加藤 暢宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 19:39
 
アバター
研究者氏名
加藤 暢宏
 
カトウ ノブヒロ
所属
近畿大学
部署
生物理工学部 医用工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪府立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学 生物理工学部 教授
 
2006年4月
 - 
2017年3月
近畿大学 生物理工学部 准教授
 
2006年8月
 - 
2007年7月
ミシガン大学 工学部 客員研究員
 
2002年4月
 - 
2006年3月
近畿大学 生物理工学部 講師
 
1998年4月
 - 
2002年3月
近畿大学 生物理工学部 助手
 

受賞

 
2014年10月
日本歯科保存学会 カボデンタル優秀ポスター賞 Er:YAGレーザー成膜方による歯質上へのアパタイト膜の直接形成
受賞者: 本津 茂樹、山本 衛、加藤 暢宏、西川 博昭、吉川 一志、山本 一世
 
2004年
日本機械学会 日本機械学会 教育賞 産学連携した3次元CAD設計教育
受賞者: 藤井 雅雄,加藤 暢宏,上田 和弘,清水 隆紀
 

論文

 
Iwamoto Daisaku, Kato Nobuhiro, Taniguchi Shunji, Taguchi Yoshitomo, Kishi Masao, Saeki Kazuhiro
INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOMATERIALS   2018    2018年   [査読有り]
Kato N, Ido Y, Yamamoto E, Hontsu S.
Key Engineering Materials   758 KEM 162-165   2017年   [査読有り]
Yamamoto E, Kato N, Hontsu S.
Key Engineering Materials   758 KEM 97-104   2017年   [査読有り]
本津 茂樹, 平井 瑞樹, 片山 一郎, 山本 衛, 加藤 暢宏, 吉川 一志
Journal of bio-integration   7(1) 39-43   2017年
Takahisa Kai, Shunta Mori, Nobuhiro Kato
Advanced Biomedicl Engineering   (5) 63-67   2016年4月   [査読有り]
Shizuka Miyata, Choong Sik Park, Yusuke Sando, Yuta Fujiki, Kazuhiro Saeki, Nobuhiro Kato
Advanced Biomedicl Engineering   (5) 83-87   2016年4月   [査読有り]
Nobuhiro Kato, Yuki Ido, Ei Yamamoto, Kenzo Yasuo, Kazushi Yoshikawa, Shigeki Hontsu
Key Engineering Materials   696 99-102   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Trans Tech Publications, Switzerland.Dentin hypersensitivity is induced by mechanical stimuli or heat stimuli applied via exposed dentin tubules. Resin coating and laser-irradiation are used for treatment but have some problems such as poor...
Ei Yamamoto, Nobuhiro Kato, Kazushi Yoshikawa, Kenzo Yasuo, Kazuyo Yamamoto, Shigeki Hontsu
Key Engineering Materials   696 69-73   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Trans Tech Publications, Switzerland.Tooth enamel cannot be naturally reconstructed once it is destroyed immoderately. Therefore, the restoration of enamel is important in dental treatment. Hydroxyapatite (HAp) can potentially be used for a...
Yamamoto E, Kato N, Hatoko Y, Hontsu S.
Key Engineering Materials   720 269-274   2016年   [査読有り]
Kato N, Hatoko Y, Yamamoto E, Furuzono T, Hontsu S.
Key Engineering Materials   720 102-107   2016年   [査読有り]
谷口俊仁, 加藤暢宏, 佐伯和弘
畜産技術   (727) 22-25   2015年12月
本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 吉川一志, 保尾謙三, 山本一世
日本レーザー歯学会誌   26(1) 10-16   2015年4月   [査読有り]
Ei Yamamoto, Nobuhiro Kato, Arata Isai, Hiroaki Nishikawa, Yoshiya Hashimoto, Kazushi Yoshikawa, Shigeki Hontsu
Key Engineering Materials   631 262-266   2015年1月   [査読有り]
© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. It has been well known that bone has piezoelectric properties and these properties have been considered to be caused by the shift of the center of symmetry of the positive and negative electrical char...
Nobuhiro Kato, Arata Isai, Ei Yamamoto, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki, Kazushi Yoshikawa, Kenzo Yasuo, Kazuyo Yamamoto, Shigeki Hontsu
Key Engineering Materials   631 258-261   2015年1月   [査読有り]
© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. Dentin hypersensitivity is induced by mechanical stimuli or heat stimuli applied via dentin tubules exposed by lost of dental enamel or gingival recession. Common treatments for dentin hypersensitivit...
Er:YAGレーザーを用いたハイドロキシアパタイト膜の形成
本津茂樹 加藤暢宏 山本衛 吉川一志 橋本典也 西川博昭 楠正暢
Journal of Bio-Integration   4(1) 65-69   2014年7月   [査読有り]
Nobuhiro Kato, Takahisa Kai, Masakazu Hirano
Journal of Photopolymer Science and Technology   27(1) 85-89   2014年1月   [査読有り]
© 2014SPST. Backside lithography with a moving mask UV exposure technique is proposed. A novel moving-mask exposure apparatus was developed and evaluated both experimentally and through exposure simulations. The backside exposure using this techni...
Kato N, Kai T, Hirano M.
Journal of Photopolymer Science and Technology   27(1) 85-89   2014年   [査読有り]
Restration of Tooth Enamel Using a Flexible Hydroxyapatite Sheet Coated with Tricalsium Phoshate
Bioceramics Development and Applications   S1 006   2013年8月   [査読有り]
Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Freestanding Sheet for Dentin Tublue Sealing
Bioceramics Development and Applications   S1 007   2013年8月   [査読有り]
E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, S. Hontsu
Key Engineering Materials   529/530(1) 522-525   2013年1月   [査読有り]
Tooth enamel cannot be reconstructed once it is destroyed immoderately. Hydroxyapatite (HAp) thin sheet can potentially be used for a novel dental biomaterial to repair the enamel. Using a pulsed laser deposition (PLD) method, we have successfully...
Hashimoto S, Kato N, Saeki K, Morimoto Y
Fertility and sterility   97(2) 332-337   2012年2月   [査読有り]
S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa
Key Engineering Materials   493/494 615-619   2012年1月   [査読有り]
Before a tooth erupts, the ameloblasts are lost, which means that the tooth enamel does not regenerate itself after tooth eruption. In the present study, we attempt to regenerate the tooth enamel artificially using a flexible hydroxyapatite (HAp) ...
Effects of Volume of Poly-(dimethylsiloxane) Microwells and Number of Embryos in Wells on In-Vitro Early Bovine Development
Saeki Kazuhiro, Kato Nobuhiro, Iwamoto Daisaku, Sho Junki, Kishi Masao, Matsumoto Kazuya, Hosoi Yoshihiko, Iritani Akira
BIOLOGY OF REPRODUCTION   85    2011年7月   [査読有り]
橋本 周, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏
産婦人科の実際   60(7) 1039-1044   2011年7月
S. Hontsu, K. Yoshikawa, N. Kato, Y. Kawakami, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yamamoto
