き起こした「科学技術と
社会との関係」に関心を抱き、社会のことをより深く学び
たいと思い、社会科学の1つである経済学へ転向する。

「ごみをよく燃やす社会」を支えてきた行財政システムの
解明を中心とした廃棄物研究を起点に、現在は都市緑地
保全、再生可能エネルギー、および地下水保全などの
地域に関する環境政策におけるガバナンスの形成や発展と、
そのなかでのガバメントの役割に着目した研究を進めている。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
九州大学大学院経済学研究院教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
九州大学大学院経済学研究院准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
九州大学大学院経済学研究院助教授
 
2004年2月
 - 
2006年3月
埼玉大学経済学部助教授
 
2001年4月
 - 
2004年1月
埼玉大学経済学部講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
京都大学 大学院経済学研究科 博士後期課程経済動態分析専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
京都大学 大学院経済学研究科 修士課程経済政策学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
横浜国立大学 経済学部 経済学科
 
1989年4月
 - 
1994年3月
国立佐世保工業高等専門学校  工業化学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
環境経済・政策学会  『環境経済・政策研究』編集委員
 
2018年4月
 - 
現在
環境経済・政策学会  理事
 
2017年6月
 - 
現在
日本地下水学会  地下水ガバナンス等調査・研究グループコアメンバー
 
2017年6月
 - 
2019年4月
日本公共政策学会  学会賞選考委員会(経済・財政小委員会)
 
2014年4月
 - 
現在
日本地方財政学会  理事
 

受賞

 
2006年
廃棄物学会(現廃棄物資源循環学会) 著作賞
 
2002年
日本地方財政学会佐藤賞(論文の部)
 

論文

 
環境保全型農業の推進に向けた既存制度の調整と融合─くまもとグリーン農業における参加農家の地域特性─
冨吉満之・八木信一
農業経済研究   90(4) 375-380   2019年3月   [査読有り]
関係性のなかで自治制度を捉える~長野県飯田市の地域自治組織を事例として~
八木信一・荻野亮吾・諸富徹
地方自治   (834) 2-23   2017年6月   [招待有り]
再生可能エネルギー政策における都道府県の役割─長野県と大分県を事例として─
八木信一
経済論叢   192(2) 89-105   2017年4月   [招待有り]
市町村合併前後における都市緑地保全制度の動態に関する研究─埼玉県・さいたま市による見沼田圃の保全制度を事例として
八木信一
都市問題   107(6) 108-115   2016年6月   [査読有り]
環境ガバナンスにおける橋渡し組織の機能に関する研究─くまもと地下水財団を事例として─
八木信一・武村勝寛・渡辺亨
自治総研   (449) 59-80   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
自著を語らせる─地方財政学者がみる「空き家対策の実務」の世界
八木信一・北村喜宣
書斎の窓   (647) 16-24   2016年9月   [依頼有り]
見沼田圃という事例のその後
八木信一
持続可能な発展の重層的ガバナンスNewsletter   (6) 7   2011年2月   [依頼有り]
金子林太郎著『産業廃棄物税の制度設計』
八木信一
日本地方財政学会編『地方制度の改革と財政問題』      2010年3月   [依頼有り]
内山昭著『分権的地方財源システム』
八木信一
財政と公共政策   31(2)    2009年10月   [依頼有り]
【対談とシンポジウムを終えて】都市の農における市場と自治を考える
八木信一
見沼学   (4) 41-42   2009年6月

書籍等出版物

 
入門 地域付加価値創造分析─再生可能エネルギーが促す地域経済循環
諸富徹編著 (担当:分担執筆, 範囲:再エネ条例施行後におけるエネルギー自治の展開:長野県飯田市を事例として<荻野亮吾と共著>)
日本評論社   2019年4月   
八木 信一・関 耕平 (担当:共著)
有斐閣   2019年3月   ISBN:9784641150676
植田和弘・諸富徹編 (担当:分担執筆, 範囲:公共投資と財政─公共投資・公共事業を支える制度とその転換─)
有斐閣   2016年6月   ISBN:4641184321
諸富徹編 (担当:分担執筆, 範囲:再生可能エネルギーの地域ガバナンス:長野県飯田市を事例とし て)
日本評論社   2015年10月   ISBN:4535558213
諸富徹編 (担当:分担執筆, 範囲:大量廃棄社会の限界と残像)
有斐閣   2014年6月   ISBN:4641164444

講演・口頭発表等

 
日本における地下水ガバナンスの動態に関する事例分析
八木 信一
日本地下水学会主催シンポジウム(わが国における地下水ガバナンスの現状と課題─社会系科学の側面から─)   2019年1月   
再生可能エネルギーのメタガバナンス─長野県飯田市を事例として─
八木 信一
環境経済・政策学会2018年大会(企画セッション)   2018年9月   
環境保全型農業の推進に向けた既存制度の調整と融合:くまもとグリーン農業における参加農家の地域特性
冨吉満之・八木信一
日本農業経済学会2018年度大会   2018年5月   
国内関連事例に基づく地下水ガバナンスの論点整理
八木信一・中川啓
日本地下水学会2018年春季講演会(企画セッション)   2018年5月   
再エネ条例施行後におけるエネルギー自治の展開─長野県飯田市を事例として [招待有り]
八木信一
関西公共政策研究会   2018年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ネクサス構造に着目した地域環境ガバナンスの包括的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 八木信一
再エネ大量導入を前提とした分散型電力システムの制度設計とその地域的な経済波及効果の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)(一般)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 諸富徹
重層的環境ガバナンスの動態における公的ガバナンスの変容に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 八木信一
分散型電力システムの制度設計と社会経済的評価、その地域再生への寄与に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)(一般)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 諸富徹
低炭素経済化と再生可能エネルギー活用による地域再生
旭硝子財団: 人文・社会科学系ステップアップ助成
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 諸富徹