中谷 友樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 10:25
 
アバター
研究者氏名
中谷 友樹
 
ナカヤ トモキ
所属
東北大学
部署
環境科学研究科
職名
教授
学位
博士(理学)(東京都立大学)
その他の所属
立命館大学衣笠総合研究機構 歴史都市防災研究所東北大学理学研究科・理学部

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東北大学 環境科学研究科 教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
立命館大学 歴史都市防災研究所 副所長
 
2012年4月
 - 
2018年3月
立命館大学 文学部地域研究学域 教授
 
2013年9月
 - 
2014年3月
ユニバーシティカレッジロンドン Department of Civil, Environmental and Geomatic Engineering 客員教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
立命館大学 文学部 准教授
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京都立大学 理学部 地理学科
 
1992年4月
 - 
1997年3月
東京都立大学大学院 理学研究科 地理学専攻
 

受賞

 
2018年5月
ESRIジャパン株式会社 第14回GISコミュニティフォーラム マップギャラリーコンテスト3位 時空間ホットスポットを立体的に可視化する:時空間カーネル密度変換 視覚化ツール for ArcGIS Pro
 
2017年11月
日本公衆衛生学会 近隣の社会的断片化指標―ソーシャル・キャピタルおよび健康指標との関連について―
受賞者: 埴淵知哉・中谷友樹
 
2017年10月
地理情報システム学会 Space-time cubeを利用した時空間カーネル密度推定および関連する分析的可視化環境の開発
 
2015年10月
地理情報システム学会 地理情報システム学会第24回学術研究発表大会 ポスターセッション賞 日本におけるデング熱の流行リスクマップ
受賞者: 米島万有子・中谷友樹・二瓶直子・小林睦生
 
2014年11月
地理情報システム学会 地理情報システム学会第23回学術大会ポスターセッション賞 京都府南丹市におけるアライグマの社寺侵入被害の空間分析
受賞者: 米島万有子・中谷友樹・川道美枝子・今村 聡・山本憲一
 
2014年6月
ESRI ジャパン株式会社 「第10回GISコミュニティフォーラム」マップ・ギャラリーコンテスト1位
受賞者: 中谷友樹・矢野桂司・ Paul Longley・James Cheshire
 
2013年5月
ESRI Japan 「第9回GISコミュニティフォーラム」マップ・ギャラリーコンテスト1位 福島県相馬市の復興まちづくりに対するGeodesign手法の適用
受賞者: 矢野桂司・中谷友樹・花岡和聖・磯田弦・桐村喬・瀬戸寿一
 
2012年7月
ESRI SAG (Special Achievement in GIS) Award 2012 Esri International User Conference
 
2012年5月
ESRI Japan 「第8回GISコミュニティフォーラム」マップ・ギャラリーコンテスト2位
受賞者: 谷友樹・瀬戸寿一・長尾諭・矢野桂司・板谷(牛谷)直子
 
2010年10月
日本公衆衛生学会 第68回日本公衆衛生学会総会優秀演題賞 東アジアにおける健康と社会経済的地位の関連―日本・韓国・中国・台湾の比較―
受賞者: 淵知哉・中谷友樹・村田千代栄
 
2003年12月
"第2回NII国際シンポジウム「ディジタル・シルクロード」奈良シンポジウム, 主催:ユネスコ・日本ユネスコ国内委員会・財団法人ユネスコ・アジア文化センター・国立情報学研究所" Digital Silk Roads PRIZE (poster and demonstrations category)
 
