宮岡 礼子

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/25 13:53
 
アバター
研究者氏名
宮岡 礼子
 
ミヤオカ レイコ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/eca9fc2120ecf04a4b6b52d4ce81b954.html
所属
東北大学
部署
高度教養教育・学生支援機構 教養教育院
職名
教授
学位
理学博士(東京工業大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

委員歴

 
2006年5月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2015年9月
 - 
2016年8月
京大数理解析研究所  運営委員,専門委員
 
2014年6月
 - 
現在
科学技術振興機構  CREST領域アドバイザー
 
2014年6月
 - 
現在
科学技術振興機構  さきがけ領域アドバイザー
 
2014年7月
 - 
現在
明治大学先端数理インスティチュート  現象数理学研究拠点運営委員
 

受賞

 
2001年10月
日本数学会 日本数学会幾何学賞 Dupin超曲面および極小曲面に関する研究業績
 

論文

 
H. Iriyeh, H. Ma, R. Miyaoka, Y. Ohnita
Bull. Lond. Math. Soc.   48(5) 802-812   2016年   [査読有り]
Reiko Miyaoka
Springer Proceedings in Math. and Stat. ``Hermitian-Grassmannian Submanifolds      2017年6月   [査読有り][招待有り]
R. Miyaoka
Annals of Math.   183(3) 1057-1071   2016年5月   [査読有り]
Moment map description of the Cartan-Munzner polynomials of degree four
Reiko Miyaoka
Geometry and Analysis on Manifolds, Progress in Math.   38 437-447   2015年   [査読有り][招待有り]
R. Miyaoka and S. Ueki
Real and complex submanifolds (Proceedings of the satellite conference of ICM)   106 89-95   2014年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
等径超曲面のガウス像の Hamilton non-displaceability について
宮岡礼子
部分多様体論・湯沢2015      2015年2月
非コンパクト完備極小ラグランジュ部分多様体の体積安定性について
宮岡礼子
Geometry and Analysis   109-120   2014年
複素数で表す極小曲面
宮岡礼子
数理科学   52(10) 14-20   2014年10月
極小曲面と変分問題
宮岡礼子
数理科学   30-36   2010年10月
オーバーボルファッハ研究集会
宮岡礼子
数理科学   59-61   2010年10月

書籍等出版物

 
曲がった空間の幾何学
宮岡 礼子
講談社   2017年7月   
現代幾何学への招待
宮岡礼子
サイエンス社   2016年4月   
SGCライブラリ124
Geometry and Topology of Manifolds
宮岡 礼子 (担当:共編者)
Springer   2016年3月   
Riemann Surfaces, Harmonic Maps and Visualization
Y.Ohnita, M.Guest, R.Miyaoka, W. Rossman (担当:共編者)
大阪市大   2010年3月   ISBN:978-4-901409-69-8
Surveys on Geometry and Integrable Systems
M. Guest, R. Miyaoka, Y. Ohnita (担当:共編者)
Math. Soc. Japan   2008年   ISBN:978-4-931469-46-4

講演・口頭発表等

 
Exceptional values of the Gauss map of complete minimal surfaces I,II (清華大学 Yau MSC,中国) [招待有り]
宮岡 礼子
Geometric Analysis Seminar   2018年3月17日   
Approach from hypersurface geometry to the Floer theory on Langrangian intersecitons I (早稲田大学) [招待有り]
宮岡 礼子
Differential Geometry and Differential Equations: the influence of Mirror Symmetry and Physics   2017年12月13日   
Approach from the hypersurface geometry to the Lagrangian intersection Floer theory [招待有り]
宮岡 礼子
2017 Chongqing Workshop on Differential Geometry (重慶,中国)   2017年11月16日   
ラグランジュ交叉のフレアホモロジーに対する部分多様体論からのアプローチ [招待有り]
宮岡 礼子
トポロジー&リー群論・表現論合同セミナー(東京大学)   2017年10月24日   
Hamiltonian non-displaceability of certain Lagrangian submanifolds [招待有り]
宮岡 礼子
The third Japanese-Spanish workshop on Differential Geometry (Madrid, Spain)   2017年9月21日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
可積分幾何,シンプレクティック幾何
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 現在
極小曲面論
科学研究費補助金
研究期間: 1994年9月 - 現在
超曲面論
基礎科学研究
研究期間: 1982年4月   
調和写像論と可積分系
基礎科学研究
研究期間: 1976年4月   
G-構造論
基礎科学研究
研究期間: 1989年4月   

社会貢献活動

 
仙台一高 現代数学講演会
【その他】  2015年12月6日
仙台1高にて,「統計の不思議 - 先頭の数は何か?」の題目で講演,質疑応答を行った.
日本数学会 女性数学者交流会
【その他】  2014年9月26日
日本数学会秋期総合分科会にて,女性数学者交流の試みとして昼食会を開催した.
男女共同参画学協会連絡会シンポジウム
【その他】  2014年10月4日
年一度の開催を幹事会運営委員として行った.
九州大学 第2回女性研究者エンカレッジメントセミナー
【その他】  2014年12月5日
九州大学において,第2回女性研究者エンカレッジメントセミナーで「意の赴くままに-やりたいことを貫きましょう」の標題で女性研究者の行き方について講演,質疑応答を行った.
宮城1高 現代数学講演会
【その他】  2013年12月11日
現代数学講演会講演

その他

 
2016年2月
曲面と可積分系
1993年4月
Lie sphere geometry
2014年6月   ラグランジュ交叉とフレアホモロジー
等径超曲面のガウス写像の像は複素2次超曲面の極小ラグランジュ部分多様体の多くの例を与えている.また,等質なもの,等質でないもの両方を無限個含むので,これまでトーリックファイバーなど特殊なものしか計算されていなかったフレアホモロジーの計算の第一歩として,これらのラグランジュ交叉の考察は重要であり,現在共同研究を行っている.
2003年9月   ガウス写像の除外値問題
代数的極小曲面のガウス写像の除外知数の評価を目指す.