小久保 安朗

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 10:18
 
アバター
研究者氏名
小久保 安朗
 
コクボ ヤスオ
所属
福井大学
部署
学術研究院医学系部門医学領域器官制御医学講座整形外科学
職名
准教授
学位
ヒト頚椎椎間板ヘルニア及び頚椎症椎間板の組織学的・免疫組織化学的観察(福井医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
福井医科大学 医科学研究科 生態系
 
 
 - 
1994年
福井医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年
 - 
2015年
AOTrauma Japan  評議員
 
2013年
   
 
日本整形外科学会  第87回日本整形外科学会学術総会 抄録査読委員
 
2013年
 - 
2014年
日本整形外科学会  中部地区資格認定委員会 委員
 
2009年
   
 
中部日本整形外科災害外科学会  評議員
 
2012年
   
 
日本整形外科学会  第86回日本整形外科学会学術総会 抄録査読委員
 

受賞

 
1999年
第14回 日本整形外科学会基礎学術集会 優秀賞
 
2002年
第98回中部日本整形外科災害外科学会 優秀賞
 
2014年
第123回中部日本整形外科災害外科学会「学会奨励賞」
 
2014年
第122回中部日本整形外科災害外科学会「学会奨励賞」
 
2013年
SICOT/CCJR Meeting Award
 

論文

 
Takahashi A, Nakajima H, Uchida K, Takeura N, Honjoh K, Watanabe S, Kitade M, Kokubo Y, Johnson WEB, Matsumine A
Cell transplantation   27(7) 1126-1139   2018年7月   [査読有り]
Kokubo Y, Oki H, Sugita D, Takeno K, Miyazaki T, Negoro K, Nakajima H
Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   25(1) 2309499016684322   2017年1月   [査読有り]
Miyazaki T, Uchida K, Kokubo Y, Inukai T, Sakamoto T, Yamagishi A, Kitade M, Baba H
The Journal of foot and ankle surgery : official publication of the American College of Foot and Ankle Surgeons   55(3) 633-637   2016年5月   [査読有り]
Kokubo Y, Oki H, Sugita D, Negoro K, Takeno K, Miyazaki T, Nakajima H
European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   26(4) 407-413   2016年5月   [査読有り]
Kokubo Y, Oki H, Takeura N, Negoro K, Takeno K, Miyazaki T, Sugita D, Nakajima H
SpringerPlus   5 597   2016年5月   [査読有り]
Sugita D, Yayama T, Uchida K, Kokubo Y, Nakajima H, Yamagishi A, Takeura N, Baba H
Spine   38(22) E1388-96   2013年10月   [査読有り]
Kubota M, Uchida K, Kokubo Y, Shimada S, Matsuo H, Yayama T, Miyazaki T, Sugita D, Watanabe S, Baba H
Gait & posture   38(3) 385-390   2013年7月   [査読有り]
Kokubo Y, Uchida K, Takeno K, Yayama T, Miyazaki T, Negoro K, Nakajima H, Sugita D, Takeura N, Yoshida A, Baba H
European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   23(5) 557-564   2013年7月   [査読有り]
Kokubo Y, Uchida K, Oki H, Negoro K, Nagamune K, Kawaguchi S, Takeno K, Yayama T, Nakajima H, Sugita D, Yoshida A, Baba H
Artificial organs   37(2) 175-182   2013年2月   [査読有り]
Uchida K, Kokubo Y, Yayama T, Nakajima H, Miyazaki T, Negoro K, Takeno K, Sawaguchi T, Watanabe S, Sugita D, Takeura N, Yoshida A, Baba H
European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   23(2) 155-163   2013年2月   [査読有り]
Kubota M, Uchida K, Kokubo Y, Shimada S, Matsuo H, Yayama T, Miyazaki T, Takeura N, Yoshida A, Baba H
Archives of physical medicine and rehabilitation   93(11) 2015-2021   2012年11月   [査読有り]
Uchida K, Negoro K, Kokubo Y, Yayama T, Miyazaki T, Nakajima H, Yoshida A, Baba H
Journal of medical case reports   6 294   2012年9月   [査読有り]
Negoro K, Uchida K, Yayama T, Kokubo Y, Baba H
Joint, bone, spine : revue du rhumatisme   79(2) 192-194   2012年3月   [査読有り]
Uchida Kenzo, Kokubo Yasuo, Yayama Takafumi, Nakajima Hideaki, Miyazaki Tsuyoshi, Negoro Kohei, Ayella Robert L., Kobayashi Shigeru, Sawaguchi Takeshi, Baba Hisatoshi
EUROPEAN JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY   21(4) 251-257   2011年5月   [査読有り]
久保田 雅史, 小久保 安朗, 佐々木 伸一, 嶋田 誠一郎, 北出 一平, 松村 真裕美, 亀井 健太, 北野 真弓, 野々山 忠芳, 鯉江 祐介, 松尾 英明, 成瀬 廣亮, 小林 茂, 馬場 久敏
理学療法科学   24(6) 873-878   2009年12月
〔目的〕本研究の目的は,術後早期から股関節内外転筋力強化運動を重点的に行うことで,退院時の歩容に影響があるかを明らかにすることとした。〔方法〕対象は2005年1月から2007年12月までの期間で骨盤骨折を受傷し,当院にて骨接合術を施行した12例とした。術後2週目より骨折側の筋力強化を開始した6例を標準リハ群,術後2-3日後より筋力強化を開始した6例を早期リハ群とした。全荷重可能となった退院時に三次元動作解析装置を用いて歩行解析を行い,群間における歩行速度,歩幅,ケイデンス,股関節外転モーメ...
Kokubo Y, Uchida K, Kobayashi S, Yayama T, Sato R, Nakajima H, Takamura T, Mwaka E, Orwotho N, Bangirana A, Baba H
Journal of neurosurgery. Spine   9(3) 285-295   2008年9月   [査読有り]
Kobayashi S, Baba H, Takeno K, Miyazaki T, Uchida K, Kokubo Y, Nomura E, Morita C, Yoshizawa H, Meir A
Journal of neurosurgery. Spine   9(1) 96-103   2008年7月   [査読有り]
Yayama T, Kobayashi S, Sato R, Uchida K, Kokubo Y, Nakajima H, Takamura T, Mwaka E, Orwotho N, Baba H
Clinical rheumatology   27(5) 597-604   2008年5月   [査読有り]
Kobayashi S, Uchida K, Kokubo Y, Takeno K, Yayama T, Miyazaki T, Nakajima H, Nomura E, Mwaka E, Baba H
Spine   33(7) 716-723   2008年4月   [査読有り]
