岩下 武史

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/26 17:20
 
アバター
研究者氏名
岩下 武史
 
イワシタ タケシ
URL
http://hpc.iic.hokudai.ac.jp/member/iwashita/iwashita-top.html
所属
北海道大学
部署
情報基盤センター
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
1999年12月
京都大学 大学院工学研究科 リサーチアソシエイト(JSPS-PD)
 
2000年1月
 - 
2003年10月
京都大学 大型計算機センター/学術情報メディアセンター 助手
 
2003年10月
 - 
2014年3月
京都大学 学術情報メディアセンター 准教授/助教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
京都大学 工学研究科 電気工学
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
HPCI連携サービス委員会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会  運営委員
 
2013年5月
 - 
現在
自動チューニング研究会  幹事
 
2012年4月
 - 
現在
筑波大学計算科学研究センター 共同研究委員会  委員
 
2012年4月
 - 
現在
理化学研究所計算科学研究機構 連携サービス運営・作業部会  委員
 
2010年4月
 - 
現在
日本応用数理学会 行列・固有値部会  運営委員
 
2016年10月
 - 
2017年11月
SC|17  Tutorial Committee Member
 
2016年10月
 - 
2017年11月
SC|17  Poster Committee Member
 
2016年11月
 - 
2017年6月
ICCS2017  Program Committee Member
 
2015年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会論文誌コンピューティングシステム 編集委員会  副委員長
 
2016年3月
 - 
2016年11月
SC|16  Tutorial Committee Member
 
2015年9月
 - 
2016年9月
IEEE Cluster2016 Program Committee  Member
 
2015年9月
 - 
2016年7月
VECPAR2016 Scientific Committee  Member
 
2015年8月
 - 
2016年6月
ICCS2016 Program Committee  Member
 
2015年3月
 - 
2016年6月
ACM HPDC2016  Local Chair
 
2015年4月
 - 
2016年1月
ACSI2016 組織委員会  副委員長
 
2014年12月
 - 
2015年7月
COMPUMAG2015 Editorial Board  Member
 
2014年9月
 - 
2015年5月
iWAPT2015 Program Committee  Member
 
2013年5月
 - 
2015年3月
ACSI2015 プログラム委員会  委員長
 
2011年4月
 - 
2015年3月
情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会  幹事
 
2014年1月
 - 
2014年11月
SC|14 Poster Committee  Member
 
2013年9月
 - 
2014年7月
VECPAR2014 Scientific Committee  Member
 
2012年11月
 - 
2013年11月
SC|13 Program Committee  Member
 
2012年6月
 - 
2013年6月
iWAPT2013 Program Committee  Chair
 
2012年8月
 - 
2013年5月
SACSIS2013 プログラム委員会  トラックチェア
 
2011年6月
 - 
2012年6月
iWAPT2012 Program Committee  Vice Chair
 
2011年5月
 - 
2012年1月
HPCS2012 実行委員会  副委員長
 
2010年8月
 - 
2011年9月
CCGrid2011 Program Committee  Member
 
2007年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会  運営委員
 
2009年11月
 - 
2010年11月
SC|11 Program Committee  Member
 
2009年5月
 - 
2010年1月
HPCS2010 プログラム委員会  副委員長(広報・ポスター担当)
 
2007年5月
 - 
2008年1月
HPCS2008 プログラム委員会  副委員長(論文担当)
 

