神崎 真哉

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/08 09:19
 
アバター
研究者氏名
神崎 真哉
 
カンザキ シンヤ
所属
近畿大学
部署
農学部 農業生産科学科
職名
准教授
学位
農学修士(京都大学), 農学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
園芸学会  編集委員
 

受賞

 
2011年3月
園芸学会 年間優秀論文賞 SCAR markers for practical application of marker-assisted selection in persimmon (Diospyros kaki) breeding.
 
2010年3月
園芸学会 奨励賞 完全甘ガキ個体選抜のための分子マーカーの構築とそれを利用したカキの遺伝様式の解析
 

論文

 
Sota Koeda, Kanami Homma, Yuri Tanaka, Daiki Onizaki, Elly Kesumawati, Sabaruddin Zakaria, Shinya Kanzaki
Horticulture Journal   87 364-371   2018年1月
© 2018 The Japanese Society for Horticultural Science (JSHS), All rights reserved. Indonesia is one of the world’s largest fresh pepper (Capsicum spp.) fruit-producing countries, and hot peppers are essential spices in Indonesian cuisine. During t...
Sota Koeda, Kanami Homma, Yuri Tanaka, Elly Kesumawati, Sabaruddin Zakaria, Shinya Kanzaki
Horticulture Journal   86 479-486   2017年1月
© 2017 The Japanese Society for Horticultural Science (JSHS), All rights reserved. Tomato yellow leaf curl disease caused by begomoviruses is a serious threat to tomato (Solanum lycopersicum L.) production. If begomoviruses, transmitted by whitefl...
Shinya Kanzaki
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   63 328-330   2016年1月
Copyright © 2016, Japanese Society for FoodScience and Technology. Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) is a hexaploid(2n=6x=90) that originatedin southern China through polyploidization from a diploid ancestor. The exact ancestor of persimmon has no...
Dan E. Parfitt, Keizo Yonemori, Chitose Honsho, Mitsunori Nozaka, Shinya Kanzaki, Akihiko Sato, Masahiko Yamada
Real-Time Systems   51 1-9   2015年1月
© 2015, The Author(s). A molecular marker analysis for Asian persimmon cultivar relationships and pollination status was conducted with 496 amplified fragment length polymorphism (AFLP) markers and 146 cultivars of Asian origin. Cultivars from Chi...
MITANI Nobuhito, KONO Atsushi, YAMADA Masahiko, SATO Akihiko, KOBAYASHI Shozo, BAN Yusuke, UENO Toshihito, SHIRAISHI Mikio, KANZAKI Shinya, TSUJIMOTO Tomoyuki, YONEMORI Keizo
HortScience   49(9) 1132-1135   2014年9月

Misc

 
T. Tsujimoto, T. Akagi, K. Yonemori, S. Kanzaki
Acta Horticulturae   996 133-138   2013年7月
For genetic analysis of persimmon (Diospyros kaki) and its relatives, we investigated the development of SSR markers with expression sequence tags (ESTs). Of 9475 EST data from the NCBI database which had isolated from D. kaki, 746 sequences conta...
K. Yonemori, T. Akagi, S. Kanzaki
Acta Horticulturae   839 625-629   2009年12月
Pollination constant and non-astringent (PCNA) type persimmons, which lose their astringency naturally on the tree, are the most desirable for fresh fruit consumption. The trait of natural astringency-loss in PCNA type is recessive and controlled ...
K. Yonemori, S. Kanzaki, C. Honsho, T. Akagi, D. E. Parfitt
Advances in Horticultural Science   22 261-268   2008年12月
The relationships of Diospyros kaki to 14 Diospyros species, including D. glandulosa which was assumed as a progenitor of D. kaki by Ng (Malaysian Forester 41: 43-50), were studied by a combined data set of the sequences for ITS region and matK ge...
ハウス栽培マンゴーにおける訪花昆虫と害虫
堀川 勇次, 佐々木 勝昭, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 志水 恒介, 香取 郁夫, 櫻谷 保之
近畿大学農学部紀要   38 19-30   2005年3月
マンゴーハウスに出現する害虫,訪花昆虫を調べ,効果的な防除法と受粉法について検討した。
Keizo Yonemori, Ayako Ikegami, Akira Kitajima, Akihiko Sato, Akihiko Sato, Masahiko Yamada, Zhengrong Luo, Yong Yang, Renzi Wang, Shinya Kanzaki
Acta Horticulturae   685 77-84   2005年1月
Pollination constant non-astringent (PCNA) type persimmons are unique in that they originate in Japan in recent era. The development of the PCNA type cultivars is not so advanced, since only six PCNA type cultivars were reported among more than 1,...
S. Kanzaki, A. Sugiura, K. Yonemorr, N. Utsunomiya, S. Subhadrabandhu
Acta Horticulturae   436 93-99   1997年12月
Flavonoid compositions in the leaves of 24 Diospyros species were surveyed by HPLC for chemotaxonomic purpose. The species analyzed include D.areolata, D. castanea, D.buxifolia, D.confertiflora, D.decandra, D.discolor, D.ehretioides, D. glandulosa...
Keizo Yonemori, Akira Sugiura, Akihiko Sato, Masahiko Yamada, Shinya Kanzaki
Acta Horticulturae   622 189-203   2003年8月
Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) is classified into four types depending on the nature of astringency-loss and the change in the flesh color. Among them, the pollination constant and non-astringent (PCNA) type is the most desirable for fruit cons...
Keizo Yonemori, Ayako Ikegami, Shinya Kanzaki, Akira Sugiura
Acta Horticulturae   601 31-35   2003年3月
Among the four types of persimmon, the fruit of pollination constant nonastringent (PCNA) cultivars has a different development pattern of tannin cells in the flesh than the other three (PVNA, PNA, and PCA) types. The development of tannin cells i...