T. Yayama, T. Yayama, S. Kobayashi, K. Uchida, Y. Kokubo, H. Nakajima, R. Sato, A. Bangirana, T. Takamura, H. Baba
Spinal Cord   46 159-161   2008年2月
Study design: Case report Setting: Neuro-orthopaedic Unit, Fukui University Hospital, Japan. Case report: We studied six patients with insidious progression of paraparesis caused by thoracic and thoracolumbar spine type III spinal meningeal cyst a...
Uchida K, Kobayashi S, Sato R, Nakajima H, Yayama T, Kokubo Y, Bangirana A, Baba H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   13(1) 85-88   2008年1月   [査読有り]
Kobayashi S, Negoro K, Uchida K, Kokubo Y, Takeno K, Yayama T, Katayama K, Yamaguchi A, Baba H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   12(6) 585-591   2007年11月   [査読有り]
Kubota C, Kobayashi S, Miyazaki T, Kokubo Y, Yayama T, Uchida K, Sato R, Bangirana A, Baba H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   12(6) 592-596   2007年11月   [査読有り]
Sato R, Uchida K, Kobayashi S, Yayama T, Kokubo Y, Nakajima H, Takamura T, Bangirana A, Itoh H, Baba H
Journal of neurosurgery. Spine   7(2) 174-183   2007年8月   [査読有り]
Yayama T, Uchida K, Kobayashi S, Kokubo Y, Sato R, Nakajima H, Takamura T, Bangirana A, Itoh H, Baba H
Journal of neurosurgery. Spine   7(2) 184-193   2007年8月   [査読有り]
S. Kobayashi, S. Kobayashi, K. Uchida, Y. Kokubo, T. Yayama, H. Nakajima, T. Inukai, E. Nomura, H. Baba
Minimally Invasive Neurosurgery   50 120-123   2007年4月
In this report, we describe a small schwannoma of the dural sleeve and mention that it is often difficult to differentiate this tumor from lumbar disc herniation, especially a sequestered hernia, or a discal cyst. Gadolinium-enhanced MR images wer...
Yayama T, Kobayashi S, Kokubo Y, Inukai T, Mizukami Y, Kubota M, Ishikawa J, Baba H, Minami A
Modern rheumatology   17(4) 322-326   2007年   [査読有り]
Hisatoshi Baba, Kenzo Uchida, Hideaki Nakajima, Yasuo Kokubo, Ryuichiro Sato, Takafumi Yayama, Shigeru Kobayashi, Tomoo Inukai, Masayo Kimura
OPLL: Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament   101-107   2006年12月
Introduction Application of compressive stress to the spinal cord may cause progressive compromise of its function and ultimately lead to the appearance of clinical symptoms such as myelopathy. Mechanical compression by Ossification of the posteri...
H. Nakajima, H. Nakajima, K. Uchida, S. Kobayashi, Y. Kokubo, T. Yayama, R. Sato, T. Inukai, T. Godfrey, H. Baba
Spinal Cord   44 509-513   2006年8月
Study Design: Retrospective, case series. Design: A review of 10 surgical cases with symptoms of cervical angina. Objective: To stress the importance of symptoms of cervical angina in patients with cervical spine disorders. Setting: Fukui Universi...
Uchida K, Kobayashi S, Nakajima H, Kokubo Y, Yayama T, Sato R, Timbihurira G, Baba H
Journal of neurosurgery. Spine   4(6) 454-462   2006年6月   [査読有り]
Uchida K, Nakajima H, Sato R, Kokubo Y, Yayama T, Kobayashi S, Baba H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   10(6) 564-573   2005年11月   [査読有り]
Takafumi Yayama, Hisatoshi Baba, Nobuaki Furusawa, Shigeru Kobayashi, Kenzo Uchida, Yasuo Kokubo, Sakon Noriki, Yoshiaki Imamura, Masaru Fukuda
Clinical and Experimental Rheumatology   23 637-643   2005年9月
Objective: To investigate the histological and immunohistochemical properties of degenerative changes and calcium crystal deposition in the lumbar ligamentum flavum. Methods: We examined the ligamentum flavum harvested from 119 surgical cases with...
Nakajima H, Uchida K, Kobayashi S, Kokubo Y, Yayama T, Sato R, Baba H
Neuroscience letters   385(1) 30-35   2005年9月   [査読有り]
Y. Kokubo, Y. Kokubo, K. Uchida, S. Kobayashi, T. Yayama, R. Sato, M. Kakuyama, Y. Imamura, H. Baba
Spinal Cord   43 508-511   2005年8月
Study design: A case report of primary osteosarcoma of the spine in an elderly patient. Objective: The histopathological features of osteosarcoma vary widely, often leading to diagnostic difficulties particularly when there is little evidence of o...
Kobayashi S, Baba H, Uchida K, Kokubo Y, Kubota C, Yamada S, Suzuki Y, Yoshizawa H
Spine   30(15) 1699-1705   2005年8月   [査読有り]
[Blood circulation of cauda equina and nerve root].
Kobayashi S, Baba H, Uchida K, Kokubo Y, Yayama T, Takeno K, Negoro K
Clinical calcium   15(3) 63-72   2005年3月   [査読有り]
