TAKAHASHI HIDETOSHI

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2018 at 03:14
 
Avatar
Name
TAKAHASHI HIDETOSHI
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Letters, Global Studies Program
Job title
Professor
Degree
Doctor of Arts
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
ヒトラーが『最期の12日間』から『帰ってきた』わけ
高橋秀寿
ドイツ研究   52 42-57   Mar 2018
ポピュラー・カルチャーにおける破局の風景――日独比較
高橋秀寿
立命館言語文化研究   29(4) 155-170   Mar 2018
書評;井関正久『戦後ドイツの抗議運動』(岩波書店、2016年)
高橋秀寿
『歴史学研究』   (966) 61-64   Jan 2018
ドイツにおける他者の記憶と権利――序文に代えて
高橋秀寿
立命館言語文化研究   29(1) 85-87   Sep 2017
ドイツ極右主義――時間/空間の構造的変動と多文化社会――
高橋秀寿
立命館言語文化研究   28(4) 193-243   Mar 2017

Books etc

 
時間/空間の戦後ドイツ史――いかに「ひとつの国民」は形成されたのか
ミネルヴァ書房   Jul 2018   ISBN:9784623083534
ホロコーストと戦後ドイツ
岩波書店   Dec 2017   
教養のドイツ現代史
田野大輔・柳原伸洋編
ミネルヴァ書房   Jun 2016   
境界域からみる西洋世界
田中きく代/中井義明/朝治啓三
ミネルヴァ書房   Mar 2012   
グローバリゼーションと植民地主義
西川長夫
人文書院   Mar 2009   

Conference Activities & Talks

 
ヒトラーが「最期の12日間」から「帰ってきた」わけ――移民の国のドイツ人
日本ドイツ学会第33 回大会シンポジウム「恐れるドイツ――Er ist wieder da」   4 Jun 2017   
ドイツのポピュラー・カルチャーにおける破局の風景
国際カンファレンス「風景と文学、文学と風景」   18 Mar 2017   
「空間論的転回」以後の空間とナショナリズム――現代ドイツの極右主義を題材に
立命館大学国際言語文化研究所プロジェクト研究「グローバリゼーションと植民地主義からの主権と空間の歴史的分析」2015 年度第2回研究会   1 Aug 2015   
ドイツ1980年代――時間/空間の展開
同志社大学文化史学会大会   6 Dec 2014   
W・ブラントの跪き――その神話化と歴史的位相
ドイツ現代史研究会4月例会   26 Apr 2014   

Teaching Experience