那須 壽

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:41
 
アバター
研究者氏名
那須 壽
 
ナス ヒサシ
eメール
hnasuwaseda.jp
URL
http://www.littera.waseda.ac.jp/schutz
所属
早稲田大学
部署
文学学術院 文学部
職名
教授
学位
博士(文学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
40126438

経歴

 
1979年
 - 
1983年
新潟大学教育学部 専任講師
 
1983年
 - 
1988年
新潟大学教育学部 助教授
 
1988年
 - 
1991年
早稲田大学文学部 助教授
 
1991年
   
 
早稲田大学文学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
早稲田大学 文学部 社会学
 
 
 - 
1979年
早稲田大学 文学研究科 社会学
 

委員歴

 
2010年
 - 
2013年
* 日本学術振興会「組織的な大学院教育改革推進プログラム」委員会分野別事後評価部会専門委員(2010年~2013年)
 
2009年
 - 
2010年
* 日本学術振興会国際事業委員会「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」審査・評価委員会専門委員(2009年~2010年)
 
2009年
   
 
* 日本学術振興会「組織的な大学院教育改革推進プログラム」委員会分野別審査部会専門委員(2009年)
 
2009年
   
 
* 日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2009年)
 
2008年
 - 
現在
* Member of International Advisory Board of Phenomenological Workshop Book Series, Zeta Books (2008-Present)
 

受賞

 
1991年
第一回福武直賞 (佐藤慶幸編著『女性たちの生活者ネットワーク』文眞堂、1988年)
 

論文

 
我が国における大学の ”危機” と学知の変様
那須 壽
那須壽編『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』   7-24   2016年3月
我が国における大学の”危機”と学知の変様
那須 壽
那須壽編『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』   7-24   2016年3月
Transformation of Knowledge and a University "Crisis" in Japan
Hisashi Nasu
Schutzian Research   6 11-25   2014年12月
Imagination and the Social Sciences
Hisashi Nasu
Michael Barber, Jochen Dreher (eds) The Interrelation of Phenomenology, Social Sicences and the Arts, Dordrecht/Heidelberg/New York/London: Springer   51-68   2013年11月
「宮本孝二著『吉本隆明の社会理論』晃洋書房」(書評)
那須 壽
社会学評論/日本社会学会   64-1 137-139   2013年6月

Misc

 
Phenomenological Sociology in the United States: The Developmental Process of an Intellectual Movement
Hisashi Nasu
Hisashi Nasu, Frances C. Waksler (eds.) Interaction and Everyday Life: Ethnomethodological and Phenomenological Essays in Honor of George Psathas, Lanham: Lexington Books   3-21   2012年
Between Phenomenology and Pragmatism: Alfred Schutz's Dialogue with G. H. Mead
Hisashi Nasu
J. Renn, G. Sebald, J. Weyand (eds.) Lebenswelt und Lebensform: Zum Verhaeltnis von Phaenomenologie und Pragmatismus, Goettingen: Verbrueck Wissenschaft   119-139   2012年
Uma abordagem schutziana do problema da igualdade-desigualdade (translated from English by Hermílio Santos).
Hisashi Nasu
Civitas: Revista de Ciencias Sociais, Porto Alegre: Brazil   11(3) 395-408   2011年
Methodology of the Social Sciences is Where the Social Scientists, Philosophers, and Persons on the Street Should Meet
Hisashi Nasu
T. Nenon, P. Blosser (eds.) Advancing Phenomenology: Essays in Honor of Lester Embree, Dordrecht: Springer   413-430   2010年
Alfred Schutz und die hermeneutische Wissenssoziologie
Hisashi Nasu
Michael Staudigl (ed.) Alfred Schutz und die Hermeneutik, Konstanz: UVK Verlagsgesellschaft mbH   79-95   2010年