Kobayashi S, Kokubo Y, Uchida K, Yayama T, Takeno K, Negoro K, Nakajima H, Baba H, Yoshizawa H
Spine   30(3) 276-282   2005年2月   [査読有り]
Uchida K, Kobayashi S, Yayama T, Kokubo Y, Nakajima H, Kakuyama M, Sadato N, Tsuchida T, Yonekura Y, Baba H
Journal of neurosurgery. Spine   1(1) 72-79   2004年7月   [査読有り]
Yasuo Kokubo, Yasuo Kokubo, Shigeru Kobayashi, Kenzo Uchida, Sakon Noriki, Yoshiaki Imamura, Nobuaki Furusawa, Takafumi Yayama, Michiko Kakuyama, Hideaki Nakajima, Michiyo Fujimoto, Kohei Negoro, Masaru Fukuda, Hisatoshi Baba
Acta Histochemica et Cytochemica   37 109-117   2004年4月
We investigated the histological and immunohistochemical changes within and around the cervical intervertebral discs in symptomatic myeloradiculopathy and myelopathy patients. A total of 163 cervical intervertebral discs, 100 herniated discs and 6...
Uchida K, Baba H, Maezawa Y, Furukawa S, Omiya M, Kokubo Y, Kubota C, Nakajima H
Acta neuropathologica   106(1) 29-36   2003年7月   [査読有り]
Takafumi Yayama, Nobuaki Furusawa, Hisatoshi Baba, Yasuo Kokubo, Kyoko Yoshizawa, Masaru Fukuda
Acta Histochemica et Cytochemica   36 83-91   2003年1月
We investigated histopathological and immunohistochemical properties of the ligamentum flavum of the lumbar spine with calcium crystal deposition. Ligamentum flavum of the lumbar spine containing calcium deposits were harvested from 41 surgical ca...
Yayama T, Uchida K, Kokubo Y, Baba H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   8(1) 109-111   2003年   [査読有り]
Yasuhisa Maezawa, Hisatoshi Baba, Kenzo Uchida, Yasuo Kokubo, Chikara Kubota, Sakon Noriki
Clinical Imaging   25 265-267   2001年9月
We report a case of a hematoma of ligamentum flavum at T11-12 in a 66-year-old man who presented with progressive weakness of the right foot and numbness of both legs. Past history was negative and no precipitating episode of lower back sprain or ...
Nobuaki Furusawa, Nobuaki Furusawa, Hisatoshi Baba, Hisatoshi Baba, Norio Miyoshi, Norio Miyoshi, Yasuhisa Maezawa, Yasuhisa Maezawa, Kenzo Uchida, Kenzo Uchida, Yasuo Kokubo, Yasuo Kokubo, Masaru Fukuda, Masaru Fukuda
Spine   26 1110-1116   2001年5月
Study Design. Surgically obtained cervical herniated intervertebral discs were examined histologically and immunohistochemically. The production of nitric oxide (NO) in the local tissue was examined using the electron spin resonance (ESR) method. ...
Hisatoshi Baba, Yasuhisa Maezawa, Nobuaki Furusawa, Makoto Wada, Yasuo Kokubo, Shinichi Imura, Yoshiaki Imamura, Yoshio Yamada
Spinal Cord   36 470-475   1998年1月
We report eight patients with a solitary plasmacytoma of the spine associated with neurological complications. The patients included five men and three women with an average age at presentation of 59 years (range, 47 to 73 years). The tumour was c...
H. Baba, Y. Maezawa, N. Furusawa, M. Fukuda, K. Uchida, Y. Kokubo, S. Imura
European Journal of Histochemistry   41 261-270   1997年12月
We examined the histological and immunohistochemical changes within and around herniated cervical intervertebral discs. A total of 28 herniated discs were harvested en bloc during anterior decompressive surgeries and examined together with the sur...
Hisatoshi Baba, Yasuhisa Maezawa, Nobuaki Furusawa, Kenzo Uchida, Hideo Kawahara, Yasuo Kokubo
Spinal Cord   35 725-728   1997年1月
We describe two unusual surgical cases who presented with extraforaminal lumbar disc herniation that occurred at two adjacent vertebral levels simultaneously and unilaterally. Magnetic resonance imaging and selective nerve root infiltration follow...
Hisatoshi Baba, Nobuaki Furusawa, Yasuhisa Maezawa, Kenzo Uchida, Yasuo Kokubo, Shinichi Imura, Sakon Noriki
Spinal Cord   35 632-635   1997年1月
We describe a man aged 26 years who presented with a neurological syndrome, which was found on lumbar radioculopathy to be due to a ganglion cyst originating from the posterior longitudinal ligament. Based on MRI findings, a cystic lesion was susp...
H. Baba, Y. Maezawa, Y. Kokubo, N. Kawahara
Journal of Spinal Disorders   8 151-156   1995年1月
We report a case in which the patient’s quadriparesis progressed rapidly secondary to pyogenic spondylitis with an epidural abscess of the cervical spine. The patient had type II Klippel-Feil congenital fusion at C3-C4 that may have obscured clini...

