竹中 壮

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/27 18:46
 
アバター
研究者氏名
竹中 壮
 
タケナカ サカエ
所属
同志社大学
部署
理工学部 化学システム創成学科
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
同志社大学 理工学部 教授
 
2005年2月
 - 
2016年3月
九州大学大学院工学研究院化学工学部門 准教授
 
1998年4月
 - 
2005年1月
東京工業大学 大学院理工学研究科 応用化学専攻 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
京都大学 工学研究科 分子工学
 
 
 - 
1992年
同志社大学 工学部 化学工学
 

論文

 
Performance of carbon-supported Pt nanoparticles covered with silica layers with low ionomer in polymer electrolyte fuel cells
T. Ohnishi, M. So, S. Takenaka, Y. Tsuge and G. Inoue
ECS Trans   86 453-460   2019年   [査読有り]
大塚 潔, 竹中 壮
J. Jpn. Petrol. Inst.   47(6) 377-386   2004年
鉄で水素を貯蔵する
化学と工業   57(10) 1065   2004年

Misc

 
ISHIDA M, TOIDA M, SHIMIZU T, TAKENAKA S, OTSUKA K
Ind. Eng. Chem. Res.   43(22) 7204-7206   2004年
TAKENAKA S, KOBAYASHI Y, OTSUKA K
Energy & Fuels   18(6) 1775-1783   2004年
TAKENAKA S, KABURAGI T, YAMADA C, NOMURA K, OTSUKA K
J. Catal.   228(1) 66-74   2004年
TAKENAKA S, ISHIDA M, SERIZAWA M, TANABE E, OTSUKA K
J. Phys. Chem. B   108(31) 11464-11472   2004年

書籍等出版物

 
酸化鉄の還元・酸化による水素貯蔵技術
水素利用技術集成   2004年   
酸化鉄の還元・酸化を応用した純水素の貯蔵・生成技術
月刊エコインダストリー   2004年   
酸化鉄の還元・酸化による水素貯蔵技術
水素利用技術集成,エヌ・ティー・エス   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
低級アルカンの部分酸化に関する研究
XAFS, Raman分光法による触媒のキャラタリゼーション
二酸化炭素を排出しない炭化水素分解による水素合成