KIMURA Hideki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 26, 2019 at 13:23
 
Avatar
Name
KIMURA Hideki
Affiliation
University of Fukui
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor(Niigata University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1991
医学, Graduate School, Division of Medicine, Niigata University
 
 
 - 
1984
医学, Faculty of Medicine, Niigata University
 

Awards & Honors

 
2012
the best clinical paper appearing in the Journal for 2011, Asian pacific society of nephrology
 

Published Papers

 
木村秀樹
臨床検査   63(4) 486‐487   Apr 2019
Hida Y, Uemura K, Sugimoto H, Kawashima Y, Koyanagi N, Notake S, Akashi Y, Sakaguchi S, Kimura H, Suzuki H
PloS one   14(7) e0219819   2019   [Refereed]
Morikawa Y, Takahashi N, Kamiyama K, Nishimori K, Nishikawa Y, Morita S, Kobayashi M, Fukushima S, Yokoi S, Mikami D, Kimura H, Kasuno K, Yashiki T, Naiki H, Hara M, Iwano M
Nephron   141(3) 177-187   2019   [Refereed]
木村秀樹
検査と技術   46(11) 1261‐1268   Nov 2018
木村秀樹, 今本徹, 井村敏雄
臨床病理   66(10) 1096‐1101   Oct 2018
Kobayashi M, Mikami D, Uwada J, Yazawa T, Kamiyama K, Kimura H, Taniguchi T, Iwano M
Oncotarget   9(59) 31342-31354   Jul 2018   [Refereed]
高感度心筋トロポニンI測定の基礎的検討と維持血液透析患者血清における臨床的意義の解析
旭 ななえ, 鳥居 国雄, 敦賀 佳奈子, 新免 望, 杉本 英弘, 岩野 正之, 宮崎 良一, 木村 秀樹
臨床病理   66(7) 721-726   Jul 2018
健常小児から成人における強制オシレーション法(MostGraph)測定値の検討
木戸口 周平, 浜田 敏彦, 橋本 儀一, 津田 裕美子, 大竹 由香, 前田 文江, 齋藤 清隆, 村井 宏生, 石塚 全, 石崎 武志, 木村 秀樹
臨床病理   66(7) 727-733   Jul 2018
Matsuda H, Hiramatsu K, Akazawa Y, Nosaka T, Saito Y, Ozaki Y, Hayama R, Takahashi K, Naito T, Ofuji K, Ohtani M, Nemoto T, Hida Y, Kimura H, Soya Y, Nakamoto Y
Journal of medical virology   90(4) 712-720   Apr 2018   [Refereed]
ペルオキシゾーム増殖薬活性化受容体と腎疾患
木村 秀樹
日本臨床検査自動化学会会誌   43(2) 131-137   Apr 2018
ペルオキシゾーム増殖薬活性化受容体(PPAR)は、長鎖脂肪酸の代謝を調整する核内受容体である。PPARは脂質代謝だけでなく抗炎症作用も有しており、近年ではオートファジー促進作用も指摘され、腎障害を軽減する可能性が示唆されている。PPARの生理機能と活性化薬の現状を述べ、PPARと腎疾患に関して以下の項目に分けて概説した。1)renal lipotoxicity、2)PPARの腎組織内分布、3)PPARの腎保護作用、4)PPARのマクロファージ貪食促進作用とオートファジー促進作用、として述べた。
濱田 敏彦, 木村 秀樹
医薬ジャーナル   54(3) 855-862   Mar 2018
<文献概要>・超音波検査は非侵襲的にリアルタイムで情報が得られることより,スクリーニングから精密検査,経過観察,緊急検査として広く利用されている。心臓領域,腹部領域,血管領域等で目的臓器に合わせ,探触子の種類や周波数,装置条件を設定し,検査を行う。・心エコー検査では心機能評価,壁運動評価,弁逆流等の評価を行うが,必要に応じて経食道心エコー検査,負荷心エコー検査を追加実施する。・腹部エコー検査では上腹部に限らず,大動脈などの血管や消化管も対象となり,目的とする臓器や領域を検査する場合と,腹部...
Peroxisome proliferator-activated receptor and kidney diseases. J Jpn Soc Clin Lab Autom 2018;43(2):131-137
Kimura H
J Jpn Soc Clin Lab Autom   43(2) 131-137   2018   [Refereed]
Takahashi N, Saeki T, Komatsuda A, Munemura C, Fukui T, Imai N, Homma N, Hatta T, Samejima KI, Fujimoto T, Omori H, Ito Y, Nishikawa Y, Kobayashi M, Morikawa Y, Fukushima S, Yokoi S, Mikami D, Kasuno K, Kimura H, Nemoto T, Nakamoto Y, Sada K, Sugai M, Naiki H, Yoshida H, Narita I, Saito Y, Iwano M
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   28(12) 3688-3698   Dec 2017   [Refereed]
当院における心電図パニック値と異常心電図の対応
津田 裕美子, 浜田 敏彦, 橋本 儀一, 大竹 由香, 前田 文江, 齋藤 清隆, 木戸口 周平, 天谷 直貴, 宇隨 弘泰, 夛田 浩, 木村 秀樹
福井県臨床検査技師会誌   48(2) 2-8   Dec 2017
臨床検査の最新知見 内科的腎疾患におけるバイオマーカーの最近の知見
木村 秀樹
臨床病理   65(10) 1098-1106   Oct 2017
自動血球分析装置セルダインサファイアを用いた好中球CD64分子発現量の測定
鳥居 国雄, 岡田 敏春, 山野 智子, 関口 清美, 圓道 麻利子, 飛田 征男, 杉本 英弘, 濱田 敏彦, 岩野 正之, 木村 秀樹
日本検査血液学会雑誌   18(2) 233-239   Jul 2017
CD64は、IgGのFc部分に対応する受容体のひとつであるFcγ受容体Iであり、細菌やウイルスなどの感染により好中球表面に発現が誘導されるため、好中球CD64分子発現量(CD64)は感染症マーカーとして注目されている。また非感染性炎症性疾患の影響を受けにくく生物学的製剤使用患者においても有用な感染症マーカーとされている。自動血球分析装置セルダインサファイアのフローサイトメトリー機能を用いてCD64の測定を試みたので、プレセプシン(P-SEP)を含む他項目との比較を含めて報告する。健常者血液...
Kobayashi M, Mikami D, Kimura H, Kamiyama K, Morikawa Y, Yokoi S, Kasuno K, Takahashi N, Taniguchi T, Iwano M
Biochemical and biophysical research communications   486(2) 499-505   Apr 2017   [Refereed]
尿検査からわかること 尿検査からわかる腎泌尿器疾患 内科的腎疾患を中心に
木村 秀樹
日本臨床検査自動化学会会誌   42(2) 157-162   Apr 2017
【CKDの臨床検査と腎病理診断】 CKDの臨床
木村 秀樹
臨床検査   60(6) 628-632   Jun 2016
<Point>慢性腎臓病(CKD)の主たる診断基準は,0.15g/gCr以上の蛋白尿または30mg/gCr以上のアルブミン尿の存在が,あるいは,糸球体濾過量(GFR)が60mL/分/1.73m2未満の状態が,3ヵ月以上持続することである.CKDの原疾患は糖尿病,高血圧,腎炎,多発性嚢胞腎などが主体であるので,原疾患を認識することが診療上で重要である.CKDは心血管疾患(CVD)の合併が多く,CKDとCVDは多数のリスク因子を共有し,両者の進行とともに相互に影響する悪循環を形成する(心腎連関...
分子標的治療と自己免疫疾患 分子標的治療薬による腎障害 関節リウマチ治療薬を中心に
木村 秀樹
臨床病理   64(6) 718-722   Jun 2016

