田爪 宏二

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 03:07
 
アバター
研究者氏名
田爪 宏二
 
タヅメ ヒロツグ
所属
京都教育大学
部署
教育学科
職名
准教授
学位
博士(心理学)(広島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
山口芸術短期大学 講師
 
2001年4月
 - 
2002年3月
鎌倉女子大学短期大学部 講師
 
2002年4月
 - 
2010年3月
鎌倉女子大学 講師~助教授~准教授
 
2010年4月
 - 
2013年3月
鹿児島国際大学 教授
 
2013年4月
 - 
現在
京都教育大学 教育学科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年3月
鹿児島大学 教育学部 
 
 
 - 
1995年3月
広島大学 教育学研究科 幼児学
 
 
 - 
1998年3月
広島大学 教育学研究科 幼児学
 
 
 - 
2007年3月
広島大学 教育学研究科 教育人間科学
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
2017年3月
日本保育学会  広報委員
 
2016年5月
   
 
日本保育学会  大会における研究発表の座長
 
2016年9月
   
 
日本臨床発達心理士会  大会における研究発表の座長
 
2017年5月
   
 
日本保育学会  大会における研究発表の座長
 

受賞

 
2009年9月
日本教育心理学会 日本教育心理学会 優秀論文賞
受賞者: 高垣マユミ; 田爪宏二; 降旗節夫; 櫻井修
 
2013年6月
九州心理学会 九州心理学会優秀発表賞
 

論文

 
4年制大学における保育実習の体験および就業意識における保育者効力感の影響―実習の進行による変化―
田爪宏二
京都教育大学紀要   132 33-45   2018年3月
教師志望学生のメンタライゼーションと共感性との関係
増田優子, 田爪宏二
大阪大学教育学年報   23 29-41   2018年3月
授業を改善していくための課題について:幼児教育実習指導を履修した学生への質問紙調査の分析をもとに
吉津晶子, 田爪宏二, 楳本孝子
保育者養成実践研究(熊本学園大学)   1 45-58   2018年3月
育者養成におけるコミュニケーション能力を育成するための造形教材の開発II―学生の“木育”による実践活動を通して―
矢野真, 田爪宏二
京都女子大学発達教育学部紀要   14 135-141   2018年2月
反応遅延間隔を導入した線画-単語カテゴリー判断課題における処理過程(2)―カテゴリー名単語呈示の効果―
田爪宏二
京都教育大学紀要   130 49-58   2017年3月

Misc

 
「教育心理学実験」におけるコンピュータの利用について
田爪宏二
京都教育大学情報処理センター年報   10-12   2017年10月   [依頼有り]
反応遅延間隔を導入した線画-線画干渉課題における処理過程―反応における意味処理のレベルによる比較―
田爪 宏二
京都教育大学紀要   (128) 107-118   2016年3月
遊びを通した関わりにみる3歳児の情緒の発達と他者理解―1年間の観察を通して―
増田優子; 田爪 宏二
京都教育大学附属特別支援教育臨床実践センター紀要   (6) 1-11   2016年3月
保育者志望短期大学生の実習経験および就業意識における保育者効力感の影響―保育者養成課程における保育者アイデンティティの確立の視点から―
田爪宏二; 廣瀬真喜子
京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要   (19) 2-12   2016年3月
保育者養成におけるコミュニケーションをテーマとした造形活動―造形活動による幼児と高齢者間の世代間交流に対する支援事例から―
矢野真; 田爪宏二; 吉津晶子
京都女子大学発達教育学部紀要   (12) 155-162   2016年2月

書籍等出版物

 
冨田久枝, 田爪宏二 他 (担当:共著, 範囲:ESDからみた子どもの発達とその支援(第3章,Pp.31-45.))
かもがわ出版   2018年4月   ISBN:4780309611
田爪宏二 (担当:編者, 範囲:「教育心理学とは何か(第1講,Pp.6-19)」「学びのメカニズム②認知的情報処理と記憶(第6講,Pp.74-85)」「教育心理学と教育実践③個性や個人差と学習支援(第10講,Pp.126-139)」)
ミネルヴァ書房   2018年4月   ISBN:9784623081776
本郷一夫, 田爪宏二 他 (担当:分担執筆, 範囲:実践研究におけるエピソード記録の方法(第6章,Pp.56-66))
金子書房   2018年4月   
相澤伸幸, 神代健彦, 田爪宏二 他 (担当:分担執筆, 範囲:社会性の発達と道徳性(第2章3節,Pp.18-21))
ナカニシヤ出版   2018年3月   ISBN:9784779512780
本郷一夫, 田爪宏二 (担当:共編者, 範囲:記憶と情報処理(第4章,Pp.58-84))
ミネルヴァ書房   2018年3月   ISBN:9784623080724

講演・口頭発表等

 
保育者養成における木育を取り上げた造形教材の実践
矢野真, 田爪宏二
日本保育学会第71回大会   2018年5月13日   日本保育学会
保育実習の進行に伴う,メンタライゼーション能力が実習に及ぼす影響の変化
田爪宏二, 廣瀬真喜子
日本保育学会第71回大会   2018年5月12日   日本保育学会
保育者養成大学の学生の保育者効力感が就業意識に及ぼす影響― 実習の進行による変化 ―
田爪宏二
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月25日   日本発達心理学会
学会企画シンポジウム「乳幼児教育学の過去・現在・未来への提言Ⅲ―将来への展望―」 [招待有り]
田爪宏二
日本乳幼児教育学会第27回大会   2017年11月12日   日本乳幼児教育学会
日常的な世代間交流が幼児,高齢者の心理的変化に及ぼす影響―幼児-高齢者複合型施設における事例から―
田爪宏二, 吉津晶子, 矢野真, 溝邊和成
日本世代間交流学会第8回全国大会   2017年10月7日   日本世代間交流学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
教員養成課程における認知的個性を生かした授業力の高度化に関する心理学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 現在    代表者: 田爪宏二
認知的/社会的文脈を統合した学習環境:SDGsを推進するカリキュラム開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 現在    代表者: 高垣マユミ
黎明期を迎える幼児教育でのタブレット端末活用に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 現在    代表者: 堀田博史
保育者養成における「保育の評価」の獲得プロセスと学びの順序性の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 現在    代表者: 内藤知美
認知的/社会的文脈を統合した学習環境の開発と評価:イノベーティブな科学教育の推進
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高垣マユミ