大門 裕之

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/18 14:31
 
アバター
研究者氏名
大門 裕之
 
ダイモン ヒロユキ
URL
http://water.ens.tut.ac.jp/
所属
豊橋技術科学大学
部署
グローバル工学教育推進機構 国際交流部門
職名
副機構長・教授
学位
博士(工学)(豊橋技術科学大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
豊橋技術科学大学 教授
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
愛知県  あいち地域循環圏形成プラン推進会議専門委員
 
2019年2月
 - 
現在
愛知県  地域循環圏づくり推進チームアドバイザー
 
2018年11月
 - 
現在
愛知県  愛知県公害審査会 委員
 
2018年4月
 - 
現在
一般社団法人 廃棄物資源循環学会  廃棄物系バイオマス研究部会 部会長
 
2018年4月
 - 
現在
豊橋日独協会  常任理事
 
2017年6月
 - 
現在
公益財団法人豊橋市国際交流協会  評議員
 
2017年5月
 - 
現在
田原市  田原市ごみ処理対策推進協議会委員
 
2017年4月
 - 
現在
公益社団法人 環境科学会  表彰委員
 
2017年4月
 - 
現在
中部電力株式会社  電力技術研究会 環境専門部会 専門委員
 
2017年4月
 - 
現在
豊川市  環境審議会 委員
 
2016年10月
 - 
現在
株式会社富士クリーン  技術委員会 委員長
 
2015年4月
 - 
現在
豊橋市  豊橋市廃棄物処理施設専門委員会委員
 
2016年7月
 - 
2020年6月
豊橋市  豊橋市産業廃棄物処理施設等設置調整委員会 委員
 
2017年5月
 - 
2020年3月
田原市  田原リサイクルセンター地域環境協議会委員
 
2019年6月
 - 
2019年11月
独立行政法人日本学術振興会  2段階書面審査 国際共同研究強化(B)審査委員
 
2017年12月
 - 
2019年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員 2段階書面審査委員
 
2018年9月
 - 
2019年3月
愛知県環境部  2019愛知環境賞 専門部会委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
循環資源再生利用ネットワーク  バイオガス発電と利活用研究会 座長
 
2017年12月
 - 
2019年3月
一般社団法人 廃棄物資源循環学会  廃棄物資源循環学会第29回研究発表会 設備見学会主幹事
 
2017年6月
 - 
2019年3月
国立研究開発法人科学技術振興機構  地域産学バリュープログラム専門委員
 

受賞

 
2019年2月
愛知県 2019愛知環境賞(優秀賞) 産学融合コンソーシアムによる小規模普及型バイオガス発電システム
受賞者: 豊橋技術科学大学(代表者:応用化学・生命工学系特任准教授 熱田 洋一)、ゼネック(株)、愛知電機(株)、(株)イーパワー
 
2018年9月
公益社団法人 環境科学会 論文賞 バイオガス中のCO2を施用したスジアオノリの陸上養殖
受賞者: Lee Chang Yuan、宮下公一、蒲原弘継、熱田洋一、大門裕之
 
2016年9月
公益社団法人 環境科学会 論文賞 炭素繊維および炭素繊維強化樹脂への水熱反応の適用
 
2016年4月
文部科学省 科学技術賞 科学技術振興部門 バイオマス利活用を推進する再資源化複合技術の振興
 
2014年9月
国土交通省水管理・国土保全局下水道部 平成26年度 国土交通省循環のみち下水道賞 イノベーション部門 豊川バイオマスパーク構想
受賞者: 豊橋技術科学大学、愛知県東三河建設事務所
 
2013年9月
The 7th International Conference of Chemical Engineering on Science and Applications THE BEST POSTER Application of Hydrothermal Treatment to High Concentrated Sewage Sludge for Anaerobic Digestion Process
受賞者: Orikawa M., Kamahara H., Atsuta Y., Daimon H
 
2011年5月
一般社団法人廃棄物資源循環学会 廃棄物資源循環学会論文賞 水熱反応による有機性循環資源の液体飼料化
受賞者: 熱田洋一、多田遊、藤江幸一、大門裕之
 
2005年10月
China/USA/Japan Joint Chemical Engineering Conference Best poster presentation Recycling of Poly(L-lactic acid)to L-lactic acid with Hydrothermal Reaction
受賞者: Muhammad Faisal, Hideto Tsuji, Hiroyuki Daimon, Fujie Koichi
 
