堀 克敏

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/16 11:06
 
アバター
研究者氏名
堀 克敏
 
ホリ カツトシ
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻バイオマテリアル
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京理科大学 理工学部 卒業 
 
 
 - 
1991年
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 修士課程 修了 
 
 
 - 
1995年
東京工業大学大学院  総合理工学研究科 博士課程 修了 
 

委員歴

 
2011年1月
 - 
現在
 生物工学会 代議員
 
2010年4月
 - 
現在
 化学工学会 バイオ部会環境生物分野専門分科会代表幹事
 
2005年4月
 - 
現在
 化学工学会 バイオ部会幹事
 
2014年7月
 - 
2015年3月
 みえバイオリファイナリー研究会 オブザーバー
 
2013年4月
 - 
2015年3月
 水の先進理工学第183委員会 委員
 
2013年3月
 - 
2015年2月
 化学工学会 代議員
 
2008年4月
 - 
2013年5月
 生物工学会 英文誌J.Biosci. Bioeng. 編集委員
 
2005年4月
 - 
2012年3月
 化学工学会 東海支部幹事
 
 
   
 
化学工学会  バイオ部会幹事、環境生物分野専門分科会代表、東海支部幹事
 
 
   
 
生物工学会  代議員、英文誌編集委員、中部支部委員
 

受賞

 
2001年
2001年度化学工学会優秀論文賞
 
2004年9月
竹田国際貢献賞
 
2007年11月
名古屋工業大学褒賞 優秀賞受賞
 
2008年12月
名古屋工業大学教員評価 優秀賞
 
2009年11月
Best Presentation Award, APBioChech'09
 

Misc

 
Leo JC, Oberhettinger P, Yoshimoto S, Udatha DB, Morth JP, Schütz M, Hori K, Linke D
The Journal of biological chemistry   291(38) 20096-20112   2016年9月   [査読有り]
Ishikawa M, Yoshimoto S, Hayashi A, Kanie J, Hori K
Molecular microbiology   101(3) 394-410   2016年8月   [査読有り]
Yoshimoto S, Nakatani H, Iwasaki K, Hori K
Scientific reports   6 28020   2016年6月   [査読有り]
Koiwai K, Hartmann MD, Linke D, Lupas AN, Hori K
The Journal of biological chemistry   291(8) 3705-3724   2016年2月   [査読有り]
Hori K, Ohara Y, Ishikawa M, Nakatani H.
Applied Microbiology and Biotechnology      2015年4月

書籍等出版物

 
Biofilm and Materials Science : Adhesion of Bacteria
Springer   2015年   ISBN:978-3-319-14564-8
化学同人   2014年4月   ISBN:4759813756
暗発酵による水素生産;『光合成のエネルギー利用と環境応用』
シーエムシー出版   2014年   
堀 克敏, 齋藤 永宏, 市野 良一, 松山 秀人
コロナ社   2013年12月   ISBN:4339066303
Integrated production and separation, in Comprehensive Biotechnology, E. Collins (ed.)
Elsevier   2011年6月   
古畑勝則(麻布大学准教授) 松下貢(中央大学教授) 森川正章(北海道大学教授) 岡部聡(同准教授), 加藤紀弘(宇都宮大学教授) 池田宰(同教授) 松下一信(山口大学教授) 堀克敏(名古屋工業大学准教授) ほか(計50名)
エヌティーエス   2008年2月   ISBN:4860431502
 『とことんやさしいタンパク質の本』
日刊工業新聞社   2007年   
望月 和博, 堀 克敏, 立本 英機
エヌ・ティー・エス   2000年7月   ISBN:4900830577
 『生分解性プラスチックハンドブック』
エヌ・ティー・エス   1995年   

講演・口頭発表等

 
Biophysical characterization of a trimeric autotransporter adhesion, ATaA, from the highly adhesive bacterium Acinetobacter sp.Tol5
FEMS 6th Congress of European Microbiologists   2015年   
Flow cell analysis of the process of bacterial cell adhesion mediated by the adhesive nanofiber protein ATaA under shear stress
FEMS 6th Congress of European Microbiologists   2015年   
Microscopic analysis of the process of bacterial cell adhesion and autoagglutination mediated by the adhesive nanofiber protein ATaA
FEMS 6th Congress of European Microbiologists   2015年   
Characterization of AtaA, an Acinetobacter TAA, immobilizing bacterial cells firmly to various surfaces
4th International Symposium of the SFB 766   2015年   
高接着性タンパク質AtaAのパッセンジャードメインC末端領域の機能・構造解析
日本大学   2015年   

Works

 
機能性バクテリオナノファイバーのデザインと被毛微生物の作出
2014年4月 - 2017年3月
リポソームから毛を生やす
2014年4月 - 2016年3月
バイオフィルム形成初期過程の制御に向けた細菌付着のナノメカニズム
2004年4月 - 2007年3月
疎水性物質との相互作用に関わる環境汚染物質分解菌表層分子機構の解明とその応用
2001年4月 - 2004年3月
プログラム自己破砕細菌による生分解性プラスチックの高度生産・分離プロセスの開発
1999年4月 - 2002年3月

競争的資金等の研究課題

 
バイオによる排水処理
研究期間: 2005年   
バクテリオナノファイバー蛋白質の機能を基盤とする界面微生物プロセスの構築
科学研究費補助金
研究期間: 2011年   

特許

 
自己破砕微生物による有用物質の生産法
3799402
ポリヒドロキシアルカン酸とラムノリピッドの同時生産法
2003-52368