受賞

 
2012年1月
HPCS2012 最優秀論文賞
 
2009年
電気学会 電力・エネルギー部門優秀論文賞
 
2007年
情報処理学会 山下記念研究賞
 
1997年
電気学会 研究会 論文発表賞
 
1996年
電気学会 関西支部連合大会 奨励賞
 

論文

 
Takahashi Yasuhito, Kitao Junji, Fujiwara Koji, Ahagon Akira, Matsuo Tetsuji, Iwashita Takeshi, Nakashima Hiroshi
IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS   53(6)    2017年6月   [査読有り]
Takeshi Iwashita,Akihiro Ida,Takeshi Mifune,Yasuhito Takahashi
International Conference on Computational Science, ICCS 2017, 12-14 June 2017, Zurich, Switzerland   2200-2209   2017年   [査読有り]
Parallel Finite-Element Analysis of Rotating Machines Based on Domain Decomposition Considering Nonconforming Mesh Connection
Yasuhito Takahashi, Koji Fujiwara, Takeshi Iwashita and Hiroshi Nakashima
52(3) 7401604   2016年3月   [査読有り]
Variable Preconditioning of Krylov Subspace Methods for Hierarchical Matrices With Adaptive Cross Approximation
Akihiro Ida, Takeshi Iwashita, Takeshi Mifune and Yasuhito Takahashi
52(3) 7205104   2016年3月   [査読有り]
Satoshi Matsuoka,Hideharu Amano,Kengo Nakajima,Koji Inoue,Tomohiro Kudoh,Naoya Maruyama,Kenjiro Taura,Takeshi Iwashita,Takahiro Katagiri,Toshihiro Hanawa,Toshio Endo
Proceedings of the ACM International Conference on Computing Frontiers, CF'16, Como, Italy, May 16-19, 2016   274-281   2016年   [査読有り]
Analysis of Induced Electric Field in Human Body by Utility Power Frequency Magnetic Field Using Parallel Fast Multipole-accelerated Boundary Element Method
Yasuhito Takahashi, Akira Ahagon, Koji Fujiwara, Takeshi Iwashita and Hiroshi Nakashima
IET Science, Measurement & Technology   9(2) 178-183   2015年3月   [査読有り]
Akihiro Ida,Takeshi Iwashita,Makiko Ohtani,Kazuro Hirahara
JIP   23(3) 366-372   2015年   [査読有り]
Takeshi Iwashita,Naokazu Takemura,Akihiro Ida,Hiroshi Nakashima
2015 IEEE TrustCom/BigDataSE/ISPA, Helsinki, Finland, August 20-22, 2015, Volume 3   37-44   2015年   [査読有り]
Akihiro Ida,Takeshi Iwashita,Takeshi Mifune,Yasuhito Takahashi
JIP   22(4) 642-650   2014年   [査読有り]
Masatoshi Kawai,Takeshi Iwashita,Hiroshi Nakashima
High Performance Computing for Computational Science - VECPAR 2014 - 11th International Conference, Eugene, OR, USA, June 30 - July 3, 2014, Revised Selected Papers   57-65   2014年   [査読有り]
Takeshi Minami,Motoharu Hibino,Tasuku Hiraishi,Takeshi Iwashita,Hiroshi Nakashima
High Performance Computing for Computational Science - VECPAR 2014 - 11th International Conference, Eugene, OR, USA, June 30 - July 3, 2014, Revised Selected Papers   284-297   2014年   [査読有り]
岡本吉史, 高橋康人, 藤原耕二, 阿波根明, 美舩健, 岩下武史
電気学会論文誌 B   134(9) 767-776 (J-STAGE)   2014年   [査読有り]
Time-Domain Parallel Finite-Element Method for Fast Magnetic Field Analysis of Induction Motors
Yasuhito Takahashi, Tadashi Tokumasu, Masafumi Fujita, Takeshi Iwashita, Hiroshi Nakashima, Shinji Wakao, and Koji Fujiwara
IEEE Trans. Magn.   49(5) 2413-2416   2013年5月   [査読有り]
Parallel Performance of Multi-threaded ICCG Solver Based on Algebraic Block Multi-Color Ordering in Finite Element Electromagnetic Field Analyses
Kazuki Semba, Koji Tani, Takashi Yamada, Takeshi Iwashita, Yasuhito Takahashi, and Hiroshi Nakashima
IEEE Trans. Magn.   49(5) 1581-1584   2013年5月   [査読有り]
Automatic Determination of Acceleration Factor Based on Residual and Functional in Shifted ICCG Method for 3-D Electromagnetic Field Analyses
Junji Kitao, Yasuhito Takahashi, Koji Fujiwara, Takeshi Mifune, and Takeshi Iwashita
IEEE Trans. Magn.   49(5) 1741-1744   2013年5月   [査読有り]
南 武志, 岩下 武史, 中島 浩
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   6(1) 56-65   2013年1月   [査読有り]
本論文では高周波電磁場解析の一手法である 3 次元 FDTD 法におけるキャッシュメモリを考慮した性能改善手法の提案と性能評価を行う. 3 次元 FDTD 法の計算カーネルは時間発展に関するループにより与えられ,各タイムステップにおいて電場と磁場の値が交互に更新される. 3 次元 FDTD 法の計算カーネルは演算あたりのロード/ストア量が大きく,一般にメモリ帯域の影響を受けやすい計算である.キャッシュメモリのヒット率を向上させメインメモリへのアクセスによる性能の低下を軽減する性能改善手法と...
Multilingualization Based on RPC for Job-level Parallel Script Language, Xcrypt
Masaru Ueno, Tasuku Hiraishi, Motoharu Hibino, Takeshi Iwashita, and Horoshi Nakashima
IPSJ Transactions on Programming   6(2) 54-68   2013年   [査読有り]
仙波和樹, 山田隆, 岩下武史, 中島浩, 高橋康人, 美舩健
電気学会論文誌 D   133(2) 203-213 (J-STAGE)   2013年   [査読有り]
河合 直聡, 岩下 武史, 中島 浩
情報処理学会論文誌 論文誌トランザクション   2012(1) 1-10   2012年10月   [査読有り]
合田 憲人, 東田 学, 坂根 栄作, 天野 浩文, 小林 克志, 棟朝 雅晴, 江川 隆輔, 建部修見, 鴨志田 良和, 滝澤 真一朗, 永井 亨, 岩下 武史, 石川 裕
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   5(5) 90-102   2012年10月   [査読有り]
本稿では,現在文部科学省により整備が進められている革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ (HPCI) のための認証基盤の設計について述べる.本認証基盤では,グリッド上の認証技術である Grid Security Infrastructure (GSI),および認証連携技術である Shibboleth を用いることにより, HPCI を構成する計算機や共用ストレージに対するシングルサインオンを実現する.本稿ではまた,本認証基盤の設計を検証するために構築した実験環境上での実証...
