黒田 恭史

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
黒田 恭史
 
クロダ ヤスフミ
URL
http://math.kyokyo-u.ac.jp/~kuroda/index.html
所属
京都教育大学
部署
数学科
職名
教授
学位
博士(人間科学)(大阪大学)
科研費研究者番号
70309079

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
京都教育大学 数学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
大阪教育大学 教育学部 小学校教員養成課程(数学)
 
 
 - 
1990年3月
大阪教育大学 教育学研究科 数学教育専攻
 
 
 - 
2005年3月
大阪大学 人間科学研究科 人間科学専攻
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
数学教育学会  学会通信編集委員長
 
2015年4月
 - 
現在
数学教育学会  学会誌編集委員
 
2014年4月
 - 
現在
数学教育学会  業務執行理事
 
2010年4月
 - 
2015年3月
数学教育学会  学会誌副編集委員長
 
2011年11月
   
 
日本教育実践学会  大会・集会等主宰
 

論文

 
算数科における「数と計算」「文字・文字式」への接続に関する研究 -東アジア諸国との比較を通して-
津田 真秀, 黒田 恭史
京都教育大学紀要   130 59-70   2017年3月
知的障害教育における時刻と時間の教育支援 -中学部を対象とした時計の読みと時間の量感支援-
橋本尚也, 牛山道雄, 黒田恭史
特別支援教育臨床実践センター年報   7 19-29   2017年3月
「右片麻痺のある患者のポータブルトイレ移乗前のベッド周辺環境」観察時における看護師と看護学生の危険認知の差異
米田 照美, 黒田 恭史(5番目), 他4名
看護人間工学研究誌   17 31-38   2017年3月   [査読有り]
「高齢患者の廊下歩行の場面」観察時の看護師の危険認知の特徴 ~看護学生との比較から~
米田 照美, 黒田 恭史(12番目), 他11名
人間看護学研究   15 1-10   2017年   [査読有り]
NIRSを用いた脳活動計測技術がもたらす教育神経科学の可能性
黒田 恭史,岡本 尚子,前迫 孝憲
日本レーザー医学会誌   36(2) 176-185   2015年7月   [査読有り]

Misc

 
科学的思考方法の習得を目指したオリガミクスによる数学教材の開発 -ダイヤカット缶を題材として-
葛城 元, 黒田 恭史
数学教育学会誌   57(3,4) 125-139   2017年3月   [査読有り]
看護学生と看護師のベッド周辺環境の観察力の違い
米田 照美; 伊丹 君和; 川端 愛野; 清水 房枝; 黒田 恭史; 前迫 孝憲
看護人間工学研究誌   15 31-36   2015年3月
立面図・見取図・立体の変換過程時における視線移動の特徴
黒田 恭史; 中島 悠; 岡本 尚子
佛教大学教育学部学会紀要   (14)    2015年3月
Understanding strategy development in mathematics: using eye movement measurement in educational research
Naoko Okamoto; Yasufumi Kuroda
European Journal of Research on Education   2(2) 94-100   2014年6月
脳機能の成長と変化に基づくヒューマン・ウェルフェア支援に関する研究
黒田 恭史
佛教大学総合研究所紀要   (21) 189-206   2014年3月

書籍等出版物

 
本当は大切だけど,誰も教えてくれない算数授業50のこと
黒田恭史
明治図書   2017年2月   ISBN:978-4-18-173920-1
数学教育実践入門
黒田 恭史
共立出版   2014年3月   
数学教育の基礎
黒田 恭史
ミネルヴァ書房   2011年4月   
初等算数科教育法 -新しい算数科の授業をつくる-
黒田 恭史
ミネルヴァ書房   2010年4月   
数学科教育法入門
黒田 恭史
共立出版   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
教師の計算観察過程における着眼点―視線計測による大学生との比較をとおして―
(岡本 尚子), 黒田 恭史
数学教育学会秋季例会   2017年9月12日   数学教育学会
濃度の数学的扱い-速度と密度との関連性をみて-
(福永裕輝), 黒田恭史
第21回数学教育学会大学院生等発表会   2017年9月12日   数学教育学会
コンテナ船の荷物積載を題材とした折り紙数学教材の開発
(葛城 元), (林 慶治), 黒田 恭史
数学教育学会秋季例会   2017年9月12日   数学教育学会
算数教育の課題を探る~小学校の内容と方法を見直す~
黒田 恭史
数学教育学会秋季例会   2017年9月12日   数学教育学会
小学校高学年段階における関係記号の認識に関する研究
津田 真秀,森脇 正博,黒田 恭史
数学教育学会夏季研究会(関西エリア)   2017年6月18日   数学教育学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
学習者間の「教え-学び合い」過程における教育効果の脳生理学的解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 黒田恭史
助言が学習者に及ぼす情意的影響の生理学的分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 岡本尚子
視線計測データに基づく箱庭制作者の心理過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 石原宏
全国15万人の不登校・外国籍生徒のためのYouTube版算数・数学コンテンツ開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 黒田恭史
糖尿病者のライフサイクル課題と療養指導教育プログラムの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 東山弘子

社会貢献活動

 
シンポジウム「本当に役立つ脳科学の教育への活かし方」
【その他】  2014年10月
【開催地】京都教育大学【対象】一般市民
シンポジウム「ICTにより教育は本当に変わるのか?」
【その他】  2015年7月
小学校算数科教育講座
【その他】  2015年8月
算数科授業づくり演習
【その他】  2016年8月
【演題】算数科授業づくり演習【開催地】京都教育大学【対象】小学校教員【人数】40名
講演会「なぜ今、アクティブ・ラーニングなのか? -ディープ・アクティブラーニングのすすめ-」
【その他】  2016年10月