2001年3月
日本地理学会 日本地理学会研究奨励賞 多党制における小選挙区制の選挙バイアス−1996年度衆議院議員総選挙を基に−
受賞者: 佐野洋・中谷友樹
 

論文

 
Nakaya T, Takahashi K, Takahashi H, Yasumura S, Ohira T, Ohto H, Ohtsuru A, Midorikawa S, Suzuki S, Shimura H, Yamashita S, Tanigawa K, Kamiya K
Scientific reports   8(1) 17661   2018年12月   [査読有り]
Koohsari MJ, Kaczynski AT, Nakaya T, Shibata A, Ishii K, Yasunaga A, Stowe EW, Hanibuchi T, Oka K
American journal of health promotion : AJHP   890117118814385   2018年11月   [査読有り]
Mohammad Javad Koohsari, Mohammad Javad Koohsari, Mohammad Javad Koohsari, Tomoki Nakaya, Koichiro Oka
International Journal of Environmental Research and Public Health   15    2018年9月   [査読有り]
© 2018 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. There is a growing recognition of the role of built environment attributes, such as streets, shops, greenways, parks, and public transportation stations, in supporting people’s active behav...
Kashima Saori, Yorifuji Takashi, Sawada Norie, Nakaya Tomoki, Eboshida Akira
SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT   631-632 1029-1037   2018年8月   [査読有り]
Kikuchi H, Nakaya T, Hanibuchi T, Fukushima N, Amagasa S, Oka K, Sallis JF, Inoue S
International journal of environmental research and public health   15(9)    2018年8月   [査読有り]
中谷友樹
映像情報メディア学会誌   72(4) 569‐573   2018年7月   [招待有り]
Tabuchi T, Gallus S, Shinozaki T, Nakaya T, Kunugita N, Colwell B
Tobacco control   27(e1) e25-e33   2018年7月   [査読有り]
全国調査からみた文化財保有社寺における獣害
米島万有子・中谷友樹・崔明姫
歴史都市防災論文集   12 99-106   2018年7月   [査読有り]
Koohsari MJ, Kaczynski AT, Hanibuchi T, Shibata A, Ishii K, Yasunaga A, Nakaya T, Oka K
International journal of environmental research and public health   15(4)    2018年3月   [査読有り]
埴淵知哉, 中谷友樹, 村中亮夫, 花岡和聖
地理学評論   91(1) 97‐113   2018年1月   [査読有り]
Guanpeng Dong,Tomoki Nakaya,Chris Brunsdon
Computers, Environment and Urban Systems   70 35-42   2018年   [査読有り]
被災後の町の復興を支える神輿渡御−宮城県南三陸町保呂羽神社の春祭り−
谷端郷・板谷(牛谷)直子・中谷友樹
歴史都市防災論文集   12 193-200   2018年   [査読有り]
Ishikawa M, Yokoyama T, Hayashi F, Takemi Y, Nakaya T, Fukuda Y, Kusama K, Nozue M, Yoshiike N, Murayama N.
J Nutr Health Aging   22(3) 341-353   2018年   [査読有り]
Koohsari MJ, Hanibuchi T, Nakaya T, Shibata A, Ishii K, Liao Y, Oka K, Sugiyama T
Journal of urban health : bulletin of the New York Academy of Medicine   94(6) 847-854   2017年12月   [査読有り]
Fukuda Yoshiharu, Ishikawa Midori, Yokoyama Tetsuji, Hayashi Tatsumi, Nakaya Tomoki, Takemi Yukari, Kusama Kaoru, Yoshiike Nobuo, Nozue Miho, Yoshiba Kaori, Murayama Nobuko
GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17(11) 2232-2238   2017年11月   [査読有り]
Yamada Yosuke, Nanri Hinako, Watanabe Yuya, Yoshida Tsukasa, Yokoyama Keiichi, Itoi Aya, Date Heiwa, Yamaguchi Miwa, Miyake Motoko, Yamagata Emi, Tamiya Hajime, Nishimura Miho, Fujibayashi Mami, Ebine Naoyuki, Yoshida Mitsuyoshi, Kikutani Takeshi, Yoshimura Eiichi, Ishikawa-Takata Kazuko, Yamada Minoru, Nakaya Tomoki, Yoshinaka Yasuko, Fujiwara Yoshinori, Arai Hidenori, Kimura Misaka
JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL DIRECTORS ASSOCIATION   18(8) 733.e7-733.e15   2017年8月   [査読有り]
板谷 直子(牛谷直子), 谷端 郷, 中谷 友樹
歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation   11 223-230   2017年7月
中谷 友樹, 米島 万有子, 崔 明姫
歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation   11 25-32   2017年7月   [査読有り]
崔 明姫, 米島 万有子, 中谷 友樹, 豊田 祐輔, 鐘ヶ江 秀彦
歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation   11 33-40   2017年7月   [査読有り]
大山智也, 雨宮護, 島田貴仁, 中谷友樹
GIS-理論と応用   25(1) 33‐43   2017年6月   [査読有り]
河角 直美, 板谷 直子, 中谷 友樹, 佐藤 弘隆, 谷崎 友紀, 前田 一馬
日本造園学雑誌   81(1) 22-25   2017年4月
青木和人, 矢野桂司, 中谷友樹
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   26 ROMBUNNO.B15   2017年
村上大輔, HARRIS Paul, LU Binbin, 中谷友樹
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   26 ROMBUNNO.A74   2017年
Hanibuchi T, Nakaya T, Honjo K
SSM - population health   2 662-673   2016年12月   [査読有り]
埴淵 知哉, 中谷 友樹
体育の科学   66(11) 805-810   2016年11月
Ito Yuri, Nakaya Tomoki, Ioka Akiko, Nakayama Tomio, Tsukuma Hideaki, Uehara Shinichiro, Sato Kyoko Kogawa, Endo Ginji, Hayashi Tomoshige
JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY   26(9) 459-463   2016年9月   [査読有り]
八木橋 勉, 中谷 友樹, 中原 健一, 那須野 俊, 櫃間 岳, 野口 麻穂子, 八木 貴信, 齋藤 智之, 松本 和馬, 山田 健, 落合 幸仁
日本森林学会誌 = Journal of the Japanese Forest Society   98(4) 139-145   2016年8月   [査読有り]
谷崎 友紀, 中谷 友樹
歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation   10 67-74   2016年7月   [査読有り]
中谷 友樹
地理   61(4) 42-49,図巻頭3   2016年4月
中谷 友樹, 埴淵 知哉
地理   61(1) 51-57,図巻頭1   2016年1月
米島万有子, 桐村喬, 安本晋也, 中谷友樹
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   25 ROMBUNNO.P‐45   2016年
安本晋也, 中谷友樹, 米島万有子
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   25 ROMBUNNO.P‐07   2016年
青木和人, 武田幸司, 矢野桂司, 中谷友樹
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   25 ROMBUNNO.D‐2‐4   2016年
武田幸司, 青木和人, 矢野桂司, 中谷友樹
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   25 ROMBUNNO.B‐3‐1   2016年
谷端 郷, 米島 万有子, 福田 一史, 中谷 友樹, 細井 浩一
立命館地理学   (28) 39-54   2016年
Nozue M, Ishikawa M, Takemi Y, Kusama K, Fukuda Y, Yokoyama T, Nakaya T, Nishi N, Yoshiba K, Murayama N
Journal of nutritional science and vitaminology   62(2) 116-122   2016年   [査読有り]
埴淵 知哉, 中谷 友樹, 竹上 未紗
地理学評論. [Series A]   88(6) 591-606   2015年11月   [査読有り]
米島万有子・中谷友樹・詹 大千・二瓶直子・小林睦生
地理情報システム学会講演論文集   24 1-4   2015年10月
Hanibuchi T, Nakaya T, Yonejima M, Honjo K
International Journal of Environmental Research and Public Health   12(10) 13350-13364   2015年10月   [査読有り]
板谷(牛谷) 直子, 中谷 友樹, 前田 一馬, 谷端 郷, 平岡 善浩
歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation   9 73-80   2015年7月
桝本 妙子, 山田 陽介, 山田 実, 中谷 友樹, 三宅 基子, 渡邊 裕也, 吉田 司, 横山 慶一, 山縣 恵美, 伊達 平和, 南里 妃名子, 小松 光代, 吉中 康子, 藤原 佳典, 岡山 寧子, 木村 みさか
日本公衆衛生雑誌   62(8) 390-401   2015年6月   [査読有り]
米島万有子・中谷友樹・渡辺 護・二瓶直子・津田良夫・小林睦生
地理学評論   88(2) 159-176-158   2015年3月   [査読有り]
Uncovering geographic concentrations of elevated mesothelioma risks across Japan: spatial epidemiological mapping of the asbestos-related disease
Nakaya, T.
Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University   50 45-53   2015年3月
村中 亮夫, 谷端 郷, 飯塚 広志, 中谷 友樹
地理科学   69(4) 195-213   2015年1月   [査読有り]
This study examined how the implementation of a disaster mitigation education program for high school students in a geography course contributed to the students' learning of geography and understanding of flood risks in the vicinity of the school ...
Hanibuchi T, Nakaya T, Honjo K, Ikeda A, Iso H, Inoue M, Sawada N, Tsugane S and JPHC Study Group
Health & Place   31 17-23   2015年1月   [査読有り]
Honjo K, Iso H, Nakaya T, Hanibuchi T, Ikeda A, Inoue M, Sawada N, Tsugane S, the JPHC Study Group (2015)
Journal of Epidemiology   25(3) 254-260   2015年   [査読有り]
吉葉 かおり, 武見 ゆかり, 石川 みどり, 横山 徹爾, 中谷 友樹, 村山 伸子
日本公衆衛生雑誌   62(12) 707-718   2015年   [査読有り]
目的 地域在住一人暮らし高齢者を対象に,食品摂取の多様性と食物アクセスとの関連を明らかにすること。<br/>方法 2013年 9 月に,埼玉県 A 市在住の65歳以上89歳以下の高齢者のうち,住民基本台帳上一人暮らしの全高齢者4,348人を対象に郵送法による自記式質問紙調査を実施した。属性,健康状態,食品摂取の多様性評価票,食物アクセス(主観的食料品店アクセス等)や食行動等を尋ね,2,591人より回答を得た(回収率59.6%)。食品摂取の多様性評価票は,10食品...
高校地理での学習内容を活かした防災教育プログラムの開発と実践――身近な地域の水害リスクを事例として一
村中亮夫・谷端郷・飯塚広志・中谷友樹
地理科学   69(4) 195-213   2014年12月   [査読有り]
大阪府におけるがん患者の生存率の社会経済格差:1993-2004年診断患者による分析
伊藤ゆり・中谷友樹 他
JACR Monograph   20 69-78   2014年11月   [査読有り]
Miki Y, Inoue M, Ikeda A, Sawada N, Nakaya T, Shimazu T, Iwasaki M, Yamaji T, Sasazuki S, Shibuya K, Tsugane S, for the JPHC Study Group
PLoS ONE   9(9) e106729   2014年9月   [査読有り]
Kikuchi H, Inoue S, Sugiyama T, Owen N, Oka K, Nakaya T and Shimomitsu T.
Preventive Medicine   67 335-339   2014年8月   [査読有り]
村中亮夫・谷端郷・中谷友樹
歴史都市防災論文集   8 287-294-294   2014年7月
宮城県南三陸町の被災した文化遺産の現状と復興の課題
板谷直子(牛谷直子)・ロヒト・ジグヤス・中谷友樹
歴史都市防災論文集   8 55-62   2014年7月
Nakaya T, Honjo K, Hanibuchi T, Ikeda A, Iso H, et al.
PLoS ONE   9(6) e97802   2014年6月   [査読有り]
Ito Y, Nakaya T, Nakayama T, Miyashiro I, Ioka A, Tsukuma H, Rachet B.
Acta Oncologica   53(10) 1423-1433   2014年5月   [査読有り]
Tabuchi T, Nakaya T, Fukushima W, Matsunaga I, Ohfuji S, Kondo K, Inui M, Sayanagi Y, Hirota Y, Kawano E, Fukuhara H.
BMC Public Health   14(1) 449   2014年5月   [査読有り]
Kikuchi H, Takamiya T, Odagiri Y, Ohya Y, Nakaya T, Shimomitsu T, Inoue S.
Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol   49(5) 823-830   2014年5月   [査読有り]
Smith, L., Aragao, L., Sabel, C. and Nakaya T.
Scentific Reports   4 3726   2014年1月   [査読有り]
米島万有子, 中谷友樹, 川道美枝子, 今村聡, 山本憲一
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   23 ROMBUNNO.P-14   2014年
Open Social Atlas of the 2010 Population Census of Japan
Satani, T., Yano, K., Nakaya, T., Singleton, A. and Brunsdon, C.
Proceedings of the 15th Japan-Korea International Symposium of GIS   1-4(CD-ROM)   2013年12月
佐谷岳穂・矢野桂司・中谷友樹・Alex Singleton・Christopher Brunsdon
2010年国勢調査小地域統計のオープン・アトラスの作成・公開
地理情報システム学会講演論文集   22 1-4(CD-ROM)   2013年11月
Honjo K, Iso H, Fukuda Y, Nishi N, Nakaya T, Fujino Y, Tanabe N, Suzuki S, Subramanian SV, Tamakoshi A.
Int J Behav Med.   in press    2013年9月   [査読有り]
村中 亮夫・谷端 郷・米島 万有子・湯浅 弘樹・瀬戸 寿一・中谷 友樹
地理科学   68(2) 114-131-131   2013年5月   [査読有り]
中谷 友樹
測量 = The journal of survey   63(4) 8-13   2013年4月   [招待有り]
佐谷岳穂, 矢野桂司, 中谷友樹, SINGLETON Alex, BRUNSDON Christopher
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   22    2013年
花岡 和聖, 中谷 友樹, 田淵 貴大
経済地理学年報   59(1) 73-87   2013年   [査読有り]
本研究の目的は,空間的マイクロシミュレーションを用いて,小地域別の地理的社会格差指標を構築することである.具体的には,『平成19年国民生活基礎調査』ミクロ(個票)データから,『国勢調査小地域集計』と整合する疑似的な世帯ミクロデータ(合成ミクロデータ)を生成し,社会格差指標の代表として家計支出額の地理的分布を推定した.生成された合成ミクロデータの推定精度を,(1)制約変数とした国勢調査との整合性,(2)複数セット間での適合度指標および家計支出額の変動,(3)集計レベルでの整合性から評価した....
中谷 友樹, 埴淵 知哉
経済地理学年報   59(1) 57-72   2013年   [査読有り]
所得格差に代表される経済的格差は,健康をはじめとする生活の質の格差を生み出すと考えられてきた.本稿では,所得格差と健康格差の関係に着目し,所得階層別の居住者の構成以上に近隣スケールの居住地域間に健康水準の違いを生む居住地域の効果(文脈/近隣効果)が存在するのかを検討した.具体的には,日本全体を対象とする日本版総合的社会調査2000-3累積データと社会地区類型(Mosaic Japan)データを結合し,主観的健康感を規定する文脈効果の存在を,マルチレベル分析を利用して検討した.その結果,以下...
Hanaoka, K., Nakaya, T., Yano, K. and Inoue, S.
Journal of Transport Geography   34 274-281   2013年   [査読有り]
Nakaya, T.
Annals of the Association of American Geographers   103 1100-1106   2013年   [査読有り][招待有り]
Ballas, D., Dorling, D., Nakaya, T., Tunstall, H. and Hanaoka, K.
Social Policy and Society   13 103-117   2013年   [査読有り]
Cheshire, J.A., Longley, P.A., Yano, K. and Nakaya, T.
Papers in Regional Science   93(3) 539-556   2013年8月   [査読有り]
潜在的な観光客の仮想行動に着目した歴史的景観の保全による観光需要の地理的変動―京都市における事例分析―
村中 亮夫・中谷 友樹
経済地理学年報   58(4) 336-356   2012年12月   [査読有り]
中瀬克己, 堀成美, 山岸拓也, 尾本由美子, 高橋裕明, 川畑拓也, 神谷信行, 中谷友樹, 白井千香, 持田嘉之
日本性感染症学会誌   23(2) 42   2012年11月
村中 亮夫・瀬戸 寿一・谷端 郷・中谷 友樹
地理学評論   85(5) 492-507-507   2012年9月
社会調査における回収率の地域差とその規定要因―個人および地域特性を考慮したマルチレベル分析―
埴淵 知哉・中谷 友樹・村中 亮夫・花岡 和聖
地理学評論   85(5) 447-467   2012年9月   [査読有り]
埴淵 知哉・中谷 友樹・村中 亮夫・花岡 和聖
地理科学   67(2) 71-84-84   2012年7月   [査読有り]
ディミトリス・バラス, ダニー・ドーリング, 中谷 友樹, ヘレナ・タンストール, 花岡 和聖
社会保障研究   48(1) 46-61   2012年6月   [査読有り]
青木和人, 武田幸司, 矢野桂司, 中谷友樹
日本写真測量学会学術講演会発表論文集   2012 149-152   2012年5月
中谷 友樹
Estrela   0(218) 2-9   2012年5月   [招待有り]
地理疫学とがん登録
中谷 友樹
JACR Monograph   (17) 11-13   2012年3月
Shinya Yasumoto,Andrew P. Jones,Keiji Yano,Tomoki Nakaya
International Journal of Geographical Information Science   26(1) 1-13   2012年   [査読有り]
瀬戸寿一・村中亮夫・谷端郷・中谷友樹
地学雑誌   121(6) 946-961   2012年   [査読有り]
Ballas, D., Campbell, M., Clarke, G., Hanaoka, K., Nakaya, T. and Waley, P.
Studies in Regional Science   42(1) 163-187   2012年   [査読有り]
2009-10年のインフルエンザA(H1N1)2009pdm流行時のインフルエンザ感染・不安・予防接種の経験と社会経済的地位-JGSS-2010による分析-
中谷 友樹
日本版総合的社会調査共同研究拠点研究論文集   12 11-27   2012年
桐村 喬・中谷 友樹・矢野 桂司
GIS理論と応用   19(2) 83-92-148   2011年12月   [査読有り]
村中 亮夫・中谷 友樹・埴淵 知哉
GIS理論と応用   19(2) 71-81-137   2011年12月   [査読有り]
Yasumoto, S., Jones, A. P., Nakaya, T., Yano, K.
Computers, Environment and Urban Systems   35(6) 464-473-473   2011年10月   [査読有り]
中瀬 克己, 中谷 友樹, 堀 成美, 尾本 由美子, 高橋 裕明, 山内 昭則, 福田 美和, 大熊 和行, 川畑 拓也, 白井 千香, 見玉 とも江, 山岸 拓也, 大西 真
日本性感染症学会誌 = Japanese archives of sexually transmitted diseases   22(1) 49-55   2011年9月
Hanibuchi, T., Kondo, K., Nakaya, T., Nakade, M., Ojima, T., Hirai, H. & Kawachi, I.
International Journal of Health Geographics   10    2011年7月   [査読有り]

