中潟 直己

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 16:21
 
アバター
研究者氏名
中潟 直己
 
ナカガタ ナオミ
URL
http://card.medic.kumamoto-u.ac.jp/
所属
熊本大学
部署
生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門 資源開発分野
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
現在
熊本大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
北里大学 畜産学研究科 育程繁殖学
 
 
 - 
1978年
北里大学 畜産学部 畜産学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
動物生殖工学研究会  理事
 
 
   
 
日本実験動物学会  理事
 
 
   
 
日本哺乳動物卵子学会  理事
 

受賞

 
2018年5月
日本実験動物学会 安東・田嶋賞
 
1994年
日本実験動物学会・学会奨励賞
 
1999年
熊本医学会 奨励賞受賞
 

論文

 
Generation of and characterization of anti-IL-11 antibodies using newly established Il11-deficient mice.
Deguchi Y, Nishina T, Asano K, Ohmuraya M, Nakagawa Y, Nakagata N, Sakuma T, Yamamoto T, Araki K, Mikami T, Tanaka M, Nakano H.
Biochem Biophys Res Commun.      2018年9月   [査読有り]
Effects of a progressive walking program on the risk of developing locomotive syndrome in elderly Japanese people: a single-arm trial.
Yoshihara T, Ozaki H, Nakagata T, Natsume T, Kitada T, Ishihara Y, Deng P, Osawa T, Ishibashi M, Ishijima M, Kobayashi H, Machida S, Naito H.
J Phys Ther Sci.   30(9) 1180-1186   2018年9月   [査読有り]
Electroporation-mediated genome editing in vitrified/warmed mouse zygotes created by IVF via ultra-superovulation
Nakagawa Y, Sakuma T, Takeo T, Nakagata N, Yamamoto T
Experimental Animals      2018年7月   [査読有り]
In Vitro Fertilization in Mice
Toru Takeo and Naomi Nakagata
Cold Spring Harb Protocols      2018年4月   [査読有り]
History of cryobiology, with special emphasis in evolution of mouse sperm cryopreservation
Jorge M Sztein, Toru Takeo, Naomi Nakagata
Cryobiology      2018年4月   [査読有り]

Misc

 
ガラス化法によるマウス未受精卵の凍結保存
87 479-483   1989年
緩慢に希釈した凍結マウス精子の生存性
37 1283-1291   1992年
凍結配偶子間の体外受精で得られた胚の移植による新生仔の作製について
99 77-80   1993年
野生マウス精子の凍結保存
43 635-643   1995年
トランスジェニックマウスの作製および維持への凍結胚および精子の応用について
46 236-238   1996年

書籍等出版物

 
Efficient Gene Transduction Technique by microbubble-enhances sonoporation for embryology. (共著)
2005年   

講演・口頭発表等

 
精子受精能の維持に関わる低温保護化合物の発見
吉本英高、桐木平小春、武氏志保里、竹尾 透、中潟直己
第138回日本薬学会   2018年3月28日   
AMED創薬基盤推進研究事業「マウスバンク機能の拡充による創薬イノベーションの迅速化」
竹尾 透、中川佳子、鳥越大輔、南 敬、杉本幸彦、中潟直己
第138回日本薬学会   2018年3月28日   
環状オリゴ糖を利用した精子受精能の向上による不妊治療法の基礎研究
中尾聡宏、竹本賢司、吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
第138回日本薬学会   2018年3月28日   
生殖工学技術で血管研究を加速する
竹尾 透、中潟 直己
第4回血管生物若手研究会   2018年3月3日   
Simple transport system of cold-stored mouse sperm with protective reagents of dimethyl sulfoxide and quercetin
Toru Takeo, Hidetaka Yoshimoto, Koharu Kirikihira, Naomi Nakagata
The 8th BRI International Symposium   2018年2月10日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
遺伝子破壊マウスの精子及び胚凍結方法に関する研究
2003年
遺伝子改変マウス精子の効率的な凍結保存及び個体作出に関する共同研究
2003年
生殖工学技術を用いた遺伝子改変マウス大量生産および効率的系統保存に関する研究
2003年
精子凍結により新規低コスト遺伝子改変マウス維持法の開発
2003年
C57BL/6Jマウスの繁殖・生理に関する研究
2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 中潟 直己
国際研究拠点を目指した遺伝子改変マウスの胚・精子バンク事業: 熊本大学: INSPIRE: 先導的な科学技術研究の国際連携プラットフォーム機能強化によるグローバルな人材育成・多方向型交流共創事業
研究期間: 2012年6月 - 2015年3月    代表者: 中潟 直己
マウス体外受精における基礎整備技術の開発: 文部科学省: 文部科学省研究開発施設共用等促進費補助金・基盤技術整備プログラム
研究期間: 2012年6月 - 2014年3月    代表者: 中潟 直己
高性能体外受精技術を利用した遺伝子改変マウスの効率的な輸送システムの構築: 科学技術振興機構: 知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」
研究期間: 2012年7月 - 2013年3月    代表者: 中潟 直己
精子凍結による新規低コスト遺伝子改変マウス維持法の開発
経済産業省: 地域新規産業創造技術開発費補助事業
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 中潟 直己

特許

 
特許5439677 : 透明帯が菲薄化又は除去された哺乳動物卵又は胚を調整するための方法及び培地、当該方法により調製された哺乳動物胚を用いた受精方法
中潟 直己