重松 尚久

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/31 03:17
 
アバター
研究者氏名
重松 尚久
 
シゲマツ タカヒサ
所属
呉工業高等専門学校
部署
環境都市工学分野
職名
准教授
学位
工学修士, 博士(工学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2000年
愛媛大学 理工学研究科 生産工学
 
 
 - 
1995年
愛媛大学 工学部 土木海洋工
 

受賞

 
1997年
土木学会第52回年次学術講演会.優秀発表賞
 

論文

 
重松 尚久
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems Vol.137 No.1 pp.1–6      2017年1月   [査読有り]
端面掘削方式を用いた多段型掘削機の掘削効率に関する研究
重松 尚久
平成26年度建設施工と建設機械シンポジウム論文集,pp.83-86      2014年11月   [査読有り]
THE EFFICIENCY TEST OF A ROCK EXCAVATOR BY USE OF A MULTISTAGE EDGE EXCAVATION METHOD
重松 尚久
PROCEEDINGS OF THE 18TH INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE ISTVS,51      2014年9月
重松 尚久
土木学会論文集F1(トンネル工学) Vol. 69(2013) No. 2, pp.121-128      2013年12月   [査読有り]
バックホウのアタッチメントとしての硬質岩盤掘削機の開発-花崗岩に対する荷重制御実験-
重松 尚久
第13回岩の力学国内シンポジウム併催第6回日韓ジョイントシンポジウム講演論文集,pp.665-670      2013年1月   [査読有り]

Misc

 
2軸4輪車両における走行形態と車輪幅の最適化
第6回建設ロボットシンポジウム論文集   147-156   1997年
まさ土地盤上の2軸4輪車両の走行性能と地中応力に及ぼす影響について
テラメカニックス第18号   (18) 65-70   1998年
2軸4輪車両の走行形態と車輪幅の接地圧分布に及ぼす影響について
テラメカニックス第17号   (17) 13-18   1997年
まさ土地盤における前輪駆動車両の車輪幅による地中応力の変化
土木学会四国支部 第4回技術研究発表会.講演概要集   460-461   1998年
まさ土地盤におけるFWD車両の牽引性能と地中応力について
地盤工学会四国支部 技術・発研究発表会 発表論文集   67-68   1997年

競争的資金等の研究課題

 
車輪式車両の走行に関する研究
月面探査ローバーの開発に関する基礎的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年