鐘ヶ江 秀彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:14
 
アバター
研究者氏名
鐘ヶ江 秀彦
 
カネガエ ヒデヒコ
URL
http://www.r-dmuch.jp/
所属
立命館大学
部署
政策科学部政策科学科
職名
教授
学位
工学修士(東京工業大学), 博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学

研究分野

 

経歴

 
1994年7月
 - 
1998年3月
国際連合地域開発センター
 
1995年7月
 - 
1997年12月
国立交通研究所・フィリピン大学・客員助手
 
1997年4月
 - 
1998年3月
九州大学大学院比較文化社会研究科・連携併任助教授
 
1998年4月
 - 
2001年9月
東京工業大学大学院社会理工学研究科・文部教官
 
2002年10月
 - 
2006年3月
立命館大学政策科学部・大学院政策科学研究科・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京工業大学 工学部 社会工学
 
 
 - 
1989年3月
東京工業大学大学院 理工学研究科 社会工学専攻
 
 
 - 
1994年6月
東京工業大学大学院 大学院理工学研究科 社会工学専攻
 

委員歴

 
1995年4月
 - 
1996年3月
日本都市計画学会  中部支部幹事
 
1994年7月
 - 
1995年3月
日本計画行政学会  常任幹事
 
2012年6月
 - 
2017年6月
一般社団法人日本計画行政学会  評議員
 
2017年6月
 - 
2019年6月
一般社団法人日本計画行政学会  常務理事
 
2011年4月
 - 
2012年4月
日本計画行政学会 関西支部  幹事
 

受賞

 
2018年7月
国際シミュレーション&ゲーミング学会 第49回国際シミュレーション&ゲーミング学会世界年次大会2018タイ王国内閣総理大臣賞・最優秀論文賞
 
2016年9月
国際シミュレーション&ゲーミング学会 第47回国際シミュレーション&ゲーミング学会世界年次大会2016最優秀論文賞
 
2016年3月
公益財団法人 科学技術融合振興財団 平成27年度 第9回FOST賞受賞 公益財団法人 科学技術融合振興財団 平成27年度 第9回FOST賞
 
2011年10月
The Best Paper Presenter of the 2nd International Conference on Sustainable Future for Human Security-Sustain 2011
 
2009年10月
日本地域学会2009年度学会賞・著述賞
 

論文

 
A STUDY ON EFFECT ON QUALITY OF LIFE BY “INFORMATION MISMATCH” AMONG RESIDENTS AND PUBLIC SECTOR AFTER AN EARTHQUAKE IN HISTORIC CITIES – CASE STUDY IN L’AQUILA ITALY
Hiroari Shimizu, Quirino Crosta2, Micaela Merucuri, Ryoya Tomeno, Satoru Ono, Hidehiko Kanegae, Paola Rizzi
Proceedings, 12th World Congress of the RSAI; Spatial Systems: Social Integration, Regional Development and Sustainability   1073-1078   2018年
PLANNING PARADIGM SHIFT FOR URBAN SYSTEMS IN OUR NEAR FUTURE
Hidehiko KANEGAE
Proceedings, 12th World Congress of the RSAI; Spatial Systems: Social Integration, Regional Development and Sustainability   1073-1078   2018年
姫路城における大地震時の国内観光客の一斉帰宅抑制へ向けた滞在意図の変化に関する研究
豊田祐輔・酒井宏平・崔明姫・鐘ヶ江秀彦
歴史都市防災論文集   11 175-182   2017年
姫路城における大規模災害を想定した公助の観光客帰宅意図への影響に関する研究
酒井宏平・崔明姫・豊田祐輔・鐘ヶ江秀彦
歴史都市防災論文集   9 135-142   2015年
A Community Evacuation Planning Model against Urban Earthquakes
Toyoda, Y. and Kanegae, H.
Regional Science, Policy and Practice   6(3) 231-249   2014年

書籍等出版物

 
"A Simulation of Economic Loss Impact and Recovery: A Case Study of Shima City Assuming Nankai Trough Earthquake", Simulation and Gaming in the Network Society
Mingji Cui, Hitoshi Taniguchi, Yusuke Toyoda and Hidehiko Kanegae (Authors) Kaneda Toshiyuki, Kanegae Hidehiko, Toyoda Yusuke and Rizzi Paola (Editors)
Springer   2016年8月   ISBN:978-981-10-0574-9
Simulation and Gaming in the Network Society, Kaneda Toshiyuki, Kanegae Hidehiko, Toyoda Yusuke and Rizzi Paola (Editors)
Kaneda Toshiyuki, Kanegae Hidehiko, Toyoda Yusuke and Rizzi Paola (Editors)
Springer, Translational Systems Sciences   2016年8月   ISBN:978-981-10-0574-9
「第3部 サステイナビリティの構築(気候変動への対応)災害と都市」周瑋生(編著)『サステイナビリティ学入門』
法律文化社   2013年4月   ISBN:978-4589035042
「16章 環境持続性と地域活性化 16.4 炭素埋設農法を通じた持続可能な地域開発「亀岡モデル」」大貝彰・宮田譲・青木伸一(編著)『都市・地域・環境概論―持続可能な社会の創造に向けて』
朝倉書店   2013年4月   ISBN:978-4-254-26165-3
「8章 災害体験を教訓に変える―ゲーミングによる「気づき」と「共有」の防災学習」立命館大学「テキスト文化遺産防災学」刊行委員会編『テキスト文化遺産防災学』
豊田祐輔
学芸出版社   2013年3月   ISBN:978-4761525491

講演・口頭発表等

 
The Attractiveness of a Post-Mining City as a Tourist Destination from the Perspective of Visitors
日本地域学会 第55回年次大会 学術発表論文集   2018年10月8日   
A Study on Spatial Distribution of Disaster-related Geospatial Information Availability on Local Government Websites in Indonesia
日本地域学会 第55回年次大会 学術発表論文集   2018年10月7日   
震災時における外国人観光客の避難行動モデリングに関する研究: 清水寺界隈を事例に
日本地域学会 第55回年次大会 学術発表論文集   2018年10月7日   
Shifting for Gamish Multilarity Society in our near future (Keynote in Plenary)
49th International Simulation & Gaming Association Conference 2018   2018年7月10日   
レジリエント・シティにおける地域情報化
日本地域学会 第54回年次大会 学術発表論文集   2017年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文化遺産と芸術作品を災害から防御するための若手研究者国際育成プログラム
独立行政法人日本学術振興会・若手研究者インターナショナル・トレーニングプログラム(ITP)
研究期間: 2009年 - 2010年