Misc

 
中瀬克己, 高野つる代, 川畑拓也, 細井舞子, 中谷友樹, 尾本由美子, 砂川富正, 有馬雄三, 谷畑健生, 白井千香, 樫原摩紀, 金谷泰宏
性感染症に関する特定感染症予防指針に基づく対策の推進に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   77‐139   2016年
伊藤ゆり, 近藤尚己, 中谷友樹, 米島万有子, 米島万有子, 福井敬祐
健康格差対策に必要な公的統計のあり方に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   15‐49   2016年
伊藤ゆり, 近藤尚己, 中谷友樹, 中谷友樹, 米島万有子, 中山富雄, 福井敬祐
健康格差対策に必要な公的統計のあり方に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   77‐88   2016年
中谷友樹, 中谷友樹, 米島万有子
健康格差対策に必要な公的統計のあり方に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   51‐60   2016年
中瀬克己, 中谷友樹, 川畑拓也, 山岸拓也, 中島一敏, 堀成美, 神谷信行, 杉下由行, 高野つる代, 尾本由美子, 高橋裕明, 山内昭則, 白井千香, 大西真, 樫原摩紀
性感染症に関する特定感染症予防指針に基づく対策の推進に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   85-101   2015年
中谷友樹, 中谷友樹, 永田彰平, 秋山祐樹
日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因に関する実証的研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   87‐97   2015年
津熊秀明, 伊藤ゆり, 池田章子, 中谷友樹, 林朝茂, 佐藤恭子, 上原新一郎
印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成26年度 総括・分担研究年度終了報告書   46‐51   2015年
中谷友樹, 永田彰平, 秋山祐樹
日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因に関する実証的研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   123-133   2014年
津熊秀明, 伊藤ゆり, 池田章子, 中谷友樹
印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成25年度研究報告書   96-99   2014年
石川みどり, 武見ゆかり, 福田吉治, 草間かおる, 中谷友樹, 横山徹爾, 西信雄, 野末みほ, 西尾素子, 吉池信男, 三好美紀, 吉葉かおり
日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因に関する実証的研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   109-122   2014年
中瀬克己, 山岸拓也, 中島一敏, 多田有希, 中谷友樹, 川畑拓也, 堀成美, 神谷信行, 杉下由行, 高野つる代, 尾本由美子, 高橋裕明, 山内昭則, 白井千香, 大西真, 樫原摩紀, 持田嘉之
自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   197‐201   2014年
中谷友樹, 永田彰平, 秋山祐樹
日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因に関する実証的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   91-100   2013年
中瀬克己, 堀成美, 中谷友樹, 神谷信行, 灘岡陽子, 尾本由美子, 高橋裕明, 山内昭則, 福田美和, 松村義晴, 大熊和行, 川畑拓也, 白井千香, 兒玉とも江, 中島一敏, 多田有希, 山岸拓也, 大西真, 蓮尾豊, 持田嘉之
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   333-366   2012年
中瀬克己, 堀成美, 中谷友樹, 山本英二, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 尾本由美子, 高橋裕明, 山内昭則, 福田美和, 松村義晴, 大熊和行, 川畑拓也, 白井千香, 兒玉とも江, 塩原正枝, 鈴木智之, 堀元栄詞, 糸数公, 豊川貴生, 中島一敏, 多田有希, 山岸拓也, 大西真, 蓮尾豊, 持田嘉之
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書   79-91   2012年
小林睦生, 二瓶直子, 米島万有子, 渡辺護, 津田良夫, 前田秋彦, 中谷友樹, 大西修
節足動物が媒介する感染症への効果的な対策に関する総合的な研究 平成23年度総括・分担研究報告書   107-116   2012年
小林睦生, 二瓶直子, 米島万有子, 渡辺護, 中谷友樹, 津田良夫
節足動物が媒介する感染症への効果的な対策に関する総合的な研究 平成22年度総括・分担研究報告書   81-90   2011年
中瀬克己, 堀成美, 中谷友樹, 山本英二, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 尾本由美子, 高橋裕明, 山内昭則, 福田美和, 松村義晴, 大熊和行, 川畑拓也, 白井千香, 兒玉ともえ, 塩原正枝, 鈴木智之, 堀元栄詞, 糸数公, 山岸拓也, 豊川貴生, 中島一敏, 多田有希, 大西真
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   503-545   2011年
中谷友樹, 村中亮夫, 埴淵知哉, 瀬戸寿一, 谷端郷
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成20-22年度 総合研究報告書   145-160   2011年
中谷友樹, 村中亮夫, 瀬戸寿一, 谷端郷
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   131-143   2011年
中谷友樹, 村中亮夫, 埴淵知哉
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   125-131   2010年
小林睦生, 二瓶直子, 米島万有子, 渡辺護, 津田良夫, 中谷友樹
節足動物が媒介する感染症への効果的な対策に関する総合的な研究 平成21年度総括・分担研究報告書   77-87   2010年
中瀬克己, 中谷友樹, 山本英二, 堀成美, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 尾本由美子, 高橋裕明, 山内昭則, 福田美和, 松村義晴, 大熊和行, 川畑拓也, 白井千香, 兒玉とも江, 塩原正枝, 鈴木智之, 堀元栄詞, 糸数公, 山岸拓也, 豊川貴生, 中島一敏, 多田有希, 大西真
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   177-239   2010年
中瀬克己, 中谷友樹, 山本英二, 堀成美, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 高橋裕明, 山内昭則, 福田美和, 松村義晴, 大熊和行, 平野有紀, 川畑拓也, 白井千春, 中島一敏, 多田有希
効果的な感染症サーベイランスの評価並びに改良に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   149-174   2009年
村中亮夫, 中谷友樹
歴史都市における人為的災害からの防御による安全の構築 平成18-20年度 No.18201032   92-97   2009年
中瀬克己, 中谷友樹, 山本英二, 兒玉とも江, 堀成美, 糸数公, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 尾本由美子, 白井千香, 大前利市, 五十嵐正巳, 鈴木智之, 阿保満, 宮城裕人, 中島一敏, 多田有希, 高橋裕明, 山内昭則, 福田美和, 松村義晴, 大熊和行, 塩原正江, 堀元栄詞, 平野有紀, 川畑拓也
