尾崎 千佳

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/03 11:53
 
アバター
研究者氏名
尾崎 千佳
 
オザキ チカ
eメール
ozakiyamaguchi-u.ac.jp
所属
山口大学
部署
山口大学 人文学部 人文学部 アジア言語文学講座
職名
大学院担当准教授
学位
文学修士(武庫川女子大学)
その他の所属
山口大学山口大学
科研費研究者番号
50335759

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
山口大学 人文学部 大学院担当講師
 
2005年4月
 - 
2016年7月
山口大学 人文学部 大学院担当准教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
武庫川女子大学大学院  文学研究科
 
1990年4月
 - 
1994年3月
大阪大学 文学部 文学科
 
1997年4月
 - 
2001年3月
大阪大学 文学研究科 
 

委員歴

 
2010年6月
 - 
現在
日本近世文学会  常任委員
 
2009年4月
 - 
現在
俳文学会  常任委員
 
2003年4月
 - 
現在
俳文学会  委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
山口県  山口県史編さん執筆委員
 
2005年4月
 - 
2019年3月
山口市大内氏歴史文化研究会  大内氏歴史文化研究会委員
 

受賞

 
2018年10月
伊賀市・公益財団法人芭蕉翁顕彰会 平成三十年度文部科学大臣賞
受賞者: 西山宗因全集編集委員会
 
2000年
第9回柿衞賞
 

論文

 
宗因における出家とその意味
尾崎千佳
近世文藝   (108) 17-36   2018年7月   [査読有り]
西山宗因の俳業
尾崎千佳
ことばの魔術師西鶴―矢数俳諧再考      2016年11月   [招待有り]
新出 宗因資料二点
尾崎千佳
ビブリア   (143) 54-64   2015年5月   [招待有り]
天理図書館綿屋文庫新収の西山宗因連歌資料2点について、書誌・影印・翻刻・解題をもって紹介した。
延宝三年の歳旦書付
尾崎千佳
山口国文   (38) 31-43   2015年3月
従来未紹介の延宝三年歳旦写を紹介し、草創期の歳旦が、刷本の形態ではなく、写本(書付)として流通していた事実について論じる。
歳旦書付から歳旦帖へ―近世初期の歳旦をめぐって
尾崎千佳
俳文学報 会報大阪俳文学研究会   (48) 39-53   2014年11月   [査読有り]
尾崎 千佳
山口国文   37 101-101   2014年3月
「山口の連歌と俳諧―宗祇から菊舎まで」展 概要
尾崎千佳
やまぐち学の構築   (9) 103-120   2013年3月
八代市立博物館新収「談林六世像賛」
尾崎千佳
上方文藝研究   (8) 11-20   2011年6月   [査読有り]
東下りの変奏―宗因の奥州紀行をめぐって
尾崎千佳
国語と国文学   88(5) 86-98   2011年5月   [査読有り][招待有り]
『新撰菟玖波集』成立の一背景―大内政弘とその周辺
尾崎千佳
芸備地方史研究   (270・271) 2-12   2010年4月   [招待有り]
山口大学所蔵和古書分類目録稿
尾崎千佳
やまぐち学の構築   (6) 61-104   2010年3月
尾崎千佳
やまぐち学の構築   (5) 35-42   2009年
尾崎千佳
やまぐち学の構築   (4) 101-118   2008年
『肥後道記』の典拠と主題
尾崎千佳
近世文藝   (88) 1-16   2008年
再会の一座―新出の宗因筆連歌懐紙をめぐって
尾崎千佳
鯉城往来   (10) 1-16   2007年12月
尾崎千佳
山口国文(山口大学人文学部国語国文学会)   (30) 11-20   2007年4月
『明石山庄記』の位相―宗因紀行文の主題
尾崎千佳
国文学解釈と教材の研究   52(4) 80-90   2007年
「『明石浦人丸社千句』について」補正
尾崎千佳
連歌俳諧研究   (112) 81-82   2007年   [査読有り]
『明石浦人丸社千句』について
尾崎千佳
連歌俳諧研究(俳文学会)   (111) 1-10   2006年
尾崎千佳
東アジア研究   (4) 21-27   2005年
かくれ里の俳諧―「俳風伊丹諸白」の風土
石川真弘&尾崎千佳&塩崎俊彦&藤田真一
文学   6(7) 174-191   2005年
宗因の伊勢道中句懐紙
尾崎千佳
会報大阪俳文学研究会   (38) 17-21   2004年
長門人丸社奉納発句短冊について
尾崎千佳
上方文藝研究(上方文藝の会)   (1) 31-40   2004年
宗因旅の発句色紙拾遺
尾崎千佳
会報大阪俳文学研究会   (37) 18-20   2003年   [査読有り]
宗因旅の発句色紙
尾崎千佳
雅俗(雅俗の会)   (10) 78-94   2003年
尾崎千佳
山口国文(山口大学国語国文学会)   (25) 21-32   2002年4月
芭蕉像の諸相
石川真弘&尾崎千佳&塩崎俊彦&藤田真一
文学   3(5) 179-201   2002年
宗因顕彰とその時代
尾崎千佳
連歌俳諧研究(俳文学会)   (97) 11-21   1999年
西山宗因年譜稿
尾崎千佳
ビブリア(天理図書館)   (111) 31-75   1999年
晩年の宗因―宗因伝記研究をめぐる覚書
尾崎千佳
語文(大阪大学国語国文学会)   (71) 52-59   1998年

