Takayama, Midori

J-GLOBAL         Last updated: Jun 6, 2019 at 04:10
 
Avatar
Name
Takayama, Midori
E-mail
txmidorihc.st.keio.ac.jp
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Science and Technology Department of Foreign Languages and Liberal Arts
Job title
Professor
Degree
修士(社会学)(Keio University), Ph.D.(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 2001
東京都老人総合研究所 研究員(非常勤)
 
Apr 1998
 - 
Mar 2002
武蔵工業大学工学部専任講師
 
Apr 2000
 - 
Mar 2004
東京学芸大学教育学部
 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
武蔵工業大学環境情報学部専任講師
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
武蔵工業大学環境情報学部助教授
 

Education

 
Mar 1991
   
 
文学部, Keio University
 
Mar 1994
   
 
社会学研究科, Keio University
 
Mar 1998
   
 
教育学研究科, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Oct 2014
 - 
Today
日本応用老年学会  理事
 
Dec 2012
 - 
Nov 2014
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
Jan 2003
 - 
Today
The Gerontological Society of America  会員
 
Jan 2003
 - 
Today
American Psychological Association  会員
 
Jan 2003
 - 
Today
The Gerontological Society of America  Member
 

Published Papers

 
中原区高齢者パネル調査ーThe Keio-Kawasaki Aging Studyーについて
髙山 緑
中央調査報   703 1-7   May 2016
Kawasaki, M., Arai, Y., Takayama, M., Hirata, T., Takayama, M., Abe, Y., Niimura, H., Mimura, M., Takebayashi, T., and Hirose, N.
Age   38(29) 1-13   Feb 2016
To investigate various risk factors of cognitive decline in the very old, we studied 494 subjects over 85 years old without diagnosis of dementia at baseline from the Tokyo Oldest Old Survey on Total Health, an ongoing, community-based cohort in J...
The meaning of life in narratives of the oldest old
TAKAYAMA Midori
Japanese Journal of Gerontology   32(4) 422-433   Jan 2011   [Refereed]
A preliminary study using the new gerontranscendence questionnaire for Japanese elderly
TAKAYAMA Midori
Japanese Journal of Gerontology   32(1) 33-47   Apr 2010   [Refereed]
Cognitive function of the elderly and the aged society
TAKAYAMA Midori
Science Journal KAGAKU   80(1) 78-83   2010

Books etc

 
老いのこころ:加齢と成熟の発達心理学
TAKAYAMA Midori (Part:Joint Work)
有斐閣   Jun 2014   
パーソナリティ心理学ハンドブック
TAKAYAMA Midori
福村出版   Mar 2013   
発達科学入門(3)青年期~後期高齢期
TAKAYAMA Midori
東京大学出版会   Apr 2012   
ストレス科学事典
TAKAYAMA Midori
実務教育出版   Jun 2011   
「ゆとり」と生命をめぐって-生命の教養学Ⅵ
TAKAYAMA Midori
慶應義塾大学出版会   Apr 2011   

Conference Activities & Talks

 
超高齢者の研究から−高齢期の知的能力と環境−
TAKAYAMA Midori
2017年度 日本教育心理学会主催公開シンポジウム:加齢に伴い向上・維持する能力を発掘する   3 Dec 2017   日本教育心理学会
95歳以上超高齢者におけるフレイルと老年的超越の関連 〜 Arakawa 95+ Study 〜
TAKAYAMA Midori
第6回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会   25 Nov 2017   日本ポジティブサイコロジー医学会
後期高齢者の生活に対する将来展望と認知機能との関連-K2 studyデータを用いて-
TAKAYAMA Midori
日本心理学会第81回大会   22 Sep 2017   日本心理学会
A cohort study of the oldest-old in Japan: the Arakawa 95+ study
Miimura, H., Eguchi, Y., Kida, H., Nishimura,W., Takayama,M., Mimura,M.
13th European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS) Congress   20 Sep 2017   
Self-efficacy, Gerotranscendence and Positive Personality Traits Help in Preventing Frailty and Maintaining a High Level of Well-being among the Oldest-old in Japan: The Arakawa 95+ Study
Kida, H., Niimura, H., Eguchi,Y., Nishimura, W., Takayama, M., & Mimura, M.
13th European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS) Congress   20 Sep 2017   

Teaching Experience

 

Works

 
地域社会と健康寿命:川崎市の調査結果より
高山 緑   The Others   Mar 2017 - Today
超高齢社会を生きる−ヘルスとウェルビーイング
高山 緑   The Others   Oct 2016 - Today
学術フロンティア推進事業「超表象デジタル研究」学習環境ユニット 公開セミナー軽度発達障害の世界を知る 第4回「京都大学における高機能自閉症者の支援システムと支援の実際」
TAKAYAMA Midori   The Others   Jan 2007 - Today
Hiyoshi Research Portfolio 2006バリアフリー公開シンポジューム「軽度発達障害の理解と支援-大学での支援の実際と高校や企業との橋渡し-」
TAKAYAMA Midori   The Others   Dec 2006 - Today
学術フロンティア推進事業「超表象デジタル研究」学習環境ユニット 公開セミナー軽度発達障害の世界を知る 第3回「軽度発達障害のある学生への支援」
TAKAYAMA Midori   The Others   Oct 2006 - Today

Research Grants & Projects

 
超高齢者におけるポジティブな心理社会的特性の解明
ユニベール財団: 
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): 新村秀人
超高齢者の心理的特性に関する研究
高齢期の健康と幸福感の予測要因の検討:ソーシャル・キャピタルの視点から
慶應義塾: Keio Gijuku Academic Development Funds
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): Midori Takayama
後期高齢期、超高齢期におけるwell-being, 健康、およびソーシャルキャピタルの関係性を検証する。
高齢者の生活の知恵の評価:3D Wisdom Scaleの妥当性の検討
慶應義塾: Keio Gijuku Academic Development Funds
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): Mimura, Masaru
日本版3D-Wsidom Scaleの信頼性と妥当性の検討
95歳以上の超高齢者のメンタルヘルス疫学研究
大和証券ヘルス財団: 
Project Year: Oct 2015 - Sep 2016    Investigator(s): 新村秀人
95歳以上の超超高齢者のメンタルヘルス、および認知機能に関する疫学調査。
百寿者バイオ・リソースを活かした認知症予防法および地域での実践スキームの開発
慶應義塾大学: 慶應義塾クラスター研究推進プロジェクトプログラム(長寿)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 三村將

Social Contribution

 
臨床心理士
[]  Apr 2003 - Today