川越 恭二

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/09 02:58
 
アバター
研究者氏名
川越 恭二
 
カワゴエ キョウジ
URL
http://www.coms.ics.ritsumei.ac.jp/
所属
立命館大学
部署
情報理工学部情報理工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(筑波大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学

経歴

 
1977年4月
 - 
1997年3月
日本電気株式会社
 
1997年4月
 - 
2004年3月
立命館大学理工学部教授
 
2004年4月
   
 
立命館大学情報理工学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
大阪大学 工学部 電子工学科
 
 
 - 
1977年
大阪大学大学院 工学研究科 電子工学専攻
 

委員歴

 
2006年
 - 
2009年
日本データベース学会 理事
 
2011年
   
 
日本データベース学会 理事
 
2011年7月
   
 
ACM SIGMOD日本支部 支部長(委員長)
 
2007年
 - 
2008年
電子情報通信学会データ工学研究専門委員会 委員長
 
2010年
 - 
2011年
情報処理学会トランザクション論文誌(データベース)共同編集委員長
 

受賞

 
2014年9月
電子情報通信学会 フェロー称号
 
2014年3月
日本データベース学会 第二十回データ解析コンペティションDB部会最優秀賞
 
2011年8月
International Conference on Emerging Databases (EDB 2011) Best Paper Award, International Conference on Emerging Databases (EDB 2011)
 
2012年9月
KIISE Database Society of Korea. Best Paper Award, 2nd Postgraduate Consortium International Workshop on Innovatoin in Information and Communication Science and Technology (IICST 2012)
 
2016年10月
International Conference of Applied Computing (AC2016) Best Paper Award
 

論文

 
楽曲遷移の滑らかさを考慮したプレイリスト推薦
池田翔武,奥健太,川越恭二
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   9(4) 1-5   2016年12月
傾聴エージェントの実現に向けた傾聴会話参加者の自他評価による数値化モデルの提案
黄 宏軒,澁澤紗優美,林 勇吾,川越恭二
ヒューマンインタフェース学会論文誌   18(4) 373-382   2016年11月
多人数会話において積極的に情報提示ができるガイドエージェントの実現に向けた介入場面の検討,
黄 宏軒,乙木翔地,堀田 怜,川越恭二
人工知能学会論文誌   31(1)    2016年1月
Multi-dimensional Time Series Approximation Using Local Features at Thinned-out Keypoints
Yu Fang, Do Xuan Huy, Hung-Hsuan Huang, and Kyoji Kawagoe
Journal of Computers   10(1) 1-11   2015年
Toward an Agent Framework that Assits the Individuals with Mild Memory Impairment
Hung-Hsuan Huang, Hiroki Matsushita, Kyoji Kawagoe, Kiyoshi Yasuda
International Journal of Software Science and Computational Intelligence   6(1) 17-29   2014年

Misc

 
小説的学術論文と研究発表のすすめ
川越恭二
電子情報通信学会情報・システムソサイエティ誌   20(1) 13-14   2015年

書籍等出版物

 
楽しく学べるデータベース
共立出版   2014年4月   
新情報システム学序説
情報システム学会
情報システム学会   2014年2月   ISBN:978-4905112037
楽しく学べるデータベース
昭晃堂   2007年4月   
データベース 新世代工学シリーズ
オーム社   2000年   ISBN:ISBN4-274-13194-7
データベースの実現手法
情報処理学会編 エンサイクロペディア情報処理98/99   1997年11月   

講演・口頭発表等

 
楽曲遷移の滑らかさを考慮したプレイリスト推薦
第9 回 Web とデータベースに関するフォーラム, B2-2   2016年   
A Real-Time Detection and Localization System of Unexpected Events Using Crowd-Sourcing
International Workshop on Mobile Ubiquitous Systems, Infrastructures, Communications, and AppLications (MUSICAL 2016)   2016年11月28日   
Two-Pitch Estimation from EEG Signals for Music-Query by Melody-Recall in the Brain
Int. Conf. of Applied Computing(AC2016)   2016年10月   
Development of a Virtual Classroom for High School Teacher Training
16th International Conference on Intelligent Virtual Agents (IVA 2016)   2016年9月21日   
Predicting a Starting Pitcher in Baseball by Heuristic Rules
Ninth International C* Conference on Computer Science & Software Engineering   2016年7月21日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
単語近似手法による時系列データ類似検索技術と生命科学への応用
柏森情報科学財団研究助成
研究期間: 2010年 - 2011年
マルチメディア個紋の情報検索技術の開発
JSTシーズ発掘
研究期間: 2008年 - 2008年

特許

 
2005-250728 : 電子掲示板システムにおけるメッセージ表示方法、電子掲示板システム及びコンピュータープログラム