河崎 吉紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/06 12:11
 
アバター
研究者氏名
河崎 吉紀
 
カワサキ ヨシノリ
URL
http://ykawasak.doshisha.ac.jp/
所属
同志社大学
部署
社会学部 メディア学科
職名
教授
学位
博士(新聞学)(同志社大学), 修士(新聞学)(同志社大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
同志社大学社会学部メディア学科 教授
 
2008年4月
 - 
2018年3月
同志社大学社会学部メディア学科 准教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
同志社大学社会学部メディア学科 専任講師
 
2004年4月
 - 
2005年3月
同志社大学文学部社会学科 専任講師
 
2017年8月
 - 
現在
京都造形芸術大学芸術学部 非常勤講師(集中講義)
 
2017年4月
 - 
現在
京都産業大学外国語学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年3月
京都産業大学外国語学部 非常勤講師
 
2013年8月
   
 
岐阜大学地域科学部 非常勤講師(集中講義)
 
2011年8月
   
 
三重大学人文学部 非常勤講師(集中講義)
 
2009年4月
 - 
2010年3月
ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
同志社大学 大学院文学研究科 博士課程後期
 
 
 - 
1999年
同志社大学 大学院文学研究科 修士課程
 
 
 - 
1997年
同志社大学 文学部 社会学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本マス・コミュニケーション学会  幹事
 
2013年6月
 - 
2017年5月
日本マス・コミュニケーション学会  理事
 
2008年6月
 - 
2010年5月
日本マス・コミュニケーション学会  幹事
 
2002年6月
 - 
2007年5月
日本マス・コミュニケーション学会  幹事
 

論文

 
メディア業界出身の政治家:『衆議院議員名鑑』の分析を通して
河崎 吉紀
京都メディア史研究年報   (3) 51-64   2017年4月
ジャーナリスト訓練評議会の改革:学校教育への道
河崎 吉紀
京都メディア史研究年報   (2) 49-72   2016年4月
イギリスにおけるジャーナリスト資格化の試み:1930年代、庶民院への法案提出をめぐって
河崎 吉紀
メディア史研究   (39) 122-140   2016年2月   [査読有り]
ジャーナリスト訓練評議会の誕生:1950年代におけるイギリスの選択
河崎 吉紀
評論・社会科学   (114) 1-18   2015年9月
ネトウヨとナチスの隔たり:掲示板「2ちゃんねる」の言説分析から
河崎 吉紀
京都メディア史研究年報   (1) 115-127   2015年5月
社会現象としてのジャーナリズム教育 : イギリスにおける高等教育の拡大を中心に
河崎 吉紀
評論・社会科学   (102) 1-22   2012年9月
戦間期におけるイギリスのジャーナリズム教育:ロンドン大学を中心に
河崎 吉紀
評論・社会科学   (96) 1-16   2011年5月
19世紀におけるイギリスのジャーナリスト教育:高級な文士と働く記者
河崎 吉紀
評論・社会科学   (94) 1-14   2011年1月
戦前の記者クラブに対する数量的分析:『日本新聞年鑑』を用いて
河崎 吉紀
評論・社会科学   (87) 71-94   2009年1月
2000年問題に関する新聞報道:自然災害と経済的リスク
河崎 吉紀
同志社メディア・コミュニケーション研究   (4) 190-199   2007年3月

書籍等出版物

 
青年と雑誌の黄金時代:若者はなぜそれを読んでいたのか
河崎 吉紀 (担当:分担執筆, 範囲:『ファミマガ』『ファミ通』『電撃PlayStation』:ゲーム雑誌の創造性)
岩波書店   2015年11月   ISBN:9784000610803
ヒトラーの呪縛(下):日本ナチカル研究序説
河崎 吉紀 (担当:分担執筆, 範囲:電脳ナチズムのインパクト)
中央公論新社   2015年6月   ISBN:9784122061354
現代ジャーナリズム事典
(事典項目執筆)
三省堂   2014年5月   ISBN:9784385151083
戦争社会学ブックガイド:現代世界を読み解く132冊
河崎 吉紀 (担当:分担執筆, 範囲:戦意高揚とマスメディア)
創元社   2012年3月   ISBN:9784422300429
明治時代史大辞典
(辞典項目執筆)
吉川弘文館   2011年12月   
メディア用語基本事典
(事典項目執筆)
世界思想社   2011年1月   ISBN:9784790714996
歴史学事典 第15巻 コミュニケーション
(事典項目執筆)
弘文堂   2008年6月   ISBN:9784335210457
戦間期日本の社会集団とネットワーク:デモクラシーと中間団体
河崎 吉紀 (担当:分担執筆, 範囲:新聞界における社会集団としての早稲田)
NTT出版   2008年3月   ISBN:9784757141827
ラーニング・アロン:通信教育のメディア学
河崎 吉紀 (担当:分担執筆, 範囲:福祉としての通信教育:勤労青年から引きこもりへ)
新曜社   2008年3月   ISBN:9784788510913
幻の公衆
河崎 吉紀 (担当:単訳)
柏書房   2007年6月   ISBN:9784760131693

講演・口頭発表等

 
ジャーナリストの社会的地位:19世紀におけるイギリスの職業団体を参考に
日本マス・コミュニケーション学会 ワークショップ   2014年6月   
イギリスにおけるジャーナリスト養成:NCTJの取り組み
メディア史研究会   2014年2月   
ジャーナリスト資格化の構想:1930年代のイギリスを中心に
日本教育社会学会   2013年9月   
デジタル・コミュニケーション時代におけるメディア史教育
日本マス・コミュニケーション学会 ワークショップ   2008年6月   
ジャーナリスト集団の歴史的検討:学校歴を中心に
日本マス・コミュニケーション学会 ワークショップ   2007年6月   
ジャーナリストの専門性:歴史社会学的検討
日本マス・コミュニケーション学会 ワークショップ   2004年11月   
近代日本における新聞記者の養成:実学から教養への新聞学史
メディア史研究会   2003年1月   
戦前における新聞記者の学歴と採用
日本マス・コミュニケーション学会   2000年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
メディア業界への人材供給に関する国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 河崎 吉紀