高坂 拓司

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/05 18:29
 
アバター
研究者氏名
高坂 拓司
 
コウサカ タクジ
ハンドル
kousaka
eメール
takujibifurcation.jp
URL
http://nonlinear.jp/
所属
中京大学
部署
工学部 電気電子工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(徳島大学)
科研費研究者番号
80320034

プロフィール

断続システムの分野横断的な理解を進めています。
任意の断続動作特性を有し、複数のシステムがその動作によって切り替わる問題(断続システム)を対象に、この種の問題の分野横断的な体系化、定性的性質を検討可能とする数値解析手法の確立及びその応用を目指します。
基本的な考え方は:
 (1) 断続力学系における数学的・数値的分岐追跡手法の確立 (核となる解析法)
 (2) (1) の計算機への実装、分野横断的に適用可能なパッケージング (核となる技術)
 (3) (2) の電気系、機械系、通信系等への応用 (発展)
 (4) (3) により得られた結果を実験系において検証 (実証)
です。

研究分野

 
 

競争的資金等の研究課題

 
摩擦を有する系にみられるスティック・スリップ状態とスリップ状態の境界を考える
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 高坂 拓司
準周期振動と部分同期現象について
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 遠藤 哲郎
拘束を伴う衝突振動系が安定化作用を失う要因は何か?
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高坂 拓司
複雑系数理モデル学の基礎理論構築とその分野横断的科学技術応用
内閣府/JST: 最先端研究開発プロジェクト(FIRST)
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 合原 一幸
周期的に変化する境界を有する機械振動系の動的挙動
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 高坂 拓司

論文

 
Stability Analysis of State-Time-Dependent Nonlinear Hybrid Dynamical Systems
H. Asahara, T. Kousaka
IEICE Trans. Fundamentals      2019年   [査読有り]
A general method to stabilize unstable periodic orbits for switched dynamical systems with a periodically moving threshold
Y. Miino, D. Ito, H. Asahara, T. Kousaka, T. Ueta
International Journal of Circuit Theory and Applications      2019年   [査読有り]
1次元離散力学系における入れ子構造型粒子群最適化法によるサドルノード分岐点導出
松下春奈, 黒川弘章, 高坂拓司
電気学会論文誌C   138(12)    2018年12月   [査読有り]
Mixed-mode oscillation-incrementing bifurcations and a devil’s staircase from a nonautonomous, constrained Bonhoeffer–van der Pol oscillator
H. Takahashi, T. Kousaka, H. Asahara, N. Stankevich, N. Inaba
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2018(10) 103A02   2018年10月   [査読有り]
D. Ito, H. Asahara, T. Kousaka, T. Ueta
Chaos, Solitons and Fractals   111(6) 138-145   2018年6月   [査読有り]
Stick-slip chaos in a mechanical oscillator with dry friction
T. Kousaka, H. Asahara, N. Inaba
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2018(3) 033A01   2018年3月   [査読有り]
Stability Analysis Method using Monodromy Matrix for Impacting Systems
H. Asahara, T. Kousaka
IEICE Trans. Fundamentals      2019年   [査読有り]
H. Asahara, S. Banerjee, T. Kousaka
International Journal of Circuit Theory and Applications   45(10) 1382-1396   2017年10月   [査読有り]
T. Kousaka, Y. Ogura, K. Shimizu, H. Asahara, N. Inaba
Physica D: Nonlinear Phenomena   353-354 48-57   2017年9月   [査読有り]
Period Doubling Bifurcation Point Detection Strategy with Nesting Layer Particle Swarm Optimization
H. Matsushita, H. Kurokawa, T. Kousaka
International Journal of Bifurcation and Chaos   27(7) 1750101-1-1750101-16   2017年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Oscillator Circuits: Frontiers in design, analysis and applications
Takuji Kousaka (担当:共著, 範囲:Chapter 2)
The Institution of Engineering and Technology   2016年11月   ISBN:1785610570
Analysis and Control of Complex Dynamical Systems: Robust Bifurcation, Dynamic Attractors, and Network Complexity
Takuji Kousaka (担当:共著, 範囲:Chapter 6)
Springer   2015年3月   ISBN:4431550127
Chaos in Circuits and Systems
Takuji Kousaka (担当:共著, 範囲:Chapter 19)
World Scientific Pub Co Inc   2002年6月   ISBN:9810249330

委員歴

 
2017年6月
 - 
2018年5月
電子情報通信学会  代議員
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
中京大学 工学部 電気電子工学科 教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
大分大学 理工学部 創生工学科(福祉メカトロニクスコース) 准教授
 
2006年4月
 - 
2017年3月
大分大学 工学部 機械・エネルギーシステム工学科 准教授
 
2002年4月
 - 
2006年3月
福山大学 工学部 電子・電気工学科 講師
 
1999年4月
 - 
2002年3月
福山大学 工学部 電子・電気工学科 助手
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
徳島大学 大学院工学研究科博士前期課程 システム工学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
徳島大学 大学院工学研究科博士前期課程 知能情報工学専攻
 
1992年4月
 - 
1994年3月
徳島大学 工学部 知能情報工学科
 
1987年4月
 - 
1992年3月
詫間電波工業高等専門学校 情報工学科 
 

担当経験のある科目