堀内 賢志

J-GLOBALへ         更新日: 11/07/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
堀内 賢志
 
ホリウチ ケンジ
所属
早稲田大学
部署
国際学術院
職名
次席研究員(研究院助教)
学位
学術博士(早稲田大学(日本)), 学術修士(早稲田大学(日本))

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2002年3月
早稲田大学社会科学部助手(研究助手)
 
2003年1月
 - 
2007年3月
早稲田大学「現代アジア学の創生」(文部科学省21世紀COEプログラム)COE研究員(客員研究助手)
 
2007年4月
   
 
- 早稲田大学社会科学部助教
 
2007年4月
   
 
- 立正大学非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2004年
早稲田大学 社会科学研究科 地球社会論専攻.国際関係論研究指導
 
 
 - 
1998年
早稲田大学 社会科学研究科 地球社会論専攻.国際関係論研究指導
 
 
 - 
1991年
早稲田大学 第一文学部 文学科ロシア文学専修
 

Misc

 
エネルギー資源をめぐる北東アジア地域協力の可能性
堀内賢志
EUサブリージョンと東アジア共同体―地域ガバナンス間の国際連携モデル構築(平成18~20年度科学研究費補助金研究成果報告書)   117-128   2009年
ロシアにおける労働組合の特徴と社会的役割―極東地域を中心に―
堀内賢志
北東アジアにおける労働組合の国際交流の役割:調査研究報告書   71-82   2009年
ロシアにおける地域政策の転換と極東地域開発の進展─地域発展省のイニシアチブを中心に―
堀内賢志
ロシア・ユーラシア経済-研究と資料-   (915) 28-44   2009年
APEC開催準備に向けたウラジオストクにおける「垂直的権力」の強化
堀内賢志
ロシア・ユーラシア経済-研究と資料-   (915) 39-43   2008年
極東ザバイカルプログラムの再改訂と中央・地方関係
堀内賢志
ロシアとアジア太平洋:地域参入上の課題と展望(平成19年度外務省委託研究報告書)   97-116   2008年

書籍等出版物

 
ロシア極東地域の国際協力と地方政府──中央・地方関係からの分析
国際書院   2008年   ISBN:9784877911799

講演・口頭発表等

 
北東アジアにおけるナショナリズムとリージョナリズム
北東アジア学会第14回学術研究大会シンポジウム「地域協力の可能性と地域主義――近代国家体系への挑戦――」   2008年   
ロシアにおける地域政策と『極東ザバイカルプログラム』の再改訂
仁川大学校東北亜経済通商大学・大阪産業大学アジア共同体研究センター主催シンポジウム「北東アジアにおける一層の経済連携を求めて」   2008年   
1990年代におけるロシア極東地域の地方政府の対外協力――中央の地域政策と中央・地方関係の観点から――
地域研究コンソーシアム・シンポジウム「新しい地域研究の方法を求めて: 地域の形成と変容のメカニズム」   2005年   
ソ連・ロシアと中国の改革における地方政府と中央・地方関係
アジア政経学会東日本大会報告   2003年   
プーチン政権の連邦制改革と『連邦管区制』の現状
ロシア・東欧学会第31回大会   2002年   

Works

 
独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構「ロシア・中央アジア石油・天然ガス投資環境調査」研究会委員
2008年 - 2008年
「EUサブリージョンと東アジア共同体:地域ガバナンス間の国際連携モデル構築」(平成18-20年度科学研究費補助金基盤研究B )研究分担者
2007年 - 2007年
財団法人環日本海経済研究所「極東・東シベリア調査研究」(平成19年度外務省委託研究)委員
2007年 - 2007年
「ロシアにおける外国人労働者管理と国内労働市場の変化」(平成18-20年度科学研究費補助金基盤研究B 海外学術調査)研究分担者
2006年
社団法人ロシア東欧貿易会「ロシアの経済発展の中でのカリーニングラード州経済開発、並びに、カリーニングラード州を軸としてのロシア・EU関係」(平成14年度外務省欧州局委託調査)委員
2002年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
北東アジアのエネルギー資源をめぐる国際政治とサブリージョナルな地域秩序の再編に関する研究
ロシア極東における地域開発の進展と中央・地方関係の展開