Misc

 
忍頂寺務年譜データベース
福田安典・尾崎千佳・青田寿美
近世風俗文化学の形成―忍頂寺務草稿および旧蔵書とその周辺研究成果報告書   33-74   2012年3月
資料翻刻 忍頂寺務自筆稿本〔稿本〕『近代歌謡考説』
尾崎千佳・神明あさ子
近世風俗文化学の形成―忍頂寺務草稿および旧蔵書とその周辺   515-594   2012年3月
再発見された連歌懐紙とその修復
尾崎千佳
荒魂   (58) 2-2   2013年12月

書籍等出版物

 
西山宗因全集 第六巻 解題・索引篇
尾形仂,島津忠夫,石川真弘,井上敏幸,牛見正和,奥野純一,尾崎千佳,加藤定彦,塩崎俊彦,宮脇真彦,米谷巌 (担当:共編者, 範囲:口絵,補訂,資料解題,初句索引)
八木書店   2017年4月   ISBN:978-4-8406-9666-1
西山宗因全集 第五巻 伝記・研究篇
島津忠夫,石川真弘,井上敏幸,奥野純一,加藤定彦,牛見正和,塩崎俊彦,尾崎千佳 (担当:共編者, 範囲:口絵,西山家,記録,伝記資料,追善,句碑,俳諧系譜,俳論抄・雑抄,宗因伝書,西山宗因年譜)
八木書店   2013年4月   ISBN:978-4-8406-9665-4
西山宗因全集 第一巻 連歌篇一
尾形仂,島津忠夫,石川真弘,井上敏幸,牛見正和,奥野純一,尾崎千佳,加藤定彦,塩崎俊彦,宮脇真彦,米谷巌 (担当:共編者, 範囲:宗因発句帳,宗因付句,風庵懐旧千句,権現千句,伏見千句,小倉千句,浜宮千句,氏富家千句)
八木書店   2004年   ISBN:4-8406-9661-6
西山宗因全集 第四巻 紀行・評点・書簡篇
尾形仂,島津忠夫,石川真弘,井上敏幸,牛見正和,奥野純一,尾崎千佳,加藤定彦,塩崎俊彦,宮脇真彦,米谷巌 (担当:共編者, 範囲:紀行他,和歌・狂歌・漢詩,評点,書簡)
八木書店   2006年   ISBN:4-8406-9664-0
西山宗因自筆資料集
鈴木元,尾崎千佳,鳥津亮二 (担当:共編者, 範囲:肥後道記,美作道日記・奥州塩竃記・有芳庵記,旅の発句色紙,北島江庵宛宗因書簡)
熊本県立大学文学部日本語日本文学研究室   2007年   

講演・口頭発表等

 
大内氏と飛鳥井家―政弘期を中心に
尾崎 千佳
平成30年度大内氏歴史文化研究会市民学術講座   2019年2月2日   
宗因と伊勢 新考 [招待有り]
尾崎 千佳
平成30年度芭蕉祭文部科学大臣賞受賞記念講演・歌枕俳枕講座   2018年10月11日   
宗因から芭蕉へ [招待有り]
尾崎 千佳
公益のふるさと創り鶴岡アートキャンパス2018特別講演会   2018年8月30日   
義弘・盛見・持世の和歌と連歌 [招待有り]
尾崎 千佳
平成30年度大内文化探訪会公開歴史講座   2018年7月14日   
柿衞賞から『西山宗因全集』への道のり [招待有り]
尾崎 千佳
平成30年度柿衞忌講演会   2018年6月3日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
新出資料を中心とした近世前期連歌学書の研究
山口大学: 
研究期間: 2004年10月 - 2006年3月
若手研究(B)
新出資料を中心とした近世前期連歌学書の研究
山口大学: 
研究期間: 2004年10月 - 2006年3月
若手研究(B)
新出資料を中心とした近世前期連歌学書の研究
山口大学: 
研究期間: 2004年10月 - 2006年3月
若手研究(B)
西山宗因を中心とした連歌師の行動様式と武家文化の相関性に関わる研究
山口大学: 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
若手研究(B)
西山宗因を中心とした連歌師の行動様式と武家文化の相関性に関わる研究
山口大学: 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
若手研究(B)

その他

 
2002年4月
大内氏・毛利氏の文芸を中心とした連歌俳諧の史的展開に関する文献学的研究