浅岡 隆裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/24 03:08
 
アバター
研究者氏名
浅岡 隆裕
 
アサオカ タカヒロ
URL
http://asaoka-lab.weblike.jp/
所属
立正大学
部署
文学部社会学科
職名
准教授
学位
修士(社会学)(立教大学大学院), 学士(社会学)(中央大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
2004年3月
立教大学 社会学部 助手
 
2005年4月
 - 
2010年3月
立正大学 文学部 社会学科 講師
 
2010年4月
 - 
現在
立正大学 文学部 社会学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2013年3月
英国レスター大学 メディアコミュケーション学部 訪問研究員
 
2015年4月
   
 
実践女子大学人間科学部 非常勤講師
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
立教大学大学院 社会学研究科博士課程 応用社会学専攻
 
1994年3月
 - 
1996年3月
立教大学大学院 社会学研究科 社会学専攻
 

委員歴

 
2004年4月
 - 
2005年6月
日本マス・コミュニケーション学会  企画委員会委員
 
2009年7月
 - 
2011年7月
日本マス・コミュニケーション学会  企画委員会委員
 
2013年9月
 - 
2015年7月
情報通信学会  事業企画委員会委員
 
2015年7月
 - 
2017年6月
日本マス・コミュニケーション学会  ネットワーク社会研究部会委員
 
2017年11月
 - 
現在
栃木県佐野市シティプロモーション推進基本計画策定懇談会  会長
 

受賞

 
2005年11月
吉田秀雄賞 常勤研究者の部(共同)第一席 (吉田記念事業財団)
 
2004年3月
情報通信学会設立20周年記念懸賞論文入賞
 
1998年5月
JAAA第27回懸賞論文新人賞(日本広告業協会)
 
1996年5月
テレコム社会科学学生賞入賞(電気通信普及財団)
 

論文

 
メディア変革期における地域のメディアとコミュニケーション研究の覚書
応用社会学研究   58 281-296   2016年3月
英国のメディア環境とコミュニケーションの現状
立正大学文学部論叢   (137) 137-181   2014年3月
テクストとしての〈社会叙述〉- 日本人劣化言説との関わりを中心に
立正大学人文科学研究所年報   (別冊 (18)) 17-36   2012年3月
叙述という行為におけるポリティクス-現代史・同時代史の叙述という問題構成を中心に-
立正大学文学部論叢   (132) 69-99   2011年3月
昭和の風景への/からの視線-メディアの語りのなかの昭和30年代
マス・コミュニケーション研究   (76) 23-42   2010年1月

Misc

 
現代における昭和時代についての意識(2) 一般人を対象とした定量分析結果から
第90回日本社会学会大会報告要旨集WEB版   499-499   2017年11月
吉川市なまず産業プロジェクト基礎調査報告書 -「なまずの里よしかわ」ブランディングに向けた市内外の実態とニーズの検証 -
   2017年3月
ローカルテレビ放送の番組制作をめぐる論点 評論家インタビュー調査からのまとめ
放送文化振興基金 助成報告書      2011年11月
ローカルテレビ放送局の地域情報制作の現状と課題 新潟県下のローカル放送の事例から
放送文化振興基金 助成報告書      2011年11月
現代人の劣化認識の実際
科研費報告書      2011年4月

書籍等出版物

 
地域社会における近い過去の歴史表象の意味
浅岡隆裕 (担当:分担執筆)
学文社   2018年3月   
雑誌メディアの文化史-変貌する戦後パラダイム[増補版]
2017年4月   
インターネット普及期以降の地域情報化とコミュニケーション変容(立正大学文学部学術叢書02)
KADOKAWA   2016年3月   
ネット社会の諸相
学文社   2015年3月   
雑誌メディアの文化史-変貌する戦後パラダイム
吉田則昭,岡田章子編著 (担当:共著, 範囲:高度経済成長の到来と週刊誌読者-総合週刊誌とその読者であるサラリーマンを中心に-)
森話社   2012年9月   

講演・口頭発表等

 
地域の魅力をどのように磨き,発信していくのか [招待有り]
シティプロモーション研修会   2018年3月12日   長野県上伊那広域連合
シティプロモーションを地域づくりの成長エンジンに [招待有り]
第4回シティプロモーション・シンポジウム   2017年11月17日   シティプロモーション自治体等連絡協議会
現代における昭和時代についての意識(2) -一般人を対象とした定量分析結果から-
第90回 日本社会学会大会   2017年11月5日   日本社会学会
現代社会における昭和ノスタルジアの考察
立正大学デリバリーカレッジ共催 生涯学習プログラム開発実践講座「先人に学ぶ暮らしの知恵」   2017年10月7日   
都市圏の魅力をどのように伝えるのか [招待有り]
広島広域都市圏協議会研修会   2017年9月14日   

競争的資金等の研究課題

 
現代日本における昭和ノスタルジア志向の実証的研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
日本社会「劣化」の言説分析:言説の布置・展開およびその特徴と背景に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
「所得倍増計画」報道のメディア言説的分析とその受容に関する研究
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
ユビキタス社会におけるリスク・コミュニケーションに関する実証研究
日本証券財団: 
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
地域メディア研究
不明: 
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月

社会貢献活動

 
経済産業省 情報通信業基本調査実施事業 技術審査委員会委員
【】  2018年1月 - 現在
栃木県佐野市シティプロモーション推進基本計画策定懇談会 委員長
【】  2017年11月 - 現在
栃木県佐野市観光立市推進基本計画作成委員会 副委員長
【】  2017年11月 - 現在
神奈川県衛生研究所倫理審査委員会 委員長
【】  2016年4月 - 現在
栃木県佐野市シティプロモーション懇談会 委員長
【】  2015年5月 - 2017年10月