Misc

 
宮崎剛, 坂本拓己, 鯉江祐介, 内田泰善, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 213   2018年9月
坂本拓己, 宮崎剛, 北出誠, 竹野健一, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 195   2018年9月
杉田大輔, 小久保安朗, 内田泰善, 出淵雄哉, 山本悠介, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 171   2018年9月
宮崎剛, 坂本拓己, 出淵雄哉, 内田泰善, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 187   2018年9月
山本悠介, 宮崎剛, 坂本拓己, 大木央, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 186   2018年9月
大木央, 山本悠介, 宮崎剛, 高橋藍, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 273   2018年9月
宮崎剛, 坂本拓己, 坂下輔, 大木央, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(8) S1759   2018年8月
山本悠介, 小久保安朗, 山岸淳嗣, 出淵雄哉, 渡邊修二, 中嶋秀明, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(8) S1770   2018年8月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 中嶋秀明, 大木央, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(8) S1826   2018年8月
小久保安朗, 杉田大輔, 竹野建一
骨折   40(Supplement) S99-S99   2018年7月
小久保安朗, 杉田大輔, 竹野建一, 竹野建一
骨折   40(Supplement) S96-S96   2018年7月
杉田大輔, 小久保安朗, 出淵雄哉, 松峯昭彦
骨折   40(Supplement) S186-S186   2018年7月
出淵雄哉, 小久保安朗, 坂下輔, 山本悠介, 坂本拓己, 杉田大輔, 平井貴之, 中嶋秀明, 宮崎剛, 大木央, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(6) S1438-S1438   2018年6月
松尾英明, 久保田雅史, 嶋田誠一郎, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本運動療法学会大会抄録集   43rd 21-21   2018年6月
成瀬廣亮, 渡部雄大, 小久保安朗, 松峯昭彦, 嶋田誠一郎
日本運動療法学会大会抄録集   43rd 33-33   2018年6月
小久保安朗, 久保田雅史, 北出一平, 嶋田誠一郎, 松峯昭彦
日本運動療法学会大会抄録集   43rd 35-35   2018年6月
山本悠介, 中嶋秀明, 平井貴之, 本定和也, 出淵雄哉, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 637   2018年5月
本定和也, 中嶋秀明, 山本悠介, 平井貴之, 小久保安朗, 成田憲彦, 菅野真史
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 622   2018年5月
北出誠, 宮崎剛, 平井貴之, 山本悠介, 出淵雄哉, 大木央, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 629-629   2018年5月
山岸淳嗣, 竹野建一, 渡辺修司, 長谷健司, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 630-630   2018年5月
出淵雄哉, 宮崎剛, 北出誠, 杉田大輔, 平井貴之, 大木央, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 634‐635   2018年5月
出淵雄哉, 大木央, 山本悠介, 竹浦直人, 宮崎剛, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 631   2018年5月
宮崎剛, 坂本拓己, 出淵雄哉, 坂下輔, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 535‐536-536   2018年5月
北出誠, 宮崎剛, 本定和也, 坂本拓己, 出淵雄哉, 大木央, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 624-624   2018年5月
急性期における非骨傷性頸髄損傷者の下肢体幹機能の変化 保存的治療と観血的治療後の比較的検討
北出 一平, 中嶋 秀明, 高橋 藍, 小久保 安朗, 松峯 昭彦
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 2-10   2018年5月
頸椎に発生した遺伝性多発性骨軟骨腫の治療経験
本定 和也, 中嶋 秀明, 山本 悠介, 平井 貴之, 小久保 安朗, 成田 憲彦, 菅野 真史
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 622-622   2018年5月
アバタセプトが奏功したリウマトイド血管炎を伴う関節リウマチの1例
出淵 雄哉, 大木 央, 山本 悠介, 竹浦 直人, 宮崎 剛, 小久保 安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 631-631   2018年5月
膝窩動脈捕捉症候群の治療経験
出淵 雄哉, 宮崎 剛, 北出 誠, 杉田 大輔, 平井 貴之, 大木 央, 小久保 安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 634-635   2018年5月
高度局所後彎変形を伴った骨粗鬆症椎体圧潰に対する手術経験
山本 悠介, 中嶋 秀明, 平井 貴之, 本定 和也, 出淵 雄哉, 小久保 安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(3) 637-637   2018年5月
山本悠介, 小久保安朗, 山岸淳嗣, 出渕雄哉, 中嶋秀明, 松峯昭彦
Journal of Spine Research   9(3) 538-538   2018年3月
大木央, 小久保安朗, 北出誠, 高橋藍, 杉田大輔, 宮崎剛, 松峯昭彦