書籍等出版物

 
学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究
那須 壽 (担当:編者)
2016年3月   
生活世界の構造
A・シュッツ/T・ルックマン著/那須壽監訳(共訳者:大黒屋貴稔・木村正人・鳥越信吾) (担当:共訳)
筑摩書房   2015年11月   ISBN:978-4-480-09705-7
『生活世界の構造』
アルふレッド・シュッツ+トーマス・ルックマン (担当:共訳)
筑摩書房   2015年11月   ISBN:978-4-480-09705-7
Interaction and Everyday Life: Phenomenological and Ethnomethodological Essays in Honor of George Psathas
Hisashi Nasu (co-edited with Frances C. Waksler)
Lanham: Lexington Books   2012年8月   ISBN:978-0-7391-7644-3
『知の構造変動に関する理論的・実証的研究』
那須 壽(編)
科学研究費(基盤研究B)研究成果報告書   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
P. Berger-T. Luckmann’s The Social Construction of Reality for Japanese Sociologists, [招待有り]
Hisashi Nasu
the Annual Meeting of the Society for Phenomenology and the Human Sciences   2016年10月22日   the Society for Phenomenology and the Human Sciences
Keynote Speech: "Transformation of Knowledge and a University 'Crisis' in Japan" [招待有り]
Hisashi Nasu
2nd Conference of the International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science   2014年4月23日   the International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science
Is Schutzian Sociology Required Today?
Founding Meeting of the International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Sciences, 22-24 May, 2012, New School for Social Research, New York   2012年5月   
日常生活世界と「社会的なるもの」
日本学術会議社会学委員会社会理論分科会特別セッション「社会的なるものの復権−あらためてモダニティを問う」   2011年9月17日   
Interface between Phenomenology and Sociology: With Reference to the Sociological Concept of "Organization."
Phenomenology as a Bridge between Asia and the West Conference: Phenomenology and the Other Disciplines, 23-26 May, 2011, St. Louis University, St. Louis, MO. U.S.A.   2011年5月   

競争的資金等の研究課題

 
アルフレッド・シュッツ文庫を利用したシュッツの社会理論とその影響に関する研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
本研究は、社会学知を事例として取り上げ、知と社会の在り方・在り様を同時に見定めることを通して、知と社会の在り方の相互反映的関係を理論的かつ実証的に明らかにしようとするものである。具体的には、「学会誌掲載論文データベース」「学会大会報告データベース」「学会設立年度データベース」等のデータベースを構築し、(1) 我が国の高等教育政策と大学改革の在り様、(2) 学会誌掲載論文の動向、(3) 学会大会報告の動向、(4) 学会設立の動向、(5)日本社会学会会員の教育・研究に関する考え方という5つの側...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年
研究目的:本年度は、(1)関連する先行研究の踏査、(2)社会学関連の学会誌掲載論文と学会大会報告のコピー・収集、ならびにその概要のデータベース化、(3)その分析・解読を通した社会学知の質的、量的変化の在り方に関する作業仮説の構築、(4)民間研究助成機関の調査への着手、を目的とした。
研究方法:(1)先行研究を収集し、各メンバーがそれについて報告して全員で検討する。(2)40年以上の歴史をもつ社会学関連の学術雑誌(『社会学評論』『社会学研究』『社会学年誌』『社会学史研究』『社会学年報』『応用...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年
「知の在り方・有り様が変わりつつある」という日常的実感(仮説)を導きの糸として、25大学40年間の社会学関連シラバスに関する調査と、社会学の教育と研究に関する質問紙調査を立案・実施し、分析した。これら二つの調査研究は「知の社会学」の構想の一環であり、今日、多くの人びとによって実感されている(であろう)「知」の在り方・有り様の「変化」を見定める第一歩として、社会学知における変化をいくつかの側面から明らかにした。
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年
(1)コンスタンツ大学の社会科学文庫に収められているアルフレッド・シュッツの蔵書の中には、彼自身がその余白に重要なコメントを数多く書き込んでいる書物が100冊程度ある。本研究は、(i)多くが鉛筆で書かれているために、このまま放置しておけば次第に判読不可能になってくるに違いないそれらのコメント類をマイクロフィルムに収めて保存し、(ii)それらの書き込みをタイプ化し、(iii)それらのすべてをそれぞれの原著者とつき合わせながら検討することによって、多岐にわたるシュッツの思想と社会科学理論を全体...