Journal of the Australian Ceramic Society   47 11-13   2011年3月   [査読有り]
A freestanding hydroxyapatite (HAp) sheet of 5 ∼ 10 μm thickness was successfully prepared by a novel method. After depositing the thin HAp film on a soluble substrate by pulsed laser deposition (PLD) technique, the HAp film was collected as a fre...
Hontsu S, Yoshikawa K, Kato N, Kawakami Y, Hayami T, Nishikawa H, Kusunoki M, Yamamoto K.
Journal of the Australian Ceramic Society   47(1) 11-13   2011年   [査読有り]
森本 康一, 西山 裕之, 國井 沙織, 角田 昌明, 加藤 暢宏
Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University   (26) 39-46   2010年9月
本研究は近畿大学生物理工学部戦略的研究No.06-II-1, 2006およびNo.07-IV-3, 2007の助成を受けた,灌流培養環境下でHL60細胞とI型コラーゲンとの相互作用を観察するため, poly (dimethylsiloxane)を用いて微小流路デバイス(幅700μm×高さ100μm×長さ20mm)を作製した. 矩形断面を有する微小流路内壁4面すべてを酸素プラズマ処理し, ニワトリI型コラーゲンとウシ胎児血清成分タンパク質を灌流して固定化した. 固定化されたタンパク質の吸着量...
Kamotani Y, Bersano-Begey T, Kato N, Tung YC, Huh D, Song JW, Takayama S
Biomaterials   29(17) 2646-2655   2008年6月   [査読有り]
藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 清水 隆紀, 里見 研一, 田口 晋也
日本機械学會論文集. C編   73(725) 30-35   2007年1月   [査読有り]
企業内の設計者の再教育と学校内の3次元設計教育の検討を目的として、産学連携して3次元CADを用いた設計教育を実施した。その結果、学生の就業意識の向上、学校と企業の3次元CADの設計教育の整合性の確認、日常業務から隔離された環境での集中講義演習の効率性、製造業に特化した教育内容の有効性、e-Learningコンテンツの有効性、さらに、企業側にとっては、若手技術者のプロジェクトリーダ教育にも有効であることがわかった。
Fujii M, Kato N, Shimizu T, Satomi K, Taguchi S.
Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   73(1) 30-35   2007年   [査読有り]
加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也
論文誌IT活用教育方法研究   8(1) 46-50   2005年11月   [査読有り]
Saeki K, Sumitomo N, Nagata Y, Kato N, Hosoi Y, Matsumoto K, Iritani A
The Journal of reproduction and development   51(2) 293-298   2005年4月   [査読有り]
Kato N, Kohno I, Kikuta H.
Korea Research Institute of Standards and Science (KRISS) - Asia-Pacific Symposium on Measurement of Mass, Force and Torque, APMF 2005   95-98   2005年   [査読有り]
萩野 秀樹, 朴 忠植, 加藤 暢宏
レーザ加工学会誌   11(3) 149-153   2004年12月   [査読有り]
萩野 秀樹, 加藤 暢宏, PARK C S, 三俣 真理 菊田 久雄 岩田 耕一
大阪府立産業技術総合研究所報告   (18) 87-91   2004年11月   [査読有り]
レーザ加工を行う場合に,レーザ光の強度分布を加工対象に適した分布にすることによって,加工品質や加工効率を向上させることができる。本研究では,高出力炭酸ガスレーザ光の強度分布を所望の分布に整形する回折型光学素子の開発を行った。素子は高出力レーザに使われる銅の放物面鏡上に,2レベルの計算機ホログラム(CGH)を作製したものである。CGHは,段差3.75μm,一辺が80μmの正方形のピクセル256×256個で構成されている。本素子は,高出力レーザに適用する際の冷却特性を上げるために素材として銅を...
萩野 秀樹, 朴 忠植, 横井 昌幸, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一
精密工学会誌論文集   70(9) 1180-1185   2004年9月   [査読有り]
A multilevel computer generated hologram (CGH) was fabricated for shaping a laser beam profile of a high-power CO_2 laser. The surface relief has eight height levels with 0.94μm in step heights. A copper surface relief was formed on a flat copper ...
産学連携した3次元CAD設計教育の取組み(共著)
藤井雅雄 加藤暢宏 清水隆紀 里見研一
近畿大学生物理工学部紀要   14 101-108   2004年9月   [査読有り]
ホログラフィ干渉法によるヒト大腿骨の力学的評価
松本 俊郎, 加藤 暢宏, 渡辺 俊明, 児島 新 井土 昇
近畿大学生物理工学部紀要   (13) 73-78   2004年2月
大腿骨の骨頭部および骨頭頸部の変形をヒト乾燥骨を用いて二重露光法および実時間ホログラフィ干渉法により計測した。試料として骨粗鬆症の程度が異なる大腿骨をX線写真により選び、それらの骨頭に内、外側から方向を変えて荷重を加えた。その時に生じる変形をサーモプラスチックフイルムに記録し実時間で変形を計測した。頸部において変形の勾配が大きく表れ応力が大きくなることがわかった。頸部骨折が生じる原因になることが予測された。(英文)
Kato N, Park C.S, Matsumoto T, Kikuta H, Iwata K.
Proceedings of the SICE Annual Conference   1851-1854   2004年   [査読有り]
藤井 雅雄, 加藤 暢宏
設計工学   38(8) 377-382   2003年8月
萩野 秀樹, 朴 忠植, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一
精密工学会誌   69(3) 417-421   2003年3月
This paper describes a computer generated hologram (CGH) on a curved surface for laser machining. The CGH fabricated on a parabolic copper mirror converts a 14mm diameter Gaussian beam of a CO_2 laser into a shaped beam whose intensity distributio...
Hagino H, Park C.S, Kato N, Mitsumata M, Kikuta H, Iwata K.
Seimitsu Kogaku Kaishi/Journal of the Japan Society for Precision Engineering   69(3) 417-421   2003年   [査読有り]
Kato N, Park C.S, Matsumoto T, Kikuta H, Iwata K.
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   5183 71-78   2003年   [査読有り]
藤井 雅雄, 加藤 暢宏
近畿大学生物理工学部紀要   11 136-155   2002年12月
半導体技術の飛躍的な進展は,製品の高集積化・高性能化・低消費電力化を促し,あらゆる分野でディジタル化を急速に押し進めている.この傾向は,同時に製品設計を行うインフラのディジタル化を促進し,製品設計の方法においてもマルチメディア技術を活用した飛躍的な変化がもたらされつつある.本論では,ディジタル化に伴う機械系設計技術の進展について考察するとともに,マルチメディア時代において産学が連携してモノづくりにおける生産性向上を実現するための学校での機械系設計教育について検討した.その結果,下記の2点が...
Kato Nobuhiro, Matsumoto Toshiro, Kikuta Hisao, NAKAMURA Yasuhiro, IWATA Koichi
Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes   40(11) 6594-6599   2001年11月   [査読有り]
In this paper we present a method of reducing the bandwidth required in the force-controlled atomic force microscope (AFM) for measuring the force curves. System stability strongly depends on the quality factor of vibration (Q) of the cantilever. ...
Kato N, Matsumoto T, Kikuta H, Nakamura Y, Iwata K.
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers   40(11) 6589-6593   2001年   [査読有り]
Matsumoto T, Kojima A, Kato N, Watanabe T, Tamiwa M, Baba M.
Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology-Proceedings   2 1508-1510   2001年   [査読有り]
Nobuhiro Kato, Hisao Kikuta, Takashi Nakano, Toshiro Matsumoto, Koichi Iwata
Review of Scientific Instruments   70 2402-2407   1999年12月   [査読有り]
The force-feedback method is a promising technique to measure accurate force curves in atomic force spectroscopy. In this article, we describe criteria of the stability for the force-feedback system containing a proportional amplifier with first-o...
佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 加藤 博己, 入谷 明
近畿大学生物理工学研究所紀要   (2) 26-32   1999年3月
継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University走査型近視野原子間力顕微鏡は、観察したい材料に処理を加えずに、そのままの表面形状を nanometer単位で非常に微細に観察でき、容易にその3次元構築像が得られる。今回この顕微鏡を用いて凍結保存されたウシ精子を融解後、heparinによる受精能獲得処理さらにlysophosphatidylcholine (LC) による先体...
Kato N, Kikuta H, Nakano T, Matsumoto T, Iwata K.
Review of Scientific Instruments   70(5) 2402-2407   1999年   [査読有り]