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62nd 464   2018年3月
杉田大輔, 小久保安朗, 坂本拓己, 山本悠介, 大木央, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(3) S927-S927   2018年3月
宮崎剛, 坂本拓己, 杉田大輔, 山本悠介, 小久保安朗
日本整形外科学会雑誌   92(3) S836-S836   2018年3月
杉田大輔, 小久保安朗, 宮崎剛, 大木央, 坂本拓己, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(3) S1288-S1288   2018年3月
杉田大輔, 小久保安朗, 出淵雄哉, 宮崎剛, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(3) S646-S646   2018年3月
小久保安朗, 杉田大輔, 大木央, 竹野建一, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(3) S896-S896   2018年3月
小久保安朗, 杉田大輔, 大木央, 竹野建一, 竹野建一, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(2) S346   2018年3月
竹野建一, 山岸淳嗣, 北出誠, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 146-146   2018年3月
山本悠介, 小久保安朗, 山岸淳嗣, 出淵雄哉, 中嶋秀明, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 323-323   2018年3月
大木央, 小久保安朗, 北出誠, 杉田大輔, 山本悠介, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 320-320   2018年3月
坂本拓己, 宮崎剛, 坂下輔, 出淵雄哉, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 174-174   2018年3月
小久保安朗, 杉田大輔, 大木央, 竹野建一, 竹野建一, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 214-214   2018年3月
小久保安朗, 杉田大輔, 大木央, 竹野建一, 竹野建一, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 214-214   2018年3月
杉田大輔, 小久保安朗, 大木央, 出淵雄哉, 山本悠介, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(春季学会) 197-197   2018年3月
新専門医制度の外傷指導を見据えたcommon fractureの実指導-私はこう指導している- 脆弱性骨盤輪骨折指導の実際
小久保 安朗, 杉田 大輔, 大木 央, 竹野 建一, 松峯 昭彦
日本整形外科学会雑誌   92(2) S346-S346   2018年3月
関節リウマチの手術1:下肢1 関節リウマチに対する人工股関節置換術の中期成績
大木 央, 小久保 安朗, 北出 誠, 高橋 藍, 杉田 大輔, 宮崎 剛, 松峯 昭彦
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回 464-464   2018年3月
高橋藍, 中嶋秀明, 山本裕介, 小久保安朗, 松峯昭彦
Journal of Spine Research   9(2) 157‐161-161   2018年2月
脊髄損傷は、脊柱に強い外力が加わることで発症し、永続的な運動感覚障害をもたらすことがある。脊髄損傷の病態は一次損傷とそれに次ぐ二次損傷とから成り、一次損傷は直接外力によるものであり、二次損傷は虚血、低酸素、酸化ストレスなどによる二次的障害である。本研究では、脂肪由来間質細胞と骨髄間質細胞のストレス抵抗性について比較し、脂肪由来間質細胞移植による脊髄損傷治療効果の可能性について述べる。(著者抄録)
高橋 藍, 中嶋 秀明, 山本 裕介, 小久保 安朗, 松峯 昭彦
Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research   9(2) 157-161   2018年2月
大木央, 高橋藍, 北出誠, 坂下輔, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(1) 117‐118-118   2018年1月
2017年3月時点で当科に通院中の関節リウマチ(RA)患者101例(男性27例、女性74例、平均年齢67.4±10.8歳)を対象に、薬剤選択の傾向を調査した。両群間でMTXの使用率に差はなかったが、高齢者では6mg以下の低用量での投与が多かった。bio DMARDsの使用率は有意差を認めなかったが、高齢者では低い傾向にあった。逆にPSLの使用率およびRA以外での投薬率は有意差を認めなかったが、高齢者で高い傾向にあった。両群間で疾患活動性に差異はなかったが、高齢者では有意差をもって治療介入後...
杉田大輔, 小久保安朗, 坂本拓己, 大木央, 松峯昭彦
日本人工関節学会プログラム・抄録集   48th 445   2018年
杉田大輔, 小久保安朗, 坂本拓己, 山本悠介, 大木央, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 154-154   2017年9月
大木央, 高橋藍, 北出誠, 坂下輔, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 122-122   2017年9月
北出誠, 中嶋秀明, 渡邉修司, 本定和也, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 254-254   2017年9月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 高橋藍, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(5) 931‐932-932   2017年9月
Mono-Iodoacetate(MIA)を関節内に注入して二次性変形性関節症(OA)動物モデルを作成し、初期および進行期OA膝に間葉系細胞の関節内投与を行い、軟骨組織・関節機能の維持、同疾患による疼痛の改善・コントロールに関して検討を行った。10週齢のSDラットの両膝関節にMIA 2mg/0.5mlと逆行性トレーサーであるFluoro-Goldを投与し、OAモデルを作成した。治療介入群としてMIA注入後7日目(初期OA群)、14日目(進行期OA群)に間葉系細胞を右膝関節内に投与した群を各...
