笹浪 知宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 03:33
 
アバター
研究者氏名
笹浪 知宏
 
ササナミ トモヒロ
通称等の別名
ささなみともひろ
URL
http://www.agr.shizuoka.ac.jp/abc/sasanami/index.html
所属
静岡大学
部署
農学部 - 応用生命科学科
職名
教授
学位
博士(農学)(岐阜大学), 修士(農学)(静岡大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年
静岡大学 農学研究科 応用生物化学
 
 
 - 
1999年
岐阜大学 連合農学研究科 生物生産科学
 
 
 - 
1995年
静岡大学 農学部 応用生物化学
 

委員歴

 
2017年1月
   
 
日本家禽学会編集委員会編集委員
 
2016年1月
   
 
日本家禽学会編集委員会編集委員
 
2015年1月
   
 
日本家禽学会編集委員会編集委員
 
2014年4月
   
 
日本家禽学会編集委員会編集委員
 
2013年4月
   
 
日本家禽学会編集委員会編集委員
 

受賞

 
2017年9月
Oudstanding Paper Award(課題名:Expression of Prolactin Receptor on the Surface of Quail Spermatozoa)
 
2015年9月
日本家禽学会賞(課題名:家禽の受精を制御する分子群の機能に関する研究)
 
2005年3月
日本畜産学会奨励賞 (課題名:ウズラ卵黄膜内層の繊維状タンパクの生合成と翻訳後修飾に関する研究)
 
2002年1月
第95回日本繁殖生物学会大会ポスター賞
 

論文

 
Hiyama G, Mizushima S, Matsuzaki M, Tobari Y, Choi JH, Ono T, Tsudzuki M, Makino S, Tamiya G, Tsukahara N, Sugita S, Sasanami T.
Scientific Reports   8(1) 10012   2018年7月   [査読有り]
Matsuzaki, M., Sasanami, T., Iwata, Y., HIrohashi, N
Reproductive and Developmental Strategies   463-478   2018年7月   [査読有り]
Ishii A, Kawai M, Noda H, Kato H, Takeda K, Asakawa K, Ichikawa Y, Sasanami T, Tanaka K, Kimura Y.
Scientific Reports   8(1) 2644   2018年2月   [査読有り]
Mizushima S, Matsuzaki M, Sasanami T
Methods Mol Biol.   1650 243-257   2017年7月   [査読有り]
Matsuzaki M, Sasanami T
Adv Exp Med Biol.   1001 173-186   2017年7月   [査読有り]

Misc

 
[責任著者]N. Kansaku [共著者]G. Hiyama,T. Sasanami,D. Zadworny
Journal of Poultry Science   45 (1) 1-6   2008年1月
[責任著者]Sasanami [共著者]T.,Ohtsuki,M.,Doi,Y.,Taanaka,R.,Fujishima,A,Mori,M.
ANIMAL SCIENCE   79 (1) 104-110   2008年1月
[責任著者]Rabbani [共著者]M. G.,Sasanami,T.,Mori,M.,Yoshizaki,N
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   49(1) 39-48   2007年1月
[責任著者]Rahman [共著者]M. S.,Sasanami,T.,Mori,M
Journal of Poultry Science   44(1) 92-97   2007年1月
Effect of diethylstilbestrol and ethinyl estradiol on gene transcription of very-low-density apolipoprotein II in the liver of Japanese quail (Coturnix japonica)
[責任著者]Hanafy [共著者]A. M.,Sasanami,T.,Mori,M
ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND CHEMISTRY   25(5) 1354-1359   2006年1月

書籍等出版物

 
Reproductive and Developmental Strategies: The Continuity of Life
Mei Matsuzaki Tomohiro Sasanami Yoko Iwata Noritaka Hirohashi (担当:共著)
Springer   2018年7月   
Avian Reproduction-From molecules to behavior
笹浪 知宏 (担当:編者)
Springer   2017年10月   
Sperm storage in the female reproductive tract - A conserved reproductive strategy for better fertilization success.
笹浪 知宏,松崎芽衣 (担当:共著)
Springer   2017年10月   
Handling of Gametes for In Vitro Insemination in Birds. In: Avian and Reptilian Developmental Biology
笹浪 知宏 (担当:共著)
Springer   2017年8月   

講演・口頭発表等

 
Female mating preference in Japanese quail [招待有り]
笹浪知宏
Seminar in Seoul National University   2018年5月   
鳥類の輸卵管における精子貯蔵機構とその応用 [招待有り]
笹浪知宏
農芸化学会シンポジウム「鳥類の農芸化学-基礎研究から産業利用まで」   2018年3月   
ウズラ精子貯蔵管で貯精に重要な役割を果たすタンパク質の同定
笹浪知宏
日本畜産学会第124回大会   2018年3月   
ニワトリ発生胚下垂体におけるプロラクチン分子検出
笹浪知宏
日本家禽学会2018年度春季大会   2018年3月   
ウズラ初期胚におけるゲノム活性化のタイミングと細胞周期関連遺伝子の発現解析
笹浪知宏
日本家禽学会2018年度春季大会   2018年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
鳥類の受精過程で作動する雌雄の認証機構の解明
基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
精子のin vivoイメージングを用いた受精メカニズムの解明
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
家禽の輸卵管で精子の運動を制御する分子スイッチの探索と動物精子の液状保存への応用
基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
鳥類の受精と発生に必須なスパイラルオシレーションの作動機序と多精受精における役割
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
鳥類の輸卵管におけるcryptic female choiceによる精子選抜
新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月

特許

 
特願2014-191576 : 鳥類の体外受精方法及びクローン細胞又はクローン個体の作製方法、並びにキット