効果的な感染症サーベイランスの評価並びに改良に関する研究 平成18-20年度 総合研究報告書   111-118   2009年
中谷友樹, 村中亮夫
歴史都市における人為的災害からの防御による安全の構築 平成18-20年度 No.18201032   50-56   2009年
矢野桂司, 中谷友樹
歴史都市における人為的災害からの防御による安全の構築 平成18-20年度 No.18201032   35-49   2009年
福田吉治, 中谷友樹, 助友裕子, 片野田耕太
自治体におけるがん対策の現状分析とマネジメントシステムの構築支援に関する研究 平成18-20年度 総合研究報告書   49-61   2009年
中瀬克己, 中谷友樹, 山本英二, 兒玉とも江, 堀成美, 糸数公, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 高橋裕明, 鈴木智之, 塩原正江, 堀元栄詞, 尾本由美子, 白井千香, 大前利市, 中島一敏, 多田有希
効果的な感染症サーベイランスの評価並びに改良に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書   89-105   2008年
モバイルGIS(POSシステム)による文化財フィールド調査
井上学・中谷友樹・浦川豪・吉富望
学術フロンティア推進事業「文化遺産と芸術作品を自然災害から防御するための学理の構築」2006年度報告書   123-127   2007年
中瀬克己, 中谷友樹, 山本英二, 兒玉とも江, 堀成美, 糸数公, 谷原真一, 神谷信行, 灘岡陽子, 尾本由美子, 白井千香, 大前利市, 谷畑健生, 橋戸円, 五十嵐正巳, 鈴木智之, 阿保満, 宮城裕人, 中島一敏, 多田有希
効果的な感染症サーベイランスの評価並びに改良に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書   151-173   2007年
喜多悦子, 岡部信彦, 松井珠乃, 中瀬克己, 島田靖, KOBAYASHI John, 高江洲均, 佐々木隆一郎, 丹野瑳喜子, 中谷友樹, 春日文子, 橘とも子, 藤井逸人, 田中毅, 鈴木里和, 逸見佳美, 吉田英樹, 森伸生, 上野正浩, 上野久美, 砂川富正
国際健康危機管理のための情報ネットワークのあり方に関する研究 平成18年度 総括研究報告書   29-105   2007年
福田吉治, 中谷友樹
自治体におけるがん対策の現状分析とマネジメントシステムの構築支援に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書   27-31,33-54   2007年
谷口清州, 中瀬克己, 中谷友樹, 谷畑健生, 橋戸円, 中島一敏, 重松美香, 山本英二, 神谷信行, 灘岡陽子, 堀成美, 増田和貴, 金子典代, 兒玉とも江, 尾本由美子, 松岡宏明, 宮川圭子
効果的な感染症発生動向調査のための国及び県の発生動向調査の方法論の開発に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書   51-67   2006年
谷口清州, 中瀬克己, 中谷友樹, 谷畑健生, 中島一敏, 重松美香, 山本英二, 神谷信行, 灘岡陽子, 堀成美, 増田和貴, 金子典代, 犬飼昌子, 岡本里香, 安酸史子, 兒玉とも江, 松岡宏明, 尾本由美子, 宮川圭子, 岩城詩子, 郡公美
効果的な感染症発生動向調査のための国及び県の発生動向調査の方法論の開発に関する研究 平成15-17年度 総合研究報告書   31-48   2006年
溝田勉, 二瓶直子, 中谷友樹, 山本秀樹, 狩野繁之, 後藤恵之輔
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   2003 82   2004年8月
空間的マイクロシミュレーションを用いた小売モデリング
中谷 友樹・花岡 和聖
矢野 桂司 編 『GeoComputationによる施設配置計画の支援システムの構築』 (科学研究費基盤研究B報告書)   37-56   2004年
中瀬克己, 中谷友樹, 谷畑健生, 橋戸円, 山本英二, 大前利市, 中島一敏, 岩城詩子, 郡公美
効果的な感染症発生動向調査のための国及び県の発生動向調査の方法論の開発に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書   30-39   2004年
高木正洋, 津田良夫, 都野展子, 杉山章, 吉村充則, 中谷友樹, 沢辺京子, 当間孝子
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   2002 92-93   2003年8月
20-kmグリッドスケールでの中国の食料需給量バランスの現況と将来予測
王勤学・尾藤章雄・近藤昭彦・大坪国順・中谷友樹・清水庸
大坪国順編『LU/GECプロジェクト報告書VII-中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-』独立行政法人国立環境研究所環境センター   53-62   2001年
中国における主要穀物の消費分布とその予測
中谷友樹
大坪国順編『LU/GECプロジェクト報告書VII-中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-』独立行政法人国立環境研究所   43-52   2001年
中国における都市-農村世帯人口分布面の推計と将来予測
中谷友樹
大坪国順編『LU/GECプロジェクト報告書VII-中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-』独立行政法人国立環境研究所   33-42   2001年
詳細モニター調査
中谷 友樹・古賀 慎二
矢野 桂司 編 『地理情報システムを用いた地域計画立案支援システム』 (科学研究費地域連携科研報告書)   67-72   2001年
商圏分析
矢野 桂司・中谷 友樹
矢野 桂司 編 『地理情報システムを用いた地域計画立案支援システム』 (科学研究費地域連携科研報告書)   95-100   2001年
商業環境変化のインパクト分析
矢野 桂司・中谷 友樹
矢野 桂司 編 『地理情報システムを用いた地域計画立案支援システム』 (科学研究費地域連携科研報告書)   113-120   2001年
消費者活動日誌の分析手法
中谷 友樹・古賀 慎二
矢野 桂司 編 『地理情報システムを用いた地域計画立案支援システム』 (科学研究費地域連携科研報告書)   134-142   2001年
華北平原の土地利用をめぐる状況について
中谷友樹
大坪国順編『LU/GECプロジェクト報告書VI -中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-』環境庁国立環境研究所地球環境センター   249-252   2000年
2050年までの中国人口分布面の将来推計
中谷友樹
大坪国順編『LU/GECプロジェクト報告書VI -中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-』環境庁国立環境研究所地球環境センター   56-63   2000年
中国における主要穀物の消費分布
中谷 友樹・清水 庸
大坪国順編『LU/GECプロジェクト報告書VI -中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-』環境庁国立環境研究所地球環境センター   6-15   2000年
DMSP/OLS Stable Light Image による中国人口分布推定モデルと人口グリッド補間
中谷友樹
環境庁国立環境研究所 LU/GECプロジェクト報告書V-中国における土地利用変化のメカニズムとその影響に関する研究-   13-23   1999年10月
生物多様性と環境・景観計画のための地理情報システム
矢野桂司・中谷友樹
第2回都市問題集中セミナー「生物多様性と環境・景観計画のための地理情報システム」, 立命館大学・国連大学等学術交流プログラム(IAEP)      1999年3月
景観計画と地理情報システム GISワークショップ
矢野桂司・中谷友樹
第1回都市問題集中セミナー「生物多様性と環境・景観計画のための地理情報システム」, 立命館大学・国連大学等学術交流プログラム(IAEP)      1998年3月