Misc

 
二次性高脂血症の原因と脂質検査値異常 腎性脂質異常症
木村 秀樹
臨床病理   63(補冊) 046-046   Oct 2015
分子標的治療と自己免疫疾患 分子標的治療薬による腎障害 関節リウマチ治療薬を中心に
木村 秀樹
臨床病理   63(補冊) 289-289   Oct 2015
X. Li, H. Kimura, K. Hirota, N.Takahashi, H. Yoshida
Nephrol Dial Transplant   22 1041-1051   2007
Cholesteryl Ester Transfer Protein as a Protective Factor Against Vascular Disease in Hemodialysis Patients
H.Kimura
American Journal of kidney Diseases   38 70-76   2001
The C677T Methylenetetrahydrofolate Reductase Gene Mutation in Hemodialysis Patients
H.Kimura
Journal of American Society of Nephrology   11 885-889   2000

Books etc

 
Journal of Clinical Laboratory Medicine vol.58 no.7(Part:Contributor, The way of interpreting serum abnormal levels of potassium)
医学書院   2014   ISBN:0485-1420

Conference Activities & Talks

 
GENECUBEを用いた肺炎クラミジア鑑別診断法の開発
第25回日本臨床微生物学会総会   2014   
LOCTTM法を用いた高感度トロポニンI測定の基礎的検討と慢性血液透析患者血清の評価
日本臨床検査自動化学会第46回大会   2014   
当院における循環呼吸生理検査システムの導入と、その使用効果について
日本臨床検査自動化学会第46回大会   2014   
黄色ブドウ球菌分子疫学キットの使用経験 -複数回測定の意義に「ついてー
第28回日本環境感染学会総会   2013   
当科における慢性腎不全患者へのトルバプタンの使用経験
第56回(平成25年度)日本腎臓学会学術総会   2013   

Research Grants & Projects

 
Study on Diabetic nephropathy
SCF Fundamental R and D for Life and Society
Project Year: 1993   
Study on Lipid-binding proteins and lipophilic transcriptional factors in Kidney
SCF Fundamental R and D for Life and Society
Project Year: 1998   
Study on Vascular Disease in Uremic Patients
Cooperative Research
Project Year: 1996   
Analysis of mechanism for renal fibrosis with especial regard to hypoxia
The Other Research Programs
Project Year: 2003