2008年12月
The 8th International Conference on EcoBalance THE BRONZE POSTER AWARD Greenhouse Gas Balance on Life Cycle of Biodiesel: A Case of Palm Biodiesel Production in Indonesia
受賞者: H. Kamahara, A. Widiyanto, R. Tachibana, Y. Atsuta, N. Goto, H. Daimon and K. Fujie
 
2004年9月
社団法人 豊橋青年会議所 最優秀賞 チャレンジャー!まちのベンチャー育成プロジェクト ~みんなのコミュニティ・ベンチャーアイデアコンテスト2004~
 

論文

 
Yamada T, Hamada M, Kurobe M, Harada J, Giri S, Tsuji H, Daimon H
Microbiology resource announcements   8(29)    2019年7月   [査読有り]
Yamada T, Harada J, Kurobe M, Giri S, Konishi Nobu M, Narihiro T, Tsuji H, Daimon H
Microbiology resource announcements   8(29)    2019年7月   [査読有り]
Yamada T, Tsuji H, Daimon H
Journal of environmental management   226 476-483   2018年11月   [査読有り]
Harada J, Yamada T, Giri S, Hamada M, Nobu MK, Narihiro T, Tsuji H, Daimon H
Genome announcements   6(24)    2018年6月   [査読有り]
Faisal M., Gani Asri, Husni, Daimon Hiroyuki
INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE   13(37) 116-120   2017年9月   [査読有り]
Lee Chang Yuan, 宮下 公一, 蒲原 弘継, 熱田 洋一, 大門 裕之
環境科学会誌   30(1) 11-19   2017年   [査読有り]
<p>嫌気性消化処理から得られたバイオガス中にCO2は一般的に40%程度含まれているが,その利活用についてはあまり検討されていない。本研究では陸上での海藻養殖にこのバイオガス由来のCO2を利用し,海藻の生産性を高めることを目的とした。まずは先行実験としてベンチスケール(500 mL培養槽)においてスジアオノリに対してCO2施用濃度などの初期培養条件やCO2施用効果を確認した。このベンチスケールにより得ら...
Lee Chang Yuan, Hirotsugu Kamahara, Koichi Miyashita, Yoichi Atsuta, Hiroyuki Daimon
Environmental Science   30(1), 11-19    2017年   [査読有り]
M. Faisal, Asri Gani, Farid Mulana, Hiroyuki Daimon
Rasayan Journal of Chemistry   9 133-138   2016年4月   [査読有り]
© RASĀYAN. All rights reserved. The objective of this study was to examine the effect of organic loading on the change of produced methane biogas and some wastewater parameters (i.e., pH, COD, MLSS, MLVSS, and ammonia) of the thermophilic stirred ...
Juliasih Ni Luh Gede Ratna, Yuan Lee Chang, Atsuta Yoichi, Daimon Hiroyuki
SEPARATION SCIENCE AND TECHNOLOGY   51(3) 439-446   2016年2月   [査読有り]
M. Faisal, Asri Gani, Husni, Akhmad Baihaqi, Hiroyuki Daimon
Journal of Engineering and Applied Sciences   11 2583-2587   2016年1月   [査読有り]
© Medwell Journals, 2016. This research is an investigation of the application of liquid smoke produced from the pyrolysis of Palm Kernel Shell (PKS) controlling anthracnose, a fungal disease caused by Colletotrichum capsici on chili. The experime...

