桐谷 滋

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/25 22:10
 
アバター
研究者氏名
桐谷 滋
 
キリタニ シゲル
所属
東京大学
部署
医学部
職名
名誉教授
学位
医学博士(東京大学)

プロフィール

研究分野:音声言語科学、心理言語学。
特に音声生成の生理学的、物理学的過程の研究に従事、音声器官の運動観測のためのX線マイクロビーム装置の開発、声帯振動観測のための超高速ディジタル撮影装置の開発を行い、発話過程の運動研究を行った。音声言語の獲得過程、外国語音声の知覚過程の研究にも従事、大学院生の指導、共同研究を行った。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
現在
東京大学医学部 名誉教授
 
2000年
 - 
2010年
神戸海星女子学院大学 文学部教授
 
1984年
 - 
2000年
東京大学医学部 教授
 
1972年
 - 
1984年
東京大学医学部 助教授
 

学歴

 
1976年
 - 
現在
医学博士 東京大学医学部 
 
 
 - 
1963年
東京大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
1985年
   
 
電子情報通信学会  専門委員
 
1986年
   
 
日本音声言語医学会  評議員
 
1986年
 - 
1990年
日本音響学会  理事
 
1994年
 - 
2000年
日本音声学会  理事
 
2003年
 - 
2007年
日本音声学会  会長
 

論文

 
Shigeru Kiritani, Kenji Itoh, Osamu Fujimura
Journal of the Acoustical Society of America   57(6 Pt2) 1516-1520   1975年   [査読有り]
桐谷 滋
医用電子と生体工学   14(1) 19-24   1976年   [査読有り]
桐谷 滋
日本音響学会誌   34 132-139   1978年   [査読有り]
X-ray microbeam method for measurements of articulatory dynamics - Techniques and results.
Shigeru Kiritani
Speech Communication   5 119-140   1986年   [査読有り]
今川 博、桐谷 滋、廣瀬 肇
医用電子と生体工学   25(4) 284-290   1987年   [査読有り]
Production and perception of stress relateed durational patterns in Jpanese learners of English.
Michiko Mchizuki-Sudo, Shigeru Kiritani
Journal of Phonetics   19 231-248   1990年   [査読有り]
High-speed digital image analysis of vocal cord vibration in diplophonia.
Shigeru Kiritani, Hajime Hirose, Hiroshi Imagawa
Speech Communication   13 23-32   1993年   [査読有り]
Shigeru Kiritani
Journal of the Acoustical Society of Japan(E)   17(1) 1-8   1996年   [査読有り]
養育環境にある方言への選好反応の発達ー5~8ヶ月齢乳児を対象にー
麦谷 綾子、林 安紀子、桐谷 滋
音声研究   4 62-71   2000年   [査読有り]
Elicitation of N400m in sentence comprehension due to lexical prosody incongruity.
Ryoko Hayashi, Satoshi Imaizumi, Shigeru Kiritani
Neuro Report   12 1753-1756   2001年   [査読有り]
Developmental change in auditory preferences for speech stimuli in Japanese infants.
Akiko Hayashi, Yuuji Tamekawa , Shigeru Kiritani
Journal of Speech , Language and Hearing Research.   44 1189-1200   2001年   [査読有り]
日本語学習者の長短母音の同定におけるピッチ型と音節位置の効果
皆川 泰代、前川 喜久雄、桐谷 滋
音声研究   6 88-97   2002年   [査読有り]
Masako Fujimoto, Emi Murano, Seiji Niimi, Shigeru Kiritani
Folia Phoniatrica et Logopedica   54 133-143   2002年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ことばの獲得
桐谷 滋 編、小嶋省三、鹿取博人 監修
ミネルヴァ書房   1999年   
Speech Production and Language: In Honor of Osamu Fujimura
Shigeru Kiritani, Hajime Hirose, Hiroya Fujisaki (担当:共編者)
Mouton de Gruyter   1997年   

Works

 
文部省科学研究費重点領域研究「認知言語の成立」総括班班員
1993年 - 1997年
文部省科学研究費特定領域研究「心の発達 : 認知的成長の機構」領域代表者
1997年 - 2000年
「言語音知覚の獲得過程」(解説論文)音声言語医学 35、 279-284、1994年

競争的資金等の研究課題

 
超高速ディジタルビデオによる病的生態振動の画像診断システム
文部省: 科学研究費試験研究
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 桐谷滋
音声と音声言語の発達
文部省: 科学研究費重点領域研究計画班
研究期間: 1993年 - 1996年    代表者: 桐谷滋
、特定領域研究「心の発達 : 認知的成長の機構」
文部省: 科学研究費特定領域研究総括班
研究期間: 1997年 - 2001年    代表者: 桐谷 滋