AMADA Josuke

J-GLOBAL         Last updated: Nov 23, 2018 at 03:07
 
Avatar
Name
AMADA Josuke
Affiliation
Chuo University
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ritsumeikan University Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences
 

Education

 
 
 - 
Mar 1995
Faculty of Sociology, Rikkyo University
 
 
 - 
Mar 1997
Graduate School, Division of Sociology, Rikkyo University
 
 
 - 
Mar 2000
Graduate School, Division of Sociology, Rikkyo University
 

Awards & Honors

 
Oct 2004
第3回日本社会学会奨励賞(著書の部) 天田城介『〈老い衰えゆくこと〉の社会学』多賀出版.
 

Published Papers

 
紛争家族化する戦後日本型家族の行方
天田城介
JIM   22(11)    Oct 2012
ポスト経済成長時代の超高齢社会における夢から覚めて
天田城介
現代思想   40(10) 170-186   Sep 2012
胃ろうの10 年――ガイドライン体制のもとグレーゾーンで処理する尊厳死システム
天田城介
現代思想   40(7) 165-181   May 2012
歴史と体制を理解して研究する――社会学会の体制の歴史と現在
天田城介
保健医療社会学論集   23(1) 56-69   Mar 2012
体制の歴史を描くこと――近代日本社会における乞食のエコノミー
天田城介
生存学研究センター報告17   408-427   Mar 2012

Books etc

 
体制の歴史
天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編
洛北出版   Feb 2013   
老い衰えゆく自己の/と自由――高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論(第二版)
ハーベスト社   Feb 2013   
差異の繋争点
天田城介・村上潔・山本崇記 編
ハーベスト社   Mar 2012   
老い衰えゆくことの発見
角川学芸出版   Sep 2011   
老いを治める――老いをめぐる政策と歴史
天田城介 (他 北村健太郎・堀田義太郎 編集共著)
生活書院   Mar 2011   

Conference Activities & Talks

 
コメント
第18回マイノリティ研究会(正式名称:院生プロジェクト「地域社会におけるマイノリティの生活/実践の動態と政策的介入の力学に関する社会学研究」定例研究会)   18 Mar 2011   
コメント
第29回認知症介護研究会   13 Mar 2011   
『底に触れている者たちは声を失い、声を与える』へのコメントへのリプライ
医療社会学研究会2011春季合宿ワークショップ   12 Mar 2011   
コメント
歴史社会学研究会   25 Feb 2011   
総合コメント
「アジアにおける「障害」との共生に必要な教育・福祉・臨床の各視点に立脚したシステム構築に関する研究」グループ ワークショップ   22 Feb 2011   

Teaching Experience

 
 

Works

 
専門社会調査演習3(質的調査法)立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科集中講義
The Others   Aug 2010 - Aug 2010
地域で住むという設計
The Others   Jan 2010 - Jan 2010
日本社会学会『社会学評論』専門委員
The Others   2009 - Mar 2010
日本社会学会研究活動委員会委員
The Others   2009 - Mar 2010
関東社会学会機関誌編集委員会 編集委員
The Others   2009 - Mar 2010