宮崎剛, 坂本拓己, 出淵雄哉, 坂下輔, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 270-270   2017年9月
杉田大輔, 小久保安朗, 坂本拓己, 山本悠介, 大木央, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 162-162   2017年9月
小久保安朗, 杉田大輔, 大木央, 坂本拓己, 坂下輔, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60 53   2017年9月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 中嶋秀明, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 270-270   2017年9月
小久保 安朗, 杉田 大輔, 大木 央, 坂本 拓己, 坂下 輔, 松峯 昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(秋季学会) 53-53   2017年9月
山本悠介, 小久保安朗, 山岸淳嗣, 出淵雄哉, 中嶋秀明, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1845-S1845   2017年8月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 高橋藍, 杉田大輔, 中嶋秀明, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1725-S1725   2017年8月
北出誠, 中嶋秀明, 渡邉修司, 本定和也, 平井貴之, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1585-S1585   2017年8月
宮崎剛, 坂本拓己, 本定和也, 佐藤充彦, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1764-S1764   2017年8月
中嶋秀明, 小久保安朗, 平井貴之, 杉田大輔, 北出誠, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1771-S1771   2017年8月
山岸淳嗣, 小久保安朗, 中嶋秀明, 杉田大輔, 山本悠介, 松峯昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1761   2017年8月
ヒト頸椎椎間板ヘルニア・頸椎症椎間板におけるマクロファージ浸潤の免疫組織化学的観察
山岸 淳嗣, 小久保 安朗, 中嶋 秀明, 杉田 大輔, 山本 悠介, 松峯 昭彦
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1761-S1761   2017年8月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 高橋藍, 大木央, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 84   2017年8月
宮崎剛, 坂本拓己, 出淵雄哉, 山本悠介, 坂下輔, 小久保安朗, 松峯昭彦
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 85   2017年8月
宮崎剛, 坂本拓己, 出淵雄哉, 大木央, 小久保安朗, 松峯昭彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(4) 699‐700-700   2017年7月
膝前十字靱帯(ACL)単独損傷に対して膝屈筋腱を用いて解剖学的二重束再建術を行った37例37膝(男性14例、女性23例、平均年齢32歳)を対象に、術後1年時に大腿四頭筋筋力の患健差が20%以上残存した症例の特徴を検討した。術後1年時に膝伸展筋力が80%以上であった筋力回復良好群は24例、80%未満であった筋力回復不良群は13例であった。両群間で術前待機期間に有意差はなく、膝ROMも両群間でほぼ同様の結果であった。膝屈曲筋力は術前では有意差は認めなかったが、術後3、6、9、12ヵ月において有...
小久保安朗, 杉田大輔, 竹野建一, 松峯昭彦
骨折   39(Suppl.) S384-S384   2017年7月
杉田大輔, 小久保安朗, 山淵雄哉, 宮崎剛, 松峯昭彦
骨折   39(Suppl.) S193-S193   2017年7月
非骨傷性頸髄損傷の治療成績
高橋 藍, 中嶋 秀明, 北出 一平, 小久保 安朗, 松峯 昭彦
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 3-5   2017年5月
北出一平, 高橋藍, 中嶋秀明, 小久保安朗, 松峯昭彦
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1283(J‐STAGE)-5   2017年5月
宮崎剛, 坂本拓己, 出淵雄哉, 北出誠, 大木央, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(春季学会) 77-77   2017年4月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 高橋藍, 中嶋秀明, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(春季学会) 168-168   2017年4月
高橋藍, 中嶋秀明, 本定和也, 北出誠, 山本悠介, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(春季学会) 217-217   2017年4月
杉田大輔, 小久保安朗, 出淵雄哉, 山本悠介, 大木央
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(春季学会) 66-66   2017年4月
PCPS作動下に骨盤骨折に対して塞栓術を行った1例
高田 健次, 清水 一浩, 木下 一之, 坂井 豊彦, 木村 浩彦, 出淵 雄哉, 杉田 大輔, 小久保 安朗, 田邉 佐和香, 高森 督, 山田 就久, 腰地 孝昭
IVR: Interventional Radiology   32(Suppl.) 276-276   2017年4月
北出一平, 久保田雅史, 山岸永典, 嶋田誠一郎, 中嶋秀明, 小久保安朗
日本理学療法学術大会(Web)   52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.P‐KS‐43‐5(J‐STAGE)-KS   2017年4月