Parallel Time-Periodic Finite-Element Method for Steady-State Analysis of Rotating Machines
Yasuhito Takahashi, Takeshi Iwashita, Hiroshi Nakashima, Tadashi Tokumasu, Masafumi Fujita, Shinji Wakao, Koji Fujiwara and Yoshiyuki Ishihara
IEEE Trans. Magn.   48(2) 1019-1022   2012年   [査読有り]
Masatoshi Kawai,Takeshi Iwashita,Hiroshi Nakashima,Osni Marques
High Performance Computing for Computational Science - VECPAR 2012, 10th International Conference, Kobe, Japan, July 17-20, 2012, Revised Selected Papers   292-299   2012年   [査読有り]
Takeshi Iwashita,Hiroshi Nakashima,Yasuhito Takahashi
26th IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium, IPDPS 2012, Shanghai, China, May 21-25, 2012   474-483   2012年   [査読有り]
Takeshi Iwashita,Yu Hirotani,Takeshi Mifune,Toshio Murayama,Hideki Ohtani
Parallel Computing   38(9) 485-500   2012年   [査読有り]
Makiko Ohtani,Kazuo Hirahara,Yasuto Takahashi,Takane Hori,Mamoru Hyodo,Hiroshi Nakashima,Takeshi Iwashita
Proceedings of the International Conference on Computational Science, ICCS 2011, Nanyang Technological University, Singapore, 1-3 June, 2011   1456-1465   2011年   [査読有り]
美舩 健, 廣谷 迪, 岩下 武史, 村山 敏夫, 大谷 秀樹
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   3(3) 189-198   2010年9月   [査読有り]
本論文では,マルチコアプロセッサシステム上における効率的な有限要素電磁界解析手法の開発を行う.有限要素法により導かれる連立一次方程式の解法として幾何マルチグリッド法を採用し,Arnold,Folk,Wintherのスムーザを並列化するため,ブロックマルチカラーオーダリングの一種と解釈できるオーダリング手法を提案した.数値実験により,オーダリングのブロックサイズと色数を適切に設定することで,良好な並列性能が得られることが示された.
廣谷 迪, 美舩 健, 岩下 武史, 村山 敏夫, 大谷 秀樹
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   93(9) 1331-1341   2010年9月   [査読有り]
本論文では,1億自由度を超える大規模高周波電磁場問題に対する,幾何マルチグリッド法と分散並列処理を組み合わせた求解手法について述べる.電磁場有限要素解析におけるマルチグリッド法において用いられる"AFW(Arnold,Folk,Winther)スムーザ"は,本質的に並列化が困難な手法であり,並列化には特別な処置が必要となる.そこで筆者らは,差分解析等で用いられるマルチカラーオーダリング法の応用を検討し,並列化アルゴリズムの開発を進めてきた.しかしながら同手法は"反復解法の収束性"と"並列計...
高橋 康人, 岩下 武史, 中島 浩, 若尾 真治
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   3(1) 101-111   2010年3月
高速多重極法 (FMM) を導入したマイクロマグネティックス計算の大規模高速化を目的として,MPI を用いた並列化および負荷分散法について検討を行う.マイクロマグネティックスで用いられる均一な要素分割の周期性を活用し演算量を大幅に削減できる直方体要素用 FMM において,その特長を保持したまま適切な負荷分散を行う方法を提案するとともに,100 プロセス以上の並列計算における台数効果について検証する.最終的に,垂直記録用単磁極磁気ヘッドの記録磁界解析に適用し,複雑形状を有する実機を対象とした...
岩下 武史, 美舩 健, 高橋 康人
応用数理   20(1) 12-24   2010年3月   [査読有り][招待有り]
This paper introduces three techniques that the authors have recently proposed in the area of iterative solvers. The first is a new framework of an explicit and implicit error correction method for error correction in linear iterative solvers. The...
高橋 康人, 徳増 正, 藤田 真史, 若尾 真治, 岩下 武史, 金澤 正憲
電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society   129(6) 791-798   2009年6月   [査読有り]
This paper proposes novel techniques for the improvement of the convergence characteristic of step-by-step time integrations in nonlinear transient eddy-current analyses. The proposed methods, which are based on the time-periodic finite-element me...
Similarities Between Implicit Correction Multigrid Method and A-phi Formulation in Electromagnetic Field Analysis(共著)
Takeshi Iwashita, Takeshi Mifune and Masaaki Shimasaki
IEEE Transaction on Magnetics   44(6) 946-949   2008年   [査読有り]
用水 邦明, 岩下 武史, 森 倫也, 小林 英一
電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society   127(8) 911-917   2007年8月   [査読有り]
Finite element analyses of electromagnetic field are commonly used for designing of various electronic devices. The scale of the analyses becomes larger and larger, therefore, a fast linear solver is needed to solve linear equations arising from t...
Evaluation Index of Acceleration Factor and Ordering in Shifted ICCG Method for Electromagnetic Field Analyses(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   ol. 43, No. 4, pp. 1493-1496    2007年
森 倫也, 用水 邦明, 岩下 武史, 小林 英一, 阿部 眞
電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス   89(8) 521-528   2006年8月
電子部品の設計に用いる高周波電磁界有限要素解析では,対象部品の構造の複雑化に伴い,解くべき連立一次方程式の元数が増大する傾向にある.大規模な連立一次方程式の求解方法として,使用メモリ量の観点から反復法の適用が望ましいと考えられるが,同解析において生ずる連立一次方程式は一般に反復法における収束性が良好でないことが知られている.そこで本論文では,反復法における収束性の改善手法である前処理手法について,ILU分解前処理などの従来の前処理に代わる高周波電磁界解析向けの前処理について検討を行った.そ...
Algebraic Multigrid Preconditioning for 3-D Magnetic Finite-Element Analyses Using Nodal Elements and Edge Elements
IEEE Transaction on Magnetics   Vol. 42, No. 4, pp. 635-638    2006年
Takao S, Kazuhiro K, Akira A, Takeshi I, Masanori K, Tetsuya M
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   1 4171-4174   2006年   [査読有り]
A Parallel Algebraic Multigrid Solver for Fast Magnetic Edge-Element Analyses(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   Vol. 41-5, pp. 1660-1663    2005年
Hybrid Image Composition Mechanism for Enhancing Volume Graphics Cluster(共著)
