GROSS Thomas Michael

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/11 07:53
 
アバター
研究者氏名
GROSS Thomas Michael
 
グロ-ス ト-マス.ミヒャエル
eメール
tmgrossvega.aichi-u.ac.jp
所属
愛知大学
部署
国際コミュニケーション学部 言語コミュニケーション学科
職名
教授
学位
文学博士, 哲学

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / カテナ依存文法論

経歴

 
1998年4月
   
 
国際コミュニケーション学部 教授
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1997年3月
同志社女子大学 日本語学 日本語学
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 文学部 独語学
 
1983年
 - 
1988年
マーブルク大学 (ドイツ) 文学部 哲学
 
1991年4月
 - 
1992年2月
マーブルク大学 (ドイツ) 日本学センター 日本語学
 

論文

 
GROSS Thomas Michael
Journal of Linguistics   53 641-688   2017年8月   [査読有り]
This article investigates a particular phenomenon of coordination that delivers important clues about the nature of syntactic structures. We call this phenomenon LEFT NODE
BLOCKING – the designation is a play on the related concept of RIGHT NODE R...
The Do-So-Diagnostic: Against finite VPs and for flat non-finite VPs
GROSS Thomas Michael
Folia Linguistica   50(1) 97-135   2016年5月   [査読有り]
Coauthor: Timothy Osborne
GROSS Thomas Michael
ACL Anthology W15: Proceedings of the Third International Conference on Dependency Linguistics (Depling 2015)   W15(21) 111-120   2015年8月   [査読有り]
Coauthor: Timothy Osborne
Some Observations on the Hebrew Desiderative Construction
GROSS Thomas Michael
SKY Journal of Linguistics   27 7-41   2015年1月   [査読有り]
Clitics in dependency morphology
GROSS Thomas Michael
Linguistik Aktuell/Linguistics Today: Dependency Linguistics: Recent advances in linguistic theory using dependency structures   215 229-252   2014年6月   [査読有り][招待有り]
カテナと構文
GROSS Thomas Michael
Zeitschrift für Sprachwissenschaft   32(1) 41-73   2013年12月   [査読有り]
共著:Timothy Osborne
Antecedent containment: A dependency grammar solution in terms of catenae.
GROSS Thomas Michael
Studia Linguistica   66(2) 94-127   2012年9月   [査読有り]
共著:Timothy Osborne
Catenae: Introducing a novel unit of syntactic analysis.
GROSS, Thomas Michael
Syntax   15(4) 354-396   2012年9月   [査読有り]
共著:Timothy Osborne, Michael Putnam
構文はカテナである
GROSS, Thomas Michael
Cognitive Linguistics   23(1) 163-214   2012年   [査読有り]
共著:Timothy Osborne
形態論におけるカテナ
GROSS, Thomas Michael
Proceedings of Depling 2011   47-57   2011年   [査読有り]

Misc

 
依存形態論からみる「ブラケッティング・パラドックス」
GROSS Thomas
言語と文化   24 1-28   2011年1月
Minimalist Yoda
GROSS Thomas
言語と文化   20 3-29   2009年1月
頭成分を決めること
2(63)    1996年
形容詞文における構造的結合価
20    1996年
似存関係論
似存文法と結合価論.ハンブルクのブスケ出版社      1995年
構造的樹形図論
(47)    1992年
依存文法と並列関係[日本語]
文明21   (3) 18   1999年
依存文法の語順説: ゾーン説[ドイツ語]
文学論叢   (120) 12   1999年
コミュニケーションの本性[英語]
文明21   (4) 14   2000年
「スタイル・シーツ」はどうやって作る?[日本語]
情報処理センター紀要 コム   11(No.1 18) 7   2000年

書籍等出版物

 
日本語形容詞小辞典
ユディキウム出版   2002年   
依存統語論の基礎
ユディキウム出版   1999年   
日本語機能表現小辞書
ブスケ出版社   1998年   
日本語動詞の結合価論
テクトゥム出版社   1994年   

競争的資金等の研究課題

 
独語語彙論
依存文法論
日本語語彙論