Misc

 
藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 上田 和弘, 清水 隆紀
日本機械学會誌   108(1038)    2005年5月
Pro/ENGINEER 初級編 e-Learning
藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 田口 晋也 清水 隆紀
   2005年5月
産学協同で開発したptc社製3次元CAD Pro/ENGINEER2001のe-Learning教材
加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也, 清水 隆紀
関西支部講演会講演論文集   2005(80) "2-27"-"2-28"   2005年3月
This paper describes the development of an e-Learning solution in 3D CAD operation training. The e-Learning contents have following features. In operation, the contents indicate the instruction window and 3D CAD (Pro/ENGINEER[○!R]) window in same ...
Pro/ENGINEER入門編 e-Learning
藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 田口 晋也 清水 隆紀
   2004年11月
産学協同で開発したptc社製3次元CAD Pro/ENGINEER2001の自習用教材
2 次元レーザービーム描画装置の改良 (3 次元曲面描画への適用)
加藤 暢宏
大阪府地域結集型共同研究事業テラ光情報基盤技術開発 平成 13 年度報告書   170-173   2002年3月
CO2レーザービーム成型用の回析光学素子を放物面鏡上に作成することを目的として、 2 次元レーザービーム描画装置の改良を行った結果を報告した。

書籍等出版物

 
中川 晋作 (担当:共著, 範囲:p65-p70)
シーエムシー出版   2016年   ISBN:9784781311791
加藤 暢宏, Gary D. Smith Shuichi Takayama (担当:共著, 範囲:第6章 マイクロフルイディクスによる細胞の分離と計測)
シーエムシー出版   2008年4月   
本書は,急速に発展しつつある「細胞分離・操作技術」の最先端研究・開発について基礎から応用まで包括的な情報を提供することを目的としています。細胞分離・操作技術の基盤技術として細胞分離・操作に関する方法論と応用例を紹介しています。

