真野 昌二

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/27 21:42
 
アバター
研究者氏名
真野 昌二
 
マノ ショウジ
URL
http://www.nibb.ac.jp/plantorganelles
所属
基礎生物学研究所
部署
研究力強化戦略室/オルガネラ制御研究室
職名
准教授
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学(総研大))
その他の所属
総合研究大学院大学(総研大)
科研費研究者番号
20321606

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 細胞生物学領域 オルガネラ制御研究室 准教授
 
2017年11月
 - 
現在
総合研究大学院大学 生命化学研究科  基礎生物学専攻 准教授
 
2017年11月
 - 
現在
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 研究力強化戦略室 准教授
 
2007年4月
 - 
2017年10月
総合研究大学院大学 生命化学研究科  基礎生物学専攻 助教
 
2007年4月
 - 
2014年3月
自然科学研究機構 基礎生物学研究所  細胞生物学領域 助教
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 分子生物機構論専攻
 
1992年4月
 - 
1994年3月
名古屋大学 大学院農学研究科 農芸化学専攻
 
1998年4月
 - 
1992年3月
名古屋大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2011年8月
 - 
2013年7月
文部科学省 研究振興局  学術調査官
 
2009年1月
 - 
2010年12月
日本植物生理学会  広報幹事
 

受賞

 
2016年3月
日本植物生理学会 2016年度PCP論文賞 Chaperone and protease functions of LON protease 2 modulate the peroxisomal transition and degradation with autophagy
 
2013年3月
日本農芸化学会2013年度大会トピックス賞 アジサイのアルミニウム集積と耐性に関わる輸送体遺伝子の取得と機能解明
受賞者: 根岸孝至、大島健志朗、服部正平、金井雅武、真野昌二、西村幹夫、吉田久美
 
2007年11月
British Embassy The Global Opportunities Fund: UK-Japan Collaboration Development Awards: Plant Genomics
 
1999年
Best Poster Award: The First Korea-Japan Symposium on Plant Biotechnology
 

論文

 
Yamauchi S, Mano S, Oikawa K, Hikino K, Teshima KM, Kimori Y, Nishimura M, Shimazaki KI, Takemiya A
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116(38) 19187-19192   2019年9月   [査読有り]
Kanai M, Yamada T, Hayashi M, Mano S, Nishimura M
Scientific reports   9(1) 8924   2019年6月   [査読有り]
Sultana MM, Dutta AK, Tanaka Y, Aboulela M, Nishimura K, Sugiura S, Niwa T, Maeo K, Goto-Yamada S, Kimura T, Ishiguro S, Mano S, Nakagawa T
Journal of biotechnology   297 19-27   2019年5月   [査読有り]
Fujikawa Y, Suekawa M, Endo S, Fukami Y, Mano S, Nishimura M, Esaka M
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-4   2018年10月   [査読有り]
Mano S, Nishihama R, Ishida S, Hikino K, Kondo M, Nishimura M, Yamato KT, Kohchi T, Nakagawa T
PloS one   13(10) e0204964   2018年   [査読有り]
Goto-Yamada S, Hikino K, Nishimura M, Nakagawa T, Mano S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1794 245-258   2018年   [査読有り]
Aboulela M, Tanaka Y, Nishimura K, Mano S, Kimura T, Nakagawa T
Plasmid   92 1-11   2017年7月   [査読有り]
Watanabe E, Mano S, Hara-Nishimura I, Nishimura M, Yamada K
Plant signaling & behavior   12(5) e1311439   2017年5月   [査読有り]
Kanai M, Mano S, Nishimura M
Journal of visualized experiments : JoVE   (119)    2017年1月   [査読有り]
Aboulela M, Tanaka Y, Nishimura K, Mano S, Nishimura M, Ishiguro S, Kimura T, Nakagawa T
PloS one   12(5) e0177889   2017年   [査読有り]
Watanabe E, Mano S, Nomoto M, Tada Y, Hara-Nishimura I, Nishimura M, Yamada K
Plant & cell physiology   57(11) 2245-2254   2016年11月   [査読有り]
Cui S, Hayashi Y, Otomo M, Mano S, Oikawa K, Hayashi M, Nishimura M
The Journal of biological chemistry   291(38) 19734-19745   2016年9月   [査読有り]
Ueda H, Yokota E, Kuwata K, Kutsuna N, Mano S, Shimada T, Tamura K, Stefano G, Fukao Y, Brandizzi F, Shimmen T, Nishimura M, Hara-Nishimura I
Plant physiology   170(2) 867-880   2016年2月   [査読有り]
Kamigaki A, Nito K, Hikino K, Goto-Yamada S, Nishimura M, Nakagawa T, Mano S
PloS one   11(8) e0160717   2016年8月   [査読有り]
Measuring the interactions between peroxisomes and chloroplasts by in situ laser analysis
Oikawa, K., Mano, S., Yamada, K., Hosokawa, Y., and Nishimura, M.
Bio-Protocol   6 e1790   2016年   [査読有り]
Quantification of the adhesion strength between peroxisomes and chloroplasts by femtosecond laser technology
Hosokawa, Y., Iino, T., Oikawa, K., Mano, S., Yamada, K., and Nishimura, M.
Bio-Protocol   6 e18334   2016年   [査読有り]
Oikawa, K., Matsunaga, S., Mano, S., Kondo, M., Yamada, K., Hayashi, M., Kagawa, T., Kadota, A., Sakamoto, W., Higashi, S., Watanabe, M., Mitsui, T., Shigemasa, A., Iino, T., Hosokawa, Y., and Nishimura, M.
Nature Plants   1(4) 15035   2015年4月   [査読有り]
Motomura K, Le QT, Hamada T, Kutsuna N, Mano S, Nishimura M, Watanabe Y
Plant & cell physiology   56(1) 107-115   2014年10月   [査読有り]
Kimori Y, Hikino K, Nishimura M, Mano S
Journal of theoretical biology   389 123-131   2016年1月   [査読有り]
Kanai M, Mano S, Kondo M, Hayashi M, Nishimura M
Plant biotechnology journal   14(5) 1241-1250   2016年5月   [査読有り]