Misc

 
高崎 力也, 山田 剛史, 西村 宗樹, 蒲原 弘継, 熱田 洋一, 大門 裕之
廃棄物資源循環学会論文誌   30(0) 95-102   2019年6月
近年,養豚農家の多くが,ふん尿処理時に発生する臭気の抑制や放流水の水質基準を満たすという課題に直面している。こうした課題に対し母豚数 100 頭の中規模養豚農家を対象とした小規模普及型メタン発酵システムを開発し,2016 年 4 月から養豚農家へ導入した。本システムは、中規模養豚農家が導入できる価格を意識し低廉化したものである。本研究では,システムの炭素・窒素フローおよび発電実績や導入効果を明らかにした。その結果,メタン発酵において原料中の炭素の内,51 % の炭素がバイオガスに分解された...
Irvan, Bambang Trisakti, Rahmat Mulyadi Nainggolan, Rosdanelli Hasibuan, Hiroyuki Daimon
AIP Conference Proceedings   2085    2019年3月
© 2019 Author(s). The purpose of this research is to design gravity thickener as appropriate equipment in conversion process of palm oil mill effluent (POME) to biogas at pilot scale in order to obtain high decomposition rate of VS. POME was take...
Farida Hanum, Lee Chang Yuan, Hirotsugu Kamahara, Hamidi Abdul Aziz, Yoichi Atsuta, Takeshi Yamada, Hiroyuki Daimon
Frontiers in Energy Research   7    2019年1月
© 2019 Hanum, Yuan, Kamahara, Aziz, Atsuta, Yamada and Daimon. Anaerobic digestion is widely considered as an environmentally friendly technology for various organic waste including sewage sludge. Although the implementation of anaerobic digestion...
S. Giri, M. Hamada, M. Kurobe, T. Hagihara, J. Harada, H. Tsuji, H. Daimon, T. Yamada
AIP Conference Proceedings   2067    2019年1月
© 2019 Author(s). This study aimed to isolate lactate-degrading bacteria via treatment with poly(L-lactic acid) (PLLA) in a thermophilic anaerobic digestion reactor to investigate their ecophysiological characteristics. Enrichment cultures were es...
二酸化炭素の色?
大門 裕之
技術開発ニュース   159,3-4    2018年
Suzuki Ryosuke, Nishimura Motoki, Yuan Lee Chang, Kamahara Hirotsugu, Atsuta Yoichi, Daimon Hiroyuki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
Takasaki Rikiya, Yuan Lee Chang, Kamahara Hirotsugu, Atsuta Youichi, Daimon Hiroyuki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
蒲原 弘継, 朝河 和則, Ni Luh Gede Ratna JULIASIH, 大門 裕之
土木学会論文集F5(土木技術者実践)   72(1) 20-26   2016年
本研究では,インドネシアの地方都市である西スマトラ州ソロク市の水道設備の状況と問題点を明らかにし,どのような実践が現地で起こっている水質および水量の問題点を改善するために必要かについて人材育成の留意点を含めて論じた.調査の結果,取水・浄水・配水ともに共通した問題点として,水道局職員が配管抵抗による圧力損失を考慮していないことが挙げられた.加えて,浄水設備で用いられている粉体の硫酸バンドでは高濁度時に対応が困難であることも指摘された.これらの点を中心に現地の水道局員への技術研修を実施した結果...
佐伯 孝、大門 裕之
炭素材料の研究開発動向 : CPC研究会研究報   120-128   2016年

書籍等出版物

 
Analysis of Solid Samples by Hot Water Extraction-SPME
大門裕之、Janusz Pawliszyn
The Royal Science of Chemistry   1999年10月   
Application of sub and supercritical water technology for waste management
Shinya Urano, Nobuaki Sato, Hiroyuki Daimon, Fujie Koichi
WIT press, Boston   2002年9月   
未利用有機性資源の活用に向けたシナリオ
鈴木基之、藤田晋輔、藤江幸一、原科幸彦、大門裕之、他
株式会社海象社   2004年5月   
Recycling of Poly Lactic Acid into Lactic Acid with High Temperature and High Pressure Wate
Muhammad Faisal, Takashi Saeki, Hiroyuki Daimon, Hideto Tsuji and Koichi Fujie
WIT Press, Southampton, Boston   2006年4月   
生態恒常性工学-持続可能な未来社会のために-
藤江幸一,後藤尚弘,大門裕之,立花潤三,辻秀人 他
コロナ社   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
小規模普及型メタン発酵システムの稼働状況と今後の展望
永幡正憲、Farida Hanum、熱田洋一、大門裕之
環境科学会2019年会   2019年9月13日   
機能性核酸分子によるアンモニア化細菌のオサイト検出技術開発
萩原達也、大門裕之、山田剛史、川上周司
第53回日本水環境学会年会   2019年3月   
ポリ乳酸を処理する高温嫌気性消化リアクターで優占的な乳酸酸化細菌の分離の試み
黒部美沙稀、原田淳、Surya Giri、辻秀人、大門裕之、山田剛史
第53回日本水環境学会年会   2019年3月   
亜硝酸酸化細菌を識別するDNAアプタマーの選別と特異性評価
HER PHONESACHANH、萩原達也、大門裕之、山田剛史、川上周司
平成30年度中部支部研究発表会   2019年3月   
萩原達也, 川上周司, 大門裕之, 山田剛史
環境工学研究フォーラム講演集   2018年12月17日   
Cell-systematic evolution of ligands by exponential enrichment (Cell-SELEX) for screening DNA aptamers binding to cell surface proteins of Nitrosomonas europaea
T. Hagihara, S. Kawakami, H. Daimon, and T. Yamada
Irago Conference 2018   2018年11月   
大門裕之, LEE Chang Yuan, 宮下公一, 蒲原弘継, 熱田洋一
環境科学会年会プログラム講演要旨集   2018年9月10日   
山田剛史, 原田淳, GIRI Surya, 浜田雅子, 大門裕之, 延優, 成廣隆
土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   2018年8月1日   
Multipurpose Biogas Production from Livestock Manure using Anaerobic Digestion System in Indonesia and Japan
Farida Hanum, Pasan Dunuwila, Tjokorda Gde Tirta Nindhia, Hirotsugu Kamahara, Yoichi Atsuta, Takeshi Yamada, and Hiroyuki Daimon
The 2nd International Conference on Applied Sciences Mathematics and Informatics   2018年8月   
Characterization of novel Moorella bacteria capable of lactate oxidation in a thermophilic anaerobic digestion reactor treating poly(L-lactic acid)
T. Yamada, S. Giri, J. Harada, M. K. Nobu, T. Narihiro, H. Tsuji, and H. Daimon
17th International Symposium on Microbial Ecology   2018年8月   