講演・口頭発表等

 
Microneedles fabricated by heat imprinting for novel application [招待有り]
KATO Nobuhiro
Microneedles2018   2018年5月29日   
脱灰・再石灰化環境内での極薄非晶質リン酸カルシウム人工エナメル質シートの安定性
平井 瑞樹, 本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏
日本歯科理工学会誌   2018年3月   
森本康一, 國井沙織, 伊田寛之, 平岡陽介, 加藤暢宏
日本バイオマテリアル学会大会予稿集(Web)   2017年11月13日   
Adhesive Evaluation by Brushing Tests for Hydroxyapatite Films Fabricated on Dentins Using a Water Mist Assisted Er:YAG Laser Deposition Method
Ei Yamamoto, Nobuhiro Kato and Shigeki Hontsu
Bioceramics 29   2017年10月   
Development of Ultra-Thin Opaque White Hydroxyapatite Sheet for Restoration of Enamel and Aesthetic Treatments of Teeth
Nobuhiro Kato, Yuki Ido, Ei Yamamoto and Shigeki Hontsu
Bioceramics 29   2017年10月   
平井瑞樹, 本津茂樹, 片山一郎, 加藤暢宏, 橋本典也, 吉川一志, 山本一世
日本歯科理工学会誌   2017年9月25日   
加藤 暢宏, 坂本 佳奈子, 千原 なみえ, 森中 杏菜
2017年度精密工学会秋季大会   2017年9月20日   
フォトリソグラフィを用いてマイクロニードルを作成する場合、フォトレジストの膜厚が非常に大きくなるため、レジストのコーティングおよび現像に注意が必要である。本研究ではディスペンサロボットを用いて基板上の任意の位置に膜厚500μm以上でレジストをコートする方法、ならびにリングポンプを用いた現像状態をその場観察可能な灌流現像システムを開発した。
加藤 暢宏, 森 俊太
2017年度精密工学会春季大会   2017年3月13日   
透明基板裏面からのネガ型厚膜フォトレジストへの移動マスク露光によってマイクロニードルの形成が可能である。従来は単一波長(λ=365nm)の紫外線のみを使用しており、形成できる形状に制約があった。本研究ではフォトレジストの吸光特性の測定結果に基づいて、通常は露光に使用されない複数波長の紫外線を使用することでニードル部分と土台部分の形状の自由度を飛躍的に向上させた。
本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世
日本レーザー歯学会総会・学術大会プログラム・講演抄録集   2016年12月   
Preparation and Application of a Potassium-Substituted Calcium Phosphate Sheet as a Dental Material for Treating Dentin Hypersensitivity
Kato, N., Y. Hatoko, E. Yamamoto, T. Furuzono and S. Hontsu
Bioceramics 28   2016年11月   
Optimization of Humid Conditions Using an Ultrasonic Nebulizer for the Fabrication of Hydroxyapatite Film with the Er:YAG Laser Deposition Method
Ei Yamamoto, Nobuhiro Kato, Yuka Hatoko and Shigeki Hontsu
Bioceramics 28   2016年11月   
國井沙織, 加藤暢宏, 堀内喜高, 森本康一
日本生化学会大会(Web)   2016年9月   
Arbitrary shape microneedle generation using moving-mask lithography
Nobuhiro Kato, Shunta Mori
Microneedles 2016   2016年5月23日   
井戸雄基, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世, 本津茂樹
日本歯科理工学会誌   2016年3月25日   
小比賀優, 波床侑果, 加藤暢宏, 山本衛, 吉川一志, 山本一世, 本津茂樹
日本歯科理工学会誌   2016年3月25日   
本津茂樹, 波床侑果, 山本衛, 加藤暢宏, 吉川一志, 山本一世
日本歯科理工学会誌   2016年3月25日   
藤木雄太, 加藤暢宏, 宮田静, 朴忠植, 山東悠介, 佐伯和弘
日本はい移植学雑誌   2016年1月29日   
門田 貴之, 加藤 暢宏
生体医工学   2016年   
<p>Flow rate of fluid in micro channel driven by gravity pump is proportional to the head difference. Regulator for long-term microfluidic cell culture system was needed. The conventional flow regulator systems enabling constant flow rate are not ...
森 駿太, 甲斐 貴久, 須崎 有亮, 山本 衛, 加藤 暢宏
生体医工学   2016年   
<p>Microneedles (MNs) are transdermal drug delivery systems, making it possible to administer drugs into the dermis without pain. In this study, master male molds of MNs were obtained by moving-mask UV lithography. The MNs female molds were replic...
Microneedles Protoryping Using Moving-Mask Lithography
Nobuhiro Kato, Takahisa Kai, Shunta Mori
12th International Conference on Ubiquitous Healthcare   2015年12月2日   
Adhesion Properties of an Apatite Film Deposited on Dentine Using Er:YAG Laser Ablation Methods
Ei YAMAMOTO Nobuhiro KATO Kazushi YOSHIKAWA Kenzo YASUO Kazuyo YAMAMOTO Shigeki HONTSU
Bioceramics 27   2015年10月27日   
Overlaid Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet Improves Dentinal Permeability Inhibition Rate
Nobuhiro Kato, Yuki Ido, Ei Yamamoto, Kenzo Yasuo, Kazushi Yoshikawa, Shigeki Hontsu
Bioceramics 27   2015年10月27日   
西 真吾, 須崎 有亮, 甲斐 貴久, 宮田 静, 西本 将也, 竹森 久美子, 加藤 暢宏, 伊藤 浩行, 山本 衛
バイオフロンティア講演会講演論文集   2015年10月1日   
微小流路デバイスのための受動的レギュレータの提案とその有限要素法による解析
門田 貴之、加藤 暢宏
生体医工学シンポジウム2015   2015年9月25日   
マイクロニードル型作製のための移動マスク露光法の拡張
森 駿太、甲斐 貴久、加藤 暢宏
生体医工学シンポジウム2015   2015年9月25日   
Development of embryo monitoring system using time lapse cinematography
Shizuoka MIYATA, Choongsik PARK, Yusuke SANDO, Yuta FUJIKI, Kazuhiro SAEKI, Nobuhiro KATO
生体医工学シンポジウム2015   2015年9月25日   
Microneedles fabrication utilizing a moving-mask lithography
Tkahisa KAI, Shunta MORI, Nobuhiro KATO
生体医工学シンポジウム2015   2015年9月25日   
波床 侑果, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 古薗 勉, 山本 一世, 本津 茂樹
日本歯科理工学会誌   2015年9月15日   
In the therapy for hypersensitivity of tooth, it is known that potassium (K) compounds are often added in the toothpaste because it is believed that neurotransmission is blocked by potassium ions. Recently, we have been proposing the attachment th...
Er:YAGレーザーアブレーション法で象牙質上に形成したアパタイト膜の固着特性
本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏, 保尾 謙三, 吉川 一志, 山本 一世
日本レーザー歯学会誌   2015年8月   