IEICE Trans. Inf. & Syst   Vol. E88-D, No.11, pp. 2582-2590    2005年
Volume Rendering Acceleration by using Object Boundary Projection and Parallel Processing (共著)
Journal of IIEEJ   Vol. 34,No.3, pp.245-255    2005年
Takeshi Iwashita,Yuuichi Nakanishi,Masaaki Shimasaki
SIAM J. Scientific Computing   26(4) 1234-1260   2005年   [査読有り]
Takeshi Mifune,N. Obata,Takeshi Iwashita,Masaaki Shimasaki
Parallel Computing: Current & Future Issues of High-End Computing, Proceedings of the International Conference ParCo 2005, 13-16 September 2005, Department of Computer Architecture, University of Malaga, Spain   237-244   2005年   [査読有り]
Takeshi Iwashita,Masaaki Shimasaki
High-Performance Computing - 6th International Symposium, ISHPC 2005, Nara, Japan, September 7-9, 2005, First International Workshop on Advanced Low Power Systems, ALPS 2006, Revised Selected Papers   164-175   2005年   [査読有り]
Jorji Nonaka,Nobuyuki Kukimoto,Yasuo Ebara,Masato Ogata,Takeshi Iwashita,Masanori Kanazawa,Koji Koyamada
IEICE Transactions   88-D(11) 2582-2590   2005年   [査読有り]
岩下 武史, 中西 佑一, 島崎 眞昭
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   124(2) 526-532   2004年2月
The present paper deals with parallelization of ICCG method. A reordering (parallel ordering) technique is one of typical parallel processing techniques of ICCG method. While several parallel orderings have been proposed, the block red-black order...
Algebraic Block Red-Black Ordering Method for Parallelized ICCG Solver With Fast Convergence and Low Communication Costs(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   Vol. 39-3, pp. 1713-1716    2003年
New Algebraic Multigrid Preconditioning for Iterative Solvers in Electromagnetic Finite Edge-Element Analyses(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   Vol. 39-3, pp. 1677-1680    2003年
Takeshi Iwashita,Masaaki Shimasaki
International Journal of Parallel Programming   31(1) 55-75   2003年   [査読有り]
Kikuko Kawase,Minoru Kawahara,Takeshi Iwashita,Hiroyuki Kawano,Masanori Kawazawa
Data Warehousing and Knowledge Discovery, 5th International Conference, DaWaK 2003, Prague, Czech Republic, September 3-5,2003, Proceedings   151-160   2003年   [査読有り]
美舩 健, 岩下 武史, 島崎 眞昭
日本応用数理学会論文誌   12(2) 169-188   2002年6月
The algebraic multigrid (AMG) method is known as a robust solver for the linear system of equations with positive definite symmetric M-matrix. In this paper, it is proved that we can transfer the given H-matrix problem to a M-matrix problem and th...
Fast Linear Equation Solvers in High Performance Electromagnetic Field Analysis(共著)
Journal of Computational and Applied Mathematics   149, 341-349    2002年
A Fast Solver for FEM Analyses Using the Parallelized Algebraic Multigrid Method(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   38(2) 369-372   2002年
同期点の少ない並列化ICCG法のためのブロック化赤-黒順序付け(共著)
情報処理学会論文誌   43(4) 893-904   2002年
Algebraic Multi-Color Ordering for Parallelized ICCG Solver in Finite Element Analyses(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   38(2) 429-432   2002年
Takeshi Iwashita,Tomohiro Tami,Masanori Kanazawa
2002 International Conference on Parallel Computing in Electrical Engineering (PARELEC 2002), 22-25 September 2002, Warsaw, Poland   293-298   2002年   [査読有り]
Takeshi Iwashita,Masaaki Shimasaki
High Performance Computing, 4th International Symposium, ISHPC 2002, Kansai Science City, Japan, May 15-17, 2002, Proceedings   175-189   2002年   [査読有り]
Construction and Ordering of Edge Elements for Parallel Computation(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   37 3498-3502   2001年
岩下 武史, 松尾 哲司, 乾 義尚, 石川 本雄, 卯本 重郎
電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society   120(3) 426-432   2000年3月
Parallel Processing of 3-D Eddy Current Analysis with Moving Conductor Using Parallelized ICCG solver with Renumbering Process(共著)
IEEE Transaction on Magnetics   36(4 1504-1509)    2000年
Takeshi Iwashita,Takeshi Mifune,Ryo Sokabe,Masaaki Shimasaki
2000 International Conference on Parallel Computing in Electrical Engineering (PARELEC 2000), 27-30 August 2000, Quebec, Canada   203-207   2000年   [査読有り]
岩下 武史, 松尾 哲司, 乾 義尚, 石川 本雄, 卯本 重郎
電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society   118(6) 643-650   1998年6月
岩下 武史, 松尾 哲司, 石川 本雄, 卯本 重郎
電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society   117(6) 864-871   1997年5月
Performance Analysis of Coal-Fired MHD Faraday Channel at IEE, China(共著)
Energy Conversion And Management   38(5) 499-510   1997年
岩下 武史, 松尾 哲司, 石川 本雄, 卯本 重郎
電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society   116(8) 973-978   1996年7月
商用規模石炭燃焼超音速ダイアゴナル形MHD発電機の安定性解析(共著)
電気学会論文誌B   116(8) 973-978   1996年