競争的資金等の研究課題

 
微生物指標導入の嚆矢: 廃水処理系微生物のオンサイト新計測技術
日本学術振興機構: 科研費 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年       代表者: 山田 剛史
バイオマス・CO2・熱有効利用拠点の構築
文部科学省: 先導的創造科学技術開発費補助金
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 大門 裕之
吸引通気式技術および新規管理技術を用いた食品廃棄物の高品位堆肥化
農林水産省: 農山漁村6次産業化対策事業費
研究期間: 2012年       代表者: 大門 裕之
ハイパフォーマンスキノンプロファイル法の開発と環境技術への応用
日本学術振興機構: 科研費 基盤研究B
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大門 裕之
水熱反応による有機性循環資源の高品位液体飼料化
環境省: 廃棄物処理等科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 大門 裕之

特許

 
熱田 洋一, 横手 裕人, 大門 裕之, 網谷 基徳, 長谷川 克久, 杤本 信彦, 鈴木 邦彦, 小島 嘉豊
小島 嘉豊, 鈴木 邦彦, 長谷川 克久, 杤本 信彦, 熱田 洋一, 大門 裕之, 藤原 俊六郎
日▲び▼ 勉, 滝川 浩史, 大門 裕之, 蒲原 弘継
長谷川 克久, 杤本 信彦, 大門 裕之, 熱田 洋一, 神本 祐樹
成瀬 光夫, 大門 裕之, 熱田 洋一
2014年 特願 2009-258456
長谷川 克久, 杤本 信彦, 大門 裕之, 熱田 洋一
大門 裕之, 熱田 洋一, 藤江 幸一, 小島 嘉豊, 鈴木 邦彦, 木村 巌
2013年 特開 2008-167748
熱田 洋一, 大柿 知典, 大門 裕之, 藤江 幸一, 木村 総一郎, 清水 康次
2012年 特願 2008-030566
熱田 洋一, 大門 裕之, 小島 嘉豊, 鈴木 邦彦, 野々 康明

社会貢献活動

 
文部科学省研究大学強化促進事業 第6回豊橋技術科学大学シンポジウム 未来へのボーダレスな挑戦 ~組織・地域の垣根を越えて~
【その他】  日本経済新聞12面(全面広告)  2019年4月24日
“未来へのボーダレスな挑戦” ~組織・地域の垣根を越えて~ 「産学融合コンソーシアムによる小規模普及型バイオガス発電システム」
【講師】  第6回豊橋技術科学大学シンポジウム  2019年3月26日
バイオマス・CO2・熱 有効利用拠点の構築
【講師】  NPO21世紀水倶楽部  2018年度研究集会  2019年1月25日
グローバル教育を応援 豊橋LC例会 技科大は浄財贈る
【その他】  東愛知新聞2面  2019年1月21日
目標額達成へ呼びかけ 豊橋LC「LCIF協力例会」
【その他】  東日新聞2面  2019年1月19日
長芋残渣を原料に 日立キャピタルなど青森でバイオガス発電
【その他】  日刊工業新聞19面  2018年11月21日
「ナガイモ発電所」稼働 残さ活用、処理費用を低減
【その他】  日経新聞東北版2面  2018年11月20日
SS & SG English for Social Purposes Ⅱ(ESPⅡ)工学部の先生が伝える「人生を変える」いんぐりっしゅの重要性
【講師】  時習館高校  二年生研修会  2018年7月
「バイオガス発電と利活用」 第2回研究会のはじめに
【講師】  生活協同組合コープあいち  「バイオガス発電と利活用」第二回研究会  2018年7月
廃棄物利用の未来担う
【インタビュイー】  四国新聞  2018年6月7日