山岡 俊樹

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/04 23:09
 
アバター
研究者氏名
山岡 俊樹
 
ヤマオカ トシキ
所属
京都女子大学
部署
家政学部 生活造形学科
職名
教授
学位
学術博士(千葉大学)

経歴

 
1994年
 - 
1998年
(株)東芝,R&Dセンター,ヒュマンインタフェース技術センター
 

学歴

 
 
 - 
1991年
千葉大学 自然科学研究科 環境科学
 
 
 - 
1971年
千葉大学 工学部 工業意匠
 

委員歴

 
1990年
   
 
日本人間工学会  評議委員
 
1999年
   
 
HCI(Human Computer Interaction)  program Board
 
1998年
   
 
日本デザイン学会  評議員
 
2002年
   
 
人類働態学会  理事
 

Misc

 
スクリーンデザインの考え方とその応用例
経営システム   4(2) 75-80   1995年
ユーザインタフェースデザイン概論
デザイン学研究特集号   3(2) 2-7   1995年
脚空間の奥行きと下腿の傾きに関する検討
姿勢研究   11(1) 17-22   1991年
監視制御室のデザインの実態とオペレータの意識調査
デザイン学研究   (80) 11-18   1990年
監視制御室,監視制御卓の望ましい色彩に関する研究
デザイン学研究   (80) 19-24   1990年

書籍等出版物

 
GUIデザインガイドブック(編著)
海文堂出版株式会社   1996年   
応用人間工学の視点に基づくユーザインタフェースデザインの実践(共著)
海文堂出版株式会社   1999年   
ユーザー優先のデザイン・設計(編著)
共立出版   2000年   
構造化ユーザインタフェースの設計と評価(編著)
芝立出版   2000年   
ヒューマンデザインテクノロジー入門 新しい論理的デザイン、製品開発方法
森北出版   2003年   

Works

 
鉄道向券売機のエルゴノミクスデザイン
芸術活動   1988年
規格型・標準エレベータの室内デザイン
芸術活動   1985年
ATMの画面設計
芸術活動   1994年
航空管制システムの画面設計
芸術活動   1995年
郵便区分機用専用キーボードの人間工学検討とデザイン
芸術活動   1995年

競争的資金等の研究課題

 
ユーザインタフェース構築手法に関する研究
研究期間: 1991年   
ヒューマンデザインテクノロジーに関する研究
研究期間: 1998年   
ユニバーサルデザイン
研究期間: 2000年   
マクロエルゴノミクス
研究期間: 2003年   
サービス工学
研究期間: 2004年