Misc

 
美舩 健, 高橋 康人, 岩下 武史
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2010(1) 57-62   2010年1月
高橋 康人, 美舩 健, 岩下 武史
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2010(1) 63-68   2010年1月
廣谷 迪, 美舩 健, 岩下 武史
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2010(1) 77-82   2010年1月
福原 敏行, 高橋 康人, 岩下 武史, 中島 浩
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2009(2) 1-8   2009年10月
本論文では,分散メモリ形式に対応した並列化 ICCG ソルバを開発した.局所 IC 分解前処理と多色順序付け法を併用し,OpenMP と MPI の両者を用いるハイブリッド並列化を可能とした.3 種の数値実験例において,Flat MPI による並列化を行った場合とハイブリッド並列処理を用いた場合の比較検討を実施した.数値実験の結果,いずれの数値例においてもハイブリッド並列方式が Flat MPI より良好な結果を示し,最大で 2 倍以上の性能差があったことを報告する.
高橋 康人, 岩下 武史, 徳増 正, 藤田 真史, 若尾 真治
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2009(69) 17-22   2009年9月
岩下 武史, 高橋 康人, 中島 浩
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2009(11) 1-8   2009年7月
本論文では,ランダムスパース係数行列を対象とした並列化 ICCG ソルバについて述べる.差分解析において提案されたブロック化多色順序付け法をランダムスパース係数行列用に拡張した代数ブロック化多色順序付け法を提案する.代入計算におけるキャッシュヒット率の向上と ICCG 法の収束性改善を目的とするブロック化と色付けの方法を提示する.提案手法により得られたソルバを 3 種の数値例で検証した.その結果,Fujitsu HX600 1ノード (16コア) 使用時において従来法である代数多色順序付け...
岩下 武史, 美舩 健, 島崎 眞昭
数理解析研究所講究録   1638 18-27   2009年4月
高橋 康人, 岩下 武史, 金澤 正憲, 若尾 真治
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2009(1) 41-46   2009年1月
美舩 健, 高橋 康人, 岩下 武史
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2009(1) 69-74   2009年1月
高橋 康人, 岩下 武史, 金澤 正憲, 若尾 真治
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2008(119) 1-6   2008年11月
電磁界数値解析に基づく電気機器設計の高度化のためには,さまざまな数値解析手法の特長を活かし,対象に応じて使い分けることが重要だと考えられる。しかし,積分方程式法などいくつかの数値解析手法は,非対称な係数行列を扱わなければならない難点がある。近年,双直交条件に基づくBiCG法系統の反復法や,最小条件に基づくGMRES法とはまったく異なるクリロフ部分空間法であるIDR(s)法が提案され,さまざまな分野においてその性能評価が進められているが,電磁界数値解析分野においてはその有効性について不明な点...
井上 勲, 乾 義尚, 岩下 武史, 石川 本雄
電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会   2008(1) 49-54   2008年9月
高橋 康人, 美舩 健, 岩下 武史, 金澤 正憲
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2008(49) 71-76   2008年9月
高橋 康人, 徳増 正, 若尾 真治, 岩下 武史, 金澤 正憲
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2008(49) 83-88   2008年9月
岩下 武史, 高橋 康人
シミュレーション   27(3) 175-179   2008年9月
宋 仁煥, 高橋 康人, 岩下 武史, 金澤 正憲, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2008(76) 9-14   2008年7月
生命科学分野での研究の発展により,生体に関する膨大の知識が蓄積されてきたが,いまだ解明されていない生命現象が多い.このような現象を解明する研究手法としてシミュレーション技術が有効である.特に心臟を構成する心筋細胞において,多数の定量的モデルが構築されるようになってきている.これらの細胞モデルを利用することにより,計算機上で心筋組織に関する細胞レベルの定量的なシミュレーション実験が行われるようになってきた.しかしながら,シミュレーション実験において要素数が増大するにつれ,計算量も増大する問題...
美舩 健, 岩下 武史, 村山 敏夫, 金子 祥宏, 大谷 秀樹
計算工学講演会論文集   13(2) 667-670   2008年5月
荒井 宗範, 岩下 武史, 金澤 正憲
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2008(30) 49-54   2008年3月
本稿では, FitzHugh-Nagumo model を用いた心臓の興奮伝播シミュレーションの高速化について述べる.このような興奮伝播シミュレーションでは細胞膜内の電位のみを考慮するモノドメインモデル,細胞膜内外の電位を独立させて考えるバイドメインの2種の方法が存在するが,いずれの場合においても最終的に大規模な連立一次方程式を解くことに帰着される.今回はモノドメインモデルを用いたシミュレーションにおいて,並列化ICCG法(Incomplete Cholesky Conjugate Gra...
美舩 健, 守口 聡一, 岩下 武史, 島崎 眞昭
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2008(13) 35-40   2008年1月
藤原 耕二, 亀有 昭久, 若尾 真治, 高橋 康人, 五十嵐 一, 松尾 哲司, 岩下 武史, 村松 和弘, 岡本 吉史, 山田 隆, 河瀬 順洋, 山崎 克巳, 平田 勝弘
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2007(54) 91-97   2007年9月
岩下 武史, 美舩 健, 島崎 眞昭
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   48(8) 1-10   2007年5月
マルチグリッド法において,スムージング,補間・制約演算を陽的に行わない新しい方法:陰的マルチグリッド法を提案する.同手法では,マルチグリッド法における各レベルの方程式を統合化し,1つの大きな連立一次方程式として主に前処理付きクリロフ部分空間反復法により解く.その結果,従来のマルチグリッド解法の応用範囲を広げ,様々な前処理手法との併用が可能となる.同手法の基礎概念,実装法を記述し,その有効性について電磁界解析における反復法の性質との類似性から説明する.さらに,差分解析による数値解析において,...
美舩 健, 小畑 信彦, 岩下 武史
計算工学講演会論文集   12(2) 635-638   2007年5月
美舩 健, 松尾 哲司, 岩下 武史, 島崎 眞昭
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2007(17) 13-18   2007年1月
井上 勲, 乾 義尚, 岩下 武史, 石川 本雄
電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会   2006(6) 61-66   2006年10月
岩下 武史, 美舩 健, 島崎 眞昭
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2006(58) 49-54   2006年8月
小畑 信彦, 美舩 健, 岩下 武史, 島崎 眞昭
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2006(58) 55-60   2006年8月
美舩 健, 岩下 武史, 島崎 眞昭
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2006(58) 61-66   2006年8月
島崎 眞昭, 松尾 哲司, 岩下 武史, 美舩 健
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2006(58) 95-100   2006年8月
松尾 哲司, 広中 悠樹, 岩下 武史, 島崎 眞昭
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2006(87) 7-12   2006年7月
強磁性体内の磁壁移動などミクロな現象が,複雑なマクロ磁気特性に及ぼす影響を記述するため,大規模マイクロ磁気学計算を行うことが考えられる。しかし,この手法ではその計算コストが莫大となるため,PCクラスタおよびグリッド環境下で並列マイクロ磁気学計算を行い,計算時間の短縮と解析領域の拡大を図るための予備的検討を行った。その結果,PCクラスタでは,16台で約10の速度向上率が得られた。Globus ToolkitとMPICH-G2を用いたグリッド環境下でもある程度の速度向上率が得られた。
岩下 武史, 美舩 健, 島崎 眞昭
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2006(87) 151-156   2006年7月
マルチグリッド法において,補間・制約演算を陽的に行わない新しい方法:陰的マルチグリッド法を提案する.同手法では,マルチグリッド法における各レベルの方程式を統合し,一つの大きな連立一次方程式として主に前処理付きクリロフ部分空間反復法により解く.その結果,従来のマルチグリッド法の適用範囲を広げ,様々な前処理手法との併用が可能となる.同手法の有効性について電磁界解析における反復法の性質と本手法の類似性から説明し,数値解析により同手法がコースグリッドコレクションの効果を有することを示す.