書籍等出版物

 
京都市内で認知された強姦・強制わいせつ事件の時空間的集中と近接反復被害
京都府警察犯罪抑止対策調査研究会「性犯罪対策研究部会報告書 性犯罪の現状を踏まえて(資料編)」   2015年8月   
外国人旅行者の行動空間に関する地理的可視化-京都市を対象としたTwitterおよびGPS調査資料の解析-
立命館大学地理学教室編『観光の地理学』文理閣   2015年7月   
東京大学出版会   2015年4月   ISBN:4130604112
都市環境と健康
井上 茂・中谷 友樹
川上憲人・橋本英樹・近藤尚己編『社会と健康:健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ』,東京大学出版会   2015年4月   
空間分析におけるスケール
浅見泰司・矢野桂司・貞広幸雄・湯田ミノリ編「地理情報科学 GISスタンダード」古今書院   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
Geographically weighted generalized linear modelling with multi-categorical response models
Nakaya,T., Dong, D., Brunsdon, C.
International Conference on Spatial Analysis and Modeling   2018年9月8日   The University of Tokyo
Spatially varying coefficient modeling for large data: A case study of residential land price in Tokyo
International Conference on Spatial Analysis and Modeling   2018年9月8日   The University of Tokyo
Spatially explicit exploratory factor analysis on urban statistical data ? Geographically weighted approach
International Conference on Spatial Analysis and Modeling   2018年9月8日   The University of Tokyo
運動の地理疫学とGIS [招待有り]
中谷友樹
第21回日本運動疫学会学術総会   2018年6月23日   日本運動疫学会
米島万有子, 中谷友樹, 安本晋也, CHAN Ta‐Chien
日本地理学会発表要旨集   2018年3月10日   
中谷友樹, 中谷友樹
日本公衆衛生学会総会抄録集   2017年10月15日   
喜多村 祐里, 査 凌, 島 正之, 車谷 典男, 中谷 友樹, 郷司 純子, 祖父江 友孝
日本公衆衛生学会総会抄録集   2017年10月15日   
福井 敬祐, 伊藤 ゆり, 近藤 尚己, 中谷 友樹
日本公衆衛生学会総会抄録集   2017年10月15日   
近隣の社会的断片指標 ソーシャル・キャピタルおよび健康指標との関連について
埴淵 知哉, 中谷 友樹
日本公衆衛生学会総会抄録集   2017年10月   
公的統計を用いた健康格差指標のモニタリングと対策への活用に向けて 居住地レベルの健康格差の地図 がん登録・人口動態統計を用いて
中谷 友樹
日本公衆衛生学会総会抄録集   2017年10月   
査凌, 喜多村祐里, 島正之, 車谷典男, 中谷友樹, 熊谷信二, 郷司純子, 祖父江友孝
日本疫学会学術総会講演集(Web)   2017年1月25日   
菖蒲川由郷, 中谷友樹, 田代敦志, 齋藤玲子, 近藤克則, 近藤克則
日本疫学会学術総会講演集(Web)   2017年1月25日   
福井敬祐, 伊藤ゆり, 中谷友樹, 近藤尚己
日本疫学会学術総会講演集(Web)   2017年1月25日   
中谷友樹, 中谷友樹, 伊藤ゆり, 福井敬祐, 中山富雄
日本疫学会学術総会講演集(Web)   2017年1月25日   
谷端 郷, 矢野 桂司, 中谷 友樹, 花岡 和聖
日本地理学会発表要旨集   2017年   
I はじめに  <br> 人口減少時代を迎えた日本における持続可能で体系的な地方創生のための計画手法の1つとして、GISを活用したジオデザイン(スタイニッツ、2014)を提案する。ジオデザインとは、地域の記述や説明に重点をおく地理学と地域の将来計画を得意とする計画学とを融合し、GISとICTを最大限に活用して、地域住民と専門家の協働によって将来計画を立案するために提案されたフレームワークである。 本研究は、人口減少・高齢化が進行する典型的な地方自治体の1つである京都府与謝野町を対象に、...
安本 晋也, 中谷 友樹
日本地理学会発表要旨集   2017年   
<br><br>1.研究の背景<br><br> 2014年に東京都の代々木公園を中心としたデング熱の流行発生(70年ぶりの国内感染による流行)が示すように,日本における蚊感染性感染症の対策は喫緊の課題となっている.しかし,日本においてデング熱の流行リスクがどのように分布し,気候変動の影響によりそれがどのように変化していくかについては良く分かっていない.本研究では蚊媒介性疾患の理論疫学モデルに基づいた流行リスク指標を用いて,気温分布に基づく日本全土のデング熱流行リ...
安本晋也, 中谷友樹
人文地理学会大会研究発表要旨   2016年11月11日   
中谷友樹, 中谷友樹
日本公衆衛生学会総会抄録集   2016年10月15日   
社会経済的要因と栄養・食生活 GISを用いた食環境指標の可能性
中谷 友樹
日本公衆衛生学会総会抄録集   2016年10月   
八木橋 勉, 中谷 友樹, 中原 健一, 那須野 俊, 櫃間 岳, 野口 麻穂子, 八木 貴信, 齋藤 智之, 松本 和馬, 山田 健, 落合 幸仁
日本森林学会大会発表データベース   2016年3月27日   
これまでに,東北地方のコンテナ苗の樹高成長は,植栽時の苗の形状比が平均60程度の集団であれば,形状比が40-50の裸苗と同等以上であるが,形状比が平均100程度の集団では,裸苗と比較して劣ることがわかってきた。本研究では,同一地点における個体ごとの形状比と成長との関係に注目し,コンテナ苗と裸苗の成長を4成長期にわたって調査した。1成長期ごとの形状比と相対成長率の関係は,樹高相対成長率では,すべての成長期において,形状比とは負の相関があったが,特に1成長期目と2成長期目の相関が強かった。地際...
谷端郷, 米島万有子, 福田一史, 中谷友樹, 細井浩一
日本地理学会発表要旨集   2016年3月10日   
安本晋也, 中谷友樹
日本地理学会発表要旨集   2016年3月10日   
埴淵知哉, 中谷友樹, 村中亮夫, 花岡和聖
日本地理学会発表要旨集   2016年3月10日   
文化遺産防災における地理空間情報の活用
国際会議「文化財防災体制についての国際比較研究」   2015年12月12日   
健康リスクの社会格差と地域格差. シンポジウム「地域が抱える健康・貧困リスク問題への学術的視点」
貧困研究会第8回研究大会   2015年12月12日   
時空間地図から性犯罪の特徴を知る:京都市内で認知された強姦・強制わいせつ事件を対象に
子どもと女性を守るシンポジウム:調査研究に基づく新たな性犯罪対策   2015年11月16日   
Risk mapping of dengue fever outbreaks in Japan
KAGIS Fall Conference 2015 & International Symposium on GIS   2015年11月5日   
大規模石綿工場周辺住民における全死因および中皮腫の標準化死亡比(SMR)
第74回日本公衆衛生学会総会   2015年11月4日   
患者居住地域のSES及び精神疾患の有無が入院中に患者が受療する医療行為に与える影響についての解析
第74回日本公衆衛生学会総会   2015年11月4日   
大阪府におけるがん進行度別罹患率の社会経済格差:1993-2004年における格差の変化
第74回日本公衆衛生学会総会   2015年11月4日   
JGSS累積データからみた健康格差の推移
第74回日本公衆衛生学会総会   2015年11月4日   
地域在住自立高齢者の転倒リスクと体力との関連
第74回日本公衆衛生学会総会   2015年11月4日   
中瀬 克己, 中谷 友樹, 川畑 拓也, 中島 一敏, 神谷 信行, 杉下 由行, 高野 つる代, 尾本 由美子, 山内 昭則, 高橋 裕明, 樫原 摩紀, 山岸 拓也, 白井 千香
日本性感染症学会誌   2015年10月30日   
木村みさか, 吉田司, 山田陽介, 渡邊裕也, 山縣恵美, 横山慶一, 三宅基子, 吉中康子, 高田和子, 石原達朗, 海老根直之, 山田実, 中谷友樹, 岡山寧子, 桝本妙子
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月15日   
冨岡 慎一, 藤野 善久, 中谷 友樹, 久保 達彦, 松田 晋哉
