田中 耕一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/04 12:39
 
アバター
研究者氏名
田中 耕一郎
 
タナカ コウイチロウ
URL
http://www.hikari.scphys.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
職名
教授
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1995年
東京大学物性研究所相限レーザー部門助手
 
1995年
 - 
1996年
科学技術振興事業団平尾誘起構造プロジェクト研究員
 
1996年
 - 
2004年
 京都大学大学院理学研究科 助教授
 
2004年
   
 
-    京都大学大学院理学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
京都大学 理学研究科 物理学第一
 
 
 - 
1985年
京都大学 理学部 理学科
 

委員歴

 
1995年
 - 
1996年
日本物理学  光物性分科世話人
 
1997年
   
 
日本分光学会  関西支部幹事
 

論文

 
Redox Modulation of Pora-Phenylenediamine by Substituted Nitronyl Nitroxide \nGroups and Their Spin States
A・Ito, R. Kurata, D. Sakamaki, S ・ Yano, Y. Kono, Y Nakno, K. Furukawa, T. Kato, K. Tanaka
J. Pfrys. Chem. A, DOI:10.1021 /jp4095613      [査読有り]
K. Tanaka; T. Mukai; O. Arimoto; K.-i. Kan'no; Y. Nakai
Journal of Luminescence   38(1/6) 207-209   1987年   [査読有り]
K. Tanaka; H. Kosaka; K.-i. Kan'no; Y. Nakai
Solid State Communications   71(11) 903-906   1989年   [査読有り]
New Aspects of Intrinsic Luminescence in Alkali Halide Crystals
K.Kan'no, K.Tanaka and T.Hayashi
Reviews of Solid State Science, 4, 383-401      1990年   [査読有り]
KANHO, K; TANAKA, K; KOSAKA, H; MUKAI, T; NAKAI, Y; ITOH, M; MIYANAGA, T; FUKUI, K; WATANABE, M
PHYSICA SCRIPTA   41(1) 120-123   1990年1月   [査読有り]

Misc

 
POWER-EFFICIENT LINEAR DIGITAL MODULATOR AND ITS APPLICATION TO AN ANTI-MULTIPATH MODULATION PSK-RZ SCHEME.
Sirikiat Ariyavisitakul; Susumu Yoshida; Fumio Ikegami; Koichiro Tanaka; Tsutomu Takeuchi
IEEE Vehicular Technology Conference   66-71   1987年   [査読有り]
Anomalous enhancement of the optical nonlinearities in quantum paraelectric SrTiO3
K. Tanaka; T. Hasegawa
Conference on Quantum Electronics and Laser Science (QELS) - Technical Digest Series   125-   2000年   [査読有り]
Observation of coherent domains by hyper-Rayleigh scattering in quantum paraelectric SrTiO3
Tomoharu Hasegawa; Koichiro Tanaka
IEEE Nonlinear Optics: Materials, Fundamentals and Applications - Conference Proceedings   119-121   2000年   [査読有り]
Generation and detection of terahertz radiation by non-resonant nonlinear process in GaAs using 1.56 μm fiber laser pulses
M. Nagai; S. Saito; H. Ohtake; T. Bessho; T. Sugiura; T. Hirosumi; M. Yoshida; K. Tanaka
Conference Digest of the 2004 Joint 29th International Conference on Infrared and Millimeter Waves and 12th International Conference on Terahertz Electronics   493-494   2004年   [査読有り]
Accurate determination of complex dielectric constants by terahertz time domain attenuated total reflection spectroscopy
H. Hirori; T. Arikawa; M. Nagai; H. Ohtake; M. Yoshida; K. Tanaka
Conference Digest of the 2004 Joint 29th International Conference on Infrared and Millimeter Waves and 12th International Conference on Terahertz Electronics   251-252   2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Ultrafast Spectroscopy pf Glass Materials Containing Metal Nanoparticles
Koichiro TANAKA
Femtosecond Technology, Springer-Verlag (Berlin),/,401-420   1999年   
高強度テラヘルツ光発生と非線形テラヘルツ分光
田中耕一郎、廣理英基
レーザー学会   2012年   
高強度テラヘルツパルスで誘起する非線形光学現象
廣理英基、田中耕一郎
応用物理学会   2012年   

講演・口頭発表等

 
強電場中の電荷生成とメタマテリアル
日本物理学会 2013年 春季大会 (広島大学、東広島、日本) 2013/03/26〜03/29   2012年3月27日   日本物理学会
Terahertz Nonlinear Spectroscopy with Intense Half-Cycle Pulses
The 1st Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS'12) (Pacifico Yokohama Yokohama, Japan) 2012/04/26〜04/27   2012年4月27日   
Terahertz Near-Field Microscope for bio-sensing
Biophotonics Symposium: Terahertz Waves & Interactions with Biological Structures (University of California, Davis, Sacramento, CA, USA) 2012/6/29   2012年6月29日   
Nonlinear Terahertz Spectroscopy in Solids with Single-Cycle Terahertz Pulses
18th Ultrafast Phenomena Conference (UP2012) (Lausanne, Switzerland) 2012/07/09〜07/13   2012年7月10日   
半導体におけるテラヘルツ非線型伝導
DYCE 公開フォーラム (東京大学本郷キャンパス小柴ホール、東京、日本) 2012/8/6   2012年8月6日   文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究「動的相関光科学」総括班

競争的資金等の研究課題

 
半導体の超高速分光
光による秩序形成過程の研究
光検出磁気共鳴法による固体内光反応過程の研究
テラヘルツ時間領域分光
情報通信分野における基礎研究推進制度
研究期間: 2003年 - 2007年
テラヘルツ分光、テラヘルツ波応用研究