嶋吉 隆夫, 小紫 和宏, 天野 晃, 岩下 武史, 松田 哲也, 金澤 正憲
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2006(64) 17-22   2006年6月
生命現象の解明のためには,細胞機能要素のモデルを統合した細胞生理学モデルの構築が重要である.我々が開発している細胞モデル構造編集ツールが持つ編集支援機能を利用するためには,既存モデルをオントロジーに対応づける必要がある.そこで,我々は細胞生理学モデルをオントロジーに対応させる一手法を提案する.本手法では,字句解析およびモデル構造の解析を用いて,モデル中の機能要素および変数のオントロジーエントリへの対応を推定する.提案手法を用いた実験結果は提案手法が有効であることを示している.さらに,オント...
吉森 正, 岩下 武史, 金澤 正憲
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2006(32) 25-30   2006年3月
心臓の興奮伝播シミュレーションにおいて,大規模な連立一次方程式を効率良く解くことはシミュレーションの高速化に必要不可欠な要素である.大規模疎行列を係数行列とする連立一次方程式の場合,直接解法で解くよりも反復解法を用いて解く方が効率良く解くことができる.本稿では,神経細胞の膜の興奮の伝達を表すFitz-Hugh-Nagumo (FHN)モデルを用いた心臓の興奮伝播シミュレーションにおける線形反復解法の高速化を並列計算アルゴリズムと大型計算機を用いたハイパフォーマンスコンピューティングの両面か...
岩下 武史, 島崎 眞昭
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   47(3) 40-48   2006年3月
クリロフ部分空間反復法の代表的な前処理手法である不完全LU分解前処理は,未知数のオーダリングの影響を受けることが知られている.著者らは最近,これらのオーダリングが前処理効果に及ぼす影響を簡単に評価する評価指標を提案した.本論文では,前処理効果の見積りが難しいと考えられている非構造解析において,評価指標を提示することを試みる.本評価指標はRemainder matrixのノルムと限定された条件の下で相関関係を持ち,ILU分解と同程度の計算量で追加的なメモリ量をほとんど必要とすることなく計算さ...
ランダムスパース係数行列に対する不完全コレスキー分解前処理におけるオーダリングの評価指標(共著)
情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム   47巻, SIG3(ACS13)号, pp. 40-48    2006年
岩下 武史, 金澤 正憲, 杉崎 由典, 青木 正樹
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2005(118) 25-30   2005年11月
多色順序付け法による並列化ICCG法ソルバによるベンチマークプログラムにより, SMPクラスタ型並列計算機HPC2500を評価する.同手法は, 主記憶に対してストライドアクセスもしくはランダムアクセスを行う.こうしたメモリアクセスは, 必ずしもキャッシュをベースとしたメモリの階層構造には適合しないが, 実用上の解析においてよく見られる.解析では, 主記憶に対するストライドアクセスにおけるストライド幅やプロセッサ数の増加に対して, HPC2500の計算性能がどのような振る舞いを行うか検証する.
小紫 和宏, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 岩下 武史, 松田 哲也, 金澤 正憲
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   105(335) 57-60   2005年10月
精密な生体シミュレーションの実現には, 高精度な細胞のモデルを実現することが重要である.細胞モデルの構築及び編集作業には生理学及び情報科学の専門知識が必要であり, また複雑な編集作業が必要になる.本研究では, 細胞モデル編集ツールにおいて, 情報科学の専門知識を有しない生物研究者が細胞モデル構築を行う際に, 作業の効率化に有効な支援機能を検討した.更に, 支援機能を実現するために必要な知識情報について検討を行い, これらの知識情報を表現するために用いる細胞生理学オントロジーを提案する.
ノナカ ジョルジ, 岩下 武史, 金澤 正憲
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2005(34) 25-30   2005年3月
VGクラスタとは産総研と三菱プレシジョンが共同開発した可視化機能を強化したPCクラスタのことである.従来の画像重畳プロセスを専用装置で高速化しているのが特徴である.高速画像重畳処理を実現しているが重畳プロセス毎にバリア同期を行う必要がある.この装置自体バリア同期機構を持ち合わせていないためMPI_Barrierの様なソフトウェアバリアを利用する必要がある.このバリア同期オーバーヘッドを軽減する目的でパラレルポートを利用した低コストハードウェアバリア装置の利用を試みた.本報告ではこの装置を実...
伊藤 貴之, 清 豪, 小山田 耕二, 酒井 晃二, 岩下 武史, 金澤 正憲
可視化情報学会誌. Suppl.   25(1) 131-134   2005年3月
越本 浩央, 金澤 正憲, 岩下 武史
情報処理学会研究報告. 計算機アーキテクチャ研究会報告   2005(19) 19-24   2005年3月
グリッドコンピューティングの基盤を支えるミドルフレームワークが充実し, ウェブサービスとの統合による応用面が注目されている. しかし仕様の複雑さと規模の大きさが開発と利用を困難にしている. 本研究ではこの二つの問題を解決するために, RESTアーキテクチャに基づいたグリッドサービスの設計を提案し, モナドベースのRESTfulウェブサービスを構築する. RESTアーキテクチャはネットワーク上のエンドポイントのステートレス化を推し進める. またモナドはデータと計算と計算戦略を切り離すことで計...
越本 浩央, 金澤 正憲, 岩下 武史
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2005(19) 19-24   2005年3月
グリッドコンピューティングの基盤を支えるミドルフレームワークが充実し, ウェブサービスとの統合による応用面が注目されている. しかし仕様の複雑さと規模の大きさが開発と利用を困難にしている. 本研究ではこの二つの問題を解決するために, RESTアーキテクチャに基づいたグリッドサービスの設計を提案し, モナドベースのRESTfulウェブサービスを構築する. RESTアーキテクチャはネットワーク上のエンドポイントのステートレス化を推し進める. またモナドはデータと計算と計算戦略を切り離すことで計...
岩下 武史, 島崎 眞昭
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2005(19) 109-114   2005年3月
クリロフ部分空間反復法の代表的な前処理手法である不完全LU分解前処理は, 未知数のオーダリングの影響を受けることが知られている. 著者らは最近, これらのオーダリングが前処理効果に及ぼす影響を簡単に評価する評価指標を提案した. 本論文では, 前処理効果の見積もりが難しいと考えられている非構造解析において, 評価指標を提示することを試みる. 本評価指標はRemainder matrixのノルムと限定された条件の下で相関関係を持ち, ILU分解と同程度の計算量で追加的なメモリ量をほとんど必要と...
金澤 正憲, 岩下 武史, Nonaka Jorji
シンポジウム報告集   (3) 13-16   2005年3月
Comparison Criteria for Parallel Orderings in ILU Preconditioning(共著)
SIAM Journal on Scientific Computing   Vol. 26, No. 4, pp. 1234-1260    2005年
岩下 武史, 島崎 眞昭
シンポジウム報告集   (2) 40-45   2004年3月
ノナカ ジョルジ, 小山田 耕二, 岩下 武史, 金澤 正憲
可視化情報学会誌. Suppl.   23(1) 385-386   2003年7月
島崎 眞昭, 岩下 武史, 美船 健
数理解析研究所講究録   1320 162-170   2003年5月
岩下 武史, 中西 佑一, 島崎 眞昭
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2003(29) 95-100   2003年3月
クリロフ部分空間反復法の代表的な前処理は,未知数のオーダリングの影響を受けることが知られている.本論では,オーダリングが前処理効果(反復法の収束性)に与える影響に関する新しい評価手法を提案する.新しい評価指標はRemainder matrixの行列ノルムと相関関係を持つ.ランダムオーダリング,多色順序付け,ブロック化赤-黒順序付けによる数値実験により新しぃ評価手法を検証する.主に数値実験の結果,新しい評価法の有用性とともに,プロック化赤-黒順序付け法の3次元問題,非対称問題での有用性を示す.
平野 彰雄, 小西 龍一, 岩下 武史
シンポジウム報告集   (1) 27-36   2003年3月
岩下 武史, 中西 佑一, 島崎 眞昭
シンポジウム報告集   (1) 99-105   2003年3月
Nonaka Jorji, 小山田 耕二, 岩下 武史
シンポジウム報告集   (1) 106-114   2003年3月
岩下 武史, 島崎 眞昭
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2002(58) 43-48   2002年9月
美舩 健, 岩下 武史, 島崎 眞昭
計算工学講演会論文集   7(2) 727-730   2002年5月
岩下 武史, 金澤 正憲, 島崎 眞昭
情報基盤センター年報   2 55-62   2002年3月
岩下 武史, 曽我部 亮, 美船 健, 島崎 眞昭
計算工学講演会論文集   5(1) 393-396   2000年5月
石川 本雄, 岩下 武史, JIANZHONG Tong
研究発表会講演論文集 = / Japan Society of Energy and Resources   15 115-120   1996年4月