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月15日   
伊藤 ゆり, 中谷 友樹, 近藤 尚己, 福井 敬祐, 中田 佳世, 井岡 亜希子, 宮代 勲, 中山 富雄
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月15日   
埴淵 知哉, 中谷 友樹, 本庄 かおり
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月15日   
桝本 妙子, 山田 陽介, 渡邊 裕也, 山縣 恵美, 吉田 司, 横山 慶一, 三宅 基子, 吉中 康子, 高田 和子, 石原 達朗, 海老根 直之, 山田 実, 中谷 友樹, 岡山 寧子, 木村 みさか
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月15日   
査 凌, 喜多村 祐里, 島 正之, 車谷 典男, 中谷 友樹, 郷司 純子, 祖父江 友孝
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月15日   
日本におけるデング熱の流行リスクマップ
地理情報システム学会第24回学術研究発表大会   2015年10月11日   
GISを利用した健康づくり支援環境研究の推進
シンポジウム:病院を中心とする街づくり―まちなか集積医療の提言―   2015年10月3日   
小林 諭史, 福田 吉治, 林 辰美, 石川 みどり, 横山 徹爾, 草間 かおる, 中谷 友樹, 武見 ゆかり, 村山 伸子
日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   2015年10月   
フレイル判定法と該当者数(亀岡スタディベースライン体力調査参加者での検討)
木村 みさか, 吉田 司, 山田 陽介, 渡邊 裕也, 山縣 恵美, 横山 慶一, 三宅 基子, 吉中 康子, 高田 和子, 石原 達朗, 海老根 直之, 山田 実, 中谷 友樹, 岡山 寧子, 桝本 妙子
日本公衆衛生学会総会抄録集   2015年10月   
前田 一馬, 中谷 友樹, 永田 彰平
2015年日本地理学会秋季学術大会   2015年9月18日   
Ⅰ.研究の背景と目的  阪神淡路大震災から20年、東日本大震災から4年の歳月が流れた。将来起こりうる災害に対応するさまざまな対応策が求められている今日、防災・減災に向けた地理情報の活用が盛んに議論されている。そのなかで、地域の記憶を共有する媒体となる文化財の価値に着目し、災害発生時における文化財の脆弱性や文化財の消失・損傷のリスクを評価する研究が蓄積されつつある(中谷 2014)。 このような機運に鑑みて、本研究では南海トラフを震源とした地震が引き起こしうる被害――とくに津波による文化...
米島 万有子, 中谷 友樹, 渡辺 護, 二瓶 直子, 津田 良夫, 小林 睦生
2015年日本地理学会秋季学術大会   2015年9月18日   
Ⅰ.研究背景 近年では、都市化や温暖化による媒介蚊の生息域の拡大や、航空機・船舶等の輸送機器発達よって蚊媒介性感染症の新たな拡大が懸念されている(Tatem et al. 2006)。この感染症を媒介する蚊の分布域や個体数は、蚊の生態に関わる土地利用・土地被覆から構成される景観によって主に規定される(Trawinski and Mackay 2010)。そこで、米島ほか(2015)では、実際に観測された媒介蚊の個体数と土地被覆との関係から、吸血飛来する日本脳炎およびマラリア媒...
Modelling geographic disparities of relative cancer survival at the neighbourhood level in Osaka prefecture, Japan
GEOMED 2015   2015年9月11日   
前田一馬, 中谷友樹, 永田彰平
日本地理学会発表要旨集   2015年9月10日   
米島万有子, 中谷友樹, 渡辺護, 二瓶直子, 津田良夫, 小林睦生
日本地理学会発表要旨集   2015年9月10日   
岩佐 翼, 高宮 朋子, 小田切 優子, 大谷 由美子, 福島 教照, 林 俊夫, 金森 悟, 菊池 宏幸, 中谷 友樹, 井上 茂
運動疫学研究: Research in Exercise Epidemiology   2015年9月30日   
地域在住自立高齢者における転倒リスクの関連要因とその性差 亀岡スタディ
桝本 妙子, 山田 陽介, 山田 実, 中谷 友樹, 三宅 基子, 渡邊 裕也, 吉田 司, 横山 慶一, 山縣 恵美, 伊達 平和, 南里 妃名子, 小松 光代, 吉中 康子, 藤原 佳典, 岡山 寧子, 木村 みさか
日本公衆衛生雑誌   2015年8月   
目的 地域在住自立高齢者の転倒リスクとその関連要因および性差を検討した。方法 京都府亀岡市の65歳以上の全高齢者の中で要介護3以上を除く18,231人に対して2011年7〜8月に行った自記式留め置き式質問紙調査への回答者13,159人のうち(回収率72.2%)、要支援・要介護認定者を除く「自立高齢者」12,054人について分析した。調査票は個別に配布し郵送で回収した。調査内容には、基本属性、鳥羽らによる転倒リスク簡易評価指標5項目、日常生活圏域ニーズ調査基本チェックリスト25項目、老研式活...
Detecting spatial clusters of anomalous associations: a local test for disease associative mapping
16th International Medical Geography Symposium   2015年7月9日   
Constructing potential habitat maps of vector mosquitoes in the eastern coast of Lake Biwa, Japan
16th International Medical Geography Symposium   2015年7月7日   
Neighbourhood walkability and physical activity among Japanese adults: Multilevel analysis of a nationally representative sample
16th International Medical Geography Symposium   2015年7月6日   
健康の社会格差と地域格差. シンポジウム「地域格差問題への学際的アプローチ」
日本地理学会2015年度春季学術大会   2015年3月29日   
米島 万有子, 福田 一史, 中谷 友樹, 細井 浩一
日本地理学会2015年度春季学術大会   2015年3月28日   
I.研究背景と目的<br>&nbsp;東日本大震災の経験から、甚大な災害時にも利用可能な情報入手手段としてワンセグ放送の価値が改めて指摘されるようになった(総務省2013)。これを受けて、本研究の対象である立命館大学衣笠キャンパスにおいては、ホワイトスペースを活用したエリア限定ワンセグ放送による防災情報共有システムの構築を進めている。このシステムの主な利用者となる学生に有用なメディアデザインとコンテンツデザインの確定には、災害に対する学生の意識や災害発生時の学生の行動を理解し...
2010〜2013年における徒歩フードアクセスの喪失地区
日本地理学会2015年度春季学術大会   2015年3月28日   
新型インフルエンザ流行の空間的伝播モデリング:茨城県における公立小中学校の閉鎖措置実施データを用いて
日本地理学会2015年度春季学術大会   2015年3月28日   
「記憶地図」を活用した被災地における地域文化の継承に向けて ―南三陸町志津川地区における地域の祭礼を事例として―
日本地理学会2015年度春季学術大会   2015年3月28日   
八木橋 勉, 櫃間 岳, 松尾 亨, 小西 光次, 中原 健一, 那須野 俊, 野口 麻穂子, 八木 貴信, 齋藤 智之, 柴田 銃江, 中谷 友樹, 松本 和馬
日本森林学会大会発表データベース   2015年3月26日   
スギ(Cryptomeria japonica)のコンテナ苗が,東北地方の厳しい気候下で良好な成長ができるのか,また徒長気味に見えるコンテナ苗でも良好な成長をするのかを確かめるため,最大積雪深が1m前後である岩手県と宮城県の2調査地において,成長量の調査を行った。コンテナ苗と裸苗の樹高と地際直径を植栽後3または4成長期に渡って計測して比較した。その結果,岩手県の調査地では,コンテナ苗の方が裸苗よりも樹高,直径成長ともに早かったが,宮城県の調査地では裸苗の方が初期成長が早かった...
米島万有子, 福田一史, 中谷友樹, 細井浩一
日本地理学会発表要旨集   2015年3月10日   
前田一馬, 谷端郷, 中谷友樹, 板谷直子, 平岡善浩
日本地理学会発表要旨集   2015年3月10日   
永田 彰平, 中谷 友樹, 矢野 桂司, 秋山 祐樹
