WATANABE Izumi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 21, 2018 at 05:49
 
Avatar
Name
WATANABE Izumi
Affiliation
Tokyo University of Agriculture and Technology
Section
Institute of Agriculture, Division of Environmental Science on Biosphere
Job title
Professor
Other affiliation
Tokyo University of Agriculture and TechnologyTokyo University of Agriculture and Technology

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1998
生物環境保全学専攻, Graduate School, Division of Agricltural Sciences, Ehime University
 

Awards & Honors

 
Jul 2012
重金属類に関する生物濃縮を利用した環境汚染モニタリング, 環境化学学術賞, 日本環境化学会
Winner: WATANABE, Izumi
 

Published Papers

 
鳥取県日野川水系における栄養塩類および微量元素の環境モニタリングからみた環境汚染の動態把握
森木 翼, 吉田博一, 中下留美子, 佐々木 眞, 渡邉 泉, 寳来佐和子
環境化学   28(1) 33-39   Mar 2018   [Refereed]
Horai, S., Nakashima, Y., Nawada, K., Watanabe, I., Kunisue, T., Abe, S., Yamada, F. and Sugihara, R.
Ecological Indicators   91 92-104   Mar 2018   [Refereed]
鉄路和道路沿線土壌重金属含量及来源解析
王 槙, 張 健強, 渡辺 泉, 尾崎宏和
生態環境学報   27(1) 1674   Jan 2018   [Refereed]
Seasonal movement of trace-element discharge in a typical south-Indian suburban community.
Joshua, D. I., Abeykoon, S., Watanabe, I., Paszek, L., Balakrishna,, K., Akiba, M. and Guruge, K. S.
Water Science and Technology   774 1035-1047   Jan 2018   [Refereed]
Enrichment and bioavailability of trace elements in soil in vicinity of railways in Japan.
Wang, Z., Watanabe, I ., Ozaki, H., and Zhang, J.
Archives of Environmental Contamination and Toxicology   74(1) 16-31   Jan 2018   [Refereed]

Misc

 
Ozaki, H., Watanabe, I., Kuno, K.
Geochemical Journal   38(5) 473-484   2004
Trial studies applying experimental analysis to evaluate the ecology of pollutants and their toxic effects on wild mammals
Izumi WATANABE
Mammalian Science   48(1) 169-174   2008
Mankind and pollutant
Izumi WATANABE
Doboku Seko   44(12) 14-19   2003
Sawako HORAI, Izumi WATANABE, Katsuji KUNO, Shinsuke TANABE, Yoshikazu IWAMIZU, Ken MOTOMURA, Takashi HIRAOKA
J. Environ. Chem.   13(3) 719-732   2003
Yoshinari Suzuki, Izumi Watanabe, Katuji Kuno, Yasumi Anan, Takashi Kunito, Shinsuke Tanabe
Biomedical Research on Trace Element   15(1) 97-99   2004

Books etc

 
『奄美群島の自然史学 -亜熱帯島嶼の生物多様性-』第18章 奄美大島の生態系における微量元素(重金属類を含む)レベルと分布
渡邉 泉 (Part:Joint Work)
東海大学出版部   Jan 2016   
いのちと重金属
渡邉 泉
筑摩書房   Dec 2013   ISBN:978-4-480-68908-5
重金属のはなし
渡邉 泉
中央公論新社   Aug 2012   
いのちと汚染と重金属
渡邉 泉
本の泉社   Jun 2012   
『なぜ、いま「魚の汚染」か』最近,「消費者の権利」,「予防原則」など,ときどき耳にしますが,「食の安全」や「魚の汚染」と関係があるのでしょうか? わかりやすく説明してください.
渡邉 泉 (Part:Joint Work)
本の泉社   May 2012   

Conference Activities & Talks

 
埼玉県「くぬぎ山」地域の産廃業者周辺における処理形態変化前後の重金属汚染実態比較
尾崎宏和、一瀬 寛、北浦恵美、森 斌、前田俊宜、依田昌幌、柳沼佑貴、久野勝 治、渡邉 泉
第44回日本環境学会研究発表会   24 Jun 2018   日本環境学会
様々なステークホルダーによる市民科学の捉え方,それらによる国際的なネットワーキング
宮下(オースターマン)絵夢フェリチタス, Nadja Pernat, 渡邉 , 尾崎宏和, DoreenWalther, Helge Kampen, ベリングラート木村園子ドロテア
第44回日本環境学会研究発表会   24 Jun 2018   日本環境学会
先進国ドイツにおける市民科学プロジェクトの現状
宮下(オースターマン)絵夢フェリチタス, Nadja Pernat, 渡邉 泉, 尾崎宏和, DoreenWalther, Helge Kampen, ベリングラート木村園子ドロテア
第44回日本環境学会研究発表会   24 Jun 2018   日本環境学会
アジアの魚類を用いた微量元素モニタリングの検討
戸津 雅,原 優太,長島大雅,尾崎宏和,渡邉 泉
第27回環境化学討論会   24 May 2018   日本環境化学会
中部北太平洋産アカイカの微量元素蓄積とモニタリングの可能性
渡邉 泉,外賀陽春,加藤慶樹,若林敏江,酒井光夫
第27回環境化学討論会   24 May 2018   日本環境化学会

Works

 
Pollution of Hazardous Chemicals in the Coastal Marine Environment and the in Ecological Effect (POME)
The Others   2002 - 2002
有機化学物質による沿岸環境の汚染と生態影響に関する研究(POME)
The Others   2002 - 2002
Survey on the Effect of Ambient Water Endocrine Disrupters(Eds)on Fishes in China.
The Others   2001 - 2001
中国に棲息する魚に対する内分泌攪乱物質の影響調査
The Others   2001 - 2001
Cooperation work about Heavy Metal Concentration through Ecosystem of Mekong Delta, Vietnam and effect of acid sulfate soil
The Others   1999 - 1999

Research Grants & Projects

 
中東・アフリカ・南米の水質汚染解析による都市排水ユニバーサルマーカーの開発
Project Year: 2017 - 2017
生体タグを用いた超個体群動態の把握による水系ネットワーク保全技術の展開
Project Year: 2016 - 2016
日本における各種六価クロムの汚染解明と動態解析
Project Year: 2015 - 2017
生体タグを用いた超個体群動態の把握による水系ネットワーク保全技術の展開
Project Year: 2015 - 2015
植物とバイオ肥料微生物を組み合わせた効率的な放射性Cs除去技術の基礎研究
Project Year: 2014 - 2014