白尾 智明

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:16
 
アバター
研究者氏名
白尾 智明
 
シラオ トモアキ
URL
http://neuro.med.gunma-u.ac.jp/
所属
群馬大学
職名
教授
学位
医学博士(群馬大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1988年
群馬大学医学部薬理学 助手
 
1988年
 - 
1991年
国立生理学研究所 神経化学 助手
 
1991年
 - 
1991年
慶應義塾大学医学部生理学 助教授
 
1993年
 - 
2003年
群馬大学医学部付属行動医学研究施設 行動分析学分野 教授
 
2003年
   
 
- 群馬大学大学院医学系研究科 神経薬理学教室 (旧行動分析学教室) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
群馬大学大学院  医学研究科 薬理学
 
 
 - 
1980年
群馬大学 医学部 医学
 

委員歴

 
 
   
 
日本薬理学会 評議委員
 
 
   
 
国際対応委員会委員
 
2007年
 - 
2011年
日本生理学会 常任幹事(2007~2011)、学術研究委員会委員長(2008~2011)
 
2011年
   
 
学術研究委員会委員(2011~)
 
 
   
 
神経組織の成長再生移植研究会 幹事
 

受賞

 
1996年
日本医師会医学研究助成
 

論文

 
Yamazaki H, Sasagawa Y, Yamamoto H, Bito H, Shirao T
Journal of neurochemistry   146(2) 145-159   2018年7月   [査読有り]
Hanamura K, Kamata Y, Yamazaki H, Kojima N, Shirao T
Neuroscience   379 67-76   2018年5月   [査読有り]
Yasuda H, Kojima N, Hanamura K, Yamazaki H, Sakimura K, Shirao T
Frontiers in cellular neuroscience   12 330   2018年   [査読有り]
Koganezawa N, Hanamura K, Sekino Y, Shirao T
Molecular and cellular neurosciences   84 85-92   2017年10月   [査読有り]
Li B, Ding S, Feng N, Mooney N, Ooi YS, Ren L, Diep J, Kelly MR, Yasukawa LL, Patton JT, Yamazaki H, Shirao T, Jackson PK, Greenberg HB
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(18) E3642-E3651   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
Drebrin-dependent actin clustering in dendritic filopodia governs synaptic targeting of postsynaptic density-95 and dendritic spine morphogenesis
TAKAHASHI HIDETO / SEKINO YUKO / Tanaka Satoshi / MIZUI TOSHIYUKI / KISHI SHOJI / SHIRAO TOMOAKI
The Journal of Neuroscience   23((16):) 6586-6595   2003年
Aoki,C.,Sekino, Y.,Hanamura,K.,Fujisawa,S.,Mhadomrongkul,V.,Ren,Y.,and.,Shirao,T.,
J Comp Neurol.   483(4) 383-402.   2005年
海馬情報処理のゲート機構と上乳頭体核神経活動
関野 祐子 / 佐治 真理 / 白尾 智明
第78回日本生理学会大会抄録集      2001年
海馬CA2領域におけるアデノシンA1受容体とadenylyl cyclaseによるシナプス伝達の調節
張 捷 / 白尾 智明 / 関野 祐子
第78回日本生理学会大会抄録集      2001年
損傷後の細胞反応から見た幼若脳の再生能力
白尾 智明
第16回神経組織の成長・再生・移植研究会      2001年

書籍等出版物

 
リッピンコットシリーズ イラストレイテッド 神経科学
丸善出版   2013年   
インテグレーテッドシリーズ6 神経科学
東京科学同人   2011年   
Role for signal propagation through the hippocampal CA2 field in memory formation
Lecture Notes in Artificial Intelligence.   2007年   
Time-lapse video microscopic analysis of cell process formation from drebrin A expressing fibroblast.
Springer-Verlag. Tokyo.   1999年   
Visulization of dendritic spine formation with GFP-fusion proteins
Springer-Verlag, Tokyo   1999年   

講演・口頭発表等

 
アクチン結合たんぱく質ドレブリンA欠損マウスにおける樹状突起スパインの形態形成と学習行動の解析
第83回日本生理学会大会   2006年   
Role of Spikar in the maintenance of dendritic spines
第83回日本生理学会大会   2006年   
Spinous and karyoplasmic protein, Spikar, is involved in the formation of dendritic spines
第29回日本神経科学会大会   2006年   
A novel drebrin binding protein, Drap1, is localized in synaptic site, nucleus and non-clathrin-coated vesicle
The 6th Biennial Meeting of the Asian-Pacific Society for Neurochemistry   2004年   
GFP標識ドレブリンA発現マウス、およびドレブリンA特異的ノックアウトマウスの作製とその解析
COE平成16年度研究成果報告会   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
脳の発達・成熟・老化メカニズムの解明
その他の研究制度
研究期間: 2004年   
感情障害の発症脆弱性素因に関する神経発達・神経新生的側面からの検討並びにその修復機序に関する分子生物学的研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2002年   
シナプス成熟の分子機構
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
樹状突起スパイン内細胞骨格再編成の分子基盤とその制御機構
科学研究費補助金
研究期間: 2003年   
神経回路形成時の軸索成長円錐におけるアクチン細胞骨格の役割
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2006年

特許

 
ドレブリンA発現抑制動物神経細胞及び非ヒトモデル動物
特許第4550530号
ドレブリンA発現抑制作用を有するアンチセンスオリゴヌクレオチド
特許第4101467号
ドレブリンA発現抑制作用を有するアンチセンスオリゴヌクレオチド
特許第4101467号