日本地理学会発表要旨集   2015年3月10日   
1.背景と目的<br> 健康的な生活を支える食料品へのアクセスが剥奪される地域的状況はフードデザートと呼ばれ、特定の社会集団の健康水準を低下させる要因として指摘されてきた。日本社会では、中心商業地の衰退に伴う店舗の閉鎖や都市的な環境で広がる社会的疎外が、高齢者を中心とする徒歩によって生鮮食料品を購買していた居住者に深刻な影響をもたらすと危惧されている(岩間, 2011)。2011年3月に発生した東日本大震災では、津波被災地区を中心に発生した被災による食料品購買機会の喪失が問題となっている(...
小林 諭史, 福田 吉治, 林 辰美, 石川 みどり, 横山 徹爾, 草間 かおる, 中谷 友樹, 武見 ゆかり, 村山 伸子
日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   2015年   
永田 彰平, 中谷 友樹
日本地理学会発表要旨集   2015年   
1.研究の背景と目的<br> インフルエンザ流行を対象とした空間的伝播研究はこれまで数多く実施されてきた(Cliff et al., 1986).日本国内においても,都市階層と人の接触頻度の空間的制約からシミュレーションを行った研究(杉浦, 1975)や空間的な理論疫学モデルを用いて感染者数の時空間的な推移を分析した研究(中谷, 1994; 片岡ほか, 2012)が見られる.しかし,先行研究の多くは演繹的なモデル分析研究であり,実際の流行実績から,流行伝播の空間的パターンを抽出する研究は少...
中谷 友樹, 埴淵 知哉
日本地理学会発表要旨集   2015年   
1990年代以降の社会格差をめぐる関心の高まりの中、日本社会での所得格差の拡大とともに、健康の社会格差拡大への懸念も提起されるようになった。歴史的にみれば、英国の&rdquo;Black Report&rdquo;が世に出された1980年代以降、欧米では健康の社会格差は、社会階層間での健康の不平等の問題として、その存在が繰り返し確認され、その観察にはしばしば地理的な健康の不平等の存在も含まれていた。すなわち、所得のような社会経済的位置が集合的に低い地域には、死亡率等で測られる健康水準が目立...
前田 一馬, 谷端 郷, 中谷 友樹, 板谷 直子, 平岡 善浩
日本地理学会発表要旨集   2015年   
Ⅰ.問題の所在<br>2011年3月に発生した東日本大震災から4年の歳月が経とうとしている。被災地域の復旧・復興のプロセスにおいては、まず災害に耐えうるまちづくりが課題とされ、講じられる復興策として、被災地域の建造環境の再構築が重要視されてきた。しかし、地域が培ってきた祭礼や文化活動の復興も同様に重要性を持っていることが、阪神淡路大震災の被災地域における研究で指摘されている(相澤2005)。そこでは祭礼に関わる住民の取り組みを取り結ぶ媒介として「記憶」が重要な役割をはたしてきた。 <br...
中瀬 克己, 川畑 拓也, 中谷 友樹, 山岸 拓也, 尾本 由美子, 神谷 信行, 杉下 由行, 高野 つる代
日本エイズ学会誌   2014年11月20日   
Estimates of HIV-infected individuals in Japan
第73回日本公衆衛生学会総会   2014年11月8日   
京都府南丹市におけるアライグマの社寺侵入被害の空間分析
地理情報システム学会第23回研究発表大会   2014年11月8日   
地理的加重回帰分析を用いた新型インフルエンザの流行パターン解析:茨城県における公立小中学校の閉鎖措置実施データを用いて
地理情報システム学会第23回研究発表大会   2014年11月7日   
埼玉県2市町在住独居高齢者の食料品店への近接性との食生活状況との関連
第73回日本公衆衛生学会総会   2014年11月6日   
山間地域における独居高齢者の食料品入手とフードセキュリティの関連要因
第73回日本公衆衛生学会総会   2014年11月6日   
全国レベルでみた近隣と健康(2)―地理的剥奪と主観的健康感
第73回日本公衆衛生学会総会   2014年11月6日   
全国レベルでみた近隣と健康(1)―ウォーカビリティと身体活動
第73回日本公衆衛生学会総会   2014年11月6日   
埴淵知哉, 中谷友樹, 米島万有子, 本庄かおり
日本公衆衛生学会総会抄録集   2014年10月15日   
中谷友樹, 埴淵知哉, 米島万有子, 本庄かおり
日本公衆衛生学会総会抄録集   2014年10月15日   
吉葉 かおり, 武見 ゆかり, 村山 伸子, 石川 みどり, 横山 徹爾, 中谷 友樹, 福田 吉治, 草間 かおる
日本公衆衛生学会総会抄録集   2014年10月15日   
福田 吉治, 林 辰美, 村山 伸子, 石川 みどり, 横山 徹爾, 草間 かおる, 中谷 友樹, 武見 ゆかり
日本公衆衛生学会総会抄録集   2014年10月15日   
全国レベルでみた近隣と健康 地理的剥奪と主観的健康感
中谷 友樹, 埴淵 知哉, 米島 万有子, 本庄 かおり
日本公衆衛生学会総会抄録集   2014年10月   
全国レベルでみた近隣と健康 ウォーカビリティと身体活動
埴淵 知哉, 中谷 友樹, 米島 万有子, 本庄 かおり
日本公衆衛生学会総会抄録集   2014年10月   
Visualising Emerging Trends of Clusters in a Space-Time Region Using Spatio-Temporal Kernel Regression
GIScience 2014   2014年9月24日   
感染症の空間的伝播とそのモデル
入門:感染症数理モデルによる流行データ分析と問題解決   2014年8月10日   
健康の社会的決定因としての地理的環境
公衆衛生セミナー:日本における健康の社会決定要因   2014年8月8日   
京都府亀岡市篠町における2013年台風18号水害の地理的特徴
第8回歴史都市防災シンポジウム   2014年7月5日   
宮城県南三陸町の被災した文化遺産の現状と復興の課題
第8回歴史都市防災シンポジウム   2014年7月5日   
山間地域独居高齢者の食料品の買い物の困難さと満足度に関わる社会経済的要因
福田 吉治, 林 辰美, 村山 伸子, 石川 みどり, 横山 徹爾, 草間 かおる, 中谷 友樹, 武見 ゆかり
第84回日本衛生学会学術総会   2014年5月27日   
Detection of Space-Time Crime Patterns for Predictive Policing–
Annual meeting of the Associations of American Geographers   2014年4月8日   
高校地理での学習内容を活かした防災教育プログラムの実践—身近な地域の水害リスクを事例として—
2014年度日本地理学会春季学術大会   2014年3月27日   
村中亮夫, 谷端郷, 飯塚広志, 中谷友樹
日本地理学会発表要旨集   2014年3月10日   
地理疫学とビッグデータ解析:地理情報科学からみたその可能性と展望
第24回日本疫学会学術総会シンポジウム「ビッグデータ解析に挑む」   2014年1月25日   
田淵貴大, 中谷友樹, 福島若葉, 松永一朗, 大藤さとこ, 乾未来, 近藤亨子, 佐柳有香, 廣田良夫, 川野英二, 福原宏幸
J Epidemiol   2014年1月23日   
菊池宏幸, 井上茂, 高宮朋子, 小田切優子, 大谷由美子, 岡浩一朗, 北畠義典, 中谷友樹, 下光輝一
J Epidemiol   2014年1月23日   
村中 亮夫, 谷端 郷, 飯塚 広志, 中谷 友樹
日本地理学会発表要旨集   2014年   
I はじめに<br> 日本においては温暖湿潤な気候特性と同時に,沖積平野を中心に市街地が広がっていることから,程度の差はあれ身近な地域において水害に遭遇するリスクが存在する.この水害から自身の身を守るためには,水害リスクの地理的な条件や水害発生のメカニズムに対する理解を促す防災教育が欠かせない.そこで本研究では,水害発生の主要な素因である地形に着目し,地形図の読図やフィールドワークを通して身近な地域の水害リスクを防災マップとして地図化し水害リスクについて考える防災教育プログラ...
永田彰平・中谷友樹 (2013): 新型インフルエンザ流行時における学校閉鎖措置の時空間的パターン:2009-2010年シーズンの茨城県における公立小中学校の学校閉鎖措置に注目して
2013年度地理情報システム学会Web大会   2013年12月1日   
地域の防災・安全活動における安全安心マップ作成のワークショップの可能性―環境介入に着目して―
第25回立命館地理学会大会   2013年11月30日   
WB法HIV抗体確認検査数陽性数によるHIV診断動向把握の検討
第27回日本エイズ学会学術集会   2013年11月22日   
中瀬 克己, 山岸 拓也, 中島 一敏, 多田 有希, 尾本 由美子, 神谷 信行, 灘岡 陽子, 川畑 拓也, 白井 千香, 山内 昭則, 高橋 裕明, 堀 成美, 持田 嘉之, 中谷 友樹, 大西 真
日本エイズ学会誌   2013年11月20日   

担当経験のある科目