書籍等出版物

 
岩下 武史, 片桐 孝洋, 高橋 大介
東京大学出版会   2015年   ISBN:9784130634557

講演・口頭発表等

 
HACApK: Library for hierarchical matrices with adaptive cross approximation
Akihiro Ida and Takeshi Iwashita
The 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM-III)   2015年10月   
H-matrices with ACA for Large-scale Simulation using Integral Equation Method [招待有り]
Akihiro Ida and Takeshi Iwashita
ESPA2015   2015年9月   
New fill-in strategy for fast ICCG solver using SIMD vectorization
Takeshi Iwashita
International Workshop on Information Technology, Applied Mathematics and Science (IMS2015)   2015年3月   
動的負荷分散を用いた階層型行列生成の並列化
棟形克己, 平石拓, 伊田明弘, 岩下武史, 中島浩
情報処理学会 第77回全国大会   2015年3月   
動的負荷分散による階層型行列計算の並列化
棟形克己, 平石拓, 伊田明弘, 岩下武史, 中島浩
第148回情報処理学会HPC研究会   2015年3月   
スライドメッシュを考慮した領域分割型並列有限要素法による回転機の磁界解析
[3] 高橋康人,藤原耕二,岩下武史,中島浩
電気学会静止器・回転機合同研究会資料, SA-15-49/RM-15-41   2015年3月   
領域分割および時間分割に基づく大規模並列磁界解析
高橋康人,藤原耕二,岩下武史,中島浩
平成27年電気学会全国大会, 5-S5-4   2015年3月   
Numerical Libraries and Software Framework for Application Programs in the Post Peta Era
Takeshi Iwashita
BDEC Barcelona   2015年1月   
A Variable Preconditioning of Krylov Subspace Methods for Hierarchical Matrices with Adaptive Cross Approximation
Akihiro Ida, Takeshi Iwashita, Takeshi Mifune and Yasuhito Takahashi
COMPUMAG2015   2015年   
Parallel Finite Element Analysis of Rotating Machines Based on Domain Decomposition Considering Nonconforming Mesh Connection
Yasuhito Takahashi, Koji Fujiwara, Takeshi Iwashita and Hiroshi Nakashima
COMPUMAG2015   2015年   
Development of Software Infrastructure for Large-scale BEM Analyses
Akihiro Ida and Takeshi Iwashita
International Symposium on Post Petascale System Software (ISP2S2)   2014年12月   
伊田明弘, 伊田明弘, 岩下武史, 岩下武史, 美舩健, 美舩健, 高橋康人, 高橋康人
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2014年6月11日   
Parallel TP-EEC Method Based on Phase Conversion for Time-Periodic Nonlinear Magnetic Field Problems
Yasuhito Takahashi, Tadashi Tokumasu, Koji Fujiwara, Takeshi Iwashita and Hiroshi Nakashima
The 16th Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Fields Computation (IEEE-CEFC2014)   2014年5月   
Analysis of Induced Electric Field in Human Body by ELF Magnetic Field Using Parallel FMM Accelerated BEM
Yasuhito Takahashi, Akira Ahagon, Koji Fujiwara, Takeshi Iwashita, and Hiroshi Nakashima
The 9th International Conference on Computation in Electromagnetics (CEM2014)   2014年3月   
Parallel H-Matrices with Adaptive Cross Approximation for Large-Scale Simulation abstract updated
Akihiro Ida and Takeshi Iwashita
SIAM Conference on Parallel Processing and Scientific Computing (SIAM PP14)   2014年2月   
仙波和樹, たに浩司, 山田隆, 岩下武史, 高橋康人, 中島浩
電気学会静止器研究会資料   2013年9月26日   
清水康平, 美舩健, 岩下武史, 松尾哲司
電気学会静止器研究会資料   2013年9月26日   
伊田明弘, 岩下武史, 美舩健, 高橋康人
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2013年6月19日   
野瀬田裕樹, 河合直聡, 伊田明弘, 岩下武史, 中島浩, 美舩健, 高橋康人
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2013年4月15日   
岡本吉史, 高橋康人, 藤原耕二, 阿波根明, 美舩健, 岩下武史
電気学会静止器研究会資料   2012年9月10日   