講演・口頭発表等

 
交互結実栽培を行ったマンゴー‘愛紅’の収量性
志水恒介、巽賢太郎、神崎 真哉、宇都宮直樹
熱帯農業学会   2017年10月22日   
収穫時期の異なるマンゴー品種間における花成及び結実特性の違い
巽賢太郎、志水恒介、宇都宮直樹、神崎 真哉
熱帯農業学会   2017年10月21日   
マンゴーの果皮着色に関わる転写制御因子の解析
一樋明日香、神川汐里、志水恒介、小枝壮太、神崎 真哉
園芸学会   2017年9月3日   
マンゴー‘Irwin’における花成誘導因子MiFTの発現に関する諸要因の検討
神崎 真哉、志水恒介、小枝壮太、中田昌希、河村征、山本拓実、木下直哉、宇都宮直樹
熱帯農業学会   2016年10月9日   
マンゴー‘愛紅’における剪定時期と着果が次年度における花芽形成に及ぼす影響
志水恒介、神崎 真哉、宇都宮直樹
熱帯農業学会   2016年10月8日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 神崎 真哉
平成25年度は、気温とジベレリン(GA)処理がマンゴーの花芽形成および葉におけるFT遺伝子の発現に及ぼす影響を調査した。4月に温室内で開花している鉢植えのマンゴー樹を用い、花穂を全て除去した後に温室外に移動して低温に遭遇させると、2週間後には葉におけるFT発現量が低温遭遇前の10倍以上に増加した。このFT発現量の増加は一時的なものであり、4週間後には低温遭遇前とほぼ同じレベルに戻っていたが、低温遭遇開始後2ヶ月間で萌芽した芽に占める花芽の割合は58%となり、温室内で栽培し続けた場合の14%...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 神崎 真哉
マンゴー交雑実生の効率的な親子識別法を確立するため、多型頻度の高い SSRマーカーの選抜およびマルチプレックス PCR法の開発を行った。この手法を用いて、 'Irwin'と'紅キーツ'が混植されているハウスで得られた自然交雑実生の親子識別を行ったところ、'Irwin'と'紅キーツ'ともに他家受粉が積極的に起こっていることが示された。一方、果皮色に関連する遺伝子としてアントシアニン合成に関わる Myb転写因子をマンゴーから単離し、その構造を解析した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 神崎 真哉
近年、日本でマンゴーのハウス栽培が拡大しつつあり、高級果物としての需要が高まっている。日本では主に‘Irwin'が栽培されており、成熟期に鮮やかな赤色を呈するのが特徴である。温帯果樹のリンゴやブドウでは、高温によりアントシアニン合成が阻害されることが示されており、30℃を超える条件で栽培すると、果実着色は不良となる。一方、マンゴー‘Irwin'は40℃を超える高温下で栽培されているにも関わらず、着色への影響はあまり見られない。本研究では、マンゴーの着色と気温との関係を明らかにするために、低...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 神崎 真哉
本研究では完全甘ガキの自然脱渋性を支配する遺伝子の探索を進めるために1)ゲノムライブラリーの作成と甘渋性識別マーカー周辺領域の単離、2)甘渋性に連鎖した新規マーカーの探索、を試みた。以下、その概要を記す。1)ゲノムライブラリーの作成と甘渋性識別マーカー周辺領域の単離カキ品種'次郎'(完全甘ガキ)由来のゲノムライブラリーを作成し、甘渋性識別マーカーを用いてスクリーニングを行った結果、約27kbのインサートを持つクローンが単離された。このインサートについて甘渋性識別マーカー周辺領域の簡単な制限...
カキの甘渋判別マーカーの探索
その他の研究制度