小野 幸子

J-GLOBALへ         更新日: 14/06/21 02:49
 
アバター
研究者氏名
小野 幸子
 
オノ サチコ
URL
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwb1027
所属
工学院大学
部署
工学部 応用化学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1982年
芝浦工業大学金属工学科助手
 
1989年
 - 
1994年
東京大学生産技術研究所第4部教務補佐
 
1994年
 - 
1995年
早稲田大学理工学研究センター客員研究員
 
1995年
 - 
1998年
早稲田大学理工学研究センター客員講師(専任)
 
1997年
 - 
2000年
工学院大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
   
 
東京都立大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2012年6月
 - 
2012年12月
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員 
 
2012年5月
 - 
2014年3月
先端計測分析技術・機器開発推進委員会(グリーンイノベーション領域分科会)委員
 
2012年1月
 - 
2012年12月
日本学術振興会 科学研究費委員会 2段審査委員
 
2011年8月
 - 
2011年12月
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員 
 
2010年12月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 科学研究費委員会 2段審査委員
 

受賞

 
2013年
工学院大学大学表彰(創立126周年記念表彰)
 
2012年
工学院大学大学表彰(創立125周年記念表彰)
 
2012年
Second Place(2012 International Metallographic Contest Class 4:Electron Microscopy Scanning
 
2012年
無機マテリアル学会平成24年度「学術賞」
 
2012年
軽金属学会平成24年度「第10回軽金属功績賞」
 

Misc

 
S. Ono, M. Nakamura, T. Masuda and H. Asoh
Materials Science Forum   783-786 1470-1475   2014年
増田達也,阿相英孝,原口智,小野幸子
Electrochemistry   in press    2014年
小野幸子,阿相英孝
表面技術   65(1) 18-25   2014年

書籍等出版物

 
電気化学便覧 第6版
丸善出版   2013年   
マグネシウム合金の先端的基盤技術とその応用展開
シーエムシー出版   2012年   
Noble Metals
InTech   2012年   
Handbook of nanophysics
Taylor & Francis Books, Inc.    2010年   
キャパシタ便覧
丸善株式会社   2009年   

講演・口頭発表等

 
Fabrication of InP Microhole Arrays by Site-selective Anodic Etching and Subsequent Chemical Etching
2nd International Symposium on Anodizing Science and Technology (AST 2014)   2014年   
Crystallization Process of Anodic Nanoporous Alumina Membrane by Heat Treatment
2nd International Symposium on Anodizing Science and Technology (AST 2014)   2014年   
Fabrication of InP Line Pattern by Metal Assisted Chemical Etching under UV Irradiation
2nd International Symposium on Anodizing Science and Technology (AST 2014)   2014年   
Growth Mechanism of Self-Ordered Porous Anodic Films on III-V Semiconductors
2nd International Symposium on Anodizing Science and Technology (AST 2014)   2014年   
Effect of Ca on Corrosion Resistance and Bioactivity of Anodic Oxide Film Formed on Mg-6Al and Mg-6Al-1Zn Alloys
2nd International Symposium on Anodizing Science and Technology (AST 2014)   2014年   

Works

 
アノード酸化アルミナ皮膜の電子デバイス応用
アノード酸化ポーラスアルミナ皮膜のナノ構造制御
2001年
アルミニウム表面への微量元素の濃度
1999年
マグネシウムの表面酸化現象に関する研究
1993年 - 1996年

競争的資金等の研究課題

 
生体親和材料としての水酸アパタイトコーティング
研究期間: 2004年   
バルブ金属表面の化学と酸化皮膜成長機構
スルーホール用銅のダイレクトプレーティングのメカニズム
アノード酸化アルミナ誘電体皮膜のナノ構造制御
アノード酸化アルミナ皮膜の電子デバイス応用

特許

 
電解コンデンサ電極用アルミニウム材及びその製造方法,アルミニウム電解コンデンサ用電極材ならびにアルミニウム電解コンデンサ
5329686
マグネシウム材に対する陽極酸化皮膜の形成方法,及びマグネシウム材
特開2012-233213
多孔質材料の製造方法
特開2011-179103
エッチング特性に優れた電解コンデンサ電極用アルミニウム材の製造方法,アルミニウム電解コンデンサ用電極材ならびにアルミニウム電解コンデンサ
特開2011-63887
金属酸化物粉及びその製造方法
特開2009-73675