論文

査読有り
2016年

ブリティッシュカラーカウンシルの刊行物における色彩の表記の独自性

日本色彩学会誌
  • 日髙 杏子

40
1
開始ページ
13
終了ページ
22
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.15048/jcsaj.40.1_13
出版者・発行元
一般社団法人 日本色彩学会

ブリティッシュ・カラーカウンシル(BCC)は,1930 年代から1950 年代に活発に出版物を発行した色彩標準化団体であった.これらの精緻な出版物は,独自な色名法と表色系に特徴づけられる.1956 年に,刊行物の一つで第2 版が発行された後,組織は経営停止し,現在は消息不明である.本研究では,BCC による5 種類の刊行物を調査し,その独自性を分析する.BCC の方針はアメリカやドイツ由来の定量的表記を避けつづけ,イギリス独自の表色系を作ろうとしていた点で,イギリスの政治的孤立主義の影響が推測できる.色名,特殊コードや番号の使用,色彩用語「ティントとシェード」の解釈,ブラウンスケールの導入は,BCC の独自な方向性を裏づけている.しかしながら,BCC の色彩の表記は,グローバルスタンダードとしての確立に躓いていた.1953 年に英国規格協会(BSI) によるマンセル表色系の導入,さらに1969 年にインペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI) によるカラーアトラスの発行は,BCC の閉鎖を招いた可能性がある.

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.15048/jcsaj.40.1_13
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130005141744
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000265676095