松本 祐司

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/11 14:50
 
アバター
研究者氏名
松本 祐司
 
マツモト ユウジ
URL
http://combi.msl.titech.ac.jp/
学位
理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京工業大学 応用セラミックス研究所 セラミックス機能部門 応用セラミックス研究所 セラミックス機能部門 准教授
 
1996年
 - 
1997年
:日本学術振興会  特別研究員
 
1998年
   
 
-:東京工業大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京大学大学院 理学系研究科 化学
 
 
 - 
1993年
東京大学 理学部 化学
 

受賞

 
2008年
第24回(2008年春季)応用物理学会講演奨励賞
 
2008年
東工大挑戦的研究賞
 
2008年
文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
 

Misc

 
CW-IR レーザによるイオン液体の真空蒸着技術の開発
丸山伸伍、松本祐司
レーザ加工学会誌   16(2) 48-50   2009年
光触媒表面の精密制御と有機単分子膜の光分解
松本 祐司
光化学   40(2) 114-117   2009年
R. Takahashi, M.Katayama, O. Dahl, J. K. Grepstad, Y.Matsumoto, and T. Tybell
Applied Physics Letters   94(23) 232901   2009年
M.Kitamura,I.Ohkubo,M.Kubota,Y.Matsumoto,H.Koinuma,M.Oshima
APPLIED PHYSICS LETTERS   94(13) 132506   2009年
Eiji Fujimoto, Masatomo Sumiya, Tsuyoshi Ohnishi, Kenji Watanabe, Mikk Lippmaa, Yuji Matsumoto, Hideomi Koinuma
Applied Physics Express   2(4) 045502   2009年

書籍等出版物

 
実験化学講座 第5版 ナノテクノロジーの化学
2005年   
実験化学講座 第5版 無機化合物
2005年   
コンビナトリアルテクノロジー 明日を開く‘ものつくり’の世界
丸善   2004年   
「次世代エレクトロニクス薄膜技術」 第6章コンビナトリアルテクノロジー-集積化薄膜技術による材料開発の革新
株式会社シーエムシー出版   2003年   
酸化物エレクトロニクス
培風館   2001年   

講演・口頭発表等

 
Molecular Layer-by-Layer Growth of C60 Thin Films by Continuous-Wave Infrared Laser Deposition
Applied Physics Express   2008年   
Photochemical switching of ultrathin PbTiO3 films
Appl. Phys. Lett,   2008年   
フラックスエピタキシー:酸化物完全単結晶薄膜への挑戦
2008年   
Field-induced resistance switching at metal/perovskite manganese oxide interface
Mater.Sci.Eng.B   2008年   
次世代メタルゲート材料としてのアモルファス合金の探査
第54回応用物理学関係連合講演会   2007年   

Works

 
コンビナトリアル技術を用いた新型触媒等の新材料開発
芸術活動   2002年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
コンビナトリアル手法による、新機能性材料・デバイス探索
二酸化チタン透明磁石の開発とスピンエレクトロニクスへの応用
表面・界面の構造と物性の原子レベル制御