本津茂樹, 井戸雄基, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世
日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web)   2015年6月1日   
宮田 静, 朴 忠植, 山東 悠介, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏
第54回日本生体医工学大会   2015年5月7日   
A simple time-lapse cinematography device that provides useful insight for embryo quality scoring by series observation of embryos during culture was developed. The device consists of a microscope system, a PC controlled camera and an illumination...
井戸 雄基, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 保尾 謙三, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹
日本歯科理工学会誌   2015年3月25日   
We propose a new method to shield dentinal tubules by direct attaching an amorphous calcium phosphate (ACP) sheet on the dentin as a treatment of the hyperaesthesia. In this study, we fabricated the perforated ACP sheet in order not only to easily...
谷口俊仁, 高田広達, 樽本英幸, 加藤暢宏, 佐伯和弘
日本はい移植学雑誌   2015年1月21日   
甲斐 貴久, 森 駿太, 加藤 暢宏
第54回日本生体医工学大会   2015年   
A moving-mask exposure apparatus that allows backside exposure through transparent substrate to form the mold of microneedle patch with thick photoresist was developed. By choosing moving trajectory, various shape microneedle can be produced from ...
A Novel Treatment for Dentine Cavities with Intraoral Laser Ablation Method Using an Er:YAG Laser
Bioceramics 26   2014年11月6日   
Evaluation of Dentin Tubule Sealing Rate Improved by Attaching Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet
Kato, Nobuhiro Isai, Arata Yamamoto, Ei Nishikawa, Hiroaki Kusunoki, Masanobu Yoshikawa, Kazushi Yasuo, Kenzo Yamamoto, Kazuyo Hontsu, Shigeki
Bioceramics 26   2014年11月6日   
甲斐貴久, 平野雅一, 加藤暢宏
日本機械学会マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2014年10月13日   
西 真吾, 須崎 有亮, 宮田 静, 竹田 一平, 竹森 久美子, 加藤 暢宏, 伊藤 浩行, 山本 衛
バイオフロンティア講演会講演論文集   2014年10月2日   
本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世
日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web)   2014年10月1日   
移動マスク露光法によるマイクロニードル型の作製
甲斐 貴久、平野 雅一、加藤 暢宏
生体医工学シンポジウム2014   2014年9月26日   
培養細胞常時観察装置の開発
宮田 静、朴 忠植、山東 悠介、佐伯 和弘、加藤 暢宏
生体医工学シンポジウム2014   2014年9月26日   
波床 侑果, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 古薗 勉, 山本 一世, 本津 茂樹
日本歯科理工学会誌   2014年9月20日   
In toothpaste formulated for hypersensitivity, potassium compounds such as potassium nitrate and potassium bromide are often added because it is believed that neurotransmission is blocked by the function of potassium ions. Thus far, we have propos...
以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 保尾 謙三, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹
日本歯科理工学会誌   2014年9月20日   
We have fabricated a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet using pulsed laser deposition and a sheet isolation technique. We aim to form an artificial enamel layer on the dentin by an amorphous calcium phosphate (ACP) sheet with solubility higher th...
多層非晶質リン酸カルシウムシート貼付法による象牙質透過抑制率効果の評価
以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 保尾 謙三, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹
日本歯科理工学会誌   2014年9月   
極薄カリウム含有ハイドロキシアパタイトシートの作製と評価
波床 侑果, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 古薗 勉, 山本 一世, 本津 茂樹
日本歯科理工学会誌   2014年9月   
波床侑果, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 古薗勉, 本津茂樹
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2014年8月25日   
Moving-mask Lithography for 3D Microstructure Molding
Nobuhiro Kato Takahisa Kai Masakazu Hirano
ICPST-31   2014年7月8日   
Er:YAGレーザー成膜法による歯質上へのアパタイト膜の直接形成
本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   2014年6月   
本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2014年3月25日   
A calcium phosphate film was deposited on the dentine in the air by applying Er:YAG laser to the laser ablation (PLD) method to try the restoration of the dentine. α-tricalcium phosphate (α-TCP) was used as a target for the film preparation, and c...
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養
岩本 太作, 谷口 俊仁, 岸 昌生, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘
日本胚移植学雑誌   2014年1月   
移動マスク露光によるマイクロニードル型の作成
加藤暢宏 甲斐貴久 平野雅一
化学とマイクロ・ナノシステム学会 第28回研究会   2013年12月5日   
極薄アパタイトシートを用いた象牙細管の封鎖効果についての検討(第2報)
本津 茂樹, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   2013年10月   
移動マスクUV露光による2.5次元形状の生成
加藤暢宏 シャルマ・マークン 前坂圭亮 平野雅一
日本機械学会2013年度年次大会   2013年9月8日   
象牙質—極薄アパタイトシート界面における固着特性の評価
以西新 松本明子 山本衛 加藤暢宏 西川,博昭 楠正暢 本津茂樹 吉川一志
日本セラミックス協会第26 回秋季シンポジウム講演予稿集(CD−ROM)|L2240B   2013年9月4日   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養
谷口俊仁 岩本太作 岸昌生 加藤暢宏 佐伯和弘
平成25年度近畿地区連合獣医師大会・獣医学術近畿地区学会   2013年9月1日   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養
岩本太作 谷口俊仁 岸昌生 加藤暢宏 佐伯和弘 谷口俊仁
