新井 京

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 15:21
 
アバター
研究者氏名
新井 京
 
アライ キヨウ
URL
http://www1.doshisha.ac.jp/~karai/
所属
同志社大学
部署
法学部法律学科
職名
博士後期課程教授
学位
修士(法学)(同志社大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
2001年
 京都学園大学法学部専任講師
 
2001年
 - 
2006年
 京都学園大学法学部助教授
 
2006年
 - 
2007年
 同志社大学法学部助教授
 
2007年
 - 
現在
 同志社大学法学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
同志社大学 法学研究科 
 
 
 - 
1995年
同志社大学 法学研究科 
 
 
 - 
1993年
同志社大学 法学部 政治学科
 

論文

 
Between Consented and Un-Contested Occupation
Kyo Arai
Israel Law Review   51(3) 0-0   2018年11月   [査読有り]
新井 京
同志社法学 = The Doshisha law review   69(7) 2515-2544   2018年2月
Criminalization of the Security Council
Kyo Arai
Japanese Yearbook of International Law   58 101-128   2015年   [査読有り]
侵略犯罪
新井 京
村瀬信也・洪恵子編『国際刑事裁判所:最も重大な国際犯罪を裁く(第2版)』(東信堂)[全面改稿]   180-226   2014年9月
新井 京
国際法研究 = Tokyo review of international law   (2) 23-47   2014年3月
新井 京
同志社法学   63(1) 527-593   2011年6月
Article
新井 京
国際問題 = International affairs   (587) 6-14   2009年12月
新井 京
同志社法学   61(1) 1-54   2009年5月
論説(article)
新井 京
世界法年報   28(28) 77-108   2009年
武力紛争法におけるテロリストの位置づけ
新井 京
国際法外交雑誌   108(2) 28-56   2009年
侵略犯罪
新井 京
村瀬信也・洪恵子編『国際刑事裁判所:最も重大な国際犯罪を裁く』(東信堂)   163-201   2008年
暫定統治型の平和活動における占領法規の適用可能性―コソヴォ暫定統治機構を中心に―
新井 京
浅田正彦編『21世紀国際法の課題(安藤仁介先生古稀記念論文集)』(有信堂)   461-494   2006年
いわゆる「違法戦闘員」の法的地位
新井 京
松井芳郎(編)『判例国際法(第2版)』(東信堂)   625-629   2006年
国連憲章下の海上経済戦
新井 京
松井芳郎・木棚照一・薬師寺公夫・山形英郎編 『グローバル化する世界と法の課題:平和・人権・経済を手がかりに(山手治之先生喜寿記念論文集)』(東信堂)   127-159   2006年
9・11後の「対テロ戦争」における被抑留者の法的地位―相次ぐ虐待事件の背景にあるもの―
新井 京
(財)アジア・太平洋人権情報センター[ヒューライツ大阪]編『国際人権法と国際人道法の交錯(アジア・太平洋人権レビュー2005)』(現代人文社)   41-53   2005年
封鎖法の現代的「変容」―排除水域と飢餓封鎖の問題を中心に―
新井 京
村瀬信也・真山全編『武力紛争の国際法(石本泰雄先生傘寿記念論文集)』(東信堂)   486-509   2004年
新井 京
国際法外交雑誌   101(3) 529-551   2002年11月
新井 京
京都学園法学   36(36+37) 63-115   2002年3月
新井 京
同志社法学   53(6) 135-178   2002年2月
論説
国連職員の機能的免除をめぐる加盟国と事務総長の関係
新井 京
日本国際連合学会編『グローバルアクターとしての国連事務局:国連研究第3号』(国際書房)   115-135   2002年
新井 京, Kyo Arai, 京都学園大学法学部
京都学園法学   32 1-49   2000年10月
新井 京
京都学園法学   30(30+31) 387-431   2000年3月
国連平和維持活動への戦争法適用の問題
新井 京
京都勤労者学園調査研究誌 Vita Futura   (6) 20-33   1999年

Misc

 
「ハムダン事件」
杉原高嶺・酒井啓亘編
『国際法基本判例50[第2版]』(三省堂)   194-197   2014年
新井 京
国際法外交雑誌   112(1) 165-169   2013年5月
戦後補償―請求権の根拠と放棄の効力
新井 京
平成22年度重要判例解説   346-347   2011年
紹介・Rene Provost, International Human Rights and Humanitarian Law
新井 京
国際法外交雑誌   102(2) 99-103   2003年

書籍等出版物

 
浅田正彦編著『国際法【第3版】』(東信堂)[第18章武力紛争法(477-499頁)担当]
新井 京 (担当:分担執筆)
2016年4月   
浅田正彦編著『国際法【第2版】』)[第18章武力紛争法(441-465頁)担当]
東信堂   2013年   
武力紛争法
浅田正彦編著『国際法』(東信堂)   2011年   

講演・口頭発表等

 
"Principles and Rules Pertaining to the Conduct of Hostilities"
2018年8月   
「核兵器、ふたつの法的アプローチ〜国際人道法と軍縮〜」
新井京
2017年度第3回広島平和研究所「核・軍縮研究会」(2017年12月7日、広島市立大学サテライトキャンパス)   2017年12月   
Detention in Armed Conflict: Status and Treatment of Detainees in IAC and NIAC, The Jurisdiction of International Tribunals,
2017年8月   
Between Consented and Un-Contested Occupation 
2017年5月   
“International Humanitarian Law and Japan”
2016年11月   
“The Scope of Application International Humanitarian Law” “The Protection of Detainees in the Context of Armed Conflicts”
2016年7月   
「国際刑事裁判所規程改正規定における侵略犯罪および侵略行為の『定義』」
新井京
国際法学会研究大会(2014年9月20日、朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター)   2014年9月   
"Comment on 'New Technologies and IHL'",
2014年2月   
"Implementation and enforcement of international humanitarian law at the domestic level"
2011年11月   
“Current issues: Implementation of International Humanitarian Law in Japan”,
2010年11月   
「テロリストの武力紛争法上の位置づけ」
新井京
国際法学会2008年度秋季大会(於東京外国語大学)   2008年10月   
Teaching International Humanitarian Law in Japan,
2008年5月   
「国際公秩序としての国際刑事裁判所」
新井京
世界法学会2008年度研究大会(於南山大学)   2008年5月   
「非国際的武力紛争における国際人道法の慣習法規則」
新井京
2007年8月   
IHL as a Taboo?:The Reality of Public Perception of International Humanitarian Law in Japan,
2004年12月   
「国連の軍事的活動における武力紛争法の適用」
新井京
国際法学会2002年度秋季大会(於法政大学)   2002年10月