Works

 
高周波電磁界解析用連立一次方程式解法の高速化について (民間等共同研究: 株式会社 村田製作所)
2004年
分散メモリ環境における前処理を含む並列版反復型マトリクスソルバの開発 民間等共同研究: 株式会社 ヴァイナス
2005年
高周波電磁界解析用連立一次方程式解法の並列処理による高速化 民間等共同研究: 株式会社 村田製作所
2005年

競争的資金等の研究課題

 
自動チューニング機構を有するアプリケーション開発・実行環境
JST: CREST
研究期間: 2010年10月 - 2016年3月    代表者: 中島 研吾
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 岩下 武史
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岩下 武史
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 片桐 孝洋
疎行列反復解法ライブラリにおいて、エクサスケール環境に適用できる実行時自動チューニング(AT)技術の方式開発を、以下のグループごとに研究を進めた。<AT方式開発グループ>では、疎行列反復解法ライブラリXabclibのMPI並列化のための基本設計を行った。疎行列の格納形式をAT手法により疎行列ベクトル積(SpMV)の効率化を行い、格納形式を自動選択するアルゴリズムを実装した。部分行列での最適な格納形式の推測性能を実験し、行方向で作るか列方向で作るかにより格納効率に差が出ることを明らかにした。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 中島 浩
本研究で提案した時空間タイリングは、シミュレーションコードの基本構造である時間・空間の多重ループに対し、広大な空間の走査ループをキャッシュメモリに適合可能な小空間(タイル)単位の走査に分割し、かつ空間タイルの時間的更新過程を複数ステップにわたって繰り返すことで、メモリ参照局所性を改善して高速化する技術である。本研究では、局所視点に基づくコード断片記述による時空間タイリング適用を自動化する枠組の開発と、FDTD法電磁場解析、PIC法プラズマシミュレーション、マルチグリッド法ポアソン求解の各応...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 片桐 孝洋
本研究では、多様な計算機環境において高性能を達成するため、自動チューニング(AT)を実現する以下の研究開発を行った。(1)マルチコア・超並列環境に適用できるAT言語ABCLibScriptの機能拡張;(2)マルチコアCPUおよびGPUでのAT効果の検証;(3)いくつかのアプリケーションソフトウェアに新規ABCLibScript機能を適用し有効性を検証;(4)新規ABCLibScript処理系を、フリーソフトウェアとしてインターネット上に公開。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 岩下 武史
ペタスケールシミュレーションに向けた線形ソルバのために、大規模問題を含む悪条件問題に対する対応技術、高い並列性能を実現する並列化技術に関する研究を行った。悪条件問題に対する処置として、陰的マルチグリッド法やEEC/IEC法と呼ばれる誤差修正法を活用し、多様なマルチグリッドソルバを簡便に構築する技術の開発や具体的な応用分野(計算電磁気学)における収束性の改善法を提案した。また、開発した並列化線形ソルバの性能評価試験として、大規模高周波電磁場解析において生ずる8億自由度の問題を1024コアによ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 中島 浩
並列計算は大規模シミュレーションに不可欠な手段であるが、30年以上にわたる研究開発にも関わらず、並列プログラミングの生産性は依然として低い水準にとどまっている。本研究は生産性向上の鍵として、並列化の手法・技法をライブラリとして提供すると同時に、ライブラリを応用プログラムに適合する形で構築する技術の確立を目的として実施した。その結果、粒子シミュレーションのための負荷分散技法OhHelp、疎行列係数線型方程式のICCG法・マルチグリッド法によるソルバーなどのライブラリ化を、さまざまな応用に適用...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 松尾 哲司
電磁鋼板の磁気特性表現のために,高精度な等方性および異方性ベクトルヒステリシスモデルを開発した。その手法および積層鉄芯の均質化手法を用いた効率的な電磁界解析手法を開発した。磁区構造モデルを改良し,中間スケールの磁化過程の記述を可能にした。周期境界条件を仮定したマイクロ磁気学シミュレーション手法を開発した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 岩下 武史
最も一般的に使用されている線形反復法であるICCG法において収束性を簡便に評価する方法を確立し、実応用分野での数値解析においてその評価を行った。また、大規模シミュレーションでは不可欠な線形反復法であるマルチグリッド法において、簡便に数多くのスムーザや最粗グリッドにおける解法を評価し、それらの選択を容易にする陰的マルチグリッド法とよぶ新種の方法を考案した。同手法は平成19年情報処理学会山下記念研究賞を受賞している。