<p>【はじめに,目的】頸髄症の手指上肢機能の評価は,随意運動能力の的確性や円滑性の評価のみでなく,作業遂行時の動きにくさで生じる心理的/身体的負担要因の評価も必要と考えられるが見当たらない。ヒトの情動反応に対する指標とされる唾液中のα-アミラーゼ活性値(AMY値)は,心理的/身体的負担状態に関連性を持つとされる。本研究は,頸髄症術後患者における巧緻運動の遂行時間とAMY値の関連性,そして術後経過における上肢機能やAMY値を比較検討した。</p><p></p><p>【方法】手指の巧緻運動障...
松尾英明, 北出一平, 松村真裕美, 久保田雅史, 野々山忠芳, 鯉江祐介, 安竹正樹, 安竹千秋, 成瀬廣亮, 今中芙由子, 庄司一希, 嶋田誠一郎, 佐藤佳州, 北井隆平, 小久保安朗
日本理学療法学術大会(Web)   52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.O‐NV‐11‐6(J‐STAGE)-NV   2017年4月
<p>【はじめに,目的】</p><p></p><p>特発性正常圧水頭症(idiopathic normal pressure hydrocephalus;iNPH)患者のタップテストによる歩幅や歩行速度の改善は,シャント術成績の予測因子と報告されている。しかし,これまでタップテスト前後の歩行に関する報告は,時間距離因子のみの検討が多く,歩行中の下肢関節運動の特徴は十分に明らかでない。先行研究にてiNPH患者では歩行中の下肢関節運動の規則性が失われる可能性が報告されているが1例のみの定性的検...
中嶋秀明, 本定和也, 渡邉修司, 高橋藍, 平井貴之, 小久保安朗
Journal of Spine Research   8(3) 194-194   2017年3月
山本悠介, 山岸淳嗣, 杉田大輔, 平井貴之, 中嶋秀明, 小久保安朗
Journal of Spine Research   8(3) 295-295   2017年3月
本定和也, 中嶋秀明, 高橋藍, 山本悠介, 出淵雄哉, 小久保安朗
Journal of Spine Research   8(3) 579-579   2017年3月
北出誠, 中嶋秀明, 渡邉修司, 本定和也, 高橋藍, 平井貴之, 小久保安朗
Journal of Spine Research   8(3) 579-579   2017年3月
高橋藍, 中嶋秀明, 本定和也, 北出誠, 山本悠介, 小久保安朗
Journal of Spine Research   8(3) 582-582   2017年3月
中嶋秀明, 本定和也, 平井貴之, 北出誠, 出淵雄哉, 小久保安朗
Journal of Spine Research   8(3) 349-349   2017年3月
山岸淳嗣, 小久保安朗, 杉田大輔, 平井貴之, 山本悠介, 中嶋秀明
Journal of Spine Research   8(3) 589   2017年3月
坂本拓己, 宮崎剛, 本定和也, 高橋藍, 中嶋秀明, 大木央, 小久保安朗
日本整形外科学会雑誌   91(3) S971-S971   2017年3月
本定和也, 中嶋秀明, 平井貴之, 北出誠, 山本悠介, 小久保安朗
日本整形外科学会雑誌   91(3) S817-S817   2017年3月
山本悠介, 宮崎剛, 本定和也, 北出誠, 出淵雄哉, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(2) 375‐376-376   2017年3月
症例は59歳男性で、十数年前に腰部可動域制限を自覚し、前医によりAS(ankylosing spondylosis)の診断を受けていた。その7年後から股関節可動域制限のため座位保持困難となり、当院受診となった。初診時の単純X線像にて骨棘の増生を認め、右股関節、左股関節と両側に可動域制限および運動時の疼痛を認めた。これに対し、各々後外側アプローチでTHA・骨棘切除を施行した。その後、数年前から両膝痛・可動域制限が進行し、単純X線像にて両膝関節周囲の骨棘を認めた。これに対して両側TKAを行い、...
出淵雄哉, 大木央, 山本悠介, 竹浦直人, 宮崎剛, 小久保安朗
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60(2) 283‐284-284   2017年3月
72歳女性。30年来の関節リウマチ(RA)を既往にもつ。今回、両下腿の難治性皮膚潰瘍を主訴に紹介となった。初診時、両下腿に血管支配領域に一致しない散発する皮膚潰瘍を認め、皮膚生検の結果、リウマイド血管炎による難治性下腿皮膚潰瘍と診断された。経過中にMTX誘発性の間質性肺炎、カリニ肺炎を合併し、MTXを中止し、ST合剤の内服を行った。肺炎改善後はABT(アバタセプト)の投与を開始したところ、CRPおよびESRの低下とともに皮膚潰瘍は治癒した。
ヒト頸椎椎間板ヘルニア・頸椎症椎間板における組織学的観察・マクロファージ浸潤の免疫組織化学的観察
山岸 淳嗣, 小久保 安朗, 杉田 大輔, 平井 貴之, 山本 悠介, 中嶋 秀明
Journal of Spine Research   8(3) 589-589   2017年3月
北出誠, 宮崎剛, 本定和也, 坂本拓己, 大木央, 小久保安朗
整形外科   68(1) 39‐41   2017年1月
北出 誠, 宮崎 剛, 本定 和也, 坂本 拓己, 大木 央, 小久保 安朗
整形外科   68(1) 39-41   2017年1月
43歳女性。誘因なく左膝関節痛が生じ、他院を受診、鎮痛薬の投薬を受けるも、症状が改善せず、受診となった。左膝関節単純X線側面像では脛骨後方傾斜は17.0°であった。MRIではT2強調像で前十字靱帯(ACL)は高信号を呈し、脛骨付着部で腫瘤状に肥大しており、celery stalkの所見を認めた。またBlumensaat線と大腿骨後方の軸のなす角であるsagittal notchは36.2°であった。ACLムコイド変性と診断し、鏡視下に変性ACLの切除とACL再建術を施行した。病理組織所見で...
北出 誠, 宮崎 剛, 本定 和也, 坂本 拓己, 大木 央, 小久保 安朗
整形外科 = Orthopedic surgery   68(1) 39-41   2017年1月
杉田大輔, 小久保安朗, 坂本拓己, 大木央, 松峯昭彦
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th 499   2017年
杉田大輔, 小久保安朗, 坂本拓己, 大木央, 松峯昭彦
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th 271   2017年
杉田大輔, 小久保安朗, 根来航平, 出淵雄哉, 山本悠介, 大木央
日本人工関節学会プログラム・抄録集   47th 444   2017年
小久保安朗, 杉田大輔, 竹野建一, 大木央
日本人工関節学会プログラム・抄録集   47th 302   2017年
高橋藍, 中嶋秀明, 北出一平, 小久保安朗, 松峯昭彦
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1285(J‐STAGE)   2017年