東日本家畜受精卵移植技術研究会大会   2013年8月12日   
PDMSマイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養
岩本太作 谷口俊仁 岸昌生 加藤暢宏 佐伯和弘 谷口俊仁
第20回日本胚移植研究会   2013年8月12日   
極薄アパタイトシートを用いた象牙細管の封鎖効果についての検討
以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   2013年5月   
本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2013年3月25日   
We have successfully created a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet of less than a few micrometers, and we have been trying to establish the all-HAp restoration technique for tooth enamel. In this study, we evaluated the re-calcification layer at t...
エナメル質-極薄アパタイトシート界面における再石灰化層の検討
本津茂樹 以西新 加藤暢宏 山本衛 西川博昭 楠正暢 吉川一志
第7回ナノ・バイオメディカル学会大会   2013年1月24日   
穴あきアパタイトシートを用いたエナメル質の修復
本津 茂樹, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 吉川 一志
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2012年11月   
Adhesive Strength Between Flexible Hydroxyapatite Sheet and Tooth Enamel
E. Yamamoto N. Kato H. Nishikawa M. Kusunoki T. Hayami S. Hontsu
Bioceramics 24   2012年10月21日   
穴あき極薄アパタイトシートによるエナメル質の修復
本津 茂樹, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   2012年10月   
本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2012年9月25日   
We have fabricated a flexible hydroxyapatite (HAp) using a pulsed laser deposition (PLD) method and a film isolation technique. We adhered the HAp sheet to the dentine surface using a calcium phosphate aqueous in order to apply this sheet to hyper...
松原 厚, 小木 曽望, 加藤 暢宏, 横小路 泰義, 筒井 真作, 牧野 修
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012年9月9日   
An education method for mechanical design is discussed. In conventional design education, the prototype designs together with design process are given for students, which can be referred to as parameterized design. This is a good introduction for ...
本津 茂樹, 吉川 一志, 松田 太陽, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2012年3月25日   
We have succeeded to fabricate flexible hydroxyapatite (HAp) sheet for adhering directly onto tooth and bone surfaces using a pulsed laser deposition method and a film isolation technique. We have investigated a method to regenerate the tooth enam...
フレキシブル極薄フッ素化アパタイトシートの作製
本津 茂樹, 丸山 敏朗, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 橋本 典也
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2011年11月   
シリコーン製マイクロウェルの容積と形状がウシ胚の初期発生に及ぼす影響
庄 隼生, 岩本 太作, 加藤 暢宏, 河上 泰之, 谷口 俊仁, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘
日本胚移植学雑誌   2011年1月   
The restoration of dental enamel using the flexible apatite sheet
本津 茂樹, 加藤 暢宏, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志 山本 一世
5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials   2010年12月   5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials
森本 康一, 西山 裕之, 國井 沙織, 角田 昌明, 加藤 暢宏
Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University = 近畿大学 生物理工学部 紀要   2010年9月1日   
灌流培養環境下でHL60細胞とI型コラーゲンとの相互作用を観察するため, poly (dimethylsiloxane)を用いて微小流路デバイス(幅700μm×高さ100μm×長さ20mm)を作製した. 矩形断面を有する微小流路内壁4面すべてを酸素プラズマ処理し, ニワトリI型コラーゲンとウシ胎児血清成分タンパク質を灌流して固定化した. 固定化されたタンパク質の吸着量をSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動にて定量的に調べた結果, 血清タンパク質に対して酸素プラズマ処理の効果は認められなか...
シリコーン製マイクロウェルプレートと用いたウシ単一胚の個別培養
岩本 太作, 加藤 暢宏, 橋本 周, 河上 泰之, 谷口 俊仁, 庄 隼生, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 森本 義晴, 入谷 明, 佐伯 和弘
The Journal of Reproduction and Development   2010年8月   
橋本 周, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 中岡 義晴, 森本 義晴
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2010年4月1日   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルの容積と胚数がウシ胚の初期発生に及ぼす影響
岩本 太作, 加藤 暢宏, 谷口 俊仁, 松井 孝徳, 高橋 千明, 中野 達也, 庄 隼生, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘
日本畜産学会大会講演要旨集   2010年3月   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルの容積がウシ胚の初期発生に及ぼす影響
岩本 太作, 加藤 暢宏, 谷口 俊仁, 松井 孝徳, 高橋 千明, 中野 達也, 庄 隼生, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘
日本胚移植学雑誌   2010年1月   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いて作製したウシ体外受精胚の移植による受胎:地区学会長賞受賞講演.
谷口 俊仁, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 岩本 太作
平成21年度日本獣医師会学会年次大会   2010年1月   平成21年度日本獣医師会学会年次大会、、
無孔性PDMS製マイクロウェルプレートによるヒト体外受精卵の培養
加藤 暢宏, 橋本 周, 森本 義晴, 佐伯 和弘
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2009年11月   
減圧下で作製したPolydimethylsiloxane micro-wellを用いたヒト胚のtime-lapse photography.
佐伯 和弘, 加藤 暢宏, IVFなんばクリニック, IVFなんばクリニック
第54回日本生殖医学会学術講演会   2009年11月   第54回日本生殖医学会学術講演会
減圧下で作製したPolydimethylsiloxane micro-wellを用いたヒト胚のtime-lapse photography
橋本 周, 森本 義晴, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘
日本生殖医学会雑誌   2009年10月   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いて作製したウシ体外受精胚の移植による受胎.
佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 岩本太作, 和歌山県畜産試験場, 和歌山県畜産試験場
平成21年度近畿地区連合獣医師会獣医三学会(近畿)   2009年10月   平成21年度近畿地区連合獣医師会獣医三学会(近畿)
加藤 暢宏, 田口 智士, 城 喜貴, 鈴木 栄作
福祉工学シンポジウム講演論文集   2009年9月23日   
A novel low-cost talking communication aid device utilizing touch panel for a disabled person with both dysphonia and athetosis type cerebral paralysis is developed.
PDMS製マイクロウェルプレートを用いたウシ胚の初期発生に及ぼすウェルの容積の影響
岩本 太作, 谷口 俊仁, 松井 孝徳, 高橋 千明, 中野 達也, 庄 隼生, 岸 昌生, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘
日本畜産学会大会講演要旨集   2009年9月   
減圧下で作製したPolydimethylsiloxane well内で個別培養を行ったヒト胚の発育能.
佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 岩本太作, IVFなんばクリニック, IVFなんばクリニック, IVFなんばクリニック, 和歌山県畜産試験場
第50回日本哺乳動物卵子学会   2009年5月   第50回日本哺乳動物卵子学会
橋本 周, 赤松 芳恵, 岩本 太作, 谷口 俊仁, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 森本 義晴
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2009年4月1日   
ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ胚の体外培養の検討
岩本 太作, 松井 孝徳, 中野 達也, 高橋 千明, 谷口 俊仁, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘
日本胚移植学雑誌   2009年1月   
ウシ受精卵培養のための低圧化で硬化したポリジメチルシロキサン製マイクロウェルプレート
加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 岩本 太作, 谷口 俊仁
Biomedical Engineering Society   2008年11月   Biomedical Engineering Society
低圧化で硬化させることで、ガス透過性を抑制したPDMSを用いてウシ受精卵の単一培養用のマイクロウェルプレートを試作した。人工授精を行ったウシ受精卵の培養実験において、集合培養と同等の発生率があることを確認した。
藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 中川 秀夫, 清水 隆紀, 里見 研一, 田口 晋也
関西支部講演会講演論文集   2008年3月14日   
点字ディスプレイにより駆動される微小流体デバイスのプリント基板を用いた迅速試作
加藤 暢宏, Yao-Kuang Chung Shuichi Takayama
Biomediacal Engineering Society 2007 Anuual Fall Meeting   2007年9月   Biomediacal Engineering Society 2007 Anuual Fall Meeting
プリント基板を母型に用いることで、角部にRを持った台形形状断面を有するマイクロチャネルチップを迅速に安価に試作することができる事を示した。
産学連携によるPro/E用e-Learinigコンテンツの開発
加藤 暢宏
PTC user world event 2005 JAPAN   2005年11月   PTC user world event 2005 JAPAN
産学連携による 3次元CAD用e-Learningコンテンツの開発
加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也 清水 隆紀
平成17年度 全国大学IT活用研究法法研究発表会 2次選考発表会   2005年9月   平成17年度 全国大学IT活用研究法法研究発表会 2次選考発表会
加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也 清水 隆紀
全国大学IT活用教育法法研究発表会 予稿集 (社) 私立大学情報教育協会   2005年7月   (社) 私立大学情報教育協会
産学協同による3次元CAD用e-Learning教材の教育効果について発表した。
加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也, 清水 隆紀
関西支部講演会講演論文集   2005年3月18日   
This paper describes the development of an e-Learning solution in 3D CAD operation training. The e-Learning contents have following features. In operation, the contents indicate the instruction window and 3D CAD (Pro/ENGINEER[○!R]) window in same ...
3次元CAD用e-Learning教材の開発
加藤 暢宏
サイバネティック・フレキシブル・オートメーション(CFA)研究分科会 第19回研究例会   2005年3月   サイバネティック・フレキシブル・オートメーション(CFA)研究分科会 第19回研究例会
3次元CAD(ptc社製Pro/Engineer2001)を用いた機械設計教育を効果的に行うために,CAD操作スキルの習得用e-Learning教材を産学協同で開発した.開発の留意点・導入効果・3次元CADを活用したグループ設計について発表した.
設計教育のための3次元CAD用e-Learning教材の開発
日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会講演論文集   2005年   
微小力測定用ポリマーマイクロカンチレバー製作プロセスの改良
第22回センシングフォーラム 資料   2005年   
N. Kato, C. S. Park, T. Matsumoto, H. Kikuta, K. Iwata
Proceedings of the SICE Annual Conference   2004年12月1日   
In this paper, we report on the improvements in fabrication processes of polymer micro cantilevers for force controlled atomic force microscopy. The improvement of photo mask patterns results in the enhancement of controllability of the pyramidal ...
鈴木 貴之, 越智 敏明, 加藤 暢宏, 渡辺 俊明, 松本 俊郎
関西支部講演会講演論文集   2004年3月17日   
Performance of complex system included power generation by temperature difference and greenhouse heating using floating collector type solar pond with two-layer was investigated for simulation models. It was also compared with salt-gradient solar ...
Nobuhiro Kato, Choong Sik Park, Toshiro Matsumoto, Hisao Kikuta, Koichi Iwata
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   2003年12月1日   
We developed the fabrication process of all-plastic cantilever for force controlled atomic force microscope. The force controlled atomic force microscope can prevent damage during the scanning of the soft sample. However it has a drawback in its s...
力制御型原子間力顕微鏡のためのカンチレバーの製作    設計と製作   
加藤 暢宏, 松本 俊郎, 朴忠植, 菊田久雄 岩田耕一
APMF’2003/IMEKO TC3(中国)   2003年11月   APMF’2003/IMEKO TC3(中国)
力制御型原子間力顕微鏡を安定に動作させるための高分子材料製のカンチレバーの製作・評価について発表した。(英文)
力制御型原子間力顕微鏡のためのカンチレバーの製作
加藤 暢宏, 松本 俊郎, 朴忠植, 菊田久雄 岩田耕一
The International Symposium on OPTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY SPIE 48th Annual Meeting(アメリカ)   2003年8月   The International Symposium on OPTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY SPIE 48th Annual Meeting(アメリカ)
力制御型原子間力顕微鏡を安定に動作させるための高分子材料製のカンチレバーの設計・製作について発表した。(英文)

