北尾 宏之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:14
 
アバター
研究者氏名
北尾 宏之
 
キタオ ヒロユキ
所属
立命館大学
部署
文学部人間研究学域
職名
教授
学位
文学修士
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
京都大学 文学部 哲学(倫理学)
 
 
 - 
1985年
京都大学大学院 文学研究科 哲学(倫理学)
 

論文

 
カント『道徳形而上学の基礎づけ』の研究(二)―――第一章の研究―――
北尾宏之
立命館文学   (651) 1-13   2017年3月
カント『道徳形而上学の基礎づけ』の研究(一)―――「序論(Vorrede)」の研究―――
北尾宏之
立命館文学   (648) 1-10   2016年8月
カントの刑罰論
北尾宏之
立命館文学   (625) 79-89   2012年2月
カント倫理学における背進的方法と前進的方法 ― 『道徳形而上学の基礎づけ』第2章の一つの読み方 ―
『実践哲学研究』   (31) 19-40   2008年11月
カント倫理学における「義務」の概念について
『立命館文学』   (603) 166-175   2008年4月

書籍等出版物

 
超越論哲学
『現代倫理学事典』弘文堂   2006年12月   ISBN:4-335-16040-2
絶対/相対
『現代倫理学事典』弘文堂   2006年12月   ISBN:4-335-16040-2
信頼
『現代倫理学事典』弘文堂   2006年12月   ISBN:4-335-16040-2
裏切り
『現代倫理学事典』弘文堂   2006年12月   ISBN:4-335-16040-2
『現代倫理学事典』弘文堂   2006年12月   ISBN:4-335-16040-2

講演・口頭発表等

 
カント倫理学と自由の問題――カントが言いたかったこと
大谷大学哲学会   2013年6月6日   
現代社会と功利主義 -権利と功利-
関西倫理学会 1996年度大会   1996年11月   

担当経験のある科目