渡辺 千仭

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
渡辺 千仭
 
ワタナベ チヒロ
URL
http://www.me.titech.ac.jp/~wata_lab/chihiro.html
所属
旧所属 東京工業大学 大学院社会理工学研究科 経営工学専攻
職名
教授,その他,その他
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
   
 
-:東京工業大学 大学院社会理工学研究科 教授
 
1994年
   
 
-:国際応用システム分析研究所(IIASA) 所長官房 技術顧問
 
1993年
 - 
1994年
:通産省 工業技術院 技術審議官
 

学歴

 
 
 - 
1968年
東京大学 工学部 都市工学
 

委員歴

 
1995年
   
 
研究・技術計画学会  副会長・分科会長
 
1995年
   
 
日本工学アカデミー  国際委員会副委員長
 

受賞

 
2006年
Journal of Advances in Management Research (IJMR)最優秀論文賞
 
2005年
国際MOT学会卓越研究組織賞
 
2003年
国際MOT学会研究論文賞
 
2002年
2002世界オートメーション会議最優秀論文賞
 
1998年
国連地球環境機構 貢献顕賞
 

Misc

 
ファインセラミックス構造材料における技術のスピルオーバーについての実証分析
大村昭 渡辺千仭
研究・技術計画学会第19回年次学術大会講演要旨集   759-762   2004年
C. Watanabe K. Matsumoto J. Y. Hur
Technological Forecasting and Social Change   71(9) 941-959   2004年
The Interaction between Product Concept and Institutional Inducement: A New Driver of Product Innovation
M. Orihata C. Watanabe
Technovation   20(1) 11-23   2000年
The Perspective of Techno-metabolism and its Insight into National Strategies
C. Watanabe
Research Evaluation   6(2) 69-76   1997年
C. Watanabe R. Kondo N. Ouchi H. Wei
Technological Forecasting and Social Change   71(4) 365-390   2004年

書籍等出版物

 
技術革新の計量分析
日科技連   2001年   
Choosing Energy Technologies
OECD edt. Comparing Energy Technologies (OECD, Paris)   1996年   
Technology Spillover as a Complement for High-level R&D Intensity in the Pharmaceutical industry
Technovation   2002年   ISBN:01664972
Dynamic Process of Technology Spillover: A Transfer Function Approach
Technovation   2002年   ISBN:01664972
Inter-firm Technology Spillover and the Creation of a Virtuous Cycle between R&D, Market Growth and Price Reduction
Paper presented to International Workshop on Induced Technological Change and the Environment (Laxenburg, Austria)   1999年   

講演・口頭発表等

 
世界のバイオ自動車燃料導入市場を視野に入れた戦略的標準化
研究・技術計画学会第21回年次学術大会   2006年   
Enhancement of Japanese Firms Competitiveness through the Entrepreneurial Reorganization: Hybrid Management of Technology
10th Memorial Symposium of the Research Center for the Creation of Entrepreneurial Capacity   2007年   
企業再生イノベーションを可能にした構造的源泉 - 輸送機器業界の日米インスティテューション比較
2007年   
Japan's Co-evolutionary Dynamism between Innovation and Institutional Systems - Nwe Approach
SIMOT International Symposium, 2006, Tokyo   2006年   
食の安全モデルの成立と新ビジネス環境への適応について
研究・技術計画学会第21回年次学術大会   2006年   

Works

 
インスティテューショナル技術経営学
2004年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
インスティテューショナル技術経営学
科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
研究期間: 2004年 - 2008年
ハイブリッド技術経営による共進的内生化過程分析-大連シリコンバレー企業の追跡実験
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
大連ハイテクパーク立地800企業を対象とした比較実証分析により、国籍,領域,戦略等に応じたハイブリッド技術経営の取り組みの同質性,異質性とその効果を明らかにする。
社会経済への浸透過程における技術の性格形成メカニズム (製造技術とITとの比較分析)
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2006年
日米欧の技術・経済の内生化プロセスの比較分析
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2001年
技術進歩の経済成長への内生化プロセスの類似性・異質性を日米欧で比較実証分析