Works

 
2次元レーザービーム描画装置の改良(3次元曲面描画への適用)
2001年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 加藤 暢宏
原子間力分光の実用化を目指して、Force Curve測定の高精度化を行うために、以下の二つのアプローチで研究を行った。1.力平衡を実現するためのフォース・フィードバック系の安定制御を目指した理論的解析フォースフィードバック系の安定には、カンチレバーのQ値およびバネ定数、制御器の遮断周波数とゲインが関与していることを明らかにした。中でも、Q値は材質によって決定されるため重要である。現在この結果を基に、系を安定化させるために必要な低いQ値を持った微細加工可能な高分子材料を用いてカンチレバーの...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 松本 俊郎
力制御型AFMの安定性向上を目指してポリイミド製のカンチレバーの実現可能性について検討した。システムの安定性は主に共振のQ値が小さく、共振周波数の低いカンチレバーによって改善される。我々はポリイミド製のカンチレバーを試作し、その機械的特性特に真空中におけるQ値を測定した。これから得られた値を用いて力制御系に要求される周波数帯域を見積もった。その結果ポリイミドのカンチレバーは内部減衰以外が全く等しい窒化シリコン製のカンチレバーと比較して要求される周波数帯域を1/20に低減することができる事が...

特許

 
佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 谷口 俊仁
【請求項1】胚を収容して培養するためのウェルを有する胚培養容器であって、ウェル内壁面の多孔度が低く、ウェル内外で実質的に物質交換ができない胚培養容器。
【請求項2】請求項1に記載の胚培養容器であって、合成樹脂を減圧下で整形してなる胚培養容器。
【請求項3】合成樹脂が熱硬化性樹脂である請求項2に記載の胚培養容器。
【請求項4】熱硬化性樹脂がシリコーン樹脂である請求項3に記載の胚培養容器。
【請求項5】シリコーン樹脂が、ポリ時メチル白きsんである請求項4に記載の胚培養容器。
清水 隆紀, 田口 晋也, 満永 麻里, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏
清水 隆紀, 田口 晋也, 満永 麻里, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏
岩田 耕一, 菊田 久雄, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 萩野 秀樹, 朴 忠植
特願2002-122756