赤嶺 淳

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/28 02:42
 
アバター
研究者氏名
赤嶺 淳
 
アカミネ ジュン
URL
http://balat.jp/
所属
一橋大学
部署
社会学研究科
職名
教授
学位
フィリピン学博士(フィリピン大学)
科研費研究者番号
90336701

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
一橋大学 社会学研究科 教授
 

論文

 
赤嶺 淳
国立民族学博物館調査報告   149 55-82   2019年6月   [査読有り]
瓦解を生きる術——マツタケに学ぶ柔靭さ
赤嶺 淳
食品・食品添加物研究誌FFIジャーナル   223(3) 259-267   2018年8月   [査読有り][招待有り]
赤嶺 淳
上智アジア学   33 163-178   2015年12月   [査読有り][招待有り]
環境問題とむきあう──モノ研究からマルチ・サイテット・アプローチへ
赤嶺 淳
地域研究   14(1) 139-158   2014年3月   [査読有り][招待有り]
ワシントン条約における海産物――タツノオトシゴとナマコのエコ・ポリティクス
赤嶺 淳
海洋と生物   (186) 16-24   2010年8月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
ふたつの塩くじら
赤嶺 淳
科学   88(12) 1239-1242   2018年12月   [依頼有り]
「ナマコ危機」を回避するには
赤嶺 淳
アクアネット   (6月) 22-25   2007年6月   [依頼有り]
歩きながら考える・考えながら歩きつづける――鶴見良行のナマコ学を継ぐ
赤嶺 淳
αシノドス   (3月1日) 1-10   2015年3月   [依頼有り]
ナマコ・バブルははじけるか? 遼東海域のナマコ食文化と刺参信仰
赤嶺 淳
月刊養殖ビジネス   3-6   2015年7月   [依頼有り]
見えざる鯨から問う
赤嶺 淳
本郷   (129) 17-19   2017年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
鯨を生きるーー鯨人の個人史・鯨食の同時代史
赤嶺 淳
吉川弘文館   2017年2月   ISBN:978-4642058452
ナマコを歩く――現場から考える生物多様性と文化多様性
赤嶺 淳
新泉社   2010年5月   ISBN:978-4787709158
『マツタケーー不確定な時代を生きる術』
赤嶺 淳 (担当:単訳)
みすず書房   2019年9月   ISBN:978-4-622-08831-8
Conserving Biodiversity for Cultural Diversity: A Multi-sited Ethnography of Sea Cucumber Wars
Akamine Jun
Tokai University Press   2013年2月   ISBN:978-4486019732
海參戰役――從現場思考生物多様性與文化多様性
赤嶺 淳
群學出版   2011年5月   ISBN:978-9866525421

講演・口頭発表等

 
Conserving Marine Biodiversity for Cultural Diversity: A case for sea cucumbers among Bajau societies
赤嶺 淳
12th International Borneo Research Council Conference 2014   2014年8月3日   Borneo Research Council
Shark Town: Kesennuma's Taste for Shark and the Challenge of a Tsunami
赤嶺 淳
Food Heritage, Hybridity, and Locality   2014年10月23日   American Studies, Brown University
From Shark Fin to Original Shark Dishes: Reconstruction from Tsunami and Promotion of Food Tourism in Kesennuma, Northeastern Japan
赤嶺 淳
2015 International Conference on Chinese Dietary Culture   2015年10月12日   Foundation of Chinese Dietary Culture
Two Tales of Sea Cucumber Trades from Sama/Bajau in Southeast Asia: Towards Reconstruction of Dynamic Maritime History in Asia
赤嶺 淳
3rd Asia Pacific Ocean & Culture Conference   2015年11月5日   Asia Pacific Ocean & Culture Conference
日本の「捕鯨問題」の分析視角——ノルウェーの事例を参考に [招待有り]
赤嶺 淳
2016年度アイスランド学会総会   2016年6月25日   アイスランド学会

競争的資金等の研究課題

 
「フロンティア社会論」再考――北洋漁業における季節労働者の個人史に着目して
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 赤嶺淳
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月