書籍等出版物

 
OS NOW Instruction 骨折に対する整復術・内固定術 安全・確実なテクニック(分担執筆:脊椎・骨盤; 寛骨臼骨折)
株式会社メジカルビュー社   2014年   ISBN:978-4-7583-1357-5
OS NOW Instruction 骨折に対する整復術・内固定術 安全・確実なテクニック(分担執筆:脊椎・骨盤; 骨盤輪骨折)
株式会社メジカルビュー社   2014年   ISBN:978-4-7583-1357-5
OS NOW Instruction 骨折に対する整復術・内固定術 安全・確実なテクニック(分担執筆:上肢; 肩甲骨関節窩骨折)
株式会社メジカルビュー社   2014年   ISBN:978-4-7583-1357-5
我が国で20年以上前より使用されてきた人工関節手術の成績とその分析(分担執筆:第2部人工股関節  20年以上経過したセメントレス人工股関節ステムの長期成績および20年前に開発を始めたセメントレスステムのコンセプトと治療成績)
セルテスコメディカルエンジニアリング株式会社   2014年   ISBN:978-4-9907455-0-9
OS NOW Instruction 脊椎・骨盤の外傷 手技のコツ&トラブルシューティング(分担執筆:骨盤外傷; 創外固定術)
株式会社メジカルビュー社   2007年   ISBN:978-4-7583-1003-1

講演・口頭発表等

 
Launching SICOT-Japan Traumatology Education Centre in Makerere University, Uganda
The 8th Asia Telemedicine Symposium   2014年   
Long-term outcome of the acetabular cup revision surgery: Tento thirty-year follow-up
The XXVI SICOT Triennial World Congress/The 46th Brazilian Congress of Orthopedics and Traumatology(SICOT・CBOT・2014)   2014年   
Intervertebral discs of the human cervical spine: Histological and immunohistological findings in 700 semi-en bloc surgical samples
The XXVI SICOT Triennial World Congress/The 46th Brazilian Congress of Orthopedics and Traumatology(SICOT・CBOT・2014)   2014年   
治療に難渋した開放性骨盤輪骨折の1例
第198回北陸整形外科集談会   2014年   
寛骨臼骨折の手術治療における予後不良の原因と治療戦略
第41回日本股関節学会学術集会   2014年   

Works

 
「OS NOW Instruction No.28 骨折に対する整復術・内固定術 安全・確実なテクニック」付属DVD-Video, 株式会社メジカルビュー社
2014年
「整形外科手術イラストレイテッド 脊髄の手術」付属DVD-VIDEO, 株式会社中山書店
2014年
ヒト頚椎椎間板変性に関与するタンパク質発現動態のプロテオーム解析, 萌芽研究
2006年
国際共同研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
頸部脊椎症および後縦靭帯骨化の組織化学的発生メカニズムと進展の分子生物学的制御
日本人の大腿骨形状に適合する人工股関節ステムの開発
先導的技術実用化促進のための研究