有田 和臣

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/04 03:00
 
アバター
研究者氏名
有田 和臣
 
アリタ カズオミ
URL
http://www.bukkyo-u.ac.jp/
所属
佛教大学
部署
文学部 日本文学科
職名
教授
学位
文学修士(立教大学 ), 文学修士(筑波大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年
筑波大学 文芸・言語研究科 各国文学
 
 
 - 
1986年
早稲田大学 第一文学部 日本文学専修
 

Misc

 
生命主義哲学から生命主義文芸論への階梯―生命主義者としての西田幾多郎、その小林秀雄に与えた影響の一側面
京都語文   (18) 153-173   2011年
「伊豆の踊子」における裸体への視線―エキゾチック空間を生きる「私」と栄吉
京都語文   (17) 169-209   2010年
新美南吉「権狐」と水利権争い――『半田町史』に物語前史をたどる
京都語文   (22)    2015年
ごん狐はなぜ撃たれたか―「権狐」・火縄銃・中山様を繋ぐ必然の糸
京都語文   (21) 190-209   2014年
「春琴抄」と「小説の筋」論争―〈鳥〉に喩された芸術論小説
京都語文   (20) 57-72   2013年

書籍等出版物

 
正確な読み方技術―読解力は訓練で身につく―
明治図書   1995年   
日本文学概論
佛教大学通信教育部   2010年   
『見えない世界の覗き方─文化としての怪異』「読むことの異界体験」
法蔵館   2006年   
(翻訳)マイクロソフト マクロアセンブラ プロフェッショナルデベロプメントシステム バージョン6.0
マイクロソフト株式会社   1991年   

講演・口頭発表等

 
「ごんぎつね」主題考―半田市の地理・歴史に見る成立背景
秋季研究フォーラム   2013年   
川端康成「古都」と〈トポス〉としての京都―「四神相応」が表象する千重子〝再生〟の主題
京カレッジ・京都学講座   2013年   
樋口一葉「たけくらべ」の深層―文明開化と初恋
京都アスニ―・ゴールデンエイジアカデミー   2013年   
小林秀雄と生命主義美術批評
佛教大学国語国文学会   2006年   
小林秀雄と大正期教養主義
筑波大学国語国文学会   2005年   

Works

 
京都近代文学事典
2013年5月
兵庫近代文学事典
2011年10月
研究動向 山田詠美
2005年9月
ミステリー論としての『魍魎の匣』
2001年11月
<事典項目>太宰治『晩年』『桜桃』『人間失格』/檀一雄『火宅の人』/立野信之『叛乱』
2000年5月

競争的資金等の研究課題

 
小林秀雄の批評思想形成における生命主義芸術教育論の影響
研究期間: 2005年   
小林秀雄とニーチェ思想受容
研究期間: 1992年 - 2007年
和辻哲郎『ニイチェ』研究が小林秀雄の批評思想形成に与えた影響を探る。和辻のニーチェ解釈は生命主義の立場からなされたものであり、同じく生命主義の影響を受けた片上伸による『文芸教育論』と多大な共通点を持つ。これらの相関の中に小林を位置づける。
小林秀雄と大正教養主義
研究期間: 2006年 - 2008年
...
国語教育史における生命主義教育論の位置づけ
現代文学理論