稲葉 光行

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/09 02:56
 
アバター
研究者氏名
稲葉 光行
 
イナバ ミツユキ
所属
立命館大学
部署
政策科学部政策科学科
職名
教授
学位
Master of Science(University of Hawaii at Manoa)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学

経歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
立命館大学研究部・副部長
 

学歴

 
 
 - 
1988年
立命館大学 文学部 哲学科哲学専攻
 
 
 - 
1997年8月
University of Hawaii at Manoa大学院 Department of Information and Computer Sciences 
 
 
   
 
University of Hawaii at Manoa大学院 Interdisciplinary Ph.D. Program in Communication and Information Sciences 
 

委員歴

 
2010年4月
   
 
八幡市教育委員会  事務事業点検・評価委員
 

論文

 
日本版のイノセンス・プロジェクト(IP)の可能性
山田早紀、笹倉香奈、指宿信、稲葉光行、佐藤博史、浜田寿美男
法と心理   16(1) 55-61   2016年10月
日本版イノセンス・プロジェクト
稲葉光行
季刊刑事弁護   (88) 72-75   2016年10月
Research on Serious-Game Design for Inter-Cultural Understanding mediated by 3D Metaverse
Juhyung Shin, Yan Jiao, Yehang Jiang, and Mitsuyuki Inaba
Replaying Japan 2016 Conference Abstracts   81-82   2016年8月
混合研究法としてのグラウンデッドなテキストマイニング・アプローチ
稲葉 光行,抱井 尚子
看護研究   49(1) 25–36   2016年2月
心理学からみた法の現場のディスコミュニケーションの諸相
村山満明・稲葉光行・山田早紀
法と心理   15(1) 37-52   2015年11月

書籍等出版物

 
コンピュータを用いた供述の可視化とその分析
稲葉光行
浜田寿美男・指宿信・木谷明・後藤昭・佐藤 博史・浜井浩一(編)『供述をめぐる問題 (シリーズ 刑事司法を考える 第1巻)』岩波書店   2017年3月   
混合研究法としてのグラウンデッドなテキストマイニング・アプローチ
稲葉光行・抱井尚子
抱井尚子・成田慶一(編)『混合研究法への誘い─質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ』遠見書房   2016年9月   ISBN:978-4-86616-016-0
テキストを掘る~コンピュータによるテキスト解析
稲葉光行
村山満明・大倉得史(編)『尼崎事件~支配・服従の心理分析』現代人文社   2015年12月   
対人支援における<学=実>連携の展望(インクルーシブ社会研究 8)
稲葉光行・松田亮三編
立命館大学人間科学研究所   2015年11月   
取調べと可視化-新しい時代の取調べ技法・記録化と人間科学- (インクルーシブ社会研究7)
稲葉光行・若林宏輔
立命館大学人間科学研究所   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
A Consideration on Plea-Bargaining-like Interrogation as Cause of False Charge in Japan
International Symposium Psychology in Law   2017年7月28日   
Implementing Collaborative Serious Game on Japanese Culture based on Restored Historical Structures and Landscapes in the 3D Metaverse
Replaying Japan 2017   2017年8月21日   
Research for the bias in the fact finding process in view of different interrogation techniques and camera angles
European Association of Psychology and Law Conference 2017   2017年5月31日   
Collaborative Serious Games as a Mediational Means for Cross-Cultural Learning
Megatrends and Media 2017   2017年4月25日   
Children-Centered Approach for Cross-Boundary Community Development
University-Community Links (UCLinks) Conference 2017   2017年3月10日   

担当経験のある科目

 

Works

 
Overview of Innocence Project Japan
その他   2017年9月 - 2017年9月
日本学術振興会主催イベント・ひらめき☆ときめきサイエンス「模擬裁判に参加して被告人に対する判決を考えてみましょう」
その他   2017年8月 - 2017年8月
2017年度・八幡市における子どもを中心とした地域の学びとコミュニティ活性化の支援活動実践
その他   2017年4月 - 2018年3月
第60期京都人権文化講座「日本におけるえん罪救済の取組み~えん罪救済センターの現状と課題」
その他   2016年12月 - 2016年12月
青山正さんを救援する関西市民の会講演会「えん罪救済センターの活動について」
その他   2016年7月 - 2016年7月

競争的資金等の研究課題

 
日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点
文部科学省グローバルCOEプログラム
研究期間: 2007年 - 2011年