FURUMURA Minao

J-GLOBAL         Last updated: Oct 15, 2018 at 12:26
 
Avatar
Name
FURUMURA Minao
Affiliation
Fukuoka Dental College
Section
Faculty of Medicine, School of Medicine, Fukuoka University Hospital
Job title
Lecturer
Degree
Ph.D
Research funding number
10315070

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Hayashi N, Akamatsu H, Iwatsuki K, Shimada-Omori R, Kaminaka C, Kurokawa I, Kono T, Kobayashi M, Tanioka M, Furukawa F, Furumura M, Yamasaki O, Yamasaki K, Yamamoto Y, Miyachi Y, Kawashima M
The Journal of dermatology   45(8) 898-935   Aug 2018   [Refereed]
Itoh E, Nakahara T, Furumura M, Furue M, Shimomura Y
The Journal of dermatology   44(10) 1185-1186   Oct 2017   [Refereed]
Yasuda H, Kanazawa N, Matsuda M, Hamada T, Furumura M, Hashimoto T, Nakama T, Furukawa F
Annals of dermatology   29(5) 642-644   Oct 2017   [Refereed]
Ohata C, Ohyama B, Nagata H, Furumura M, Nakama T
The American Journal of dermatopathology   39(4) 321-322   Apr 2017   [Refereed]
Itoh E, Nakahara T, Murata M, Ito T, Onozuka D, Furumura M, Hagihara A, Furue M
The Journal of allergy and clinical immunology   139(1) 363-366.e3   Jan 2017   [Refereed]

Misc

 
吉田 雄一, 倉持 朗, 太田 有史, 古村 南夫, 今福 信一, 松尾 宗明, 筑田 博隆, 舟崎 裕記, 齋藤 清, 佐谷 秀行, 錦織 千佳子, 神経線維腫症1型診療ガイドライン改定委員会
日本皮膚科学会雑誌   128(1) 17-34   Jan 2018
しみ?肝斑?あざ?それとも混在?-どう診断してどう治療しますか? しみ、それともあざ?
古村 南夫
日本臨床皮膚科医会雑誌   35(1) 016-019   Jan 2018
パッチテストパネル(S)とジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズ(2008)を用いたパッチテスト結果の比較(Comparison between Patch Test Results using Patch Test Panel and Japanese Standard Allergen Series(2008))
伊藤 絵里子, 江崎 仁一, 古村 南夫, 古江 増隆
福岡医学雑誌   108(12) 237-243   Dec 2017
パッチテストは、治療抵抗性皮膚炎の原因を特定するのに有用である。2015年まで広く使用されていたジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズ(2008)(JSA2008)は、私たちの身近にあってアレルゲンとなりうる可能性の高いものを集めた標準アレルゲンで、予期しない原因やアレルゲンを明らかにするために有用であり、PTを実施する場合、できるだけJSA2008の使用が推奨されてきた。加えて2015年以降、Patch Test Panel(S)が日本で発売された。これは、22種類の標準アレルゲンで...
【押さえておきたい新しい指定難病】 家族性良性慢性天疱瘡(疾病番号161)
古村 南夫
Derma.   (257) 29-40   May 2017
家族性良性慢性天疱瘡は、鼠径部や腋窩などの間擦部に小水疱やびらん、痂皮を形成する常染色体優性遺伝の先天性皮膚疾患である。青壮年期に発症することが多い。通常は予後良好であるが広範囲に皮疹が認められることもあり、汎発性の重症例も存在する。夏季に皮疹と自覚症状が悪化し、紫外線曝露や機械的刺激、二次感染が増悪因子になる。指定難病(告示番号161)に認定された本症の臨床的特徴と病因について概説するとともに、診断基準や重症度分類などを中心に臨床個人調査票の記入時の注意点について述べる。さらに難病医療費...
林 伸和, 赤松 浩彦, 岩月 啓氏, 大森 遼子, 上中 智香子, 黒川 一郎, 幸野 健, 小林 美和, 谷岡 未樹, 古川 福実, 古村 南夫, 山崎 修, 山崎 研志, 山本 有紀, 宮地 良樹, 川島 眞, 日本皮膚科学会ガイドライン改訂委員会
日本皮膚科学会雑誌   127(6) 1261-1302   May 2017

Research Grants & Projects

 
Molecular study on the regulation of melanogenesis in melanocytes
Structure and function of actin cytoskeleton in the skin
molecular mechanism of skin aging
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2002 - 2004
Development of new treatments for neurofibromatosis type1
Health and Labour Sciences Research Grants
Project Year: 2002 - 2004