Misc

 
Mano S, Nishimura M
Vitamins and hormones   72 111-154   2005年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Molecular Biology. Two-Hybrid Systems. Methods and Protocol
Goto-Yamada, S., Hikino, K., Nishimura, M., Nakagawa, T., and Mano, S. (担当:共著, 範囲:with improved gateway-compatible vectors to visualize protein–protein interactions in plant cells)
Springer.   2018年6月   
New Challenges in Seed Biology - Basic and translational research driving seed technology
Kanai, M., Mano, S., Hayashi, M., and Nishimura, M. (担当:共著, 範囲:The novel breeding strategies designed to high-oil crops based on the molecular understanding of triacylglycerol metabolism.)
InTech   2016年   
Sexual reproduction in animals and plants
Goto-Yamada, S., Mano, S., and Nishimura, M. (担当:共著, 範囲:The role of peroxisomes in plant reproductive processes)
Springer Japan   2014年2月   
Using image-based resources: databases for plant organelle dynamics and applications based on image information.
Mano, S., Kimori, Y., Takeda, T., Miwa, T., Nishikawa, S., Mimura, T., Nagatani, A., and Nishimura, M. (担当:共著)
iConcept Press   2012年   
Gateway vectors for plant genetic engineering: overview of plant vectors, application for bimolecular fluorescence complementation (BiFC) and multigene construction.
Tanaka, Y., Kimura, T., Hikino, K., Goto, S., Nishimura, M., Mano, S., and Nakagawa, T. (担当:共著)
InTech   2012年   

講演・口頭発表等

 
先端バイオイメージング支援プラットフォーム公募説明
鍋倉淳一、真野昌二
新学術領域研究「学術研究支援基盤形成」生命科学4プラットフォーム 説明会・成果シンポジウム   2019年6月4日   
先端バイオイメージング支援プラットフォーム
真野 昌二
日本薬学会第139年会   2019年3月22日   
ヒマU6遺伝子の発現を制御する5’上流域の同定
金井雅武、永田恭子、曳野和美、西村幹夫、駒澤謙史、真野昌二
第60回日本植物生理学会年会   2019年3月15日   
What’s ABiS?
真野 昌二
第9回アジア・オセアニア生理学会連合2019年大会   2019年3月30日   
生物画像データの可視化と利用 [招待有り]
真野 昌二
I-URICフロンティアコロキウム2018   2018年12月13日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
B型肝炎ウイルス全長POLの大量発現系の開発とその新規薬剤開発への応用
日本医療研究開発機構 : 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 杉山 真也
先端バイオイメージング支援プラットフォーム
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』
研究期間: 2016年4月 - 2022年2月    代表者: 狩野 方伸
耕作放棄地を利用した茶油生産のための施肥管理技術の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)特設分野研究)
研究期間: 2018年7月 - 2021年3月    代表者: 真野 昌二
植物ペルオキシソームの多様性と適応性の獲得機構
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 真野 昌二
B型肝炎ウイルスPOL活性の分子基盤とその新規薬剤開発への応用
日本医療研究開発機構: 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 杉山 真也

特許

 
シロイヌナズナのADL2A遺伝子の機能欠損株
特願2003-69271

社会貢献活動

 
生命科学データベースに関するオンラインインタビュー
【取材協力】  バイオサイエンスデータベースセンター  生命科学データベースに関するオンラインインタビュー  2019年3月6日
植物オルガネラの研究
【講師】  基礎生物学研究所、中部大学生命健康学部  2019年2月14日
植物細胞を覗く 〜ミクロの世界の探索〜
【講師】  自然科学研究機構、名古屋市科学館  大学共同利用機関シンポジウム2018  2018年10月15日
植物オルガネラの研究
【講師】  基礎生物学研究所、星城高等学校  2018年5月22日
大学生のための夏の実習2015
【講師】  基礎生物学研究所  2015年8月19日 - 2015年8月21日